Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
SUMMER LOUNGE ◇ 2006年 06月 15日
e0081370_2382056.jpg 

音楽って不思議なパワーを持っていますね。梅雨時の雨の日に、雨の歌を聴いて雨を楽しんでしまう事もできます。逆にカラッと晴れた感じの夏向きの音楽を聴いて、ジメジメした感じを吹き飛ばす事もできてしまいます。辛い時に悲しい音楽を聴いて泣く事もできるし、楽しい音楽で嫌な事をたとえ一瞬だけだとしても忘れさせてくれます。今まで音楽にどれだけ救われた事か・・・。

ここ2~3日辛く悲しい事があったので、今夜は明るい音楽で気分転換したいなと思って選んだのが『SUMMER LOUNGE』という企画モノのアルバムです。
夏をテーマにした曲を、杉 真理、南 佳孝、Hi-Fi SET、須藤 薫、楠瀬 誠志郎、種 ともこ、プリンセス・プリンセス、中西 俊博の8組のアーティストが歌うというものです。1987年にリリースされました。
このアルバムから遡ること半年、クリスマス・シーズンに向け『WINTER LOUNGE』というアルバムが杉 真理を中心にリリースされ、好評だったのを受けて作られたものだと思います。アルバムの完成度から言えば『WINTER LOUNGE』に軍配が上がりますが、『SUMMER LOUNGE』も決して悪くありません。パーティー・ミュージック向きといった感じでしょうか。

『SUMMER LOUNGE』
01. Holiday Company / Pops All Stars
02. グッバイ・ロッカフラボーイ / 杉 真理
03. もう海へは誘わないで / Hi-Fi SET
04. キュウリ de Vacation / 種 ともこ
05. Vacances Bleu / 南 佳孝
06. 8月生まれ / 須藤 薫
07. NIGHT SKATER / 楠瀬 誠志郎
08. Water Sculpture - ポセイドン、そして水の彫刻 / 中西 俊博
09. 世界でいちばん熱い夏 / プリンセス・プリンセス
10. パーティーはすぐはじまりさ / Pops All Stars

杉 真理の作詞・作曲、新川 博のアレンジの01は、中西 俊博以外の全アーティストがボーカルを取る豪華オール・スター共演曲です。ポップで明るい感じは杉 真理の得意とするところです。
杉 真理の書き下ろした02。ハワイアンな感じが楽しい曲です。タイトルはエルヴィス・プレスリーの「ロッカ・フラ・ベイビー」をもじったものかも知れませんね。
Hi-Fi SETのオリジナル曲03。JAZZYで大人の雰囲気のナンバーです。やはりコーラスが聴き所です。
種 ともこの04は、タイトな青山 純のドラムが気持ち良いポップ・ナンバー。若さを感じる曲ですね。
がらっと雰囲気が大人向けになる05は、南 佳孝のオリジナル曲。清水 信之がアレンジと全ての演奏を受け持っています。
田口 俊が作詞、伊藤 銀次作曲の06。須藤 薫の声によく似合っているポップな曲です。コーラスでブレッド&バターが参加しています。コーラスが気持ち良いですよ。
楠瀬 誠志郎のオリジナル曲07。収録曲の中で1番豪華なミュージシャンを集められて録音された曲で、井上 鑑のアレンジが冴えた1曲です。
唯一のインスト・ナンバー08。中西 俊博の作・編曲で、美しいバイオリンの音色にオーケストレーション。澄んだ水をイメージさせると同時に涼しい風を運んでくれるようです。
プリンセス・プリンセスのお馴染みの曲09。このアルバムが発売後に、シングル・リリースされて大ヒットしました。演奏は荒削りですが、奥居 香のソング・ライターとしてのセンスを感じさせる曲ですね。良い曲です。
10は再びPops All Starsの登場です。小西 康陽作詞、南 佳孝作曲、清水 信之編曲です。オールディーズ風でまさにポップン・ロールという感じの曲です。

これほど暗さというものと無縁なアルバムも珍しいかも知れませんね(笑)
でもその明るさが楽しい気分にさせてくれます。少し元気を出したい時や、仲間とのドライブの時に聴くのにピッタリなアルバムです。
このアルバムを聴いたら少し元気が出ました。
[PR]
by kaz-shin | 2006-06-15 00:23 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/3633889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-06-15 11:55 x
Winter Loungeに比べるとほとんど聞いてませんね。
プリ・プリの「世界でいちばん熱い夏」が入っていたことをこの曲がヒットしてから気が付いたくらいです。(^_^;
Commented by kaz-shin at 2006-06-16 00:36
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
『WINTER LOUNGE』はクリスマスという明確なテーマがあったのと、
杉 真理さんがアルバム全体をまとめていたのでバランスの良いアルバム
に仕上がっていたんだと思います。
それに比べると今作は確かに散漫な印象はありますね。
夏という季節がテーマなので、何でもありなのかも知れませんが(笑)
Commented by 寿ジャパン at 2006-06-16 21:49 x
そうか!これのことだったか!

実は以前、プリプリのKeyだった今野登茂子さんと
話している時に、楠瀬君の話題が出て、彼女が
「レコーディングで一緒になった時に楠瀬さんの
譜面に皆でいたずらして歌詞を「パールライス~
パールライス~」って書き込んでおいたら、楠瀬さんは
何もためらわずにあの美声で歌ったんで、スタジオ中が
大爆笑だったんですよ!」とのことでした。

僕はその時どのアルバムでどんな曲だか突っ込まずに
笑い転げていたのですが、なるほど、これだったんだな。
是非聴いてみたいもんだなぁ。

ちなみに楠瀬君は今ボイストレーニング教室を開校して
頑張っています。
http://www.breavo-para.com/

今野さんは来週からおもちゃの展覧会に作品を
出品するそうです。
http://tomomo.m78.com/what's%20news.html
Commented by kaz-shin at 2006-06-17 00:07
寿ジャパンさん、こんばんは。そして、楽しくて興味深いエピソード話を披露して頂きありがとうございます。
パールライス~の曲は、おそらく1曲目の「Holiday Company」のことですね。
この曲で楠瀬さんのパートに「パラダイス~、パラダイス~」という所があるんですよ。
真面目な顔で「パールライス~」と歌った楠瀬さんの顔を想像すると失礼ながら笑えますね。
でも楽しいレコーディング風景が見えるようです。
貴重な話を本当にありがとうございました。
<< TOWER OF POWER_... ページトップ 青木 智仁_DOUBLE FACE >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon