Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
LEON WARE_LEON WARE (夜の恋人たち) ◇ 2005年 12月 19日
e0081370_23271135.jpg 

メロウ大王こと、リオン・ウェアの1982年にリリースされた通算5枚目のアルバム。R&Bファンの間では、マーヴィン・ゲイに提供した「 I Want You 」等でお馴染みだが、私はPOP色が強くAORファンの間で人気があったこのアルバムがリオンとの出会いである。白人アーティストを大勢招いて作られていて、あきらかにAOR路線を意識して作られたようだ。ソウル系のアーティストにしては、割と穏やかな歌い方と言うか、余分な力が入っていない所がこのアルバムの良さを際立たせているのではないだろうか。

01. SLIPPIN' AWAY
02. LOST IN LOVE WITH YOU
03. SHELTER
04. WHY I CAME TO CALIFORNIA
05. DEEPER THAN LOVE
06. CAN I TOUCH YOU THERE
07. WORDS OF LOVE
08. MIRACLES
09. SOMEWHERE
10. WHERE ARE THEY NOW

デヴィッド・フォスター、デヴィッド・ペイチとの共作の 01 は、まさに掴みはOKみたいな曲(笑)
ペイチのピアノのフォスターのローズが、ムードを盛り上げている。AORの見本みたいなナンバーである。ホーン・セクションとネイザン・イーストのベースが、FUNK色を強めている 02。メロウ大王の本領発揮といった感のあるバラード曲 03。
名曲 04 は、マントラのジャニス・シーゲルとのデュエット曲。ダンサブルなナンバーで、何よりチャック・レイニーのベース・プレイが渋い曲だ。ジャニスの声とリオンの声の相性が素晴らしい。06 は、ポーカロのキレの良いリズムが気持ち良い。
07 は、デヴィッド・T・ウォーカーのギターがフューチャーされたナンバー。とにかくギターがたまらなく渋い曲。
ビル・チャンプリンとの共作 08。チャンプリン夫妻がコーラスで参加しているが、珍しく控えめなコーラスがリオンのボーカルを際立たせている。アイアート・モレイラとフローラ・プリム夫妻と共演した 09 では、ブラジリアンなサウンドを聴かせてくれる。
最後はやはりメロウなバラード。マーティ・ペイチのピアノ、ポーカロのドラム、ルカサーのギターのバランスが絶妙で、締め括りにふさわしい美しい曲だ。

とにかく曲が良い、アレンジが良い、ボーカルが良いというAORに不可欠な要素が全て詰まったまさに名盤と言える1枚。
[PR]
by kaz-shin | 2005-12-19 00:33 | 洋楽系 | Trackback(1) | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/2230848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from AORな日々をあなたに at 2008-05-25 22:37
タイトル : Leon Ware〜夜の恋人たち/LEON WARE(82)
ふたりだけの夜、時さえも止まってしまいそうな夜。きらびやかなネオンのごとき超豪華ミュージシャンを従え、アーバン・ブラック・コンテンポラリーの頂点を極めた・・・ これ、CDの帯に書かれたコメントです!ちょっと大げさ!? いえいえ、実はそうでもないんです。宣伝文句に偽りなしのメロウ大傑作アルバムがこれです!! 総合評価 ★★★★★... more
Commented by Musicman at 2005-12-19 22:52 x
いいと分かっていながら、聞いてもいながら持ってないんです、このアルバム(笑)。
年内には買おっかな!!
Commented by kaz-shin at 2005-12-19 23:11
Musicmanさんなら、聴いてると思ってました。
買って損は無いですよ。税込み1,785円ですから(笑)
いつもBlog拝見させてもらって、勉強させてもらってます。
ありがとうございます。
そうそう、BlogPeapleで勝手にリンクさせてもらってます。
Commented by Musicman at 2005-12-19 23:28 x
うーん・・・その値段なら買うことにします!!
年末調整も思ったよりも戻ってきたしね(笑)。
リンク、ありがとうございます。
私も早速貼らせていただきました!
Commented by kaz-shin at 2005-12-19 23:39
年末調整ですか・・・今年も終わりって感じですね(笑)
ピーター・マッキャンは、探してみます。難しいかな。
リンクありがとうございます。
Commented by Kenny U at 2006-01-18 23:33 x
SALSA & SOUL
NEW YEAR Dance Night at 神戸・ZINK
★☆★ Live Schedule ★☆★

皆さん、ぜひ、ぜひ遊びに来てください!

2006年1月28日
SALSA & SOUL
NEW YEAR Dance Night at 神戸・ZINK

詳細は私のブログにて
http://halfskits.exblog.jp/3043661
Commented by kaz-shin at 2006-01-18 23:44
Kenny Uさん、こんばんは。
楽しそうな催しですね。神戸は私の憧れの街です。
千葉県に住んでいるのでお伺いできませが、お近くに
お住まいの方がいらっしゃいましたらぜひ!
Commented by ohiro at 2008-05-25 22:42 x
こんばんは! 私もやっとこのアルバムをアップできましたので、昔の記事に申し訳ありませんが、TBさせて頂きました。
このアルバム、むせるような色気に満ちた名盤と思います。あまり歌がうまくないのが、かえっていいのかな?
Commented by kaz-shin at 2008-05-25 23:39
ohiroさん、コメントとTBありがとうございます。
メロウという表現がピッタリなアルバムで、今でも愛聴しているアルバムの1枚です。
この記事も内容が薄っぺらで恥ずかしい限りです(笑)
<< 豊島 たづみ (TAZZ.)_... ページトップ 清水 信之_CORNER TOP >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon