Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
竹内 まりや_ウイスキーが、お好きでしょ ◇ 2010年 11月 09日
e0081370_19574598.jpg

今夜は久しぶりのレビュー記事です。
とは言ってもシングル盤の紹介ですが・・・(笑)

紹介するのは、11月3日に発売になったばかりの竹内 まりやのシングル「ウイスキーが、お好きでしょ」です。
お馴染みだとは思いますが、小雪が出演しているサントリー角瓶のCMで使われている名曲です。
オリジナルは、1990年頃同じくサントリーのウイスキー"クレスト"のCMで使われていたSAYURI(石川 さゆり)が歌った「ウイスキーが、お好きでしょ」です。SAYURIのオリジナルについては以前取り上げましたので、興味のある方はコチラをご覧下さい。

今回の竹内 まりやヴァージョンの1番の特徴は、オリジナルの歌詞に作詞者の田口 俊が新たに書き足しています。それによってオリジナルよりも一層ドラマ的になった感じがしますね。
このシングルには、
①CMで使われた"CMアレンジVersion" (編曲:嶋田 陽一、コーラス・アレンジ:杉 真理)
②服部 克久の編曲による"オーケストラVersion"
③英語詞で歌われている"ストリングスVersion" (英語詞:星野 操、編曲:服部 克久)
という3タイプのヴァージョンが収録されており、それに①と②のオリジナル・カラオケ2曲が加わり、計5曲が収録されています。
やはり、この曲は女性の歌声の方が良いですね。ゴスペラーズのアカペラも悪くは無かったですけど・・・。
石川 さゆりとはまた違った大人のムードを醸し出している竹内 まりやのヴォーカルがなかなか良いですし、アレンジも雰囲気があって凄く良い仕上がりだと思います。

「竹内 まりや / ウイスキーが、お好きでしょ」
作詞:田口 俊、作曲:杉 真理

01. ウイスキーが、お好きでしょ (CMアレンジVersion)
02. ウイスキーが、お好きでしょ (オーケストラVersion)
03. You & Night & Whisky (ストリングスVersion)
04. ウイスキーが、お好きでしょ (CMアレンジVersion) / Original Karaoke
05. ウイスキーが、お好きでしょ (オーケストラVersion) / Original Karaoke

JAZZYなアレンジが渋い01。ドラムとベースは打ち込みですが、そんなことを感じさせない雰囲気作りが見事です。このテイクで秀逸なのは、女性トランペッター・市原 ひかりのソロ・プレイです。本当に格好良いソロを聴かせてくれます。そして竹内 まりやのしっとりとした歌声を際立たせる杉 真理のコーラス・ワークも流石です。

BIG BAND JAZZといった趣きの02。こちらは全てミュージシャンによる演奏です。参加ミュージシャンもなかなか渋い面子なんですが、人数が多いので割愛します(笑)が、平原 まことのアルト・サックスがフィーチャーされています。これも良いソロです。

ストリングスがメインの03は、英語詞で歌われ、01や02とはちょっと違った雰囲気を楽しめます。管楽器はフルートだけとなり、あくまでも弦の美しさに拘った仕上がりになっています。これはこれでありですが、日本語の美しさを杉 真理のメロディーが際立てている意味では01や02の方がやはり良いですね。

1,000円で買える晩酌の肴としては最高かも知れませんよ。
皆さんもこの曲を聴きながら1杯やってみるのは如何ですか?
[PR]
by kaz-shin | 2010-11-09 23:43 | Singles | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/13604406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kocrisp at 2010-11-10 23:11 x
そうなんですよね。石川さゆりVerとは一味も二味も違うものになっていて、
ジャジーな雰囲気で、秋の夜長に聞きやすいです。
以前、杉さんがステージで英語版を歌った事があり、
同じものかなぁと思い起こしたいのですが、さすがに記憶が…(笑)
Commented by kaz-shin at 2010-11-13 02:38
kocrispさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、本当にすみません。

やはり演歌とPOPSの違いというのか、SAYURIさんのヴァージョンにはどこか和のテイストが漂ってますし、
まりやさんのは洋風のテイストが濃いですよね。
勿論アレンジもその辺りを考えてのアレンジだと思います。
何よりこういう曲をさらっと書いてしまう杉 真理さんはやはり凄いの一言です(笑)
<< 今夜の1曲 / 宮崎 美子 「... ページトップ 今日の1曲 / 高橋ユキヒロ ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon