Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 松崎 しげる 「Sailing Love」 ◇ 2011年 07月 26日
暑い夏にカレーやラーメンを食べて汗をかくのが好きという人がいますよね。私も決して嫌いではありません。
暑い時に熱い食べ物を食べて涼を求めるというのも一興かも知れません。
ならば音楽についても同じことが言えるのではないかと思い、今夜選んだ曲は暑苦しい歌が定評の松崎しげるのナンバーです。

1979年にリリースされたシングル曲「Sailing Love」です。
決してヒットした曲という訳ではありませんが、1979年当時というのは歌謡曲のフィールドで活躍されていたシンガーがこういう曲を歌っていた時代でして、音楽を聴く事が本当に楽しかったですね。
この曲はベスト盤などに収録されておりCD化されていますが、私は松崎しげるのCDは所有しておりませんのでアナログ音源でのUPです。
またCD化された音源は「Overture~Sailing Love」となっており、シングル・バージョンよりも収録時間が長いもののようです。なのである意味純粋なシングル・バージョンは貴重かも知れません。
しかし、アナログ音源なので音は保障しませんが・・・(笑)

暑い時期に暑苦しい歌声を楽しんで頂ければ嬉しいです。

「Sailing Love」 / 作詞:荒木とよひさ、作曲:馬飼野 康二、編曲:前田 憲男・斉藤ノブ・植田 芳暁・小笠原 寛
Drums : 村上 秀一
Bass : 後藤 次利
Guitar : 安川ひろし
Keyboards : 松岡 直也、佐山 雅弘
Percussion : 斎藤ノブ、中島 御
Marimba : 金山 功
Trumpet : 羽鳥 幸次グループ
Trombone : 中沢 忠孝グループ
Chorus : The Surf Riders
Stirngs : Joe Strings


[PR]
by kaz-shin | 2011-07-26 23:48 | YouTube | Trackback | Comments(5) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/15180473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotaro at 2011-07-27 03:46 x
出ました!「噂の刑事」マツの方。このナンバーはかろうじて覚えていましたが、御大、前田憲男のワークスに斉藤ノブや松岡直也といったラテン、サルサのフレージングがかぶっているので、「暑苦しさ」にターメリックやカレー粉の乗っかったような、強いていうと『夏の夜店のシシカバブ』のような印象の曲かもしれません。
多分こんな企画が通ったのは、TBS系「サウンド・インS」で伊東ゆかりらとともにマツ兄がヴォーカル力を買われて、しばしば番組起用されていたからだと想像します。
なぜなら、このシングルはビクター系インヴィテーション発売で、「あなたしか見えない」の伊東も当時はビクターでした。
おそらくは前田と旧知の仲であり、当時ビクターの腕利きディレクターだった飯田久彦の仕事であろうと思われます。

しかしこの年の秋あたりから、ロッド・スチュワートの来日にあわせた「スーパースターはブロンドが好き」ブームが仕掛けられていたことも、忘れてはなりません。
名曲「Sailing」の再評価を普及させるとともに、マツ兄の歌唱力を一般レベルまで徹底させるといった目論み。おそらくはTBSの“ギョロナベ”渡辺正文あたりも絡んでいたのではないかと勝手に想像しています。
Commented by ajiketo at 2011-07-27 13:01 x
サーカスあたりが歌っても全く違和感がありませんね。

松崎しげるは、昔、西田敏行と「ハッスル銀座」という番組で
即興で弾き語りをしていた(西田がでたらめに歌うのに合わせて
松崎がギターとコーラスを担当)時も歌唱力とセンスは際立っていたように思います。
歌唱力も声量も抜群という印象を私は持っています。
ま、暑苦しいのは間違いないですが(笑)。
Commented by kaz-shin at 2011-08-07 22:13
kotaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスがいつもの事ながら遅くなってしまい、本当に失礼しました。

それにしてもkotaroさんの分析っていつもながら凄いですよね。
この業界で働くべきではなかったかといつも思いますよ。
私はそういう分析は苦手というか、何も考えずただ曲を楽しんでいるだけの人間なので、その分析力をいつも羨ましく感じています。
私だったら良い時代だったで終わりです、きっと(笑)
Commented by kaz-shin at 2011-08-07 22:24
ajiketoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、失礼しました。すみません。

松崎さんのギターと言えば、右利き用のギターを逆さにして弾いているのがユニークでした。
だからコードの押さえ方も独特で・・・。
他には甲斐よしひろさんも同じだったように記憶してます。
すみません。つまらない話で。
Commented by kotaro at 2011-08-31 23:31 x
kaz-shinさーん、もう9月でっせ。生きてまっかートニー?
<< 今夜の1曲 / 河合 奈保子 ... ページトップ 今夜の1曲 / 須藤 薫 「素... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon