Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Toshiki Kadomatsu vol.2_SEA BREEZE ◇ 2005年 10月 23日
e0081370_1155812.jpg 

角松敏生の記念すべきデビュー・アルバム。1981年のリリース。私にとって2005年の現在までずっと聴き続ける事になったきっかけを作ったアルバムである。1stアルバムという事で、おそらくデビュー前に書き溜めておいた曲からピック・アップして製作されたものであろう。アルバム全体の統一感というものは若干希薄ではあるが、角松の音楽性の可能性を示すのには充分だと思う。いわゆるカタログ的なアルバムだと思えば納得のいく出来栄えである。

1. Dancing Shower
2. Elena
3. Summer Babe
4. Surf Break
5. YOKOHAMA Twilight Time
6. City Nights
7. Still I'm In Love With You
8. Wave

作詞・曲は全て角松、編曲は 1.3.5.8を志熊研三、2を清水信之、4.7を後藤次利、6を松原正樹の4人。私にとっては申し分無い布陣だ(笑) サウンド的に統一感を出すには1人のアレンジャーにした方が良いのだが、これはこれで良かったと思う。曲のタイプに合わせて上手くアレンジャーを起用していると思うからだ。岡村右プロデューサーをはじめスタッフの意気込みを感じる。どの曲をとってもアレンジは悪くない。角松本人は、不満はあったらしいが・・・(笑) 不満があるとすれば、まずボーカル。仕方無いことだが、下手である。声も出てない。特にEPOとのデュエット曲4では、EPOが上手い為に余計に角松のボーカルの弱さが気になる。あとは詞の問題。稚拙というか未熟な部分がある。二人称が「あなた」、「君」、「お前」等が1曲の中で混在していたりする(笑) 曲先行で詞を付ける事が多かったのだろうか?デビュー・アルバムという事で目をつぶろう。全体的に1stアルバムにしては、かなり完成度は高いと思っている。
代表曲は、5.8辺りだろうが、個人的には松原正樹のギターが気持ち良い6が好きである。



e0081370_12335066.jpg 

Side A. YOKOHAMA Twilight Time
Side B. Summer Moments
アルバムと同時リリースのデビュー・シングル。アナログ盤シングルで唯一所有していないシングルである。今思えば買っておくべきだった。B面曲のオリジナルは未CD化で、ここでしか聴けないからだ。リテイクされたものは『1981~1987』で聴けるのだが・・・。A面曲はおそらくアルバム・バージョンと同じものだと思われる。

角松はシングルとアルバムでは意識的にバージョンを変えるという拘りを持っているため、以降はシングルも極力購入するようになった(笑) たまにオークションにこのシングル・レコードが出品されるが結構高値がつくので手が出ない。
[PR]
by kaz-shin | 2005-10-23 12:48 | Toshiki Kadomatsu | Trackback(1) | Comments(6) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/1564078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Soft & Mellow at 2005-10-23 16:26
タイトル : SEA BREEEEEEEEEEEZE!!
先日の満月はご覧になりましたか? 私なんか感動のあまりボーっと見とれていました(笑)。 最接近の満月は毎年あるみたいですので、来年もチェックしなきゃ!! さて、毎日暑い日々が続いていますが、皆さんはボディ・ケアはどうしていますか? 女性は気をつけてい... more
Commented by Musicman at 2005-10-23 16:28 x
はじめまして!
ウロウロしてたらコチラに辿り着きました。
私も角松大好きですし、コチラにアップされている音楽は好みのモノばかり!
これからもチョクチョクお邪魔しますので、よろしくお願いしますね!
過去記事ですけどTBもさせて頂きました。
角松の新譜、楽しみですね~!!
Commented by kaz-shin at 2005-10-23 16:39
Musicmanさん
はじめまして。私は以前よりMusicmanさんのBlogは拝見してました。
和モノ中心ですが、好きなもの(70's~80's中心)を好き勝手に紹介していきますので、覗いてやって下さい。
これからもよろしくお願いします。
Commented by LOVE☆YUYA at 2006-07-30 01:27 x
blog始めてまだ日が浅いのですが角松さん結構扱ってるのでもしよろしければのぞいてやって下さい。
Commented by kaz-shin at 2006-07-30 01:34
LOVE☆YUYAさん、こんばんは。
沢山のコメントありがとうございます。
私も去年の9月にblogを始めたので、まだまだ新米です。
早速お邪魔させてもらいます。

これからもよろしくお願いします。
Commented by Kenny U at 2008-02-20 18:53 x
オリジナルヴァージョン「YOKOHAMA Twilight Time」のベースは
後藤 次利氏の演奏なんですかね??
私の所有しているCDには、
曲ごとの演奏者クレジットは書いてありませーん。
LPは、何故か、所有していませんでしたー。
(余談ですが、1986年CDプレイヤーを買って始めて入手したのが
このCD『SEA BREEZE』でした)

○single「心配」c/w 「YOKOHAMA Twilight Time~20th Anniversary Version」
こちらでは、後藤 次利氏になっていますが??

<追伸>
ところで、ここのページはすごく不思議な設定をされていますね??
"Single vol.1"って書かれている所をクリックしたら
記事の追加分が表示されました・・・???
これって設定はいったいどうなっているの???
Commented by kaz-shin at 2008-02-20 20:09
Kenny Uさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
実は『SEA BREEZE』はアナログ盤もCD盤も曲毎のクレジットはありません。
しかし、活動凍結中にリリースした2枚組ベスト盤『1981~1987』には曲毎のクレジットが載っています。
「YOKOHAMA Twilight Time」のオリジナルのベースは間違い無く次利さんです(笑)

「20th Anniversary Version」は、当時と同じメンバーで新しく録音するという
コンセプトで作られてます。厳密には全く同じメンバーではありませんけど・・・。

記事が追加分の表示ですが、Kenny Uさんも同じエキサイトですから当然出来ますよ。
いわゆる"続きを読む・・・"というやつです。
記事の投稿画面の記事を書く箇所の右上に"More"ってありますよね?
そこにチャックを入れると、追加記事が書けます。
通常の記事閲覧では隠れて表示されますが、過去記事一覧から直接該当記事に
アクセスすると全記事表示されてしまいます。
やってみて下さい(笑)
<< 杉 真理_OVERLAP ページトップ MICHAEL FRANKS_... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon