Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
荒木 真樹彦_Baby, You Cry ◇ 2009年 12月 12日
e0081370_7354597.jpg 

今回紹介するのは、自身のアーティスト活動のみならず、プロデュース業やソングライターとしても幅広く活躍している荒木 真樹彦が、1990年にリリースした2ndアルバム『Baby, You Cry』です。
私が"荒木 真樹彦"という名前を初めて意識したのは、郷 ひろみや田原 俊彦に楽曲提供をしているソングライターとしてだったと思います。
もちろんアーティストとしての活動をしていることは知っていましたが、彼のアルバムは聴いたことがありませんでした。いつかは聴いてみたいと思っていましたが、たまたまBOOK OFFでこのアルバムを見つけることが出来ました。

アルバムを聴いて感じたのは、個性溢れる曲を書くということ、アレンジャーとしてのセンスも良いこと、ギターが結構上手いなということでした。FUNKYなナンバー中心にメロディアスなバラードも書けるという点では、林田 健司にも似ていると思いますが、キャッチーなメロディーを書く林田 健司に比べ、より個性的な印象を受けます。しかし、これは悪い意味では無く、聴く者を惹き付ける不思議な魅力を持っているということです。特にバラード系ナンバーにおいては、メロディーのみならずアレンジに関しても非凡な才能を感じます。
またギターの腕前もなかなかのもので、キレの良いカッティング・プレイやソロ・プレイも聴き応えがあります。歌もしっかりしており、声質も良いです。もっとメジャーになっても良いような気がするんですが、そうならないのにはやはり何かが欠けているのでしょうね。
個人的にはソングライターとしては成功するような気がするんですが・・・。

1996年には藤原 理恵とRie ScrAmbleを結成していますが、こちらも機会があれば聴いてみたい気がします。

『荒木 真樹彦 / Baby, You Cry』
01. Baby, You Cry (Introduction)
02. Nice Girl
03. We Don't Recall
04. Jealousy
05. Oh My God
06. Solitude
07. Pandora's Box
08. Revival Rain
09. Joy
10. Baby, You Cry

ピックアップ曲:
「Jealousy」 / 作詞:松井 五郎、作・編曲:荒木 真樹彦
都会的でCOOLなサウンドが印象的なミディアム・バラードです。メロディーも洒落ていますし、アレンジもシンプルですがセンスの良さを感じます。1番の聴き所はギター・ソロかも知れません。メロディアスなギター・ソロで個人的にかなり気に入っております(笑)

「Solitude」 / 作詞:松井 五郎、作・編曲:荒木 真樹彦
メロディアスなミディアム・ナンバーです。青山 純のドラム、Jake H.Conceptionのサックスが入ったことでより洒落た感じに仕上がっていて、アレンジが凄く良いなと感じた1曲です。ヴォーカルも良いですし、コーラス・ワークも良い。そしてギターに関してはかなり拘りを感じますね。

「Pandora's Box」 / 作・編曲:荒木 真樹彦
1分30秒に満たない短いナンバーで、荒木 真樹彦の一人多重コーラスによるアカペラを聴かせてくれます。

「Revival Rain」 / 作詞:松井 五郎、作・編曲:荒木 真樹彦
アルバム中最もPOPなナンバーです。荒木 真樹彦は器用な人で、ギターのみならずキーボードやベースもこなします。特にこの曲でのベース・プレイは、スラップを交えた本格的なプレイで驚かされます。キャッチーなサビのメロディーが印象的で、一般受けするタイプの曲かも知れません。

「Joy」 / 作詞:松井 五郎、作・編曲:荒木 真樹彦
タイトルとは裏腹に若干暗めのバラード・ナンバーです。打ち込みメインで、サウンド的には80年代の打ち込みのスタイルといった感じです。最初はこの暗さが駄目でしたが、聴き込むうちに魅力的に思えてきた曲です。
[PR]
by kaz-shin | 2009-12-12 08:46 | J-POP | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/11760337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotaro at 2009-12-12 11:40 x
おはようございます。
荒木真樹彦の名前はかろうじてしか知らないのですが
藤原理恵というと「愛よファラウェイ」の藤原理恵ですよね、えっ
C.C.Girlsというのはあまりに平凡なので一球目は変化球で投げてみました。
Commented by kaz-shin at 2009-12-13 16:28
kotaroさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
「愛よファラウェイ」って、何だと思い調べてみたらデビュー曲なんですね。
私はC.C.GIRLSがデビューだと思っておりました(汗)。
Commented by macky023 at 2009-12-29 23:20 x
この度エキサイトブログを離れ、新サイトを立ち上げました。
URLはエキサイトブログ時代と変わりませんので、引き続き
よろしくお願い致します。

さて、荒木真樹彦というと、私はシングル曲の「1999」が
最も印象に残っていますね。「1999、1999~♪」という
繰り返しのフレーズがよかったです。
Commented by kaz-shin at 2009-12-30 00:25
mackyさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

荒木さんのアルバムはBOOK OFFではあまり見かけません。
他のアルバムも聴いてみたいので、気長に探してみようと思っています。
Commented by kadomania at 2010-01-14 22:53 x
遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。
ようやく、ゆっくりお邪魔出来ましたw。
いつの間にか、荒木さん取り上げられていたんですね。
提供曲でお名前をピックされていたので、ご本人のアルバムも聴かれて
いらっしゃるだろうなと想像していましたが、まずは、セカンドでしたね。

とても、マルチな才能のある方で、角松さん、林田さんともに通じるもの
を感じていたのですが、声質や曲調で或いは万人受けが難しかった方
かもしれませんね。

このアルバムはタイトル曲も含めて、全バラードを聴くだけでも、満足
出来る感じが、僕はしております。荒木さんの表現力を堪能しています。

あと、kazさんにちょっとお願いなのですが、アルバム違いですいません
が、ここにトラックバックさせて頂いてもよろしいですか?
一人でも多くの方に聴いて頂けると嬉しいですね。
Commented by kaz-shin at 2010-01-15 23:08
kadomaniaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまいました。すみません。
今年もよろしくお願いします。

実は荒木さんのこのアルバムを紹介しようと思っていた矢先、kadoさんに先を越されてしまい時期をずらしたんですよ(笑)
もっと色々聴いてみたいアーティストなんですが、なかなか中古店でも見つけることが出来ませんね。
もし、他のアルバムも見つけることが出来たら、また紹介しようと思ってます。

トラックバックの件ですが、kadoさんなら無条件でOKですよ。
よろしくお願いします。
<< 酒井 法子_MOMENTS ページトップ 小柳 ゆき_KOYANAGI ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon