Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
竹内 まりや_MISS M ◇ 2006年 02月 16日
e0081370_23575395.jpg 

BOOK OFFで250円という破格値で買ったCDを紹介してきたこのカテゴリですが、今までは洋楽のコンピレーションものが多かったです。今回から数回は、「嘘!このアルバムが250 円て本当?」と目を疑ったアーティストのアルバムを紹介していきます。本当に250円で購入したものですよ(笑)
まず、第一弾は竹内 まりやの1980年にリリースされたアルバム『MISS M』です。AORファンにも注目されたアルバムです。アナログ盤でいうA面5曲がL.A.で録音されており、しかも集めたミュージシャンが凄い事!

Guitar : Jay Graydon / Steve Lukather
All Keyboards : David Foster
Drums : Jeff Porcaro
Bass : David Hungate
Chorus : Bill Champlin / Tom Kelly etc.
Rhythm Arrengemant : Jay Graydon & David Foster
Strings & Horn Arrengemant : Greg Mathieson

どうです?凄いですよね。尾崎 亜美の 『HOT BABY』 も凄いけど、こちらもなかなかです。
尾崎 亜美の場合は、彼女のオリジナル曲のアレンジ、演奏がメインでしたが、竹内 まりやの場合は、曲の提供までしてもらってるという違いはありますね。

01. Sweetest Music
02. Every Night
03. Morning Glory
04. Secret Love
05. Heart To Heart
一応ここまでがL.A.Side

ここからがTokyo Side
06. 二人のバカンス
07. 遠く離れて (When you're so far away)
08. 雨のドライブ
09. Farewell Call

ポーカロのカウントで始まる01は、デヴィッド・ラズリーとピーター・アレンの共作です。ジェイ・グレイドンのソロ、ビル・チャンプリン、トム・ケリーのコーラスの美しさ等聴き所満載のスピード感のある曲です。
一転して落ち着いた雰囲気の02は、アラン・オデイと山下 達郎の名コンビによる曲です。AORサウンドの見本のようですね。達郎もセルフ・カバーしてました。
山下 達郎の作詞・曲の03。これも達郎のセルフ・カバーがあります。リズムが軽快な明るいタッチの曲です。この曲での美しいコーラスは、EPO、安部 恭弘、宮田 茂樹です。日本勢も負けてませんね(笑)
目玉の1曲と言える04は、マーク・ジョーダン、ジェイ・グレイドン、デヴィッド・フォスターの共作です。何とも贅沢です。
グレッグ・マティソンのアレンジによるストリングスが美しいバラード曲の05。
Tokyo Sideの06。林 哲司作・編曲のポップ・ナンバーです。鈴木 茂のギターを聴くと不思議に落ち着きます。きっと聴き慣れていて体に染み込んでるんでしょうね。
07~09の3曲は、竹内 まりやの作詞・曲のナンバーです。この頃から、ソング・ライターとして頭角を表してきた感じがしますね。英語詞のバラード曲07は、まりや節とも言える曲調です。
清水 信之のアレンジの08は、ピアノ、ベース、ドラムのトリオのみのJAZZYなナンバー。高水 健司のウッド・ベースは珍しいですね。
バリー・マニロウを連想してしまった09は、達郎とEPOのコーラスが特徴的です。

BOOK OFFで、竹内 まりやの低価格のアルバムというとMOONレーベルのものが多いです。『REQUEST』や『Quiet Life』辺りは250円という値段は見た事がありますが、RCA時代のものは全般的に高いと思ってました。最初はレンタル落ちかとも思いましたが、帯こそないものの歌詞カードも綺麗だし、CDには傷ひとつ無かったです。単なる値札の付け違いとか・・・(笑)
安棚コーナーを時間をかけて、端から端まで見ていると良い事ありますよ。
[PR]
by kaz-shin | 2006-02-16 00:02 | 250 - BOOK OFF | Trackback(2) | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/2766338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ドラム帝国 ヨッペの逆襲!! at 2006-02-18 02:59
タイトル : 足の強化週間
今日はスタジオに入ってきました。。今はバンドの都合上ギターと二人でスタジオ入ってるんです いや〜、生の音はやっぱりいい!!!音楽は楽しんでやらないと駄目ですね♪ さて、タイトルにあるように最近は足の強化週間って自分で決めてます アパートに住んでるんで、....... more
Tracked from 音楽の杜 at 2006-08-06 20:13
タイトル : 竹内まりや 「Miss M」(1980)
TOTO系アーチストとのコラボ、竹内まりやのAORアルバム AOR好きな方のブログには本作品はだいたい紹介されてますね。 私も竹内まりやのアルバムは全て大好きで、ムーンレーベル時代の「VARIETY」「REQUEST」は本当によく聴きました。でも今もよく聴き返すのは本作ですね。 このアルバムの良さは中ジャケの写真がよく現してます。これらの写真を見ただけで、早く曲を聴きたくなります。 TOTOの面子にデヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドンですね。 凄いコーラス面子です。これ...... more
Commented by WESING at 2006-02-17 16:46 x
「竹内まりや全アルバム集」5枚組14000円のを買ってますよ。
聞くものが多いからCDを買ってもそれぞれのCDを数回までくらいしか聞いてないので、安値で買ったと聞くと損した気分になります。(苦笑)
レコードも持っているし、CDの出費を抑えれば何枚CDを買えたことか。(笑)
かなり売れているから安値で販売されている可能性が高いんじゃないですか?
悔しいから、僕もブックオフへ行ってみましたよ。(笑)
今井美樹さんの「A PLACE IN THE SUN」がそれぞれ1250円、250
円、100円でありましたが、その差は何なんだろう。ちなみに、100円のは5,6枚あって、帯無しで見た目がきれいじゃなかった。250円のは2,3枚あって、帯付のが1枚あったのでこれを買いました。1250円のは帯付で1枚だけでした。
Commented by kaz-shin at 2006-02-17 23:07
WESINGさん、こんばんは。
嫌な思いをさせてしまいましたか?すみません。
私も角松のアルバムは全て発売日に買っているのですが、今や250円
コーナーの常連でもあります。淋しい気もしますが、反対に安値でCDが
買えて嬉しい時もあるので仕方ないですね。
Commented by 240_8 at 2006-02-17 23:20
こんにちは。竹内まりやのなかでは一番好きなアルバムです。このアルバムは①が聴きたくて、よく引っ張り出します。AOR好きには堪らないアルバムですね。しかしこれが250円ですか。私もRCA時代のものが250円というのは遭遇したことがありません。
あとパティ・オースチンも特にピックアップされたファーストは名盤ですね。
Commented by kaz-shin at 2006-02-17 23:47
240_8さん、コメントありがとうございます。
このアルバムが250円というのは、本当に値札の付け間違いではないか
と思っているんですよ(笑) 当然、店員にクレームなんて入れません、
良い買い物をしました。私も①と④は特に好きなナンバーです。
パティ・オースチンは、2ndの『HAVANA CANDY』も好きなアルバム
なんですが、やはり1stを記事にしておきたいなと思って書きました。
Commented by 240_8 at 2006-08-06 20:17
TB有難うございます!
私もようやくこの作品を記事にしました。
以前コメントした通り、竹内まりやの作品のなかでは、一番聴いているかもしれません。AORチックな竹内まりやもいいですね。彼女の発声はカレン・カーペンターと同じで、はっきりしたアルトヴォイスが魅力で、英語が合いますね。
やはり①は名演奏!!
Commented by kaz-shin at 2006-08-06 20:55
240_8さん、こんばんは。TBが先行してしまいました。
コメントも先ほど入れさせてもらいました。
こちらこそTBにコメントありがとうございます。
ちゃんと海外録音で何がしたかったのかという意図が分かるアルバムですね。
1980年にこれだけの面子を集めたスタッフの凄さに驚いてます(笑)
Commented by Kenny U at 2007-06-26 00:06 x
昨日、教えて頂いた様に、BOOK OFFに行きましたが
とても”250円~”のコーナーでは、みつからず・・・
このアルバムは、オークションでも競争者がいてどうしても
希望の値段で落札出来ず・・・
結局、昨日行ったBOOK OFFにて、1350円で買いましたーー。
Commented by kaz-shin at 2007-06-27 20:27
kenny Uさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
返信が遅くなり、申し訳ありません。

竹内 まりやさんの独身時代のアルバムで250円の値段だったのを
見たのも買ったのも、この『Miss M』が初めてでしたよ。
私の勝手な想像ですが、おそらく店員さんの値段シールの貼り間違いだと
いう気もするのですが・・・(笑)

BOOK OFFという所は未知な部分がとにかく多いです。
このアルバムが250円というのも相当驚きましたが、1番驚いたのは
Guitar Workshopの2枚組ベストが250円だったことですね(笑)
<< CINDY_ANGEL TOUCH ページトップ PATTI AUSTIN_EN... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon