Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
無題 ◇ 2011年 03月 12日
東北太平洋沖地震におきまして、亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。
そして、被災された多くの方々、今もなお避難生活を余儀なくされたり、救助を待つ方々におかれましては、何の慰みにもならないとは思いますが、心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地で多くの命を救おうと懸命な救助活動に従事されている皆さんには、心から感謝致します。

今回の地震で改めて地震、そして津波の恐ろしさを痛感いたしました。
たまたま社内で打ち合わせ中の地震でした。こんなに怖い思いをしたのは、初めてと言って良いかも知れません。特に二度目の大きな揺れ(茨城県沖地震)の時は、正直なところ東京が壊滅するかもとさえ思いました。東京にいる私でさえこの恐怖でしたから、東北地方にすむ方々の恐怖は相当なものだったでしょう。心が痛みます。
次々にTVで放送される被災地の状況を観る度に何とも言えない悲しい気持ちになります。

今回1番不安だったのが、家族や大切な人達への連絡がなかなか取れなかったことでした。"無事でいるのか?"、"無事でいることを伝えたい"と思っても通信網も麻痺状態で、本当に不安な時間が数時間続きました。
私達夫婦は共働きで、なかなか連絡(メール、電話共に)がつきませんでしたが、やっと連絡が取れお互い無事であることが出来て一安心しました。
嫁さんが会社から私の会社まで2時間以上かけて歩いてきて、私の会社で合流しました。そして嫁さんの実家が私の会社から徒歩20分位の所でしたので、昨夜は実家に一泊させてもらいました。
私の会社の人間の大半が会社で夜を明かしたと思いますので、私達夫婦は非常に幸運でした。
一夜明け、電車が動き出すも間引き運転に加え、徐行運転の為に帰宅するのに普段の倍の時間がかかりました。
幸い我が家では、CDがラックから落ちたり、本棚の本が落ちたりしていましたが、壊れたものは植木鉢に写真立て位なもので被害は少なかったです。

まだ救出をまっている方が沢山います。現状の把握さえままならない地区もあります。どうか一人でも多くの方がご無事であること、そして救出されることを願っております。

最後に沢山のコメントを頂戴しておりますが、こういう状況なのでレスを控えさせて頂きますことをお詫びすると同時にご了解下さいますよう、よろしくお願い致します。
[PR]
by kaz-shin | 2011-03-12 23:29 | 雑記 | Trackback | Comments(0) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/14419918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 祈り ページトップ 今夜の1曲 / 稲垣 潤一 「... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon