Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 桐ヶ谷 仁 「しおさい」 ◇ 2010年 09月 25日
23日から雨模様が続いていた千葉県ですが、今日の午後になって久しぶりに太陽を拝みました。
雨が降っていた時は肌寒い位の気温ですが、今日は太陽が出てとても気持ちの良い気温で、まさに秋晴れという感じでした。あまりに気持ちが良かったので洗車しちゃいました(笑)
明日も天気が良いようなので、ハゼ釣りにでも出かけてみようかと思っています。

不思議なもので、季節が変わると聴きたい曲も変わってくるものですね。ここ2~3日は肌寒かったので、夏の終わりを感じさせる曲を選んで聴いてました。
今夜はその中から1曲紹介しようと思います。あんまり皆さんには馴染みが無いかも知れない、ちょっとマニアックなアーティストの楽曲ですが・・・(汗)

紹介するのは、1977年に独立したレコード会社となり、数々の名盤を世に送り出してきたアルファ・レーベルの男性ソロ・シンガーの第1号デビューとなった桐ヶ谷 仁が、1979年にリリースした1stアルバム『My Love for You』の冒頭を飾った「しおさい」です。
当時アルファ・レーベルからのデビューということで、発売されてからすぐにLPを購入しました。が、正直な感想は「アルファ・レーベルにしては地味過ぎる!!」でした(笑)
しかし、桐ヶ谷 仁の書く素朴な感じのメロディーを佐藤 博、坂本 龍一、松任谷 正隆という3人が絶妙なアレンジを施していて、まるでスルメの如く聴けば聴くほどに味わい深いアルバムとなり、いつしかフェイバリット・アルバムの1枚となって今でも聴き続けています。
現在でも音楽活動は続けているようですし、ライブも定期的に行っているようです。今の若い世代の人は魅力的に感じないかも知れませんが、私と同年代の方には耳に馴染む音楽ではないかと思います。
佐藤 博がアレンジを手掛けた唯一の曲が「しおさい」。とても良い曲なんで聴いてみて下さい。

「しおさい」 / 作詞・作曲:桐ヶ谷 仁、編曲:佐藤 博
Drums : 高橋 幸宏
Bass : 小原 礼
Electric Guitar : 松原 正樹
Acoustic Guitar : 笛吹 利明
Keyboards : 佐藤 博
Percussion : 斉藤 ノブ
Tenor Sax : 西条 孝之介


[PR]
by kaz-shin | 2010-09-25 17:31 | YouTube | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/13288363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じょん at 2010-09-25 21:03 x
今の若い人には・・か~この季節にはいい感じの声ですよね。jinを手に入れてコンプリートも手に入れて愛聴してます。
Commented by kaz-shin at 2010-09-27 00:13
じょんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
CD化されてる音源は全部持っているんですね~、凄い(笑)
若いのに桐ヶ谷さんの良さが分かるというのは実に渋いですね。
Commented by kotaro at 2010-09-29 08:48 x
後に、コーラスワークの増えた桐ケ谷兄弟ですが、
私は桐ケ谷俊博ともシングルレコードを2枚ずつ持っています。
仁さんの方は、活動されていますね。

で、最近、境長生という人のレコードを買ってきました。
1982年で、フォークとシティポップの中間的でした。
この人も、今でも地元札幌・北海道で音楽を続けています。

メーカーから一度でもレコードを出して、何年かの音楽活動をする、メディアでも何度か話題になる、ということは、やはりかなりの財産になるのだなと思います。

ファンにとっても、持続できる心の支えになり、現在のようなネットのメディアでは、フィードバックすることもできます。

判りきっているけど、音楽産業の本質は、そこじゃないかな。
5年の間で、いろいろと熱心に書き込んでいる人も、また来ては過ぎて行きました。
持続は簡単なようで難しい。性急に煮詰まる人は、結果を早く求めがち。
今も昔も、ほんとうのことは、あまり変わらないのでは、と思いつつ、のんびり書かせてもらっています。(感謝)
Commented by kaz-shin at 2010-10-01 00:00
kotaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなりました。すみません。

兄弟がそれぞれアーティストとしてデビューし、現在でも二人とも音楽業界で頑張っているというのは本当に凄いことだと思います。
確かに持続、継続って簡単ではないですね。
それなりに信念が無いと難しいですし、やはり好きでないと駄目ですね。

私のブログに"Favorite Blog"としてリンクを貼らせてもらっているブログの中で、現在更新がSTOPしてしまっているところも結構あります。
一体何の為に更新を続けているのかと私自身、自問自答することもあります。
そんな時はいつも原点に戻るようにしています。
私はただ自分の好きな音楽を紹介したいのだと・・・。
この気持ちを忘れないうちはまだ続けられそうです(笑)
<< 今夜の1曲 / 熊谷 幸子 「... ページトップ 今夜の1曲 / 門 あさ美 「... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon