Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
OFF COURSE_JUNKTION ◇ 2005年 11月 13日
e0081370_115816.jpg 

立冬が過ぎ、暦の上ではもう冬だ。しかし、「秋の気配」の残る今のうちに紹介したいアルバムがある。1977年にリリースされたオフコースの5枚目のアルバム『JUNKTION』。
当時、オフコースの存在は知っていたし、「眠れぬ夜」等のヒット曲もあったし何曲かの曲も知っていた。しかし、アルバムを買ってまで聴こうとは思わなかった。ある日オフコースの好きな友人宅へ遊びに行った時、聴かせてくれたアルバムがこれ。

友人との話に夢中で流れている音楽など耳に入ってこなかった。ところが、ある曲が会話を止めた。話す事も忘れて聴き入ってしまったのだ。その曲こそが「秋の気配」だった。
♪こんなことは今までなかった ぼくがあなたからはなれてゆく♪というフレーズが耳から離れなくなった。友人宅を出てもそのフレーズが頭の中を駆け巡った。
小田 和正の術中にまんまと嵌ってしまったのだった(笑)

小田 和正の曲を聴いていつも凄いなと思うのは、聴く者に強烈な印象を残すサビの歌詞とメロディーである。特に歌詞は、シンプル過ぎる位シンプルな言葉使いなのだ。

♪さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬♪(さよなら)
♪嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない♪(言葉にできない)
♪ひとりまたひとり 友は集まるだろう♪(生まれ来る子供たちのために)

どれもシンプルそのもの。逆にそれが強い印象を与えているような気がする。
サビの部分にあまり英語を使わないのも、そんな理由からではないだろうか。
そんな気がする。一度聴けば忘れない歌詞とメロディー。ヒットしない訳が無いし、心に残るのも頷ける。こういう作品が書ける小田 和正の才能に驚かされるばかりである。

今夜は、過ぎ行く秋を名残惜しみながら私にとってオフコースの代名詞的な曲である「秋の気配」を聴きながら眠りにつくとしよう。
[PR]
by kaz-shin | 2005-11-13 02:01 | J-POP | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/1835933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 240_8 at 2005-11-13 13:53
こんにちは!!
私もこのアルバム大好きです。「秋の気配」はもちろん、「思い出を盗んで」「潮の香り」が好きです。鈴木さんは小田に隠れがちですが、「潮の香り」など、いい曲書いてますね。
Commented by kaz-shin at 2005-11-13 14:20
240_8さん
コメントありがとうございます。
鈴木さんの書く曲は、AORっぽい感じが多いですね。
インパクトの強さは無いですが、聴きこむほどに良さがわかります。
「潮の香り」は、その代表かも知れませんね。
鈴木さんの作品の中でも、名曲のひとつでしょうね。
<< THE MANHATTAN T... ページトップ 桐ヶ谷 仁_My Love f... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon