Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 岩崎 良美 「What's Love?」 ◇ 2011年 01月 21日
今夜もまた私の敬愛する作曲家・林 哲司の作品を紹介しましょう。
数多い林 哲司のプロデュース・アルバムの中で、私個人的にBest 3に入るくらいに好きなのが1984年にリリースされた岩崎 良美の『Wardrobe』です。その『Wardrobe』からAOR色の強いミディアム・ナンバー「What's Love?」をお届けします。

元々歌詞に関心の浅い私なのですが、80年代に非常に気になっていた作詞家が康 珍化(カン チンファ)でした。特にこれといった理由は無いのですが、康 珍化の書く歌詞が好きでしたね。
「なかなか良い歌詞だなぁ」と思ってクレジットを見ると康 珍化だったということもしばしば・・・。そんな康 珍化と林 哲司の共同プロデュースであり、収録曲8曲全て作詞:康 珍化、作曲:林 哲司となれば文句無く速攻買いのアルバムだった訳です。当然ハズレの訳はありません(笑)
残念ながら当時買ったアナログ盤が友人に貸したまま返ってこない状態になってまして、早くCD化して欲しいとずっと願っていたアルバムでもありました。2008年にCD化(アルバム単品として)された時は本当に嬉しかったことを思い出します。

私が好きな林 哲司の楽曲の多くが、この曲のようなミディアム・テンポかバラードで、アップ・テンポの曲は不思議と少ないんです。個人的に林 哲司の真骨頂は、ミディアム系やバラード系にあると思っていますので(笑)
今夜紹介する曲を気に入って下さる人がいれば嬉しいのですが・・・。

「What's Love?」 / 作詞:康 珍化、作・編曲:林 哲司


[PR]
by kaz-shin | 2011-01-21 23:21 | YouTube | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/14023868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by parat at 2011-01-22 02:28 x
わー!見てない間にこんなシリーズが始まっていたとは。
これからどんなのが出てくるか楽しみです。
ちなみに自分の場合は杏里の「悲しみがとまらない」とか杉山オメガ
あたりが林哲司ワールドの入り口でした。

このアルバム名盤ですよね。初めて聞いたとき1曲目から「うわー
林哲司テイストだ」ってテンション上がってしまいました。
こちらのサイトで知ることが出来たおかげです(笑)

しかし岩崎良美の林哲司プロデュースってこの1作だけなんですね。
もう少し続けてもらいたかったな。
Commented by yumetama at 2011-01-22 21:58 x
こんにちわ。
やっぱりきましたね~「Wardrobe」からの選曲。歌詞最後の「それはなぜWhat' Love」ってとこの終わり方とうかメロディーがちょっと変わった感じがして好きです。

このアルバムは岩崎良美のアルバムの中でも最高のクオリティですよね。しばらくこの路線で続けてくれることを期待していたのですが、その後「タッチ」とかになっちゃって残念でした。

林哲司ワールド全開の「愛はどこに行ったの」や、収録されなかった「ヨコハマHeadlight」も好きでした。
Commented by kaz-shin at 2011-01-23 21:56
paratさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当は杏里の楽曲もUPしたかったのですが、UPすると警告が出ますので諦めました。
私は杏里に提供したバラード曲「YOU ARE NOT ALONE」が好きでUPしたかったんですが残念です。
林 哲司の楽曲特集はもう少し続けますので、楽しみにしていて下さい。
Commented by kaz-shin at 2011-01-23 22:01
yumetamaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私にとっては、林 哲司のプロデュース・アルバムの中において『Wardrobe』、
『MISTY HOUR』(伊東ゆかり)、
『Heart Land』(IRUKA)の3枚は絶対に外せないんです。
いつの日か伊東ゆかりさんのアルバムがCD化されるのを願うばかりです。
Commented by airplay0105 at 2011-01-25 23:32
日本のデビット・フォスター林哲司特集はじまりましたね~!
『林 哲司の真骨頂は、ミディアム系やバラード系にある』には大賛成です!これからの展開に期待しております。
Commented by kaz-shin at 2011-01-27 01:21
airplay0105さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
特集と呼べるほど立派なモノではありませんが、細々とやってます(笑)
林 哲司さんの80年代初め頃の曲やアレンジにはAIRPLAYの影響をかなり受けているモノが多いですね。
いずれそんな曲も紹介出来たらと思っています。
Commented by ギムリン at 2011-01-29 17:18 x
ご無沙汰です。
選抜高校野球の出場校が決まって、またまた間違って「タッチ」をリクエストされる場面もありそうですが、入場行進曲に選ばれたのは2ndシーズンのエンディングテーマ「青春」の方ですので、皆様お忘れなく(微笑)。
それくらい、タッチの浸透度が高くなってしまいましたが、タッチの一つ前の作品だった『Wardrobe』にも、是非気がついていただきたいと思います。

さて、良美さん、明日1/30(日)のお昼は銀座の山野楽器でイベントがあります。
『Wardrobe』からは、「コーラスワーク」をセルフカバーしていますので、銀座にお出かけの方は、寄ってみてください。
www.yamano-music.co.jp/userProdDetail.do?itemCode=4110091732&type=M
Commented by kaz-shin at 2011-01-30 08:20
ギムリンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
いつも情報ありがとうございます。
「コーラスワーク」も林 哲司さんらしい美しいバラードで、私も大好きなんです。
でも「10月のフォトメール」が如何せん素晴らしいので、個人的には霞んでしまっています(笑)
<< 今夜の1曲 / 菊池 桃子 「... ページトップ 今夜の1曲 / IRUKA 「... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon