Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
DAVID ROBERTS_ALL DRESSED UP ◇ 2006年 08月 01日
e0081370_1947561.jpg 

今回紹介するアルバムは、再発を心待ちにしていた人も数多いと思われるPOP ROCK系のAORの名盤、デヴィッド・ロバーツの唯一のアルバム『ALL DRESSED UP』(1982年)です。
TOTO系のAORが好きな人にとっては定番アルバムと言われながらも、91年に日本で初CD化されながらも流通量が少なかったのか、すぐに入手困難な状態になっていました。
そして7月26日にめでたく紙ジャケット仕様で再発されました。

プロデュースは、グレッグ・マティソン。プロデューサーが決まるまでも紆余曲折があったようで、候補がトッド・ラングレン、ボブ・エズリン、デヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドンと変わっていき結局グレッグ・マティソンの落ち着き、ジェイ・グレイドンがエグゼクティヴ・プロデューサーをつとめています。

楽曲の全ての演奏に、スティーヴ・ルカサー、ジェフ・ポーカロが参加しており、オーヴァー・ダビングでジェイ・グレイドンが2曲、デヴィッド・フォスターが1曲に参加。
TOTO系のサウンドが好きな人にはたまらないでしょう。
しかし、素晴らしいのは演奏よりもむしろ、デヴィッド・ロバーツのソング・ライターとしての才能の高さだと思います。とても新人アーティストとは思えぬソング・ライターとしての力量に驚かされます。キャッチーで親しみやすいメロディーと爽快感溢れる歌声が魅力の1枚です。

『DAVID ROBERTS / ALL DRESSED UP』
01. All In The Name Of Love
02. Too Good To Last
03. Someone Like You
04. Boys Of Autumn
05. She's Still Mine (That's My Girl)
06. Wrong Side Of The Tracks
07. Midnight Rendezvous
08. Anywhere You Run To
09. Never Gonna Let You Go
10. Another World

軽快なポップ・ロック・ナンバー01。ルークらしいギターが全開で、TOTO色の強いサウンドです。
ニールセン=ピアソンがカヴァーしたというメロウ・チューン02。この曲を聴いていると、トッド・ラングレンの影響を受けたというのも頷けますね。
ここでもルークとポーカロのプレイが渋い03。サビのメロディーが印象に残ります。
クリストファー・クロスを彷彿させるようなAORナンバー04。メロディーの流れに無理がなくて、非常に聴きやすい曲だと思います。
またしても軽快なポップ・ロックな05。間奏のルークのギター・ソロが印象的です。
アナログ盤B面のトップ曲06。俄然渋さが増していきます。曲、アレンジともに好きなタイプの曲です。
ホーン・アレンジでは有名なジェリー・ヘイが、ストリングス・アレンジを担当した07。ストリングスの美しさに驚きました。雰囲気のある曲ですね。ラムゼイ・ルイス&ナンシー・ウィルソンがカヴァーしているようです。
デヴィッド・ロバーツのハイ・トーン・ヴォイスが冴え渡る08。これも良い曲です。ダイアナ・ロスがカヴァーしています。しかし、新人の楽曲にこれだけの大物アーティストがカヴァーするのですから、凄い才能を持っているとしか言い様がありませんね。
角松 敏生の曲に似たようなタイトルの曲があった09(笑)。本当に流れがスムーズで、サビのメロディーがキャッチーな曲を書きますね。これも大好きな1曲。
ラスト・ソング10は、美しいバラード曲。この曲で音の雰囲気が変わったなと思ったら、この曲だけハンベルト・ガティカがミックスしてるんですね。

まさに捨て曲無しの名盤です。AOR好きな人なら必ず満足できる内容のアルバムです。
ただ、不満な点をあげるなら今一つ音が良くない。特にポーカロのスネアの音に納得がいかないですね。
タイトさがあまり出てないような気がします。
ベーシックなトラックの録音がハンベルト・ガティカなので、ミキシング・エンジニアのデヴィッド・レオナルドの腕が悪いのかな(笑)
出来ればガティカのミックスで聴きたかったというのが正直なところですけど、贅沢な悩みですね。
こんなに良いアルバムが聴けるようになっただけでも幸せと思わないといけないですね。
[PR]
by kaz-shin | 2006-08-01 00:01 | 洋楽系 | Trackback(3) | Comments(12) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/3911398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2006-08-01 05:36
タイトル : David Roberts 「All Dressed U..
ついに購入!TOTO系幻の名盤と言われたデヴィッド・ロバーツ! 以前小生ブログにも書いたデヴィッド・ロバーツ。入手困難なCDがオークションで高値取引されてましたが、この度26日に再発売。発売日の前後は旅行中だったので、昨日数件CD屋を彷徨い、ようやく少し離れたタワーレコードでGetしました。 いや~、紙ジャケだったんですね。実は紙ジャケ初購入です。紙ジャケって、通常のCDとはサイズが違うので、ちょっと置きづらいですね。壁に飾っておきますか(笑)? さて本作はプロデュースがグレッグ・マ...... more
Tracked from 音楽なしは、人生なし! at 2006-08-02 10:09
タイトル : これもいい
先日からのMP3作業での再発見はいろいろ有りました。 持ってはいるけど、買った当時に2〜3回聴いて棚へ 並べたようなアルバムが大変多かったです。 今日のこれも、LP時代には擦り切れるぐらい聴いてたのに CDでは10回も聴いてなかったような。 David Roberts『All D...... more
Tracked from blog EVERGREEN at 2006-09-14 18:00
タイトル : 幻のAOR盤デヴィッド・ロバーツ「All Dressed..
幻の稀少盤再リリースも売り切れ近し? 以前から再発希望する声が多かったデヴィッド・ロバーツ(旧表記デイビッド・ロバーツ)の1982年に唯一のアルバム「All Dressed Up」が、7月に無事、VIVIDSOUNDから紙ジャケット仕様でリリースされました。店頭で見くなったなと思って..... more
Commented by 240_8 at 2006-08-01 05:40
おはようございます。
TB有難うございます。
ついにKaz-shinさんも「参戦」ですね(笑)。
ご指摘の通り、どうもジェフらしいタイトなドラムの音ではないんですよね。そこだけがちょっと残念。
でも名盤には変わりはないですね。
Commented by kaz-shin at 2006-08-01 21:26
240_8さん、こんばんは。早朝からのコメントありがとうございます。
本当に楽曲が良いだけに、音が良かったらと思うと少し残念ですね。
おそらく声質に合わせたミックスだったとは思うのですけど・・・。
全曲ハンベルト・ガティカのミックスで聴きたかったなと思います。
Commented by Sken at 2006-08-02 10:12 x
こんにちは。
私もどなたかのブログにもコメントしたことがあるんですが、
スネアの音だけが気になってたんです。前回のCDのときから。
私も、ピーター・アレンの『バイ・コースタル』のような
スネアの音にして欲しいところです。
Commented by kaz-shin at 2006-08-02 22:40
Skenさん、こんばんは。コメントとTBありがとうございました。
スネアの音がパタパタした感じで軽すぎますよね?
ジェフのドラミングの良さが半減してしまう感じで残念です。
ピーター・アレンの『バイ・コースタル』の方が、このアルバムより2年も前に
リリースされてるのだから、録音機材の問題とも思えませんしね。
エンジニアの腕なんでしょうか・・・。何とも惜しいですね。

ところでTB返ししようと思いましたが、受け付けてもらえませんでした。
すみません。
Commented by かわちゃん at 2008-04-21 21:21 x
こんばんは。僕はここ数年AORにどっぷりはまってて、70年後半~80年前半のCDを探して聴いている状態が続いています。このCDもその一枚ですが、本当にデヴィッドロバーツのソングライティングは素晴らしいですね。僕の個人的な感覚ですが、1曲目はあまり引き付けられないのですが、2曲目以降は最高です。特に2曲目は本当にいいです。確かにドラムに関しては、少し難があるかもしれませんが、大好きな一枚です。
Commented by kaz-shin at 2008-04-22 00:41
かわちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
AOR作品の凄いところは、その楽曲の良さ、演奏の良さ、歌の良さの三拍子揃っているのでいつまでも色褪せないところなんですよね。
親子2代に渡ってAORを聴いて、親子で「このルークのギターが良いよね」とか「ポーカロのドラミングは最高だね」という話が出来る
可能性がある音楽かも知れませんよ。
このアルバムは再発してくれて本当に嬉しかった1枚でした。良い作品は出来れば廃盤にして欲しく無いですよね。
Commented by 猫になりたい哲学者 at 2008-06-21 23:51 x
このアルバム聴いた時腰が抜けるぐらいひっくりかえりました…こんな隠れた名盤があったなんてって。「隠れた名盤」と言うのは得てしてそのジャンルに精通している人向けでその他の人には聴きづらかったり、本当に好事家向けでまさに「隠れている」そのものになりがちなんですが、これは幅広い音楽ファンに聴き易く、本当に期待通りの曲展開をしてくれるのでかなりの高確率ではまりますよねぇ。なんでこんな素晴らしい名盤が当時も最初のCD化の時も売れなかったのか…。ただ80年代という最高にPOPになった時代精神が生み出した幸福な産物だなと思いました。ところでこの人日本ではある一定の稼ぎが出来ると分かってか20年以上振りに今月新作を発表するようですがお買いになりますか?私は…ネットで音楽聴き達人達の意見を聞いてから買うかどうか決めようと思ってます(笑)もしお買いになるのでしたらどうかレビューお願いします(結局人まかせかい!(苦笑))
Commented by kaz-shin at 2008-06-22 15:18
猫になりたい哲学者さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
>「隠れた名盤」と言うのは得てしてそのジャンルに精通している人向けで~
ご安心下さい。私のブログで取り上げている作品は、ごく普通の音楽知識にも乏しい一般的なおやじが良いなと思っているものですから、
多くの人に受け入れやすいものだと思いますので・・・(笑)
レコード会社にしてみれば」再発やCD化するのには当然採算性を考慮するので、全ての「隠れた名盤」が再発・CD化されるのは難しいと思いますが、
それでもこういうアルバムが多くの人の耳に届くようになるというのは、音楽好きにとっては本当に有難い話です。
今月、新作がリリースされる話は知りませんでした。興味津々ですね。
いずれ金澤さんのブログで紹介されるでしょうね。その記事を読んで検討するつもりです。
Commented by かわちゃん at 2008-07-27 07:16 x
こんにちは。とうとう、新譜出ましたね。すぐにタワーレコードで買いました。ワクワクしながら聴きました。びっくりしたのは、26年も経っているのに声質が予想以上に変わっていないという点です。皆様も是非聴いて欲しいですね。
Commented by kaz-shin at 2008-07-28 00:59
かわちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
新譜聴いたんですか?どうでしたか?
最近洋楽を聴いていないので、何か聴きたいなとは思っていたんですが・・・。
やはりAORなんでしょうね。ぜひとも聴いてみたいです。
Commented by かわちゃん at 2008-07-28 16:11 x
まさしくAORですね。26年も経っていないような感じです。僕は、このアルバムの中では9曲目が好きですね。是非機会がありましたら聴いてください。
Commented by kaz-shin at 2008-07-29 23:17
かわちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
AORど真ん中、ストライクという感じであればぜひとも聴いてみたいです。
情報ありがとうございました。
<< CITY POP - COLU... ページトップ 竹内 まりや_Universi... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon