Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Best Hit 80's - Pop Sound Highway - ◇ 2009年 05月 09日
e0081370_191960.jpg 

今回紹介するのは、80年代の洋楽を集めたコンピレーション・アルバム『Best Hit 80's』(2005年)です。今では巷にこのような80年代の洋楽コンピレーション・アルバムというのが沢山出回ってますよね。どれも似たような選曲というのも事実なんですが、本当に沢山のコンピレーション・アルバムが続々と発売されています。
音楽の話題が中心となっている色んな方のブログを拝見していますが、この手のコンピレーション・アルバムを取り上げているのって意外に少ないんですよね。単にヒット曲の寄せ集めみたいな感じが嫌だったりするのかも知れませんが、私は結構コンピレーション・アルバムって好きなんですよね。
ただ、新譜として買うことは滅多にありません。中古店等では値崩れが早いのもコンピレーションの特徴で、少し時間が経てば安く手にはいるのでそういうモノを狙って購入しています(笑)

似たようなコンピレーション・アルバムが沢山ある中、私の気に入っているコンピレーションのひとつがこの『Best Hit 80's 』なんですね。
気に入っている理由のひとつは、洋楽に疎い私でも知らなかった曲が皆無であったということ。全米No.1、全英No.1を獲得した曲を中心に集めているのですから、当然と言えば当然かも知れませんが・・・。
もうひとつの理由は、このアルバムは2枚組なんですがその選曲というか曲順が良いんですよね~。
Disc.1はPop & Rockと銘打って割りとテンポがある軽快なPOPSやROCKが18曲収録されており、Disc.2はLove & Balladsで、しっとり系のバラード曲18曲が収録されています。

私は通勤時にこのアルバムをよく聴くんですが、行きの通勤時にはDisc.1を聴いてテンションを上げていますし、仕事を終えて帰宅する時には疲れを癒してくれるようなDisc.2を聴きます。しかも18曲という曲数が家から会社までのDoor to Doorの時間とほぼ一緒なんで丁度良い感じなんですよね(笑)
私の感覚としてはラジオを聴いている感覚に近いのかも知れません。
昔のFMって音楽中心でDJの喋りって少なかった印象があるんですが、最近はFM、AM問わずつまらない喋りばかりで音楽があんまりかからない気がしてます。ですから、このアルバムを聴いていると昔のFMを聴いている気分になれるんかも知れませんね。

『Best Hit 80's - Pop Sound Highway -』
Disc.1
Pop & Rock
01. I Was Born To Love You / Freddie Mercury
02. Take On Me / a-ha
03. Like A Virgin / Madonna
04. The Reflex / Duran Duran
05. Jump / Van Halen
06. Relax / Frankie Goes To Hollywood
07. Let's Dance (Single Version) / David Bowie
08. Private Eyes / Daryl Hall & John Oates
09. Flashdance...What A Feeling / Irene Cara
10. Karma Chameleon (邦題:カーマは気まぐれ) / Culture Club
11. The Never Ending Story / Limahl
12. Heaven Is A Place On Earth / Belinda Carlisle
13. Venus / Bananarama
14. The Power Of Love / Huey Lewis & The News
15. Centerfold (邦題:堕ちた天使) / The J. Geils Band
16. Too Shy (邦題: 君はToo Shy) / Kajagoogoo
17. Wordy Rappinghood (邦題:おしゃべり魔女) / Tom Tom Club
18. Don't Worry Baby (邦題:サーフサイド・フリーウェイ) / Vapour Trails

Disc.2
Love & Ballads
01. Woman / John Lennon
02. Saving All My Love For You (邦題:すべてをあなたに) / Whitney Houston
03. Hard To Say I'm Sorry (邦題:素直になれなくて) / Chicago
04. Open Arms / Journey
05. Authur's Theme (Best That You Can Do)(邦題:ニューヨーク・シティ・セレナーデ) / Christopher Cross
06. Ebony And Ivory / Paul McCartney & Stevie Wonder
07. Nothing's Gonna Stop Us Now (邦題:愛はとまらない) / Starship
08. (I Just) Died In Your Arms (邦題:愛に抱かれた夜) / Cutting Crew
09. Heaven / Bryan Adams
10. I Need You / Maurice White
11. Nothing's Gonna Change My Love For You (邦題:変わらぬ想い) / George Benson
12. Against All Odds (Take A Look At Me Now)(邦題:見つめて欲しい) / Phil Collins
13. Casablanca / Bertie Higgins
14. Up Where We Belong (邦題:愛と青春の旅だち) / Joe Cocker & Jennifer Warnes
15. True / Spandau Ballet
16. I. G. Y. / Donald Fagen
17. Just The Two Of Us / Grover Washington, Jr.
18. Tonight, I Celebrate My Love (邦題:愛のセレブレイション) / Peabo Bryson & Roberta Flack

どうですか?
学生時代に試験勉強しながら聴いたラジオの深夜放送で、あるいは友人とドライブしながら聴いたカー・ラジオから流れていた曲ばかりですよね。
洋楽が好きな方にとってはベタ中のベタって感じなんでしょうが、こんなコンピレーション・アルバムを車に積んでおくと結構役に立ってくれます。
嫁さんとドライブしていて、私の好きな音楽(特にマニアックな・・・)ばっかり聴いているとつまらなそうなんで、こういうアルバムを流すと結構楽しんでくれてそうですし、友人なんかと出かける時も結構盛り上がるかななんて思っています。
中古店で780円で購入したんですが、これだけのボリュームもありますし楽しめています(笑)

曲数が多いので曲毎のレビューは省きましたが、今更説明の必要の無い曲ばかりですよね?・・・(汗)
[PR]
by kaz-shin | 2009-05-09 02:35 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(12) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/10204031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とほる at 2009-05-09 09:19 x
 ああ、Disc.2、、、もうダメです。曲名を追っただけでヤラれてしまいました。土曜の朝には反則です。
 02で何もする気がなくなり、05で胸が痛み、10で涙腺があやしくなり、ベタな13でマイクを探し、17.18で逝ってしまいました。恐るべし、80`s。
Commented by サラ at 2009-05-09 09:54 x
はじめまして、
私、あんまり洋楽はくわしくはないんだけれど、半分くらいは知ってましたよ(笑)。1枚のCDでいろいろ聴けるって楽しいですよね。フィル・コリンズさん大好きでした。またお伺いします「。
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2009-05-09 14:54 x
喋りが多いというのはTV音楽番組が顕著ですけどもう全てのジャンルで言える事かもしれませんね。今音楽番組なんて数えるほどでほとんどが喋りに終始してますもんね。昔みたいに様々なアーティストが出てきて歌とその間を繋ぐ少しの喋りという番組は絶滅して久しいですし。これで面白いのかなと思うのですが歌はCDで聴けば良いから喋りを聴きたいと言う感覚なんでしょうね。またこういうコンピが取り上げられないのは確かにブログやってる人は一家言ある人達だからあえてこういうのは…というのはあるでしょうけど、私みたいなライトリスナーの立場からすると…いくら安くてもこういうのは買いません置き場所無くて(笑)みると一曲ぐらい除いて後はアルバムかベスト盤で音源は持ってますからねぇ50円でも…です。やはりこういうの買えるのはKazさんみたいに居住環境と理解のある奥様がいないとじゃないかしら(笑)
Commented by Healの森の住人 at 2009-05-09 23:33 x
カジャ·グーグー、デュラン·デュラン、フランキー·ゴーズ·トゥ·ハリウッドの名もありますね。UKロックは苦手としているところはありますが、80年代のニューロマンティック系というかエレクトロポップ、シンセロックは好きなんです。

ひょっとしたらkazさんの専門外かもしれませんが、トレバー·ホーンの作品も紹介していただければ嬉しいです。
Commented by kaz-shin at 2009-05-10 01:53
とほるさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんです。このコンピを買おうと思ったのはDisc.2が良かったからなんですよ。
選曲もブラコン、AOR等を上手く散りばめた感じが良いんですよ。
言われてみると、天気の良い休日の爽やかな朝のBGMにもピッタリかも知れませんね。
Commented by kaz-shin at 2009-05-10 01:57
サラさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
コンピレーション・アルバムって、音楽のカタログだと思っているんです。
例えば、曲は知っていたけど曲名やアーティスト名が分からなかったけどアルバムを聴いて憶えたり、
知らないアーティストだけど良い曲だから今度はそのアーティストのアルバムを聴いてみようかと思ったり、
そんな使い方(聴き方)をするのが好きなんで、ついついコンピレーション・アルバムを買ってしまうんです(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-05-10 02:04
哲学者になりたい猫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
確かに洋楽中心に聴いている人は買わんでしょうね~(笑)
私は本当に洋楽のCDで持ってないんですよ。
かろうじてAOR系、ブラコン系が少しある程度なんで・・・。
80年代に入ってからは特にCITY POPに明け暮れてましたから、洋楽からは離れていくばかりでした。
ですからこういうコンピは楽しくて仕方ありません。
でも結構持っている音源とダブっているのは事実です(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-05-10 02:27
Healの森の住人(まつのすけ)さん、コメントありがとうございます。
ゴメンナサイ!
仰るように、トレバー・ホーンは専門外です(笑)
Commented by laydown111 at 2009-05-10 23:28 x
kaz-shinさん、こんばんは!
このアルバム、持っています。しかも新品で買いました。
80年代のはじめ、TVで小林克也の「ベストヒットUSA」を毎週欠かさず見ていた私には、買うことはある意味必然でした。
したがってDisc.1の18. Don't Worry Baby / Vapour Trailsは絶対にはずせません。
とはいえ、全部が懐かしく、当時の記憶が鮮やかに甦ります。特に映画に使われていた曲はそれが強いようです。
Disc.1では09、11、14、Disc.2では03、05、12、14と80年代は映画からヒット曲が生まれた時代でもありましたね(ケニー・ロギンスがその代表格ですね)。
ちなみにこの中での自分にとってのNo.1はDisc.2の17、ビル・ウィザースのボーカルが最高でした。
蛇足ですがこの曲の邦題は「クリスタルの恋人たち」。
田中康夫の「なんとなくクリスタル」が売れていたため、こうなったようです。気の毒です。
Commented by Sken at 2009-05-11 11:29 x
こういうの便利ですよね。
私はつい自分で作ってしまうのですが、結局マニアックに
なってしまって家族には不評かもしれないです。
ただ家でも車でも自分の趣味を通すことにしていますので
彼らも慣れてきているかも?
Commented by kaz-shin at 2009-05-11 23:52
laydown111さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も「ベストヒットUSA」を毎週見ていた一人です。
ただ当時既にCITY POPに嵌っており、情報収集という軽い感じでみてました。
AOR系は多少聴いていたので、Disc.2の方が馴染みが深い感じですが、
それでも私が全曲知っているくらいなので、洋楽が好きな人にはお馴染みの曲ばかりという感じなんでしょうね。
ジャケットを含めて懐かしさが詰まったアルバムですね。
Commented by kaz-shin at 2009-05-12 00:08
Skenさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も自分で作る方ですが、どうしても好きな曲ばかり集めてしまうので
マニアックになる傾向があるみたいです(笑)
このようなコンピを持っていると自分があまり好きなジャンルの音楽でないものも含まれていて、たまにそういう音楽を聴くのも良いなと思わせてくれます。
結局、家族や友人を楽しませようと思って買っても、自分が1番楽しんでいるのかも知れませんね(笑)
<< 原田 知世_PAVANE ページトップ 村井 博_Mirror of ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon