Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
野口 五郎_GOOD LUCK ◇ 2007年 05月 24日
e0081370_027694.jpg 

今日は会議漬けの1日で疲労困憊状態です。朝9時30分から午後6時30分迄の間、3つの会議をはしごして計8時間・・・。外回りよりよっぽど疲れますね~。
そんな訳で、疲れて記事を書くのがちょっとしんどい時のシングル曲紹介です(笑)

今回紹介するのは、野口 五郎が1978年にリリースした通算28枚目のシングル「GOOD LUCK」です。野口 五郎と言えば私と同年代の人であれば、郷 ひろみ、西城 秀樹と共に新御三家と呼ばれて活躍した歌手としてお馴染みですよね。
当時、妹が郷 ひろみの大ファンで家には郷 ひろみのアルバムやシングル・レコードが沢山ありました。次に西城 秀樹のアルバムやシングル・レコードが数枚あり、野口 五郎に至ってはシングル・レコード「オレンジの雨」とこの「GOOD LUCK」しか所有しておりません(笑)
野口 五郎はギターもかなりの腕前だというには話には聞いていたんですが、特に興味をもつこともなく時は流れていきました。
随分後になってから、野口 五郎のアルバムには国内外の凄い腕利きミュージシャンが集められて制作されていたこと、1982年には、ラリー・カールトン、デヴィッド・スピノザ、鈴木 茂、矢島 賢というギタリスト達が書き下ろした曲を野口 五郎がギターで演奏した『FIRST TAKE』というインスト・アルバムをリリースしていたことを知りました。残念ながらこれらのアルバムを聴いたことが無いのですが、リイシューされればぜひ聴いてみたいと思っています。

「GOOD LUCK」は、初めて聴いた時に気に入ってすぐレコードを買いました。作曲は、「青いリンゴ」や「オレンジの雨」などの名曲を書いている天才・筒美 京平です。
この曲が好きな理由は、それまでの野口 五郎ではあまり聴かれなかったAOR色の強い作品で、高田 弘のアレンジもなかなかAORっぽくて良いんですね。何故かこの歌が大好きで今でもたまに引っ張り出しては聴いています。この「GOOD LUCK」と同じ年にリリースされた郷 ひろみの名曲「ハリウッド・スキャンダル」も洒落た曲で、この2曲をカセットに入れて繰り返し聴いていました(笑)

「野口 五郎 / GOOD LUCK (グッド・ラック)」
Side. A : GOOD LUCK
作詞:山川 圭介 / 作曲:筒美 京平 / 編曲:高田 弘
Side. B : 消えたハリケーン
作詞:山川 圭介 / 作・編曲:筒美 京平

今回は懐かしいシングル曲でお茶を濁しましたが、明日は頑張ってアルバム紹介しようと思っています(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2007-05-24 01:25 | Singles | Trackback(1) | Comments(10) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/5725376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from リスニング☆BAR at 2007-05-24 11:44
タイトル : PRIVATE LOVERS / 西城秀樹
・TAPE(SONY HF-ES54) 僕たちの世代にとって「ヒデキ」と言えば バットを持った「ヤンキース・松井」ではなく カレーのスプーンを持ったこの「バーモント・西城」である さらに付け加えるならば 「ゴロー」と言えば「ス... more
Commented by しげぞう at 2007-05-24 11:50 x
こんにちは
いやはや、良い曲です
僕もシングルを保持して聴きまくっていましたが
もはや手元にはありません
以前、「ヒデキ」の記事を書いたときに、この曲に触れました
同時に「ハリウッド・スキャンダル」も挙げていて
kaz-shinさんと一緒! おかしくて思わず口元が緩んでしまいました
TBさせていただきましたので、よろしくどうぞ
Commented by まるいチーズ at 2007-05-24 21:51 x
こんばんは
これすごくいいですよね、曲もアレンジもいいし五郎さんの声って熱唱型よりもこういう曲の方が映えますよね、五郎さんは私の中ではアイドルではなくギター・フリーク(笑)、当時雑誌でリー・リトナーやラリー・カールトンが好きだという話をしておられましたよね。リー・リトナーなどががバックを努めた「ロサンゼルス通信」(78年)も大好きなアルバムです、もちろん「ハリウッド・スキャンダル」も好きです。当時はアイドルと言えども侮れない楽曲がたくさんありました、堀川まゆみさんの「レモン感覚」とか(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-05-24 21:54
しげぞうさん、こんばんは。コメントとTBありがとうございます。
こんな手抜き記事、そして「グッド・ラック」にコメント頂けるとは思っていませんでしたよ(笑)
しげぞうさんの記事を読ませて頂いたら、なんと「ハリウッド・スキャンダル」まで書いて
あるではないですか!私もあまりに好みが似ていて笑ってしまいました。
この頃の新御三家は結構良い曲を歌ってましたよね。
この頃の曲が今でも1番好きですね。
Commented by kaz-shin at 2007-05-24 22:03
まるいチーズさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
この記事にコメント頂けるとしたら、同年代のまるいチーズさんだけかなと予想はしておりました(笑)
新御三家の3人は、全員アクの強い声や歌い方だったので、「グッド・ラック」や
「ハリウッド・スキャンダル」みたいに少し抑え気味な歌い方をしている方が聴きやすくて良いですよね。

残念ながら『ロサンゼルス通信』は聴いたことがなく、以前から中古レコード店等を探してました。
先日オークションにこのアルバムのCD(CD化されてたんですね)が出品されてましたが
あまりに高くて手が出ませんでした(笑)
ぜひとも再発して欲しいですね。岩崎宏美さんみたいに紙ジャケ・リマスターで・・・。
Commented by WESING at 2007-05-24 22:53 x
この曲はFMで放送されたのを録ったことがあります。でも、メロディーはまったく覚えてません。(^_^ゞ
テープも処分してしまったかなぁ。(苦笑)
それより、アメリカのミュージシャンを日本に呼んで行なったライブを録音したテープが見当たらないのが残念です。

野口さんの歌ものはまったく買ってませんけど、インスト・アルバムは買いました。(笑)たしか2枚あります。

今のアドリブ誌の読者は半分以上が角松ファンという気がしますが、'80年頃には「野口五郎のクロスオーバーアンテナ」という記事と新譜レヴューを担当していたので野口さんのファンが多かったですね。
Commented by kaz-shin at 2007-05-24 23:19
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ライブ盤を含めて海外録音のアルバムでも凄いメンバーだったというのは知っているのですが、
野口さんのアルバムは聴いたことが無いんですよね。
インスト・アルバムも80年代と90年代に計2枚出されているようですね。
今は、聴いてみたい気持ちで一杯ですが入手困難ですから残念です
機会があればぜひ聴いてみたいですね。
Commented by ymoymo at 2007-12-02 04:54 x
おやじの古い曲ばっか入っていた古いカセットのなかの一曲で知り、いい曲だな、誰の歌だ?と長年謎でした。最近、筒美京平TRACKS野口版を購入してわかりました。イントロがいいですね。初期の暗い曲は好きではないですが女になって出直せよとこればっか聞きまくってました。スマイルという曲ももろAORでいいです。京平さんとAORって相性いいですね。太田裕美の海が泣いている、岩崎宏美のWISHとか。郷ひろみは寒い夜明けがすきです。
Commented by kaz-shin at 2007-12-03 01:24
ymoymoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
もしかして、ymoymoさんのお父さんと私は同年代ですかね(笑)
この時代が筒美京平さんの黄金時代であったと、勝手に思っています。
筒美京平さんの場合、言葉は悪いですが洋楽のメロディーを拝借するのが上手いですよね。
歌謡曲とは言っても、良い曲が多かったのが70年代後半でした。
Commented by はまっこ at 2008-03-14 23:22 x
はじめまして、kaz-shinさん。
野口五郎で検索していたら、こちらを見つけました。そうです、野口五郎ファンです。
グッドラックの話、海外レコーディングアルバムの話を見ていたら、つい出て来たくなってしまいましたm(__)m
もう長いこと野口五郎のアルバムは発売されていません。最近のヒット曲がないアーティストにはアルバムを出すチャンスも与えてもらえないようです(T.T)
私も海外レコーディングのアルバムが一番好きです。
筒美京平さんが参加されている「異邦人」というニューヨークでレコーディングされたアルバムは今でも良く聞いています。でひ聞いていただきたいのですが・・・CDは手に入りにくい様ですね。
では、生ではいかがでしょうか?
4/29〜5/5までの7日間、六本木のSTB139でライヴが行われます。ギタリスト野口五郎をたっぷりと堪能していただけると思います。シングル曲も何曲か歌われますが、野口五郎の昔のアルバム曲は全くイメージが違うんです。
角松ファンの思いも拝見させていただきました。ファンだからの言葉、分かります。そんなkaz-shinさんに是非聴いていただいて、コメントをお聞きしたいです。
Commented by kaz-shin at 2008-03-15 02:10
はまっこさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
当時、妹が郷ひろみさんの大ファンで、郷さんのアルバムは結構聴かされて知ってましたが、
野口 五郎さんのアルバムは聴いたことがありません。
後になって、素晴らしい海外ミュージシャンとの競演で作られたアルバムがあると知りましたが、
その時は後の祭りでした(泣)
なかなか難しいでしょうが、アルバムを再発して欲しいと思っています。

五郎さんは器用な人ですから、楽器は何でもこなせますよね。ギタリスト野口五郎というのは
確かに聴いてみたい気がします。
ライブへ参戦出来るかは分かりませんが、機会があればシングル曲は何曲か持っていますので
また紹介したいと思います。
1番好きなシングルはこの「GOOD LUCK」なんですけどね(笑)
<< CECILIO & KAPON... ページトップ OFF COURSE_TWIN... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon