Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
100年MUSIC FESTIVAL -第二夜- ◇ 2010年 11月 01日
e0081370_22453984.jpg
今日は、今年創立40周年を迎えるワーナーミュージック・ジャパンの主催による10月30日、31日の二日間の武道館でのライブ・プログラム『100年MUSIC FESTIVAL -第二夜-』を観てきました。
お目当ては、竹内 まりやと今年のツアーのチケット争奪戦に全敗した山下 達郎です。
今夜の"第二夜"には、9組のアーティストが出演。各々が持ち歌2曲(大トリのコブクロだけ3曲でしたが)を聴かせてくれました。

出演アーティストとセットリストは以下の通りです。

①RIP SLIME / 「Good Times」、「熱帯夜」
②Superfly / 「wildflower」、「愛をこめて花束を」
③馬場 俊英 / 「勝利の風」、「私を必要としてくれる人がいます」
④the brilliant green / 「There will be love there - 愛のある場所-」、「LIKE YESTERDAY」
⑤竹内 まりや / 「元気を出して」、「人生の扉」
⑥山下 達郎 / 「SPARKLE」、「希望という名の光」
⑦トータス松本 / 「明星」、「ハッピーアワー」
⑧BONNIE PINK / 「A Perfect Sky」、「カイト」
⑨コブクロ / 「Blue Bird」、「蕾」、「桜」


一組2曲というのは何とも物足りない感じがしますが、御大・山下 達郎に限っては1本のライブを観たに等しい位の価値があったと私は感じています。
竹内 まりやの登場と同時に達郎と達郎バンドも登場。竹内 まりやが2曲を歌い、ステージを降りた後に達郎がMCで"今年でデビュー35周年になりますが、自分の歌を武道館で歌うのは初めてです。普段なら歌わない場所だけど、今日はお祭りなんで2階席の1番上の席(実は私達夫婦の席も2階席の最後尾でした)までしっかり歌声が届くように歌わせてもらいます"と・・・。そう、達郎が武道館で持ち歌を歌うのを聴けただけで私には感動モノでした。
そして「SPARKLE」へ。いつ聴いても痺れますね(笑)
「SPARKLE」が終わった後、MC無しで続けて始まったのが「希望という名の光」。
曲の途中で達郎が語り出しました。これが凄かった。あまりの感動で涙が出てきました。
正確ではありませんが、大体の内容を書いておきますね。

"音楽というのは聴く人を幸せにするものです。また聴く人に幸せを届けようと35年間歌い続けてきました。
しかし、時に大きな悲しみや苦しみの前では、音楽の力も弱いものになってしまうこともあります。
夏からツアーを続けてきてもうすぐ終わります。今回のツアーでこの曲(「希望という名の光」)を歌っているのですが、この曲を歌う時に、この曲を作るきっかけを作ってくれた99の岡村君と今病気と戦っている桑田 佳祐君の復帰を願って心を込めて歌ってきました。
自殺してしまった吉田君(10月7日に48歳の若さで自殺してしまったワーナーミュージック・ジャパンの社長・吉田 敬氏のこと)は、自殺する1週間前に僕のライブを観にきてくれていました。その時にこの曲を聴いてくれてたはずなのに、こんな結果になってしまって本当に残念です。
どうか皆さん、死なないで下さい。生きて下さい。頑張って生きて下さい。どんなに辛くても苦しくても頑張って生きて下さい。
どんなに強く願っても夢が叶わないこともあります。現実は厳しいですから・・・。でも頑張って生きて下さい。
来てくれている若い世代の人達には説教臭くなってしまったかも知れません。ごめんなさい。
今日は本当は喋らずに2曲歌って帰ろうと思っていましたが、やはり伝えておきたいという気持ちになりました。"


こんな内容でした。この説得力は尋常では無かったですね。私だけでなく、周りの観客の中にもハンカチで目を拭っている人達が結構いました。
今日の達郎のメッセージを聞けたことを一生忘れないと思いますし、達郎の音楽を彼が続ける限り、どんな形であれ、聴き続けていきたいと思います。

大トリのコブクロの歌も良かったですよ。
「蕾」の終盤、サビのメロディーを二人が無伴奏、ノーマイクで熱唱しました。これも感動モノでした。

音楽って本当に素晴らしいですね。今夜改めてそう感じましまた。
[PR]
by kaz-shin | 2010-11-01 00:32 | 雑記 | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/13545135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jyubon at 2010-11-01 01:33
凄い!このライブに足を運ばれたんですね?
私も行きたかったのですが、遠方なもので、諦めました。

アーティストを見ただけで凄い!と思うのに、山下達郎氏の言葉に感動です。
UPしてくださってありがとうございます。
年を重ねただけ、言葉に重みがあって、説得力が加味されます。
先日行った、鈴木雅之氏のライブでも、そう思いました。
死んではいけない。きっと、若い世代の方にも通じたことでしょう。

このライブに行けて、本当に良かったですね♪
Commented by kaz-shin at 2010-11-01 01:52
jyubonさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんです。行ってきました(笑)
それぞれのアーティストの素敵な歌声を堪能してきました。
そんな中でやはりまりやさんの「人生の扉」や達郎さんの「希望という名の光」は心に沁みました。
若い世代の人には書けない、歌えないタイプの曲だと思います。
今日のライブで若い世代の人達が、まりやさんや達郎さんの曲で何かを感じてくれたら嬉しいですね。
WOWOWで放送の予定があるみたいですよ。
Commented by gunts at 2010-11-01 10:06 x
最近バタバタしていて、日曜も日曜ではない日々で(ラジオも聴けず)こんなライヴがあることも知りませんでした。
でも、ライヴの素晴らしさが伝わって、もらい泣きしました。
ありがとうございます。
この言葉をきいて、もう少し私も頑張ってみようと思います。
Commented by kocrisp at 2010-11-02 00:01 x
重みのある言葉でした。
その場におられただなんて、羨ましい限りです。
ナイナイのANNにゲストで達郎さんが出た際は、非常に面白かったです。
金曜のNHKが近づいてきました。
きっと私の期待以上のパフォーマンスが見れるんだろうなぁ~

あ、まりやのチケットは全敗です。残念です。
武道館は、ぜひぜひ私の分も楽しんできてください。
そしてぜひBOXのレポも(笑)
Commented by kaz-shin at 2010-11-02 04:27
guntsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

自殺してしまった人のことを悪く言うつもりはありませんが、
様々な自殺のニュースを耳にする度にいつも思うことがあります。
人間ていうのは地球上で最も弱い生物なんだと・・・。
人間以外の動物・生物は、この世に生を受けた時からどんなことがあっても生きることを全うしようとします。
どんな厳しい状況に置かれても生きることを諦めたりしません。
それが当たり前のことだから・・・。

こんな弱い人間だからこそ、神様は知恵を授け、言葉を授けたんでしょうね。そして音楽も。

私も音楽で随分励まされ、元気付けられてきました。
良い音楽を聴きながら、頑張っていきましょう!
Commented by kaz-shin at 2010-11-02 04:33
kocrispさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
達郎さんのライブ、ぜひ楽しんできて下さい。
きっと最高のパフォーマンスが観れると思いますよ。

どんなに古い曲でもアレンジを変えることなく、オリジナルに忠実な達郎さんの歌と拘りにきっと感動すると思いますよ。
その時代、その時代に最高の音楽を作ってきたという自負と自信が伝わってきますよ。

今年最後のライブが竹内まりやさんというのは、時期も時期だけに良いクリスマス・プレゼントだと思い、楽しんできます。
ライブ・レポは必ず書きますよ。
Commented by flower at 2010-11-02 18:25 x
竹内まりやと山下達郎の2人が一緒にステージに立つところを見られるなんて夢のようだと思い、名古屋から駆けつけました。

まりやの人生の扉はまさに心に沁みました。
ひと言ひと言が彼女の誠実な心を表わすかのような言葉にも打たれました。
そして達郎の圧倒的な歌の力と「生きていてください・・・」という語りには涙が止まりませんでした。

私自身、音楽にどれだけ救われ、支えられてきたことか。
その音楽さえ無力なことがあるなんて・・・。


実は今回一緒に行ったのは大学生の息子でした。
息子は心の病で数年来苦しんできましたが、ようやく回復し「希望という名の光」が見えてきたところです。
音楽好きの息子と二人で武道館で達郎を聴けたこと、一生忘れないでしょう。
開演前に達郎で一番好きだと言っていた「SPARKLE」が一曲目だったことで息子も大喜びでした。

竹内まりやのコンサートは幸い大阪のチケットが取れたのでとっても楽しみにしています。
ライブ・レポも是非読ませていただきますね。
Commented by kaz-shin at 2010-11-02 19:34
flowerさん、コメントありがとうございます。
母子でライブに行き、素敵な時間を共有できて良かったですね。
きっと息子さんもこの日のライブの事、まりやさんの歌や語り、達郎さんの歌とメッセージの事を一生忘れないでしょうね。

私はまりやさんと同年代ですから、一際「人生の扉」が心に沁みます。
本当に"満開の桜や色づく山の紅葉を この先いったい何度見ることになるだろう"と感じるようになりました。
人は多くの人に支えられて生きています。また自分も微力ながら誰かの支えになっているんだろうなと思います。
そして、私に対して"生きていて欲しい"と願ってくれている人が存在し、私も"生きていて欲しい"と願う人が存在します。
これからはそんな思いを忘れず、胸に抱いて生きていくことが大切なことだろうと自分に言い聞かせています。

まりやさんの大阪でのライブは、また息子さんと一緒ですか?
もしそうなら楽しんできて下さいね。
母子で好きな音楽が一緒で、その音楽について色々話せるというのは本当に素敵なことだと思います。

文章は下手くそですが、ライブ・レポは一生懸命書くつもりでいますが、あまり期待しないで下さい(笑)
<< 今夜の1曲 / 松山 千春 「... ページトップ 今夜の1曲 / 渡辺 真知子 ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon