Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
BREATH BY BREATH_Breath By Breath ◇ 2006年 10月 22日
e0081370_0555689.jpg 

2001年1月に結成された本格派ア・カペラ・コーラスのユニット、Breath By Breathが2002年にリリースしたアルバム『Breath By Breath』を紹介します。
Breath By Breathは、男声4、女声1のユニットで、そのメンバーはギタリスト、アレンジャーとして活躍している松下 誠を中心に、広谷 順子、比山 貴咏史、木戸 やすひろ、高尾 直樹の5人です。
80年代のJ-POPが好きな方でしたら、必ずやミュージシャンのクレジットに彼らの名前を1度は目にしていると思います。各々がリーダー・アルバムをリリース、あるいはリリースしてもおかしくない程の実力の持ち主で、80年代以降のJ-POPシーンにおいては彼らのコーラス・ワーク無しでは語れない位、スタジオ・セッションで活躍してきた人達です。
一時期、コーラス・グループが流行った時期がありましたが、その多くは黒人ドゥ・ワップを模したものが多かったような気がします。そんな中、シンガーズ・アンリミテッドを彷彿させる本格的なコーラス・ユニットではないかと思います。

この『Breath By Breath』は、全8曲で収録時間20分強というアルバムですが、収録されているのはオリジナル曲が2曲、カヴァー曲6曲という構成です。カヴァー曲もクラシック、ジャズ、フォーク、歌謡曲と実にバラエティに富んだモノで、彼らの音楽性の幅の広さを感じさせてくれます。

『BREATH BY BREATH / Breath By Breath』
01. Kyrie Requiem
02. Cruel War
03. 綺羅
04. 蘇州夜曲
05. Rebirth
06. Newborn
07. 遠き山に日は落ちて ~新世界より~
08. Ave Maria

モーリス・デュリュフレの「レクイエムの第2楽章キリエ」を歌った01。1分強と短い曲ですが、聖歌隊の合唱をきいているような清らかさなコーラスが見事です。
ピーター、ポール&マリーが歌った事で有名な02。広谷 順子を中心にしたア・カペラ・コーラスが実に素朴で、メロディーによく似合っています。
彼らのオリジナル曲03。作曲は広谷 順子で、古文風な歌詞に和風なメロディーが美しいです。完全なア・カペラではありませんが、コーラスに耳を奪われてしまうので気にはなりませんね。
西條 八十作詞、服部 良一作曲による名曲04。この曲がこんなにコーラスで映えるとは思いませんでした。広谷 順子美しい歌声が印象的です。
オリジナル曲05。広谷 順子の作詞・曲です。03と同じく和のイメージが強いメロディーで、不思議に気分が和みます。
パット・メセニー・グループでもお馴染みのジャズ・ピアニストのライル・メイズのカヴァー曲06。
ドボルザークの「新世界より」よりも「遠き山に日は落ちて」の方が広く知られているだろう07。松下 誠のコーラス・アレンジが見事です。
シンセを使った08。何とも心表れるような歌声とコーラスで、変に重くなっていないコーラス・アレンジが素晴らしいですね。広谷 順子を中心に立てて、男4声が広谷の声を包み込むようなコーラスに聴き惚れてしまいます。

秋の夜長に聴く美しいコーラスも格別ですし、X'masにもぴったりかも知れません。コーラスのプロ達によるア・カペラ・ユニット、ぜひ1度聴いてみて下さい。その美しい歌声に溜息が出ることでしょう。
このアルバムのリリース後、童謡のアルバムをリリースしていますがまだ未聴です。今後もア・カペラに拘っていくのかは不明ですが、個人的にはマンハッタン・トランスファーのように、素晴らしい演奏をバックにPOPな曲でのコーラスも聴いてみたいなと思っています。
売上至上主義の最近の音楽業界において、こういう質の高い音楽を作っているというのは嬉しいことですね。ぜひ、続けて欲しいと心から願います。
[PR]
by kaz-shin | 2006-10-22 02:13 | J-POP | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/4395124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しげぞう at 2006-10-22 10:39 x
こんにちは
木戸やすひろにピクッとしてしまいました
このアルバム、聴いてみたい気がします
Commented by ひと at 2006-10-22 16:55 x
こんにちは。男声4、女声1とはめずらしい構成ですね。
私は長いこと宗教曲の合唱をしている(今は休止中)のでとても興味が
あり聴いてみます。アメリカにもVocalNationというスタジオミュージ
シャンが結成したコーラスグループがあります。器楽も良いですが、やは
り人の声というのはハートの奥底をノックしますね。
Commented by kaz-shin at 2006-10-22 21:35
しげぞうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
木戸 やすひろさんに反応するなんて渋いですねぇ(笑)
比山・木戸と言えば、80年代以降J-POPでは欠かせないコーラス要員
ですね。
特に林 哲司さんのアレンジ曲には、この二人は本当に重要な人達です。
これだけのコーラスのプロが集ったユニットも珍しいので、ぜひ聴いてみて下さい。
Commented by kaz-shin at 2006-10-22 21:39
ひとさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ひとさんはコーラスについて詳しそうなんで、ぜひ聴いて頂いて感想を
聞かせてくれたら嬉しいです。
ひとさんの仰るように、人の声ってこの上無く素晴らしく、誰もが演奏できる
楽器かも知れません。もちろん上手い下手はあるとは思いますが・・・(笑)
私は、この面子が集まっただけで無条件で買ってしまいました。
Commented by ギムリン at 2006-10-23 06:14 x
岩崎宏美さんのカバーアルバム「Dear Friends」の1作目で、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」のバックを務めてられていて、名曲「好きにならずにいられない」アカペラバージョンを彷彿させます。宏美さんの30th Anniversary Live Special HappinessのDVDでは、1部の最後で星空に溶け込むような美しいシーンを演出しています。そうか、みなさん単独でも、宏美さんのアルバムでも良くクレジットされていたような…。
Commented by kaz-shin at 2006-10-23 23:06
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
このコーラス・ユニットの面々は、松下 誠さん以外はコーラスの
スタジオ・セッションには欠かせない人達ですから、色んなアーティスト
のレコーディングやライブで名前を見つける事が出来ると思います。
そんなプロが5人集まってアルバム、しかもア・カペラというのが面白いですね。
岩崎さんの声と彼らのコーラスは似合いそうですね。
Commented by WESING at 2006-10-25 11:04 x
2000年代のアルバムを紹介しているとは珍しいですね。

ハイ・ファイ・セットとかサーカスとかコーラス・グループのアルバムは買ったこと無いんですけど、これは松下誠さんが関わっているので買ってみました。
たしか、某・・・ズが人気が出た頃で、彼らの歌も悪くないですけど、BbBはさすがベテランという感じがしました。
Commented by kaz-shin at 2006-10-25 23:52
WESINGさん、こんばんは。
言われてみると2000年代に制作されたアルバムの紹介は少ないですね。
それだけ最近のアーティストや音楽に興味を失っているのかも知れません。
一時期コーラス・グループが流行(今も続いているのかな?)しましたね。
でもほとんどのグループがドゥ・ワップ系ばかりで、正統派コーラスは
少なかったですね。
だからこそBbBは新鮮でしたね。私はこの面子が集まったとなれば聴かずに
いられませんでした(笑)
<< 米倉 利紀_Cool Jamz ページトップ GUITAR WORKSHOP... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon