Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
REICO_REICO ◇ 2006年 02月 13日
e0081370_2294493.jpg 

またも 「CD化してくれ!」のカテゴリですので、マニアックなネタになる事をご容赦下さい(笑)
REICOは、堀口 和男と田口 俊から成るユニットです。このアルバムは、1983年にリリースされたデビュー・アルバム。ユニット名は知らなくても、堀口、田口の名前はご存知の方もいるでしょう。堀口 和男は杉 真理のバック・バンドを経て、須藤 薫やアイドル歌手にも曲を提供していましたし、田口 俊は作詞家として、前出の須藤 薫等に詞の提供をしてました。いわゆるソング・ライター・チームがデビューした形ですね。ちなみにREICOの名付け親は、あのユーミンらしいです。

彼等の音楽は、ビートルズの影響を感じさせるブリティッシュなポップ感とオールディーズ以降のアメリカン・ポップスがミックスされた感じです。洒落た感じの田口 俊の詞に親しみやすいメロディーで、爽やかなポップスといった印象です。
アレンジャーに大村 憲司(REICOが2曲のみアレンジ担当)を迎えていますが、シンプルながらも爽快感のあるアレンジが素晴らしいです。大村 憲司のアレンジで、こういうタイプのアレンジは今まで聴いた事が無かったので新鮮でした。

01. Navigator Lover
02. Paper Cessna
03. Hello CQ
04. トラブルTOKYO
05. 君に
06. 蒼いアクアリウム
07. 12月の航空便
08. Weather Report D.J.
09. Coaster
10. Jennifer

01は、デビュー・シングル曲で80年代らしいCITY POP路線のナンバーです。
声質の違う二人ですが、コーラス・ワークでは息の合った綺麗な歌声を聴かせてくれるポップなナンバーの02。当時の大村 憲司のアレンジによく聴かれた少しテクノっぽさのある03。
青山 純、高水 健司のプレイが光る04。
美しいメロディー・ラインを持ったバラード曲05は、どこかユーミンの世界に通じる感じがします。
REICOがアレンジした06は、ギターの鳥山 雄司が素晴らしいナンバーです。キャッチーなメロディーなポップな曲で、シングルでも勝負できそうな曲ですね。
サビの部分のコーラスが美しいミディアム・ナンバーの07。
松原 正樹のギターがフィーチュアされた09は、CITY POPの見本のようなナンバーです。ミディアム・テンポのナンバーで、サビの部分が親しみやすく1度聴けば覚えられるようなキャッチーな曲。
ビートのきいた10は、詞が切ない曲で2ndシングとなった曲です。良い曲だと思いますが、シングルとして売れるタイプではないように思います。

このアルバムを買った当時は、正直良いと思ってなかったです。 ところが、最近LPを引っ張り出して聴いてみたら見事嵌りました(笑) 結構良いです。
音楽に対する好みって、時代によって少しづつ変化してるんですね。2ndアルバム『OFF LIMITS』(1985年リリース)も、今聴くと良いんですよね。
今、自信を持ってお奨めできるアルバムなんで、何とかCD化にならないものかと思う次第です。
[PR]
by kaz-shin | 2006-02-13 00:02 | CD化してくれ! | Trackback(1) | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/2739141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ongaku-yawa .. at 2006-04-07 00:13
タイトル : 田口俊とREICO
岡田有希子さんのファンブログ そよ風はペパーミントさんの由来が あの田口俊さんの作品タイトルからだったとは。。。... more
Commented by WESING at 2006-02-13 14:29 x
そういうアルバムでしたか。
名前は知っているんですけど、レンタルした覚えはないし、
FMでかかったのを1曲くらい録音したことがあるかなと調べてみたら、
このアルバムの8,9を除いて録音しているみたいです。
順番が上記とは違うので、曲順を変えて放送されたのかもしれません。

でも、テープがありません。(^_^;
ライブ放送以外のFM録音テープはかなり処分したので、
これもその内の1本かな。(^_^;;
Commented by kaz-shin at 2006-02-13 23:02
WESINGさん、こんばんは。
杉 真理が好きな人は、彼等を知っている人も多かったようですが・・・。
私の周りにはいませんでしたね(笑)
多分興味本位と、大村 憲司さんのアレンジなんで買ったのだと思います。
今聴くと結構新鮮で良いですよ。音源残念でしたね。
Commented by KINGO at 2006-02-13 23:14 x
「蒼いアクアリウム」って、曲名に使われているワードになんだか時代を感じますな(笑)
いかにもキャッチーでメロディーでポップな感じのするタイトルですね。


聴いたこと無いけど。
Commented by kaz-shin at 2006-02-13 23:34
KINGOさん、こんばんは。
さすがKINGOさん、いい勘してますね(笑)
本当に80年代らしい、捻りの無いストレートなポップ・ソングです。
結構好きな曲です。80年代の音楽って、はずれを探す方が難しいかも
しれないですよ。こんなマイナーなアルバムでも良いのですから・・・。
Commented by santaro at 2006-04-07 00:30 x
あまりの懐かしさに
引用とトラバさせていただきました
親サイトは河合奈保子ファンサイトなので
それ絡みでまた寄せていただきます。。。
Commented by kaz-shin at 2006-04-07 00:51
santaroさん、はじめまして。
TBありがとうございます。和モノ中心で好き勝手書いてます。
よかったらまた覗いて下さい。
これからもよろしくお願いします。
Commented by betron at 2007-02-15 01:02 x
REICOの1stは個人的に最も聞き込んだアルバムです。
サウンド志向でダイナミックで。
特に堀口さんのナチュラルなボーカルが最高。
堀口さんのボーカルが聞けるのは、後にも先にもREICOだけなので、
すごく貴重です。
もちろん田口さんの、あのアクの強い声をソフトに使うテクニックも
いいんですけどね^^
これだけ声質が違っていても、コーラスはバッチリ決まっているし、
とにかく当時は神の存在でした。
Commented by kaz-shin at 2007-02-15 01:21
betronさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
REICOをご存知で、好きだったという人に出会えると嬉しくなります。
当時、ソングライターとして堀口さん、田口さんの名前を知っていても
二人がREICOとして活躍していたのを知っている人は、私の周りでも
少なかったですから・・・。
1983年当時よりも、現在の方が何倍も好きになってます。
betronさんの仰る通り、声質が全く違うのに実に気持ちの良いハーモニーを
聴かせてくれます。田口さんの詞も良いですし・・・。
CD化してくれたら嬉しいですね。
<< しばた はつみ_LOVE LE... ページトップ Original Soundt... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon