Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
JAZZ AL CAFE ◇ 2006年 01月 17日
e0081370_21312233.jpg 

ポニーキャニオンが80年代にAGHARTAというレーベルで、数々のFUSIONのアルバムをリリースしていました。今回紹介するコンピレーションは、AGHARTAレーベルを中心に選曲されたギター・フュージョンのアルバムです。鳥山 雄司、松原 正樹、今 剛、パラシュートの音源を中心に選曲されています。松原 正樹が大好きな私にはたまらない1枚です。
2002年にリリースされました。

01. Olieve's Dream / 鳥山 雄司 from "Silver Shoes"
02. Tequila Toast / 松原 正樹 from "Painted Woman"
03. Zig-Zag / 今 剛 from "Studio Cat"
04. Miura Wind / Parachute from "Asian Port"
05. Stranger In The Mirror / 鳥山 雄司 from "Yuji Toriyama"
06. Midnight Song / 中村 照夫 Rising Sun Band from "Route 80"
07. Been / 松原 正樹 from "Been"
08. Aresa Koresa / Parachute from "Haere Mai"
09. Can't We Be Friends / Triforce from "Triforce"
10. Fiesta En Los Andes / Kaz from "The Direction-West"
11. A Taste Of Paradise / 鳥山 雄司 from "A Taste Of Paradise"
12. That's Cool ! / 松原 正樹 from "Stories"
13. Baby Elephant Walk / Parachute from "6 Kinds 6 Sizes"
14. S.O.B.A / 鳥山 雄司 from "Silver Shoes"

若干22歳の鳥山 雄司がラーセン・フェイトン・バンドのメンバーと共演した01は、JAZZYなプレイが聴き所です。02は、メロディーとソロの部分の音色の使い分けがいかにも松原 正樹らしい曲。本当に松原の弾くソロは良いですね。
これだけのキャリアを持ちながらリーダー作品が1枚というのが考えられない今 剛の03は、好きな人にはお馴染みのナンバー。ロック色の強いギター・フュージョンです。ロバート・ブリルのドラミングも見事な1曲。
パラシュートの1stアルバムに収録されていた04は、アコースティック・ギター演奏のみのバラード曲。
ベーシスト・中村 照夫の06は、ファンキーなベースに乗せてビル・ウォッシャーのギターが歌います。
エスニック風なイントロで始まる07は、FUSIONというより環境音楽のような感じです。
出ました!このカッティングの凄さ!松原・今のカッティング合戦で始まる08は、パラシュート好きにはお馴染みの曲。左チャンネルの今、右チャンネルの松原のギター・カッティングを聴き比べると面白いですよ。
故・高尾 のぞみ(CANDEE)と高尾 直樹の兄妹のボーカルが、AORな雰囲気を醸し出す09。
尺八奏者の松居 和の10は、カルロス・リオスのギターがフィーチュアされていて和風の匂いのまったくしない、むしろラテン色の強いFUSIONに仕上がっています。
JAZZYなオクターブ奏法を聴かせてくれる松原 正樹の12。
最後の14の鳥山 雄司のプレイも素晴らしいです。良いギタリストだなと再認識しました。

AGHARTAレーベルからの選曲という事で、アーティスト数は多くはありません。しかし、音楽誌『ADLIB』の編集長の松下 佳男氏が選曲しているので、ツボをおさえた選曲になっていると思います。
ジャケット写真のように、コーヒーなぞ飲みながらリラックス気分で聴きたい1枚です。
[PR]
by kaz-shin | 2006-01-17 00:03 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/2496623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by FUSION at 2006-01-17 20:35 x
お邪魔します。
これは興味深いアルバムですね。はじめて知りました。
・・・<音楽誌『ADLIB』の編集長の松下 佳男氏が選曲>・・・なるほど、納得です。面白い選択ですね。
私もこれはほしいですね。手持ちのCDから擬似的に作ってみたいと思います(笑)。
Commented by kaz-shin at 2006-01-17 22:35
FUSIONさん、こんばんは。
フュージョン系のコンピって、それほど多くないですよね。
特に良い選曲のものが。
FUSIONさんが紹介していた『Nothing But ~』シリーズや
『ALL THAT ~』シリーズが良いなと思いますね。
このアルバムは、松原さん目的で購入してますが、鳥山さんの
プレイも改めて良いなと感心させられました。
<< 21 - TWENTY ONE... ページトップ 川島 なお美_SO LONG >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon