Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Toshiki Kadomatsu vol.11_SEA IS A LADY ◇ 2006年 04月 26日
e0081370_2324512.jpg 

角松 敏生が1987年にリリースした全曲インストゥルメンタル曲のオリジナル・アルバムです。
それまでの歌モノのアルバムでも、自分でギターを弾いている事が多いところからもギターへの拘りは相当なものです。ましてや、FUSIONテイストの強いアルバムを出す事自体が、既に他のアーティストとはかなり違っていますね(笑)
1987年頃というと、私自身がFUSIONへの興味が薄れつつあった頃でした。
一時期のブームも去った停滞期といった感じだったように記憶しています。
そんな中でリリースされたこのアルバムは、まさに夏にピッタリなサウンドで、久しぶりに接したFUSIONといった感じでした。

メロディー・メーカーとしての才能は、インストでも発揮されています。馴染みやすいメロディー、凝ったアレンジ、豪華メンバーを起用、まさに角松らしい1枚です。
ギターの腕前も、ギター1本で生計を立てているミュージシャンと比較してはいけないのですが、それでも相当なものだと思います。ギターが好きなんだなというのも十分伝わってきますね。多少入れ込みすぎてるか?と感じる部分もありますが(笑)

参加メンバーは、
Drums : 土肥 晃、村上 秀一、秋山 祐一
Bass : 青木 智仁、桜井 哲夫、高水 健司
Guitar : 角松 敏生、幾見 雅博、土方 隆行
Keyboards : 佐藤 博、林 有三、友成 好宏
Percussion : 斉藤 ノブ、中島 オバヲ
Horns : Jake H. CONCEPTION、数原 晋、向井 滋春、小池 修他

01. WAY TO THE SHORE "ERI"
02. SEA LINE "RIE"
03. NIGHT SIGHT OF PORT ISLAND "MIDORI" (NIGHT FLIGHT OF DC10)
04. SEA SONG "NAOMI"
05. SUNSET OF MICRO BEACH "SATOKO"
06. OSHI-TAO-SHITAI "KAORI ASO" (MEMORIES OF DUSSELDORF)
07. 52ND STREET "AKIKO"
08. THE BASS BATTLE "CHAKO"
09. MIDSUMMER DRIVIN' "REIKO"
10. LOVIN' YOU "SAWAKO"
11. SEA SONG (REPRISE)
12. JUNE BRIDE (CDのみ収録)

タイトルに女性の名前を付けてるところなんぞ角松らしいですね(笑)
注目曲は、まず02。煙草(マイルドセブン・メンソール)のCMタイアップ曲で、シングル・カットされました(ジャケット写真:右) イントロのギターのカッティングが印象的な、メンソールにふさわしい清涼感のあるナンバー。
05は、タイトル通り沈む夕陽が思い浮かぶようなアコースティック・ギターのプレイが聴き所です。
かなり難度が高い曲だと思われる06。ポンタのドラム、青木のフレットレス・ベースのソロ・プレイが素晴らしい曲です。それにしても「押し倒したい」というタイトルも凄いですが、サブ・タイトルのデュッセルドルフの思い出って一体どんな思い出なんでしょうか?(笑)
1分強の短い08。青木、桜井、高水のベース3人のソロ炸裂です。
09は、まさにドライヴィング・ミュージック。ノリの良いナンバー。
04、11は、佐藤 博の作・編曲で美しいピアノが堪能できますし、捨て曲無しって感じの1枚です。

CITY POP、FUNK、HIP HOP、FUSIONと、その音楽性の幅広さは聴く者を厭きさせないアーティストなんです、角松 敏生は・・・。だから25年も聴き続けているんですけどね(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-04-26 00:46 | Toshiki Kadomatsu | Trackback(3) | Comments(7) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/3304364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from FUSION (フュージ.. at 2006-06-16 18:05
タイトル : 青木智仁さんを偲んで
・・・青木智仁さんを偲んで・・・ 私が青木智仁さんを知ったのは角松敏生さんの「S... more
Tracked from Favorites Lab. at 2006-08-22 23:22
タイトル : She is a lady ~角松敏生~
角松敏生 SEA IS A LADY 夏になると必ず聴きたくなるアルバムの一つ。 夏~女~海 そしてインストというコンセプトを 角松敏生得意のギターに載せてストレートに表現したアルバム。 すべての曲に副題として女性の名前がついていて、角松敏生にとってその名の女性... more
Tracked from 音楽の杜 at 2007-03-19 22:53
タイトル : 角松敏生 「Sea Is A Lady」 (1987)
フュージョンの楽しさを教えてくれた大事な一枚! 今日はいい天気でしたね。朝のひととき、たまにサンルーフを全開にして一人で車を運転。そして好きな音楽をいつもの倍の音量で聴くとき至上の喜びを感じます。 今日も格好の「一人ドライブ日和」。真っ先に本作をピックアップしました。 このアルバムは私にとっては大事なアルバムです。学生時代、このアルバムを聴いてフュージョンの楽しさを知り、常にドライブにはこのテープを持参していましたね。そして不覚にも角松敏生が実はヴォーカリストであることも、そのときに知り...... more
Commented by WESING at 2006-04-26 18:17 x
FUSIONの停滞期でしたよね。
そんなところへリリースされたのが角松さんのインスト・アルバムと堀井勝美プロジェクトでした。
ボーカル・アルバムは買ってなかったけど、
これは速攻で買いました。(笑)
Commented by WESING at 2006-04-26 18:18 x
右はシングル盤ですか?
Commented by kaz-shin at 2006-04-26 23:04
WESINGさん、いつもありがとうございます。
そうですね、堀井さんもこの頃でしたね。角松さんも堀井さんも夏を
イメージしたものが多いですね。
やはりFUSIONというのは、夏に似合う音楽なんでしょうね。
右は、アナログ・シングルです。カップリングの「SEA LINE (DUB VERSION)」目当てで買ったものです(笑)
Commented by FUSION at 2006-06-16 18:09 x
心暖まるコメントとTB有難うございました。

私と青木さんの出会いはこの「SEA IS A LADY」でした。
今はせめてこのアルバムを聴いて青木さんを偲ぼうと思います。 kaz-shinさんと一緒に・・・。
・・・合掌・・・
Commented by kaz-shin at 2006-06-16 23:47
FUSIONさん、こんばんは。
FUSIONさんの丁寧で、心のこもったコメントには頭がさがる思いです。
これからも青木さんが参加されたセッションのレヴューを書いて下さいね。
私も出来る限り記事を書いていこうと思います。
素晴らしいベーシストがいた事を忘れないためにも・・・、そして多くの人の心に残るように・・・。
Commented by 240_8 at 2007-03-19 22:57
こんばんは!
TB有難うございます。
角松のインストは本当にいいですね。最近またまた安く「summer time romance」をゲットしたので、角松漬けだったのですが、昨日の快晴日和に思わず「Sea Is A Lady」を取り出し、聞き入ってました。
青空とSea Lineが最高にマッチして、気持ちよかったですよ。
Commented by kaz-shin at 2007-03-20 00:23
240_8さん、こんばんは。コメントとTBありがとうございます。
このアルバムは、これから出番が増えますね(笑)
私の場合は、ゴールデン・ウィーク辺りから出番が増えますね。
今度、『LEGACY OF YOU』の記事も書いて下さい。
私も書く予定にしてますので・・・。楽しみにしてますよ!
<< JIMMY MESSINA_O... ページトップ 菊池 桃子_OCEAN SIDE >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon