Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
会津旅行記 ~宿編~ ◇ 2009年 11月 09日
11月7日~8日の会津旅行の宿と宿での食事を紹介する"宿編"です。
2日間の旅行の詳細に興味のある方は"行程編"をご覧になって下さいね。

旅の醍醐味のひとつは"宿"だと思っているので、我々夫婦は結構宿に拘っています。多少高い値段であってもゆったりくつろげて、おいしそうな食事の出る宿を探します。
今回選んだのは、会津若松の東山温泉にある"瀧の湯"さん。
この"瀧の湯"さんが今年の1月にオープンしたばかりの客室専用露天風呂付のスイートルーム4部屋からなる"松島閣"です。
この"松島閣"は、花・鳥・風・月から名前を取った4部屋の"はなれ"という形になっています。
我々夫婦が予約したのは、7階建ての建物の最上階にある"月の間"でした。

エレベーターに乗ると7階へのボタンがありません。実は7階へのボタンは隠しボタンになっておりました(笑)。
7階でエレベーターを降りると、そのエレベーター・ホール自体が専用の玄関と喫煙スペースになっております。
e0081370_239109.jpg

中に入ると広い洋室になっています。
e0081370_23104753.jpg
e0081370_231124.jpg

e0081370_23124420.jpg

専用の露天風呂は檜だと思いますが、大人4~5人が同時に入れるほどの広さです。
まずは夜の写真。
e0081370_23142075.jpg

朝の写真。
e0081370_23144794.jpg

瀧の湯さんは川のほとりにあり、川を挟んだ反対側には舞台があり、毎晩能や舞を披露してくれます。
e0081370_23184871.jpg


続いては宿での1番の楽しみと言っても良い"食事"です。はなれの部屋は、基本的に夕食・朝食ともに部屋出しです。冷蔵庫の中の飲み物や食事の時の飲み物は全てフリーになっていました。
まずは"夕食"から。

先附3品と鍋物
e0081370_23223916.jpg

↑生春巻タルタルソース敷、鰊の山椒漬、新薯蒸し銀餡掛、鯛かぶら鍋

煮物椀
e0081370_23244632.jpg

↑大根餅の清し仕立

向附
e0081370_23291854.jpg

↑岩魚をはじめとした川魚、鮪などのお造り

焼きもの
e0081370_23325746.jpg

↑会津牛の朴葉石焼

酢の物替り
e0081370_2334173.jpg

↑トマトと蟹のミルフィーユ仕立

追加注文した握り寿司
e0081370_23354051.jpg

↑左から桜肉の握り、地鶏の握り、和牛の握り

この他にも香の物や止椀、デザートに柚のシャーベットやシュークセルマロンなるケーキも出ました。
ご飯は会津湯川産のコシヒカリも大変おいしかったですよ。

続いて"朝食"です。
個人的な感想ですが、高い宿の特徴として朝食が豪華だという気がします。細かく解説は無しで写真だけですが・・・(笑)
e0081370_2347095.jpg

この他につきたての餅を雑煮やきなこ餅等お好みに合わせて出してくれます。↓雑煮ときなこ餅です。
e0081370_23491323.jpg
e0081370_23492137.jpg

まだまだ出ます。↓豆乳鍋。
e0081370_23501069.jpg

朝からこれだけ食べるとかなり苦しいですね~(笑)
でもおいしかったですよ。

従業員さんも感じも良いですし、良い宿でした。

ちなみに気になる宿泊費ですが、1人約5万円です。
実際安くはありませんが、けれどこれだけの部屋と料理ですから高いとは思いませんでした。
会津へ旅行する機会があったらぜひ。
[PR]
by kaz-shin | 2009-11-09 23:56 | 雑記 | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/11548668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HappyWind at 2009-11-14 00:21 x
前回のアルカナに続き、kaz-shinさんの旅行の楽しみ方は、私もそう楽しみたいと思えるもので、自分が行った時には、と想像してしまう記事です。
料理や風呂はもちろんですが、能が観られる宿と言うのは、時間に追われることでの疲れが取れそうですね。
非日常でもあり、迎えてくれる人の暖かさを感じることが出来る旅は、人生の大きな収穫だと思います。
私も子どもが大きくなったら、時々こういった宿に泊まりたいと思っています。
Commented by kaz-shin at 2009-11-15 02:01
HappyWindさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

私は、その土地の文化や美しい風景に触れて精神が癒され、宿での美味しい食事やくつろげるお風呂によって
肉体が癒されるというのが理想の旅だと考えていますので、少々値段が高くても評判の良い宿を選んでいます。
もっと安い宿にすれば、もっと旅に出かけられるかも知れませんが・・・。
でも良い宿にはやはり"おもてなしの心"が感じられます。これも良い旅の条件かも知れないなと感じています。
HappyWindさんも良い旅が出来ると良いですね!
<< MICHAEL JACKSON... ページトップ 会津旅行記 ~行程編~ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon