Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Toshiki Kadomatsu vol.23_THE BEST OF LOVE ◇ 2007年 04月 28日
e0081370_9392040.jpg 

今回紹介するのは、1986年のゴールデン・ウィークにリリースされた7枚目のシングル「THE BEST OF LOVE」です。1986年6月にリリースされたアルバム『TOUCH AND GO』からの先行シングルとしてリリースされました。

ところで皆さんはシングル盤というのを買う方ですか?それともアルバムに収録されるであろうとアルバムがリリースされるまで待つ方ですか?
シングル盤の場合、アルバムの先行シングルとしてリリースされるケースとアルバム発売後に収録曲をシングル・カットするケースの2通りが一般的ですね。もちろんシングル発売だけでアルバムに収録されないケースもありますが、稀なケースだろうと思います。レコード会社からすればシングルとアルバムの両方売れることが1番良いのでしょうが、当時の日本の音楽業界(今もかな)ではシングルの売上を重要視していた気がします。

ただ、購入する側からすると先行シングル盤を買ってアルバムを購入した場合、シングルと同じテイクのものがアルバムに収録されていると何だか損した気分になりますよね。
特に歌謡曲なんて3~4ヶ月に1枚のペースでシングル曲がリリースされていたので、酷い場合ですとアルバムにシングル曲がカップリング曲を含めて4曲ぐらい収録されてるケースもありました。こうなると純粋に新曲として楽しめるのが5~6曲程度になってしまいます。

そんな購入する側の気持ちを汲んでかどうか不明ですが、角松の場合はシングルとアルバムとでは同じテイクを使用するのを極力避けていたようです。
もちろんレコード会社の戦略かも知れませんが、私は角松の拘りだったろうと思っています。別テイクであったり、リミックスを施して新鮮な気持ちで聴けるように配慮されてましたね。

さて前置きが長くなりましたが、今回紹介するシングル「THE BEST OF LOVE」もアルバム収録テイクとは異なっています。その辺のことが予想できたので、マニアとしては迷わずシングル盤を購入しました。そしてアルバムがリリースされた時に、シングル・テイクとどこが違うのかを聴き比べるのも楽しみのひとつでした(笑)

「角松 敏生 / THE BEST OF LOVE」
Side. A : THE BEST OF LOVE
Side. B : YOU'RE NOT MY GIRL (Powerful Remix)

「THE BEST OF LOVE」は、シングル・ヴァージョンでは間奏部分がギター・ソロでしたがアルバム・ヴァージョンでは小倉 泰治のシンセ・ソロに変わったりしています。聴き比べると面白いのですが、このシングル・ヴァージョンは未CD化なのが残念ですね。

B面曲の「YOU'RE NOT MY GIRL (Powerful Remix)」は、1985年のシングル「NO END SUMMER」のB面に収録されていた曲のリミックス・ヴァージョンです。残念ながらこのテイクも未CD化ですね。

e0081370_10441251.jpg 

1992年にリリースされたシングルCD「THE LOST LOVE」(ジャケット写真↑)のカップリングとして、1991年の12月に新宿厚生年金会館で収録された「THE BEST OF LOVE」のライヴ・ヴァージョンが収録されています。臨場感溢れる素晴らしい演奏が堪能出来るのでお薦めですが、今となっては入手困難なのが残念です。

次回は、「NO END SUMMER」紹介しようと思ってます。
[PR]
by kaz-shin | 2007-04-28 10:54 | Toshiki Kadomatsu | Trackback | Comments(10) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/5581464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESNG at 2007-04-28 12:15 x
角松さんの話じゃないけど、アルバムを中心にリリースしているアーティストについてはシングル盤はほとんど気にしてませんでした。
アルバムに入っていない曲があれば買うという感じかな。
曲名だけで判断するから、バージョン違いがあるのに気がつきませんでした。もし両方買った場合はシングル盤はコレクション扱いでした。
初期のユーミンや尾崎亜美さんもそうらしくて、ユーミンの場合はシングル・コレクションCDで音源を手に入れたけど、亜美さんの場合はシングル盤も買っていたのに、それほど聞いてなくて近年知ったくらいです。(苦笑)

好きなアイドルだったら、コレクションとして両方買っていたので、損をした気分にはならなかったですね。(笑)
Commented by しげぞう at 2007-04-28 12:18 x
こんにちは
実はですね、コレ持ってないんだ~
シングルCDのライヴバージョンもですね
聴いた事あるけど、これまた持ってないんだなぁ~
う~
Commented by rs at 2007-04-28 17:08 x
実はこの曲に関しては、EP盤買ってませんでした、
タイミングを無くしてしまっていて・・・。

で、行きつけのラーメン屋の有線で
このEP versionを聞いて驚愕したものです(笑)

version違いとか、そんな生易しいモノじゃなく
当時の自分には、違う曲のように聞こえました。

速攻で店を回りGETしましたねぇ。
Commented by いわとも at 2007-04-28 22:34 x
THE BEST OF LOVEのシングル別バージョンの存在は知りませんでした。聴いた事もないのです。いつか何処かで巡り会えるでしょうか?
 
92年リリースのシングルCDは現存しますが、8cmSCDなので中のプラスチックがペキッと折り取られて正方形で保存してあります(涙)。
このLIVEバージョンは当時気に入ってまして、「THE LOST OF LOVE」よりたくさん聴いてました。名曲です。
Commented by kaz-shin at 2007-04-29 00:48
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
>初期のユーミンや尾崎亜美さんもそうらしくて・・・
そうだったんですか!そうなると俄然興味が湧いてきますね(笑)
確かにシングル集みたいな企画盤を出してくれると助かりますよね。

>好きなアイドルだったら、コレクションとして両方買っていたので、損をした気分にはならなかったですね。(笑)
なるほど。コレクションと考えれば良いのかも知れませんね。
どうしても先行シングルの場合、アルバムに同じテイクが入っていると
何故か損した気分になってました(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-04-29 00:52
しげぞうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
記事には大袈裟だと思い書きませんでしたが、↓のrsさんがコメントに
書かれていたようにはっきり言って別ものといっても良いですね。
アルバムのテイクと比べるとまず迫力が全く違いますね。
これでもかとヨギのドラムが迫ってきますよ。
Commented by kaz-shin at 2007-04-29 01:04
rsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
rsさんの仰るようにかなり違いますよね。
記事では大袈裟にならないように書きましたが・・・(笑)
イントロから迫力が違ってますね。ヴォーカルのテイクも別モノですね。
CD化して、多くの角松の音楽の好きな人にも聴いてもらえるようになったら良いのですが・・・。
Commented by kaz-shin at 2007-04-29 01:08
いわともさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も「THE LOST LOVE」はほとんど聴いてません。
何故ならアルバムと同じテイクですから・・・(笑)
このシングル盤はぜひ聴いて欲しい1枚ですね。音の迫力に度肝抜かされますよ。
B面の「YOU'RE NOT MY GIRL」のリミックスも凄いですよ。
Commented by 弥生 at 2007-04-30 06:03 x
私が角松さんを尊敬している理由が「同じ曲を同じアレンジをしない」と言う所です。拘りは格好良い!!その曲のいくつもの顔を見せてくれる………最高ですね。私はEP LP盤は一切持っていないのでこちらのブログを見ると「聴きてぇ〜〜」と奥歯を噛み締める思いです。ちなみにLD(SHE IS LADYだっけ?)ならあります。
Commented by kaz-shin at 2007-04-30 10:05
弥生さん、こんにちは。早朝からのコメントありがとうございます(笑)
やはり、アーティストたるもの拘りは大切ですよね。
私もどんなものであれ、拘りを感じるアーティストが好きな傾向にありますね。
これだけ拘ってシングル・ヴァージョン、アルバム・ヴァージョンを作っていたのに、
今となっては聴けないままにしているのが解せないですけど・・・。
シングル集みたいなものをリリースすべきだと思いますけどね。
多くのファンの人達の為にも、ぜひ検討して欲しいですね。

LDの存在は知ってましたが観た事ありません。というか再生する環境が
なかったので・・・。
どんな内容だったのか興味津々ですけれど。
<< 河合 奈保子_DAYDREAM... ページトップ 竹田 和夫&クリエイション_N... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon