Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
松田 聖子_Pineapple ◇ 2006年 06月 22日
e0081370_21105955.jpg 

「シュロの香り、南風、いま、ココナツ色の気分・・・聖子」という帯のフレーズ。私の夏の定番アルバムを紹介します。松田 聖子の通算5枚目で、1982年にリリースされた『Pineapple』です。このアルバムは、松田 聖子の初期の作品の中では傑作だと思っています。曲・アレンジともに粒揃いで、捨て曲無しのアルバムですね。夏に車を走らせながら聴くには最適な1枚です。

このアルバムの良さは色々あるんですが、まず鮮やかな色を感じる事でしょうか。曲のタイトルの多くに色の名前や色を連想させる曲が多いのです。この色鮮やかな感じも夏を感じさせてくれますね。
次に曲の良さですね。全10曲の詞を書いているのが松本 隆。当時の松田 聖子には欠かせない人ですよね。松本 隆の凄いところは、プロデューサー的な視点で詞が書けるところでしょうね。どういう詞を書けば、松田 聖子が光るかを考えて書いている気がします。まさにプロ。
そして、作曲陣も来生 たかおが3曲、原田 真二が2曲、財津 和夫が2曲、呉田 軽穂(ユーミン)が3曲と豪華です。最初は、来生 たかおの書くメロディーは松田 聖子には似合わないと思っていたのですが、来生もやはりプロですね。いかにも来生節という曲ではなく、アルバムの雰囲気に合った曲を書いています。流石ですね。
そして、松田 聖子の歌(声)の魅力があります。この頃は、人気も絶頂で歌番組などの出演で連日ハードなスケジュールをこなしていたんでしょう、声が枯れ気味になっています。声を張る部分は良いのですが、トーンを落とし気味の時にすこし擦れた感じになってますが、これが逆に魅力的に感じます。
全体のバランスがとても良いアルバムだと思います。

『松田 聖子 / Pineapple』
pineapple side
01. P・R・E・S・E・N・T
02. パイナップル・アイランド
03. ひまわりの丘
04. LOVE SONG
05. 渚のバルコニー
orange side
06. ピンクのスクーター
07. レモネードの夏
08. 赤いスイートピー
09. 水色の朝
10. SUNSET BEACH

とにかく松原 正樹のギターの爽やかさが印象的な01。来生 たかおの作品ですが、何とも魅力的なメロディーです。大村 雅朗のアレンジが光る1曲。
原田 真二作曲、大村 雅朗アレンジの02。この曲も好きなんですが、惜しいのはドラムが打ち込みな事。伊藤 広規のベースが跳ねてるだけに、ここは青山 純を起用して欲しかったですね。
来生 たかお作曲、船山 基紀アレンジの03。来生らしいメロディーと言える曲かも知れませんね。アレンジもメロディーの雰囲気によく似合ってます。曲毎のアレンジャーの振り分けも見事だと思います。
財津 和夫作曲、瀬尾 一三アレンジの04。財津ほどアーティスト色を出さずに曲を書ける人も珍しいと思ってます。しっとりとしたラブ・ソングを枯れ気味の声で歌ってますが、味があって良いと思います。
ユーミン作曲、松任谷 正隆アレンジによる大ヒット曲05。BUZZと須藤 薫のコーラスが目立ちませんが効果的に使われてます。
原田 真二作曲、大村 雅朗アレンジの06。これも好きな曲。松原 正樹のギターとキーボードの山田 秀俊の多重コーラスが素晴らしいですね。
ユーミン作曲、新川 博アレンジの07。同じユーミンの曲でもアレンジャーの違いで感じも変わりますね。悪くないアレンジですが、オーソドックスな感じが地味に感じてしまいます。
名曲08。ユーミン作曲、松任谷 正隆アレンジです。何も言う事ありません(笑)
財津 和夫作曲、大村 雅朗アレンジによる09。これは隠れた名曲だと思っている1曲です。ボサノヴァっぽいアレンジが気持ち良くて、吉川 忠英、笛吹 利明という二人にアコースティック・ギターの名手に、松原 正樹のE.ギター。そこに山田 秀俊のコーラスが絶妙に絡んだ素晴らしいアレンジだと思いますね。
目の前にオレンジ色の夕陽が浮んできそうな10。来生 たかお作曲、大村 雅朗アレンジです。サビの部分で曲調が変わるアイディアも面白いです。松田 聖子が良い歌声を聴かせてくれます。

「松田 聖子は曲に恵まれている」という話を当時からよく耳にしました。確かに否定できない部分ですが、果たしてそれだけでこれだけ多くの人を魅了できるでしょうか?良い曲を歌っていても売れない歌手を、私は沢山知っていますし、聴いてきました。
松田 聖子が多くの人に支持されるのは、彼女に人を惹きつける「何か」を持っているからだと思います。
「何か」は、人によって違うでしょう。容姿が好きな人、声や歌い方が好きな人、曲が好きな人様々でしょうが、松田 聖子には生まれ持った魅力が存在しているんだと思いますね。
だからこそスターなんでしょうね。よく分かりませんけど・・・(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-06-22 00:01 | J-POP | Trackback(4) | Comments(14) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/3677011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from リスニング☆BAR at 2006-06-22 11:13
タイトル : Snow Garden / 松田聖子
エッ?? って言わないでね、セーコちゃんである セーコちゃんをバカにしてはいけない(誰もしてないか・・・) アイドルとはいえ、良いものは良いのである 昔からセーコちゃんはやっぱり「いい歌」を「うたって... more
Tracked from The Dude at 2006-06-24 15:11
タイトル : 4月のヘビーローテーション
今後発売予定のJ-POPアーティストの中で、すごく気になっている人がいる。ずばり「松田聖子」だ。私の中の松田聖子といえば母・聖子ではなく<せいこちゃ〜ん!のぶりっこ(死語)時代だ。1980年山口百恵の引退と入れ替わりるようにタイミングよくデビューした。当初は小泉今日子や中森明菜といった80年代アイドルゴールドラッシュのひとりでしかなかったが、松田聖子の場合「歌」に恵まれていたと思う。デビュー曲「裸足の季節」有名な「青い珊瑚礁」は三浦徳子、小田裕一郎によるもの。大ヒット「赤いスイートピー」は呉田軽穂こと...... more
Tracked from 最新芸能ニュース・音楽C.. at 2006-07-17 02:46
タイトル : 懐かしのアイドルパート2 【05-08】
懐かしアイドル歌手 松田聖子 松田聖子に対して、懐かしいという言葉は使ってはいけないですね(笑) そんな彼女のベスト?ヒストリー....... more
Tracked from 君らしく 僕らしく・・・.. at 2006-07-30 08:47
タイトル : 松田聖子 Pineapple 
 私の「夏になると聴きたくなる」アルバム!!。1982年発売で、「赤いスイートピー」「渚のバルコニー」など全10曲を収録。... more
Commented by しげぞう at 2006-06-22 11:15 x
こんにちは
セーコちゃん、あなどれないですよね
05「渚のバルコニー」なんか、流行りモノとはいえ良いですよね
アルバムは違いますが、TBもさせていただきました
Commented by WESING at 2006-06-22 16:53 x
ハスキーで延びる感じの声質が好きでした。楽曲も良いし。
でも、アルバムはまともに聞いたことありません。
FMでかかったのを少しずつ集めて、アルバムから1~2曲抜けているのがほとんどです。だから、作詞・作曲・編曲者やミュージシャンは分からないです。(苦笑)
近年はCSなどで毎年コンサートが放送されていますが、チェックしていません。
Commented by kaz-shin at 2006-06-22 23:30
しげぞうさん、こんばんは。コメントとTBありがとうございます。
松田 聖子さんのアルバムは良いのが多いですね。
スタッフにも恵まれていたんでしょう。
不思議とドライブしている時に聴くと良いんですよ。一度お試しあれ!
こちらからもTBさせて頂きました。
Commented by kaz-shin at 2006-06-22 23:50
WESINGさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ファンの方には失礼な話かも知れませんが、私個人は松田 聖子さんは
レコーディングされたものが1番良いと勝手に思っています。
だからTV番組等を含め、ライブを観た事が無いんですよ。
山口 百恵さんもそうでしたが、シングル曲よりもアルバム収録曲の中に
素晴らしい曲が多いのも特徴でしょう。
ミュージシャンも素晴らしい面子なので、こちらもぜひ聴いてみて下さい。
Commented by nowhere1967 at 2006-06-23 11:45
「LOVE SONG」と「水色の朝」は財津和夫のソロアルバム『Z氏の悪い趣味』で聴いたことがあります。
松田聖子の歌も聴いてみたいですね。
といいますか、ブログで松田聖子について書かれているのを読むとアルバムを聴いてみたくなります。
Commented by kaz-shin at 2006-06-23 22:46
nowhereさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
財津さんがセルフ・カヴァーしているとは知りませんでした。
興味ありますね。ぜひ聴いてみたいです。
ぜひ、聖子さんのアルバムも聴いてみて下さい。楽曲・アレンジともに
良い曲が多いですよ。
ただ、レンタルだとベストものが多いみたいですね。オリジナル・アルバム
ならではの面白さ、良さがあるので機会があったらぜひ!
Commented by シロクマ at 2006-06-24 15:07 x
ごぶさたです〜。
私もこのアルバムはかなり気に入っています。アイドルに質の高い歌を歌わせているなあと感じる1枚です。リマスター盤がでたら、必ず買うんだけどなあ。
Commented by kaz-shin at 2006-06-25 03:20
シロクマさん、こんばんは。コメントならびにTBありがとうございます。
帰宅が遅かったために返信も遅れました。すみません。
シロクマさんのブログにもあるように、山口 百恵さんや松田 聖子さんは
シングルとアルバムの色分けをきっちりしていて、特にアルバム作りに
関しては、しっかりとしたコンセプトを持っていて質の高い楽曲を用意して
いますよね。曲・アレンジともに素晴らしいものが多いのには驚きます。
Commented by しゅう at 2006-07-30 08:57 x
 こんにちは。先にTBさせてもらいました。
 松田 聖子は曲に恵まれていると、私も思います。
 Pineappleも発売から20年以上たちますが楽曲が色あせてなくて、夏になると聴きたくなる一枚です。
Commented by kaz-shin at 2006-07-30 11:18
しゅうさん、こんにちは。TBならびにコメントありがとうございます。
松田 聖子さんの場合、曲に恵まれているのは確かですけど、やはり
ヴォーカルに不思議な魅力があるんでしょうね。
そうでなければあれほど売れるとは思えませんしね。
本当にこのアルバムは良いですね。
Commented by airplay0105 at 2006-07-30 11:35
聖子ちゃんは何というかオーラみたいなものを感じますね。
よくサヤカがおまけみたいな感じで聖子ちゃんの
コンサートに登場してましたが、
オーラが全然ちがいます(笑)

あと、聖子ちゃんのバックバンドが豪華でして
こないだTVで見てたら
原田真二とリューベンがバックをつとめてましたよ。
Commented by kaz-shin at 2006-07-30 11:43
airplay0105さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
まさに「オーラ」かも知れませんね。歌が上手いとか、曲が良いだけで
あれだけ売れると思いません。

リューベンがバックですか!リューベンって、一時期Charのバックもつとめてた
あのリューベン辻野ですか?いやぁ、まだやってたんですね。
観てみたいですね。
Commented by airplay0105 at 2006-07-30 15:18
そうそうそのリューベンです。
懐かしかったです。

あゆのバックでは、よちゃん=野村義男が
ギター弾いてましたよ!
Commented by kaz-shin at 2006-07-30 22:23
airplay0105さん、こんばんは。
やはりあのリューベンでしたか。懐かしいですんね。
どんな風に変わったのか見てみたいです。

よっちゃんはたまにTVで見ますね。顔はあまり変わってないけど、太ったような(笑)
<< SOUTHERN ALL ST... ページトップ 水越 けいこ_Lady >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon