Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
DANCE☆MAN_FUNKCOVERLIC ◇ 2006年 05月 16日
e0081370_2244196.jpg 

今回は、私にとって記念すべき1枚のアルバムを紹介します。
2004年にリリースされたダンス☆マンの『FUNKCOVERLIC』です。何故このアルバムが記念すべきアルバムなのかと言いますと、初めて買ったCCCDのアルバムなんです。実は、コピー・コントロール・CDというのが大嫌いなんです。CDとは名ばかりの紛い物ですよ、あれは。
そんな理由で、それまでは意地でも買わなかったのです。ところが、このアルバムだけはどうしても欲しくて買ってしまいました(笑)

ダンス☆マンは、それまで4枚のアルバム(ベスト盤を除く)をリリースしています。ご存知の方も多いとは思いますが、ダンス・クラシックと呼ばれるディスコ・サウンドやファンキーなナンバーに面白い日本語の歌詞を付けた、言わば替え歌で洋楽をカバーしていました。それはそれで好きでしたんで聴いていたんです。面白くて、何となく英語っぽく聴かせる作詞のセンスは、なかなかで好きなんです。しかも過去4枚は、CCCDでは無いんですよね。そのダンス☆マンが、J-POPのファンク・ナンバーをカバーしたアルバムが今回のアルバムなんです。

『FUNKCOVERLIC』
01. Chikyu Funk World
02. In The Space
03. Strawberry Sex
04. BOMBER
05. MC
06. Mirrorball Funk World
07. 渚にまつわるエトセトラ
08. Stand Up
09. 流星のサドル
10. Uchyu Funk World
11. MONKEY MAGIC
12. 涙のtake a chance
13. Hey Hey おおきに毎度あり
14. First Love
15. FUNKCOVERLIC ~カヴァーのテーマ~

何ともユニークな選曲に惹かれました(笑)
02は、和製アース・ウインド&ファイアーと言われていたスペクトラムの名曲。
平井 堅のヒット・シングルをカヴァーした03。
あの山下 達郎の人気の高いファンク・ナンバーのカヴァー04。
パフィーの大ヒット曲07に、倉木 麻衣のヒット曲08。
久保田 利伸の初期の名作09。ゴダイゴの出世作11に、風見 慎吾のヒット曲12(懐かしいです)
13ではSMAP、14で宇多田 ヒカルを取り上げています。
ユニークな選曲で楽しめますし、バック・バンドの演奏もかなりのものでカチッとFUNKYなサウンドを聴かせてくれます。

好きな人には周知の事実なんですが、ダンス☆マンの正体は80年代に活躍していたグループ、ジャドーズのリード・ボーカルだった藤沢 秀樹です。バック・バンドには、最後までジャドーズのメンバーだった伝田 一正や斉藤 謙策も参加しています。ジャドーズ時代に比べれば、歌い方をわざとくどくしていますが、紛れも無い藤沢の声ですね。
J-POPのカヴァーなんで、もちろん替え歌ではなく真っ向勝負しています。誰もが気に入るアルバムかは?ですが、ジャドーズが好きだった人にはお薦めできる1枚です。
[PR]
by kaz-shin | 2006-05-16 00:02 | J-POP | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/3439846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by DENTA at 2006-05-17 00:16 x
CCCDは音質の件について良く叩かれますが、
それ以上に気になるのはプレイヤーの中でCDもどきが
プレイヤーに負担をかけていそうなキュロキュロ音を出している事です。
エイベックスは元々嫌いだし
(というか、エイベックスから出すCDを聞いた事はないし)、
EMI勢もあざといほど推進する。
ブルーノートってジャズの老舗レーベルからもCCCDが良く出ていて、
ジャズファンを憤慨させています。

ダンスマンは好きですね。奇抜なセンスが面白い。
Jackson 5のI want you backをカバーしようと思ったのだけれど、
"I want you back"と"第四中学"とかけてみたのですが、
向こうのエージェントに伝わらなかった為に没になったと聞いたことがあります。
確かこの人かなり背が高いのですよね。
Commented by kaz-shin at 2006-05-17 00:30
DENTAさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
CCCDの件ですが、プレーヤーを選ぶCDなんてナンセンスですね。
プレーヤーによっては再生できないものに、CDという名前を付けてしまう
のは如何なものかと思いますね。CDというのは世界共通規格なんですから。
ささやかな抵抗で絶対買うまいと決めていたんですけどね。

ダンス☆マン(藤沢 秀樹)の身長は低くは無いと思いますが、ダンス☆マンに
扮している時は、かなり底の厚いブーツを履いていたはずです。
作詞のセンスはかなりのものですね。感心させられます。
Commented by DENTA at 2006-05-17 17:04 x
私もかうまいと思っていたのですが、好きなアーティストがCCCDから出したので、
やむを得なく買ったCCCDが2,3枚あります。

厚底を履いていたから背が高かったのですね。
Commented by kaz-shin at 2006-05-18 00:37
DENTAさん、こんばんは。
私も新品で購入したCCCDは、このダンス☆マン1枚だけですが、その後
中古でやすいアルバムを2枚位買いましたよ。
CCCDであっても聴きたいアーティスト、アルバムはありますよね。
<< ALL THAT FUSION... ページトップ 南 佳孝_SPEAK LOW >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon