Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
JADOES_JADOES ISLAND CLUB ◇ 2006年 07月 02日
e0081370_2325251.jpg 

2006年も後半に突入ですね。7月に入り梅雨はまだ明けませんが、気分は既に夏モードに入っています(笑)
これからは、私の夏の定番アルバムの紹介が続くと思いますが、どうぞお付き合い下さいませ。
今回紹介する私の夏の定番アルバムは、ジャドーズが1991年にリリースした通算8枚目(ベスト盤含む)、『JADOES ISLAND CLUB』です。

以前紹介した角松 敏生プロデュースによるデビュー・アルバム『IT'S FRIDAY』を含め、夏に似合うアルバムが結構多いのですが、ここまで夏を前面に押し出して作られたのは、このアルバムだけですね。サウンド的には全編打ち込みなので、私個人としては物足りなさを感じてしまうものの、ジャドーズらしいユーモラスな歌詞、ノリの良いリズム、馴染みやすいメロディーは健在で聴いている者を楽しませてくれます。
残念ながらジャドーズは、翌1992年にアルバム『CD買って下さい』をリリース後、グループとしては活動していません。メンバーの内、藤沢 秀樹、伝田 一正、斉藤 謙策の3人は、ダンス☆マンとそのサポート・メンバーとして活動していますが・・・。
もう1度、ジャドーズとしての音楽を聴いてみたいと思っていますが・・・無理かな(笑)

『JADOES / JADOES ISLAND CLUB』
01. 情熱の果実
02. SEAMAN
03. KAN KAN GIRL
04. Sleepy TARO
05. マリン・ジェット
06. Just the Way I Feel
07. Matroos 2001
08. LIFE GUARD
09. CANOE
10. ハネムーン
11. 夏はDON'T WORRY
12. 夏はパスポート

ラテン系ディスコ・サウンドといった感じの01。ジャドーズの得意とするファンキー路線の1曲です。
ヒップ・ホップ系のアレンジの02。SEAMANの意味が今ひとつよく分かりませんが・・・(笑) メロディーは、昭和30年代の歌謡曲風です。メンバー全員のヴォーカルが聴ける珍しい曲。
ラテンのリズムが軽快で、ポップなナンバー03。夏らしさ全開の1曲です。
レゲエのリズムの気だるい感じが、詞の内容とマッチしています。椰子の木陰のハンモックに寝ている感じでしょうか。
ギター・カッティングがいかにも夏らしいFUSIONサウンドっぽい05。
英語詞のバラード曲06。AORなナンバーです。打ち込みでないサウンドなら最高だったでしょう。
50年代~60年代のJAZZやソウル・ミュージックを連想させる07。洒落たアレンジで好きな曲です。
ユーモラスな歌詞がジャドーズらしい08。現在はDJとして活躍している島村 幸男のヴォーカルが光る1曲。この人のヴォーカルは味があって好きです。
パーカッションを効果的に使った夏らしい09。
月夜の海辺で聴いたら似合いそうなバラード曲10。
シングル曲11。キャッチーなメロディーと軽快なリズムのナンバーで、女性コーラスを上手く使った楽しい曲です。
大好きな曲12。もし打ち込みではなく、ミュージシャンによる演奏ならばもっと光っただろうと思っています。リ・アレンジで聴いてみたい1曲。

打ち込みによるサウンドを否定はしませんが、やはり物足りなさをどうしても感じてしまいます。
確かに打ち込みによって、レコーディングにかかる費用を抑える事は可能でしょうし、音楽界においての可能性を広げたことは事実ですが・・・。
しかし、楽曲は良いものが多いので楽しめると思います。なんだかんだ言っても、夏になると聴きたくなる定番アルバムなのです(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-07-02 00:40 | J-POP | Trackback(1) | Comments(4) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/3737835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from KINGO WEBlog at 2006-07-13 00:17
タイトル : JADOES ISLAND CLUB/JADOES
ジャケットが夏してます。 音もモチロン夏してます。 バーベキューでタン塩なんか食...... more
Commented by 240_8 at 2006-07-02 12:07
おはようございます!
出ましたね~!!
ジャドーズの名盤。ジャドーズのアルバムでは一番好きなアルバムです。特に③⑪⑫はホント大好きです!
⑫は確かに打ち込みサウンドっぽいですが、そんなの気にならないくらい曲がいいですね。甘酸っぱい気持ちにさせる名曲。今年もそろそろ聞こうかな~。
Commented by kaz-shin at 2006-07-02 15:14
240_8さん、こんにちは。コメントお待ちしておりました(笑)
角松のプロデュースを離れた作品に、好きなアルバムが結構多くて
このアルバムもそんな1枚です。このアルバム発表後にキーボードの
平間さんが抜け、最後のアルバム発表後に島村さんが抜けたことで
バンドとしての活動にピリオドを打ったのかなとも思います。
でも、正式に解散という話も聞いていないのでまた活動して欲しいですね。
Commented by KINGO at 2006-07-13 00:21 x
どもども。
曲紹介(勝手に)コッチにフリましたんでアシカラズ。
以降もフラせていただく事があるかと思いますので、重ねてどうぞヨロシク。
Commented by kaz-shin at 2006-07-13 00:27
KINGOさん、こんばんは。毎度です。
遠慮なく利用してやって下さい。J-POP関連は趣味が似てますからね(笑)
<< 山本 達彦_I LOVE YO... ページトップ Pacific Winds_P... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon