Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
NEW YORKERS_I Believe In Love (愛のサスペンス) ◇ 2006年 03月 13日
e0081370_2330202.jpg 

シングル・レコードやシングル・CDもかなりの数を所有しておりまして、紹介したい好きな曲も多いので新たに「Singles」というカテゴリを作ってみました。
さて第一弾として紹介するのは、本当は「CD化してくれ!」のカテゴリで紹介したいと思っていたシングル・レコードです。NEW YORKERSの「愛のサスペンス」です。実はこのレコードは、パイオニアのステレオ・コンポ「プロジェクトA77」のCMソングとしてレコーディングされたものです。
当然バンド名もこのレコードの為の名義だと思います。
作詞:八木 正生、作曲:故・井上 忠夫(大輔)、編曲:故・鈴木 宏昌という日本人の作家陣によるものです。

凄いのは、NEW YORKERSのメンバーです。
ウィル・リー / ヴォーカル、ベース
スティーヴ・ガッド / ドラムス
マイケル・ブレッカー / テナー・サックス
ランディ・ブレッカー / トランペット
ジョン・ファディス / トランペット
バリー・ロジャース / トロンボーン
ウォーレン・バーンハート / キーボード
クラッシャー・バネット / パーカッション
クリフォード・モリース、ジョージ・ウェイドゥネアス / ギター
という面々です。

Side.A 愛のサスペンス
Side.B 愛のサスペンス(インストゥルメンタル)

都会的でお洒落なサウンドで、メロウなポップ・ナンバーです。ウィル・リーの太い声が印象的で極上のAORソングだと思います。とても日本人の手によって作られた楽曲とは思えない程で、聴こえてくるサウンドは洋楽そのものって感じです。
イメージ的には、ジャケット写真そのままでしょう。
B面は通常カラオケでお茶を濁すところですが、このインスト・バージョンは松木 恒秀のギターがメロディーを弾いています。これがまた実に都会的(ニューヨークっぽい)で良いんですね。

AOR好きな人やFUSION好きな人にも聴いて欲しいと思う1枚なんですが、シングル・レコードのみのリリースだったのでCD化は難しいでしょうね。
何かのコンピレーションで取り上げられれば、話は別なんでしょうけど。

1980年にリリースされました。どなたかご存知の方いらっしゃいますか?
[PR]
by kaz-shin | 2006-03-13 00:06 | Singles | Trackback | Comments(7) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/2972746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちょびちょび~♪ at 2007-01-18 15:31 x
kaz-shin さん、はじめまして。私も当時、このEP買いました!TVCMで聴いた瞬間、ツボにはまってすぐにレコード店へ。でも「どうせCD化されるだろう」と勝手に思い込み、12年前の引越しで手持ちのレコードは殆ど捨ててしまって...なんてバカなことをしたんだろう。今更になってどうしても聴きたくて、サイト内で中古を探しまくっているんですが、、、無い。トホホです。今後も根気強く探します。買ったところで結局はアナログプレイヤーがないので聴けないのですが。
Commented by ちょびちょび~♪ at 2007-01-18 15:43 x
連続ですみません。この曲サイコウですよね!レアで味があります。おっしゃるとおりニューヨークの夜のイメージがそのまま頭に浮かんでくるんです。でも日本人作だったとは。それも2人も「故」とは...後悔。プレイはもちろんですが、ムーディーなウィル・リーの白人離れした太い歌声にシビれます。今も歌詞だけは頭にこびりついてて口ずさんじゃいます。仕方がないので「脳内プレイヤー」で何度もかけて我慢しています。シングルでもいいので私も「CD化してくれ!」とシャウトしたいです。
Commented by kaz-shin at 2007-01-19 00:10
ちょびちょび~♪さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
とにかくこの曲を好きだと言ってくれる方に出会えて、本当に嬉しいです。
この曲を聴く度に、70年代後半~80年代半ば頃の音楽にリアル・タイムで
接することが出来て幸せだったなと思います。
良い音楽を作ろうと皆が頑張っていた時代というような気がします。
本当にCD化して欲しいですね。AOR、FUSION、CITY POP等の
あらゆるジャンルの音楽ファンにも受け入れてもらえる曲だと思っているのですが・・・。
Commented by ちょびちょび~♪ at 2007-01-20 02:13 x
kaz-shin さん、こんばんは。早速レスありがとうございました。
ところでマイケル・ブレッカーさんは先週末にニューヨーク市内の病院で57歳の若さで亡くなっていたのですね。惜しい人がバタバタと亡くなっていくのはさみしいです。遅ればせながら御冥福をお祈りします。↑ますますCD化して欲しいです。
Commented by kaz-shin at 2007-01-21 00:20
ちょびちょび~♪さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんです。マイケル・ブレッカーも亡くなってしまいました。
幸いにも沢山の素晴らしいプレーを記録したアルバムがあるので、彼の
プレーを忘れずに聴き続けられるのがせめてもの救いですね。
Commented by 70's New York at 2009-10-04 02:11 x
Kaz-shinさん、ちょびちょび~さん、はじめまして、私も当時のcmを見て以来、買いに走り未だに見付けると買ってしまうくらい、大事にしてる者です。CD化も望んではいますが、どうでしょうかね~?ところで特報です!!今、YOU-TUBEに動画付きで出てますよ!御二方様、速攻でチェックを!!
Commented by kaz-shin at 2009-10-05 00:06
70's New Yorkさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
You Tubeって何でもあるんですね~(笑)
少し前にちょっと検索してみました。
まだ動画付きが見つかってませんが、探してみます。
情報ありがとうございました。
<< 中森 明菜_赤い鳥逃げた ページトップ 寺尾 聰_Reflections >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon