Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Toshiki Kadomatsu vol.24_NO END SUMMER ◇ 2007年 05月 06日
e0081370_23142670.jpg 

今回紹介するのは、前回の「THE BEST OF LOVE」に引き続きシングル・レコードを紹介します。1985年6月にリリースされた角松ファンにはお馴染みの名曲「NO END SUMMER」です。この曲は1985年5月にリリースされた5作目のオリジナル・アルバム『GOLD DIGGER』に最後に収録されていた曲ですが、アルバムに収録されているのとは異なったテイクです。またもこのシングル・レコード・ヴァージョンは未CD化です。

このシングル・レコードが発売された当時、この「NO END SUMMER」はフジテレビ系の人気番組「なるほど!ザ・ワールド」のエンディング・テーマに使用されていました。ジャケット写真の左下に「なるほど!ザ・ワールド」のロゴ・マークが印刷されています。
この「NO END SUMMER」のシングル・レコード・ヴァージョンの特徴は、この曲のハイライトでもあり、ライブでは観客と角松との間で掛け合いで歌われる終盤のリフの部分♪Love is you, Love is me, Love is neighbor, Love is the everything♪が角松の多重録音のコーラスで掛け合いを行っており、しかもアカペラ部分もあるところ。そして、角松お得意の音飛びエディット(と勝手に呼んでいるのですが・・・笑)が施されています。私は『GOLD DIGGER』、『1981~1987』に収録されているものより、このシングル・バージョンが1番好きなんですが何故かCD化されておりません。

B面の「YOU'RE NOT MY GIRL」は、前回紹介したシングル・レコード「THE BEST OF LOVE」のB面にPowerful Remixバージョンが収録されていましたが、これはそのオリジナル・テイクです。
後にベスト盤『1981~1987』にこの曲も収録されますが、間奏のシンセ・ソロ以外はリテイクされたものなので、オリジナル・バージョンはやはり未CD化という事になります。

「角松 敏生 / NO END SUMMER」
Side. A : NO END SUMMER
Side. B : YOU'RE NOT MY GIRL

私は角松 敏生が作ってきた作品が大好きな人間ですので、同じ曲であってもアレンジが違っていれば当然新鮮な気持ちで聴けますから存在する全てのテイクを聴きたいと思います。
当然、同じ思いの角松ファンは沢山いらっしゃるでしょう。幸いなことに私の場合、古くから聴き続けていますし、シングルとアルバムではテイクを変えるという角松の拘りを知っていたので両方を聴く事が出来ています。
しかしながら、それが出来ない多くのファンがいます。現在の音楽、これからの音楽も勿論大切だとは思いますが、そういったファンの為にもシングル集という形でリリースしてもらえないかと思う次第です。アーティストの拘りを見せるという意味でも有意義な事だと思うのですが・・・。

さて、次回は何を取り上げようか・・・思案中です(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2007-05-06 00:05 | Toshiki Kadomatsu | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/5622131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2007-05-06 11:17 x
こんにちは。
当時レコードプレイヤーが壊れていたこともあり、残念ながらこのシングルも持っていません。
カセットになっているものは買っていたんですけどね(汗)

で、「NO END SUMMER」。
これ聞きたさに「なるほど!ザ・ワールド」の後半は必ず見てました(笑)
多重録音のコーラスの掛け合いとアカペラ…はちょっと思い出せないのですが、
音飛びエディット(ナイスなネーミングです!)は、おぉぉぉぉ〜♪ってくらいカッコ良くて。
本当にこのバージョンは最高だと思います。
出来ることならもう一度聴きたいし、聴いたことのない方には是非聴いて頂きたいですね。
Commented by nowhere1967 at 2007-05-06 12:20
僕が角松敏生の名前を知ったのは、おそらく「なるほど~」のエンディングで「NO END SUMMER」が使用されてからだと思います。
アルバム・ヴァージョンしか聴いたことがありませんので、シングル・ヴァージョンの方も聴いてみたいですね。
Commented by TPS-L2 at 2007-05-06 12:29 x
こんにちは。

>このシングル・バージョンが1番好きなんですが

僕も同じで、角松のベrストテープを作る時はいつも、このシングルバージョンを使っていました。(^o^)

勝手な思い込み(記憶違い)かもしれないんですが
「なるほど!ザ・ワールド」に使われていた物は
このシングルバージョンを元にテレビの尺に合わせて少し
エディットが入っていたと思います。
たしか・・・イントロの構成が長かったかな??
当時バンドサークルの先輩とそういう論議を交わした記憶も
あり、また、どっかにエンディングを録画したテープも
あると思います。今晩、家捜ししてみます。
Commented by rs at 2007-05-06 20:49 x
CD未収録音源についてですが
凍結前音源は、前事務所が権利を持っているらしく
作者本人にはどうにもならないとか・・・、
しかも喧嘩別れのような噂も聞いています。

なのでkaz-shinさんや自分を含め、
古くからのファン熱望の、CD化及びリマスターは
角松本人が歩み寄らない限り絶望的なようです。

本人はLIVEでも凍結前楽曲をやる事を嫌がってますから
当分は有得ないでしょうね。

このNO END SUMMERも現在のリマスター技術で
良い音で聞きたいんですがねぇ。
Commented by kaz-shin at 2007-05-06 22:06
茜さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
このシングル・ヴァージョンは素敵ですよね。
当時の角松さんにしては緩い感じの曲ですが、誰もが耳を傾けるであろう
キャッチーなメロディーに、コーラス部のリフ・・・。
良い曲ですね。こういう素晴らしい音源が眠ったままというのは、あまりにも勿体無い・・・ですよね。
Commented by kaz-shin at 2007-05-06 22:10
nowhere1967さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「なるほど!ザ・ワールド」は人気番組でしたから、nowhere1967さんと
同じようにこの番組で角松さんやこの曲を知った人も多かったと思います。
アルバム・ヴァージョンよりも、このシングル・ヴァージョンの方が知っている人の間では
評判が良いように思います。私もシングルの方がずっと好きです。
ぜひ、聴いて欲しいのですが・・・、難しい問題もあるようで(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-05-06 22:15
TPS-L2さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私もテレビで流していたものは、エディットが施されているなと思ってました。
時間との兼ね合いもあるでしょうから、当時は結構エディットされてるケースが多かったかも知れませんね。
どのように違っているのか分かりましたらぜひ教えて下さいね。
興味津々です(笑)

私も角松さんのベスト・テープを作る時は、シングルを使ってましたよ!
Commented by kaz-shin at 2007-05-06 22:31
rsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
音源の関する権利の話は詳しくはありませんが知っています。
確かに難しい問題だろうとは思うのですが、私が気になるのは角松さんのスタンスですね。

あまり比較しても意味は無いのは承知ですが、私の大好きな山○達○さんの場合、
昔の曲、今の曲という区別はしません。古い曲に関しては、恥ずかしいなと
思う部分もあるでしょうが、その当時自分が最大限の力を出して作ったものという
自負を感じますね。
提供曲ばかりを集めたコンピを通販で発売しましたが、全て自分でレコード会社や
権利を持つ会社と交渉し、マスター・テープを自らが借りに出かけていくという
労力を惜しまない姿勢にいつも感動してしまいます。

自分のやりたい事、ユーザー(ファン等)が望むものが一致しないことを
重々承知した上で、両方を満たしていこうという努力や姿勢が大事なんじゃないかと思うんですが・・・。
無理なんでしょうかねぇ。
<< 杉 真理_SABRINA ページトップ 今 剛_STUDIO CAT >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon