Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Nilsson_Without You ◇ 2012年 05月 09日
e0081370_0532192.jpg


私が中学・高校生時代は、音楽に関する情報はラジオや雑誌から得るのが当たり前の時代でした。中でもラジオは最新の音楽情報を得るには欠かせない存在でしたから、深夜放送を中心にFM/AMに関わらずよく聴いていました。
ラジオ番組にもよりますが、曲を流す場合にDJが先に曲名・アーティスト名を紹介してから曲を流すケースと、曲が終わってから曲名・アーティスト名を紹介するケース、あるいはその両方というパターンもあるのですが、ながら族の私としては曲が終わってから紹介してくれる番組は有難かったですね。
流れてきた曲が良いなと思った時、先に曲名等を紹介されてしまうと「誰の何という曲」かが判らず、結構イライラさせられることがありましたね。
どうしても曲名が知りたかった時は、ラジオ局へ直接電話して聞いてみたこともありました(笑)

そんなラジオとの付き合いの中で、ラジオから流れてきた曲に身震いするほどの衝撃を受け、翌日にはレコード店へレコードを買いに行ったという経験が2度あります。
その買った2枚のレコードの中の1枚が今夜紹介するシングル・レコードです。
詳しい月日までは覚えてはいませんが、14~15歳頃だったと思います。とにかく切ないメロディーと情感溢れるヴォーカルに魅了されました。幸いにも曲の終了時に曲名・アーティスト名を紹介してくれたので、すかさずメモを取り翌日レコード店へ(笑)
シングル盤で発売されているかどうかさえも分からないまま、シングル盤の棚を必死で探して見つけたのがNilssonの「Without You」です。
今やスタンダードとも言える名曲中の名曲ですね。

中学時代の3年間、私は明けても暮れてもビートルズ一色の日々を過ごしており、聴く音楽は全てビートルズ関連のモノばかりでした。
なので、Badfingerの『No Dice』も当然のように聴いていました。ご存じの方も多いと思いますが、「Without You」はBadfingerのオリジナル曲で、アルバム『No Dice』に収録されていました。
正直なところ、Badfingerのオリジナル・バージョンは聴いていたはずなのに印象も薄く、記憶に残ってなかったんですよね。
ところがNilssonのカヴァーには鳥肌が立つほどに感動したというのは、私にとってNilssonバージョンはオリジナルを完全に凌駕していたんでしょうね(笑)

画像のシングル・レコードは、1973年にリリースされた日本独自のレコードです。カップリング(私の年代にはB面と言った方がしっくりきますが・・・)は、これもNilssonの大表曲のひとつで、1969年の映画『真夜中のカーボーイ』の主題歌として大ヒットした「Everybody's Talkin'(邦題:うわさの男)」です。

「Nilsson / Without You」
sideA. 「Without You」 / 作詞・作曲:Tom Evans、Pete Ham
sideB. 「Everybody's Talkin'」 / 作詞・作曲:Fred Neil

今となっては聴くことの無いレコードなんですが、とても思い入れが強くので捨てることも出来ず、大事にしている1枚です。
ちなみにラジオから流れてきた曲に身震いするほどの衝撃を受けて、翌日レコード店へレコードを買いに行ったもう1枚のシングル・レコードは、Billy Joelの「The Stranger」でした。
[PR]
by kaz-shin | 2012-05-09 01:01 | Singles | Trackback | Comments(5) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/17947300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よだきぼ at 2012-05-09 10:15 x
私もながら族でしたので、先に曲名等紹介されてますと、「おっ!」と思った曲名、アーチストを調べるのが大変だった記憶があります。
田舎の貧乏中学生にはレコードなんて高くてなかなか買えませんでしたが、私も2枚だけ、急いで買いに行った曲があります。
ミシェル・ポルナレフの「悲しみのエトランゼ」と同じくビリーの「ストレンジャー」ですね。深夜のラジオから聞こえるポルナレフは歌声に、ビリーは曲調に鳥肌が立ち翌日レコード屋に探しに行った記憶があります。



Commented by gunts at 2012-05-11 10:00 x
私もラジオは年中つけっぱないしだった派です。
途中からラジオを付けたら、イイ曲だったパターンもありますよね。
そんな時に限って(というか主流は)先紹介だったと思います。
後紹介してもらえることの有り難い事!
私はニルソンが先でしたね。ビートルズは大好きでしたが、ワタシの時代にはビートルズもバットフィンガーもラジオではかからない時代でした。(^^ゞ
ストレンジャーが流行ったのが中一でした。
まさにラジオで知った(ほぼ最初の)洋楽といっても過言ではありません。

追記 復活嬉しいです。日々楽しみにしております。<(_ _)>
Commented by kaz-shin at 2012-05-11 22:50
よだきぼさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も中学時代はほとんどレコードは買えませんでしたね。
だからビートルズのレコードも友人と同じLPは買わないようにしていました(笑)
なのでビートルズのレコードが全部揃ったのは高校生になってからでした。
ミッシェル・ポルナレフ、懐かしいですね!
フレンチ・ポップスを身近に感じさせてくれた最初のアーティストかも知れません。
Commented by kaz-shin at 2012-05-11 23:06
guntsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今はラジオはほとんど聴かなくなってしまいました。
情報はネットでいくらでも入手出来ますしね。
今のラジオ・プログラムってどうなんですかね?
昔は音楽中心のプログラムが沢山ありましたけど。

私の好きな曲だけを流すラジオ番組を作ってみたいなどと昔は夢見たこともありました(笑)
Commented by gunts at 2012-05-14 15:35 x
こんにちわ。
余計なお世話でしょうが、以前ネットで見つけた記事です。
自分で仮想ラジオみたいな感じです。
http://rocketnews24.com/2012/01/26/176357/
<< 海猿 ページトップ 相曽 晴日_風はきまぐれ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon