Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
クリスマス・キャロル ◇ 2009年 11月 22日
e0081370_14104218.jpg

昨晩レイトショーで、ディズニー映画『クリスマス・キャロル』を観てきました。
監督は、私の大好きな監督の一人であるロバート・ゼメキス。
ロバート・ゼメキス監督と言えば、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』という作品で有名ですね。

私がゼメキス作品で1番好きな作品は、今回の『クリスマス・キャロル』同様、パフォーマンス・キャプチャー(モーション・キャプチャーを進化させたモノといった感じでしょうか・・・)を駆使した全編CGによる作品『ポーラー・エクスプレス』なんです。
『ポーラー・エクスプレス』は2004年に公開されたんですが、初めて観た時にその映像のリアルさ、美しさに驚き、とても感動したんですね。ですから今回の『クリスマス・キャロル』はどうしても観たかったんです(笑)。

『ポーラー・エクスプレス』から僅か5年しか経っていないのですが、CGの世界における技術は驚くほど進歩しており、人間の動きや顔の表情のリアルさは凄いの一言です。いまや映画の世界はCG無しでは成り立たない程になっていますが、この作品はその恩恵を最大限に活かしています。映像化が困難だと思われている絵本や小説を映画化するのも容易になるのでしょうね。

さて『クリスマス・キャロル』はご存知の方も多いと思いますが、イギリスの作家・チャールズ・ディケンズが1843年に書いた小説です。
主人公の老人・エベネーザ・スクルージは、守銭奴で冷酷な人間。そのスクルージがクリスマス・イブのよるに超常現象を体験し、それ以来心を入れ変えるというお話。超常現象というのは、3人の精霊に出会うというもの。今まで何度も映画化された話ですが、精霊が出てくるという点においては今回のCG作品の方が映像化しやすいかも知れませんね。

CGの凄さ、美しさを楽しめますし、クリスマスも近いということもあって子供・大人に関わらず、家族皆で楽しめる作品だと思います。

クリマスまであと1ヶ月。クリスマスに家族で楽しめる映画をもう1作品紹介しておきます。
既に↑で書いてますが、ゼメキスの監督作品『ポーラー・エクスプレス』です。
e0081370_1438327.jpg

アメリカの児童文学作家・クリス・ヴァン・オールズバーグが書いた絵本「急行『北極号』」をCGによって映像化した作品なんですが、アドベンチャー有り、ファンタジー有りという素晴らしい作品です。

内容は、クリスマス前夜にサンタを信じる子(信じていない子もいる)だけが、ポーラー・エクスプレスに乗り込み不思議な体験をするといった旅物語。

この映画の主役(?)でもあるトム・ハンクスが原作に惚れ込んで、ゼメキスに映画化の話を持ち込んだと言われています。
観ていて心が温まる作品です。今年のクリスマスの夜に家族揃ってDVDを鑑賞するのも良いのではないでしょうか。
自信を持ってお薦め出来る作品ですので、良かったらDVDで観て下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2009-11-22 14:51 | MOVIE / DVD | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/11631003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Apollo at 2009-11-24 10:52 x
kaz-shinさん、こんにちは。

私もロバート・ゼメキスのファンです。デビュー作の「ロマンシング・ストーン」以来の・・・。
残念ながら「ポーラー・エクスプレス」もまだ観ていませんが、予告編で見た「クリスマス・キャロル」は、なかなか見応えのある映像で興味を持ちました。
これから年末へ向けて忙しくなるんですが、観るチャンスがあれば良いなと思っています。なにしろ、他にも観たい作品が目白押しなんで・・・。
Commented by kaz-shin at 2009-11-24 23:23
Apolloさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
映画って観たい作品が重なる時って確かにありますね。
12月は少なくても3本は観る予定にしています(笑)。

ゼメキス監督作品の中でも"夢"を感じる作品が結構好きです。
そういう観点では『ポーラー・エクスプレス』が私の中では1番ですね。
『クリスマス・キャロル』は特に感動とかはないんですが、その映像の素晴らしさに惹き込まれました。
チャンスがあったらぜひ観て下さいね。
<< EMERSON, LAKE &... ページトップ 西脇 唯_Unison >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon