Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
川島 なお美_SO LONG ◇ 2006年 01月 16日
e0081370_035885.jpg 

このPRODUCERというカテゴリでは、プロデューサーにスポットを当ててアルバム紹介をしているのですが、今回紹介するのは杉 真理です。杉 真理と言えば、日本を代表するポップス・メーカーであり、今尚活躍されているアーティストです。彼が80年代に他のアーティストへ提供した作品の数は、計り知れません。竹内 まりや、須藤 薫、Hi-Fi SET等への作品提供が代表と言えるでしょう。
そんな彼ですが、他アーティストのアルバムでフル・プロデュースしているのは珍しいです。その貴重な1枚がこの川島 なお美の『SO LONG』です。1982年のリリースの2ndアルバムになります。
当時、彼女は女子大生で今のような高慢な印象はありません(笑) このアルバムもキャンパス・ライフを描いた作品が多くなっています。

01. 泣きながらDancin'
02. Ash Wednesday
03. イヴの忘れ物
04. 哀しみのマンハッタン
05. 浮気なBirdie Boy
06. バス・ストップでまちぶせ
07. ゼミナールは車の中で
08. 0467
09. 雨よ急いで
10. バナナ・フィッシュにうってつけの日
11. 想い出のストロベリー・フィールズ

作詞は、11曲中10曲を田口 俊で、11のみ横須賀 恵(山口 百恵)が書いています。作曲は、1、3を平井 夏美、08を堀口 和男、残り8曲を杉 真理が書いています。
注目すべきは、やはり杉 真理の書くPOPなメロディーでしょう。アップ、ミディアム、スローとどんなタイプの曲もPOPで親しみやすいメロディーばかりです。
鈴木 茂のエレキ・シタールが夜の雰囲気を醸し出す04は、まさにCITY POPそのものです。
オールディーズ風の05は、杉 真理の得意とするところですね。オールディース風バラードの06は、大谷 和夫アレンジのストリングスが美しい曲です。ドゥーワップ・コーラスが印象的な07。
マージー・ビートの09も杉 真理ならではです。ナイアガラ・サウンドっぽい10。
11は、山口 百恵のアルバム『This is my trial』の為に書き下ろした曲です。この曲は、山口 百恵のバージョンの方が良いかなと思いますが・・・。

川島 なお美のボーカルは、可もなく不可もなく、特徴もなくという感じですかね(笑)
アルバム全体のバランスの良さ、暗さというものが無いPOPな世界は、まさに杉 真理ならではのものだと思います。1stアルバムはCD化されたようですが、このアルバムはCD化されていないと思います。BEST盤などで何曲か収録されています。
[PR]
by kaz-shin | 2006-01-16 00:04 | PRODUCER | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/2486682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-01-16 13:40 x
またまた僕のアイドルじゃないですか。(笑)
容姿が好きだっただけなんだけどね。
デビュー・シングルと例の話題のTVドラマで人気沸騰後のCDシングルを持っていないだけで、他は全部持ってますよ。
岡崎友紀さんもそうだったけど、川島さんも、
音楽好きな人にも堪えられるアルバムを作っていると思いますよ。
買う気は無いけど、1stアルバムってCD化されているんですか。
Commented by kaz-shin at 2006-01-16 21:05
WESINGさん、こんばんは。
80年代のアイドルのアルバムって、結構良い作品ありますね。
色んなアーティストが楽曲提供していて、演奏も良かったですし。
このアルバムも良い曲多いですね。
1stアルバムって『ハロー』でしたよね?それならCD化されてますよ。
Commented by major_keys at 2006-01-16 21:45
川島なお美嬢が歌手だったとは知りませんでした。
これは不覚。
Commented by kaz-shin at 2006-01-16 22:46
major_keysさん、こんばんは。
意外でしたか?歌は下手ではありませんよ。表現力に乏しい感じは
しますけど(笑)
とにかく楽曲が良いんですよ。機会があったら聴いてみて下さい。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-01-16 22:58
こんばんは!
初期なお美はいいと思いますよー、このアルバムは年相応(笑)でなかなかいいのではないかと。今のなお美は全くの別人だと思っております!(笑)ファーストはなんと紙ジャケリマスターですからね、驚きです。
Commented by kaz-shin at 2006-01-16 23:11
daisukeさん、お待ちしておりました。
確かに今の川島さんは、別人ですね。あの頃は良かった(笑)
しかし、この頃の髪型が凄いですよね。サイドが思いきりカール
してますもん。
<< JAZZ AL CAFE ページトップ WEST COAST ROCK... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon