Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
TOSHITARO_chic ◇ 2007年 03月 08日
e0081370_1949399.jpg 

今回紹介するアルバムは、少しマニアックかも知れません。TOSHITAROが1986年にリリースした3rdアルバム『chic』です。実はTOSHITAROについてはそれ程詳しくはありません。私が所有しているのは、1985年にリリースされた2ndアルバム『Paradise』(アナログ盤)とこの『chic』のCD盤だけなんです。昔、レコード店で『Paradise』を見つけ何となく買って聴き始めたのがきっかけでした。
軽快なポップスが中心なんですが、CITY POPと言うよりも若干ロック色が強い感じの曲もあります。
2ndアルバムでは作曲・編曲もほとんどTOSHITAROが手掛けていたんですが、紹介する3rdアルバムでは大村 憲司がプロデュースとアレンジを手掛けています。

TOSHITAROは、本名は稗島 寿太郎。
1977年にヤマハ主催のコンテスト"EASTE-WEST" に" リバーサイド"として出場して優秀賞を受賞。この時、同じ優秀賞を受賞したのがあの"カシオペア"だったとか・・・。
その時の審査員だった深町 純の目に止まり、バックアップを受けて1979年に深町のプロデュースで"とし太郎 & リバーサイド"としてデビューしたようです。
1984年のソロに転向して、1stアルバム『INSIDE STORY』をリリースしています。

『TOSHITARO / chic』
01. Intermission
02. TIME OUT
03. Tight Night
04. ホリデイ
05. くずおれた夏
06. 背中ごしのクロスゲーム (Behind)
07. Welcome to Japan
08. ある朝 姿を消した彼女
09. DanceしてChance
10. PERSON TO PERSON (Over Sea Call)

爽やかな大村 憲司のギターの音色が印象的な01。サビでは少しロックっぽいアレンジに変わります。間奏のベース・ソロはおそらく伊藤 広規でしょう。

軽快なリズム・パターンのポップ・ナンバー02。どこか往年の沢田 研二が歌ったら似合いそうな曲です(笑)

CITY POPな03。都会的で洒落たアレンジのミディアム・ナンバーです。昔、夜のドライブ向けのテープを作ったりした時に必ず入れてた曲でしたね。大村 憲司のギター・ソロが素晴らしい1曲です。

明るい曲調のポップ・ナンバー04。03とは対象的に昼間の海辺で聴いたら似合いそうなナンバーです。

終わりゆく夏をイメージさせるアレンジが見事なバラード曲05。悲しい失恋の歌ですが、耳に馴染むメロディーで聴いていて心地良いです。ここでも大村 憲司の素晴らしいソロが聴けます。

シングル・カットされた06は、ドライブ感溢れるポップ・ナンバーです。記憶違いかも知れませんが、何かのCMで使われていたような・・・。

ロック色の強い07。重たいリズムにシャウト気味のヴォーカルが特徴です。

JAZZYなアレンジが洒落た08。素晴らしいドラミングはおそらく山木 秀夫だと思います。大村 憲司のカッティングもかなり格好良いです。

タイトなドラム、切れの良いギター・リフで盛り上がるFUNKYな09。サウンドだけ聴いていると80年代半ば頃の角松サウンドに近いかも知れません。アルバム中1番ダンサブルな曲です。

厳しい見方ですが、可も無く不可も無くといったナンバー10。キャッチーなメロディーが多い中で、印象に残らないタイプの曲かも知れません。

正直なところ、TOSHITAROやこのアルバムの事をすっかり忘れていました(笑)
発売されてから20年以上経っていますし、アルバム購入した頃はそんなに良いと思っていなかったんでしょうね。だからそれほど回数も聴いていないし、印象にも残っていませんでした。
最近、なんとなく引っ張り出して聴いてみたら結構良かったんですよ。音楽って不思議ですね。
昔好きだった曲を嫌いになるという事は少ないですが、逆に対して印象に残っていなかった曲が急に良く思える事が多かったりします。
何故なんでしょう?好みが変わった訳では無いと思うのですが・・・。
おそらく歳を重ねた分、若干懐が広くなったのかも知れませんね。
TOSHITAROを聴いていた方っていますか?
[PR]
by kaz-shin | 2007-03-08 00:30 | J-POP | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/5290444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2007-03-08 15:19 x
"とし太郎 & リバーサイド"
なんとなく覚えがあるなぁと思ったんですよね。
カシオペアと一緒にEASTE-WEST'77に出演ということなので、ちょっと調べました。実は昔このレコードを買ったんです。

収録曲を見ても、そんなバンドは収録されていません。
でも、優秀賞を取ったくらいだから収録されていないはずがない。
と、思って、もう少し注意して探したら、「リバーサイド」で収録されていました。
僕は「としたろう」より「リバーサイド」に覚えがあったんですね。(苦笑)
ということで、'77年は「リバーサイド」で出演しているんじゃないかと思います。
このレコードは僕のブログにupしていますが、収録曲は書かなかったような気がします。サザンオールスターズ、シャネルズの演奏も収録されています。
Commented by kaz-shin at 2007-03-08 23:40
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
わざわざ調べて下さって、ありがとうございます。
"リバーサイド"の頃は、全く知りませんので参考になりました。
記事も訂正しておきます。ありがとうございました。
Commented by てつ at 2007-04-07 03:29 x
かなりご無沙汰いたしました。結構バタバタしていて、いつもコメントを書かせて頂きたいと思いつつ、なかなか書けませんでした。次回は、またいつになるか分かりませんが(すぐかもしれませんが(笑))また、今後ともよろしくお願いします。さて、このアルバムですが持っています。以前のシングルの「Am9にジェイ」という曲が結構好きで、また大村さんのアレンジはこのアルバムにかかわらず好きなので聴きました。私はポップな分かりやすい曲が好きですので、「背中ごしのクロスゲーム」が特に好きですね。ちょっとフィリップベイリーの「EasyLover」に似ているかもしれませんね。アルバム「Paradise」も中古で手に入れたのですが、その時点で家にはアナログプレヤーがないのでまだ聴いていません(笑)。
Commented by kaz-shin at 2007-04-07 11:19
てつさん、こんにちは。お久しぶりです。
てつさんも結構マニアですね~。TOSHITAROを聴いていた人って、
私のまわりにもそんなにいませんでしたからね(笑)
私も『Paradise』はLPを持ってまして、近いうちにデジタル化しようかな
と思ってます。曲に関しては、好き嫌いがはっきりしてしまうタイプの人
なんですが、POPな曲も書けますし、アレンジも出来る才能豊かな
アーティストの一人だと思いますね。
Commented by halfskits at 2007-06-02 00:33
Toshitaroは、
シングルEPで『Am9にジョイ』ってのが、カッコよくて好きでした!

この『Am9にジョイ』のCD音源も
大分捜しましたが、見つけられたのは、
ここに紹介されているアルバム『chic』だけでしたー!
Commented by kaz-shin at 2007-06-02 00:40
halfskitsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「Am9にジェイ」をご存知とは・・・驚きました。
この曲の入ったアルバム『Paradise』はアナログ盤を持っていて、中古店で
CDを探していますが見つかっていません。CD化されているとは思うのですけど・・・。
今度暇を見つけてPCに取り込んでCD-Rに焼こうかと思っています。
Commented by halfskits at 2007-06-02 01:00
そうですか・・・アルバム『Paradise』に入っているのですか!
その内に、CD化されているのかどうか、
オークションでチェックしてみましょうかねーー??
Commented by kaz-shin at 2007-06-02 10:30
halfskitsさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
いつも中古店ばかり探していましたが、オークションで探す手もありましたね。
ただ、それほどメジャーな人ではないので出品されていると良いですね。
<< 森園 勝敏_BAD ANIMA ページトップ 山下 達郎_GREATEST ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon