Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
山下 達郎_クリスマス・イブ ◇ 2006年 12月 25日
e0081370_22411277.jpg 

1ヶ月間続けてきたクリスマス企画も今回が最後です。思い付きで宣言してしまったものの、無事に終る事が出来て内心ほっとしています。来年は絶対にしません!(笑)

最後に紹介するクリスマス・ソングは、もはや日本のクリスマス・ソングのスタンダードと言っても過言では無い、山下 達郎の名曲「クリスマス・イブ」です。
1970年代、もし山下 達郎の音楽に出会っていなければ、所有しているレコード・CDは現在の10分の1あるいは20分の1に満たないと思います。そして、50歳に手が届くような年齢になった今、これほど音楽を聴いていることもなかったでしょう。私が70年代後半~80年代にかけてCITY POPという音楽にのめり込んだきっかけが山下 達郎だったのです。「日本人アーティストでも、こんなに格好良いオリジナルを作れるアーティストがいるんだ!」と初めて達郎の音楽を聴いた時に感動したのを憶えています。これからも山下 達郎が音楽活動を続けていく限り、聴き続けたい、聴き続けるに違いないと思っています。

1983年にリリースしたアルバム『Melodies』の最後に収録されていた「クリスマス・イブ」を聴いた時、初めて達郎の音楽を聴いた時と同じ位の感動がありましたね。
イントロ部のギター・リフ、メロディー、間奏部のバッヘルベルのカノンを引用したコーラス、どれをとっても素晴らしく、体中に鳥肌を立てて聴いていた事を思い出しますね(笑)
実はこの「クリスマス・イブ」は、去年の12月22日の記事で12インチ・ピクチャー・シングルを紹介(その時の記事はコチラ)していますから、2度目の記事になってしまいます。でも、とにかく私にとってクリスマス・ソングのNo.1ソングなのでご容赦下さい。

この曲は実に逸話の多い曲で、オフコースへの対抗意識で作られた、カノンのコーラス部わずか8小節のコーラス録りに半日費やした、発売されてから1位獲得までの6年6ヶ月という最長記録等・・・。牧瀬 里穂の出演していたJR東海のCMも強く印象に残っています。
達郎自身、カノンのコーラス8小節の録音に半日かかってしまったと述べていますが、逆に半日であれだけのコーラスを録音してしまう事の方が恐ろしいと思いませんか?(笑)

1983年6月にアルバム『Melodies』が発売され、「クリスマス・イブ」の12インチ・シングルが1983年12月にリリース。EP盤リリースが1986年11月。初のシングルCDが発売されたのが1988年の11月でした。それ以降、何度も再発されいますね。↑で紹介しているジャケット写真は、1988年11月にリリースされた8cmCDSです。おそらく最初のCDSだと思います(違っていたらすみません)。

「山下 達郎 / クリスマス・イブ」
01. クリスマス・イブ
02. ホワイト・クリスマス

今日のクリスマス・イブを皆さんは、どのように過ごされたのでしょうか?
ともあれ皆さんの健康と平和を祈りつつ、メリー・クリスマス!
今夜は寝る前に、ベランダに出てウォークマンでこの曲を夜空を眺めながら聴きたいと思います。
[PR]
by kaz-shin | 2006-12-25 00:07 | Singles | Trackback | Comments(12) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/4789046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-12-25 00:17 x
この曲は僕も大好きですけど、聞こうと思って聞くことはないですね。
いろんな場所で聞けるから、飽きたというのではないけど、聞こうとする曲は他のを選んでしまいます。
今日は、もう昨日ですけど、「サンデイ・ソングブック」で聞きました。(笑)
それからさきほどA.S.A.P.によるカバーを聞きましたが、これもなかなか良いです。
最近の達郎さんが認めたというラップ入りのはあまり好きじゃないです。
Commented by kaz-shin at 2006-12-25 00:39
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
確かに聴こうと思わなくても、この時期必ず耳にしますね(笑)
私の場合、この曲は昼間に聴きたくないんですよ。絶対夜、それも真夜中に
聴きたいのです。
ですから、私の場合意識して聴かなければなりません(汗)
A.S.A.Pのカヴァーは聴いた事無いです。今度来年に向けてBOOK OFFで探してみますね。
Commented by bonejive at 2006-12-25 09:41 x
やはり、24、25日はこれですね。
松任谷さんや杉山さん、などなど近い時期に良い曲がたくさん出ていますが、
やはり夜聴くにはこれがいいですね。
クレイジーケンなどの最近のものを集めたコンピレーションもいいですが私のイメージは達郎サンです。
バブルのスキーブームにJRのCMで一気にメジャーになりましたが
ファンはもっと前からこの曲が好きだったと思います。
つなぎのカノンのアカペラもいんですよね。
Commented by しげぞう at 2006-12-25 11:55 x
こんにちは
クリスマス企画、たいへん楽しく拝見いたしました
この作品を最初に聴いたのは、Melodiesが出た当時でした
また、とんでもなくステキな歌が出てきたもんだと、感心しました
あの衝撃は、やぱりボクも忘れられません
Commented by nowhere1967 at 2006-12-25 11:58
アルバムの中の1曲が、ここまで有名になるとはアルバム発売当初は思いませんでした。
カノンのコーラスを導入するところに、センスを感じます。
いい曲なのですが、この曲が山下達郎の代表曲のように扱われていることに対しては抵抗あります。
他にも、いい曲あるのだぞ~と言いたいですね。
Commented by rs at 2006-12-25 12:39 x
やはり〆はこの曲ですよね!
確かに巷で流れているので敢えて聞く事は滅多にありませんが
この曲を聞くとXmasを実感できます。

しかし、この曲フォーマットや意匠違いが半端無く多いですね(笑)
12inch、EP(白盤)、EPレーベル違い、EP(黒盤)
CDSはレーベル違いが数種類有るもんだから、この曲だけで十数枚持ってます、
紹介されている画像はCDSの初期ですよね、消費税導入前が最も古いCDSです。
Commented by kaz-shin at 2006-12-25 19:10
bonejiveさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
もうこの曲を聴くのは、来年の今頃ですね。
杉さんやユーミン、浜省なんかも素晴らしいクリスマス・ソングがありますが、
bonejiveさんが仰るように、夜の雰囲気にピッタリと言えば達郎さんの
この曲ですよね。
昨夜も寝る前に携帯プレーヤーで夜空見ながら聴きました。
雰囲気が良かったのと、寒くて震えてました(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-12-25 19:15
しげぞうさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
『Melodies』は、インパクトありましたね~。
「悲しみのJODY」で全編ファルセットの歌に鳥肌が立ち、「メリー・ゴー・ラウンド」に痺れ、
「クリスマス・イブ」で感動したというとんでもないアルバムでした。
大好きなアルバムです。ただ、この時期以外に聴く時は、「クリスマス・イブ」の前で止めてますが・・・(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-12-25 19:20
nowhere1967さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
仰ること、凄くよく分かります。シュガー・ベイブ時代から、達郎さんの音楽を
聴いていたので、他にも鳥肌の立つ曲はいっぱいあります。
ハンマーで頭殴られたような衝撃だった「BOMBER」とか・・・(笑)
ただ、音楽の嗜好を超えて多くの人に愛され、もはやスタンダードとも言える
曲を作りあげたことが凄いですね。
Commented by kaz-shin at 2006-12-25 19:30
rsさん、こんばんは。コメント感謝です!
この企画を始めた時から、最後はこの曲と決めてました(笑)

>紹介されている画像はCDSの初期ですよね、消費税導入前が最も古いCDSです。
情報ありがとうございます。持っているCDSを確認しましたら、消費税導入前のものでした。
となると最も古いCDSなんですね。この曲のCDSが出るのを心待ちにしてたので、
おそらく古い部類のCDSだと思ってましたが、rsさんの情報ではっきりしました。
ありがとうございます。なんだか嬉しい気分です(笑)
Commented by smiletiny at 2006-12-25 20:57
悲しい曲なのに
とてもキレイな音たちで作られた曲ですよね
悲しいからこそキレイな音たちなのかな。
ほんとにこの曲ナマで聴いた時とりはだものでした。
達郎はこんなに売れると思ってなかったんじゃないかな
音たちを追求する事はしても「売ろう!」なんて思ってなかったんじゃないかな。
わかんないけど。
nowhere1967さんも書いていらっしゃるけど確かに達郎の代表曲みたいになってますね、でも他にもいい曲がたくさんありますよね。

メリー・ゴー・ラウンドとセットで聴いてました、今日♪
Commented by kaz-shin at 2006-12-26 00:15
smiletinyさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうだった!smiletinyさんは、生で聴いてたんですよね~。
悔しい位に羨ましいです(笑) 
達郎さんのライブって、録音されたものとあまり遜色ない演奏、歌ですから、鳥肌も立ちますね。

>音たちを追求する事はしても「売ろう!」なんて思ってなかったんじゃないかな。
私もそう思いますね。クリスマス・ソングも作って、歌ってみたいという感覚だったのでしょうね、最初は。
でも達郎さんは完璧主義者なんで、下手なモノは出てこない訳です。
老若男女に愛される曲を持っているというのは凄いですね。
この曲から達郎さんに興味を持って、聴き出した人も多いでしょうね。
<< 村田 和人_また明日 ページトップ 山下 達郎_SEASON... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon