Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
BILL LABOUNTY_THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER ◇ 2007年 07月 11日
e0081370_18453824.jpg 

今回紹介するのは、ビル・ラバウンティが1978年にリリースした通算2枚目となる『THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER』です。1975年リリースの1stアルバムは全く売れなかったようですが、カーブ・レコードと契約後のアルバム3枚『THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER』、『RAIN IN MY LIFE』(1979年)、『BILL LABOUNTY』(1982年)は、どれも素晴らしいアルバムばかりですね。
特に以前紹介した『BILL LABOUNTY』はAORの不朽の名作だと信じている1枚です。

『THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER』の1番の特徴は、ビル・ラバウンティが唯一アメリカのヒット・チャートに登場したシングル曲である「THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER (邦題:涙は今夜だけ)」が収録されていることでしょう。これだけの数多くの優れた楽曲を書いて歌っているにも関わらず、ヒット・チャートとは無縁だったというのも不思議な気がしますね。確かに「THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER (邦題:涙は今夜だけ)」は素晴らしい曲ですからヒットしたのは当然と言えるのかも知れませんが・・・。
結局、良い音楽が必ずしも売れるとは限らないし、売れた音楽が必ずしも良い音楽だとは限らないということなんでしょうね(笑)

『BILL LABOUNTY / THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER』
01. THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER
02. ROOM 205
03. IN 25 WORDS OR LESS
04. OPEN YOUR EYES
05. LITTLE GIRL IN BLUE
06. LIE TO ME
07. WHO'S GONNA HOLD YOU
08. CRAZY
09. A TEAR CAN TELL
10. I HOPE YOU'LL BE VERY UNHAPPY WITHOUT ME

何とも美しいピアノの調べのイントロが印象的な名曲01。何度聴いても良い曲です。1979年にはマイケル・ジョンソンがカヴァーしてヒットしました。この曲は、1990年頃にTVドラマ(タイトルは忘れましたが、中山 美穂と柳葉 敏郎が出演していたと思います)の挿入歌として使われ話題になった記憶があります。

ロッカ・バラード曲の02。ビル・ラバウンティの歌は上手いとは思わないのですが、不思議と魅力のある声ですね。こういうロッカ・バラード調の曲に似合う声質だと思います。地味目なんですが、マイク・ベアードのドラミングと美しいストリングスが素晴らしいです。

ゆったり、ノンビリした雰囲気が楽しい03。ビル・ラバウンティには珍しい曲調かも知れませんね。木陰のハンモックに揺られながら聴きたいようなリラックスさせてくれるナンバーです。スティーブ・ギブソンのハワイアンなギターも良いですね。

ジム・ゴードン(ds)、リー・スクラー(b)、ディーン・パークス(g)が参加した04。カントリー風な味わいがある、割りとアーシーなミディアム・ナンバーです。それにしても色んなジャンルの曲を書ける人ですね、ビル・ラバウンティは。

ブルー・アイド・ソウルという表現がしっくりくる05。シンセの音が時代を感じさせます。

待ってましたとばかりのAORナンバー06。メロディーの良さに加え、サックスをフィーチャーしたアレンジが洒落ていて、まさにメロウな仕上がりです。大好きな1曲です。

都会的なミディアム・ナンバー07。特にこれという所が無いのに何故か印象に残る、そんな感じの曲です。厭きのこないメロディー、アレンジと言えるかも知れませんね。

ジェフ・ポーカロ(ds)、リー・スクラー(b)、ディーン・パークス(g)、ビル・ラバウンティ(piano)とストリングスのみというシンプルな構成ながら、スケールの大きさを感じる曲08。ビルのいつになくエモーショナルなヴォーカルも印象的です。

これまた個人的に大好きな09は、メロウなAORナンバーです。リー・リトナーとレイ・パーカーJr.がギターで参加しており、やはり聴き所もギターですね。女性コーラスを入れることでよりメロウな雰囲気になりました。

10もリトナーとレイ・パーカーのコンビのギターが爽やかなナンバーです。ポーカロのドラミングも軽快で、AORと呼ぶに相応しい1曲です。ビル・ラバウンティのソウルフルな部分がよく出ていて大好きな曲です。

ソング・ライターとしての才能を高く評価されるビル・ラバウンティ。ポップでメロディアスな曲を書いている彼の才能は疑いの余地の無いものですが、それだけでなくシンガーとしても魅力溢れる人だと思います。時に優しくソフトに、時に激しくエモーショナルに、時に儚げに哀しく歌い上げる彼のスタイルは、シンガーとしても才能豊かだと思います。
個人的には4枚目の『BILL LABOUNTY』がAORな作品としては1番好きですが、本作もバラエティに富んだ作品を楽しめますし、AORな曲もしっかりと入っていて素晴らしいアルバムです。
[PR]
by kaz-shin | 2007-07-11 00:01 | 洋楽系 | Trackback | Comments(13) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/6067692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by halfskits at 2007-07-11 00:28
『THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER』『RAIN IN MY LIFE』
この二枚は、家に有るのですが今まで、今ひとつ、ピンと来ていませんでしたー!まだまだAOR物は、苦手だなー(笑)
せっかくのお奨めなので近日中に再度チェックしてみまーす!!
お奨めありがとうございます!勉強になります!!
Commented by kaz-shin at 2007-07-11 00:40
kenny Uさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に1番のお薦めは『BILL LABOUNTY』なんですが、このアルバムも
聴き込むと結構良いですよ。
『RAIN IN MY LIFE』は、ちょっとアーシーな感じが強まった気がします。
絶大な人気を誇るタイプのアーティストでは無いですが、結構癖になる
アーティストです(笑)
Commented by Kenny U at 2007-07-11 19:12 x
あれーー、
08. CRAZY の記述文章が、うまく繋がっていないようですが…(笑)
Commented by Kenny U at 2007-07-11 19:24 x
今日、時間があったので、聴きましたよー!!
『RAIN IN MY LIFE』は、そんなにピンと来る曲はなかったんですが…

『THIS NIGHT WON'T LAST FOREVER』の方は、すっごく良い!
オープニングの「涙は今夜だけ」→おおー最高じゃん!
これってー「刑事スタスキー&ハッチ」エンディングテーマ
そして、スタスキー役マイケル・ジョンソンが歌っていたってー!!
ドラマ、見てましたがねー…
トム・スコットのカッコいいオープニングテーマにしか
記憶がありませーん…(悲)
貴方はどうですか???覚えてます??
Commented by kaz-shin at 2007-07-11 21:17
Kenny Uさん、こんばんは。ご指摘とコメントありがとうございます。
ご指摘の件、早速直しておきました(汗)

「刑事スタスキー&ハッチ」は、もちろん毎回見てました。
ただ、エンディングが「涙は今夜だけ」だったかは記憶に無いです。
でも実家にハッチ刑事役のデビッド・ソウルが歌ったシングルがあったような・・・。今度探してみます。
スタスキー役って、ポール・マイケル・グレイザーじゃなかったですか?

オープニング・テーマの「Gotcha」は憶えてますよ~。
この曲の入ったトム・スコットの『Blow it out』のCDをずっと探していたんですが、
3ヶ月程前にBOOK OFFで輸入盤を見つけました。嬉しかったですね。
2,000以上しましたけど・・・。
Commented by Kenny U at 2007-07-11 23:06 x
どうも私の見つけたHPの記述が間違っているみたい…

エンディングテーマはこれじゃないでしょうか??
デビッド・ソウル[やすらぎの季節/夜明けのシルバーレディ]
http://img225.auctions.yahoo.co.jp/users/4/4/5/1/smp_record-img500x507-1168588226emr-20517a.jpg

MICHAEL JOHNSONのサイトも発見しましたが…
http://www.mjblue.com/mjdisc.html
この人はドラマとは関係ないみたいですわ???(謝罪)
Commented by kaz-shin at 2007-07-11 23:22
Kenny Uさん、コメントありがとうございます。
わざわざ調べてくれたんですね~。ありがとうございます。
そうそう、デビッド・ソウルのこのシングル持ってます。
聴きたくなってきたんで、今度実家へ取りに行こう(笑)

マイケル・ジョンソンのサイトに紹介されてるアルバムは、見たことはありますが
聴いたことが無いですね。
聴いてみたくなりました。
Commented by Kenny U at 2007-07-11 23:54 x
良かったー、yahoo auctionsのリンク画像も見れるのですね!

改めて…
スタスキー役が、何と言う人なのか、気にした事がありませーん。
トム・スコット「Gotcha」は、最初のシーズンには使われていましたが
後期は、別の曲になっていましたよねー。
サントラ音楽全体が変わったような感じだったと記憶しています。

そのオープニング・テーマ「Gotcha」!
これはカッコいいですよねー。リリコーンがメッチャ良い!

トム・スコットのCDはかなり集めたので何枚もありますわ。
『Blow it out』輸入盤で、2,000以上ですかー。
少し値がはりましたねー!これはもう少し安価で入手出来ましたよー。

http://musicave.exblog.jp/2766338
ああ、でも私は↑これには散財しましたから、おアイコですかね??
Commented by kaz-shin at 2007-07-12 00:53
Kenny Uさん、コメントありがとうございます。
「Gotcha」は、トム・スコットのアルバム聴いてから「あっ、この曲!」
という感じで思い出しました(笑)

『Blow it out』は国内盤てあるんですかね?見たことがないです。
でも、ずっと探してたんで高くても嬉しかったですよ~。

竹内 まりやさんの『Miss M』の250円はちょっとした自慢です(笑)
Commented by Kenny U at 2007-07-13 00:35 x
『Blow it out』国内盤→ありますよ!
Sony Music Entertainment Inc.
Epic/Sony ESCA 5735 です。
日本語の解説は上田力さんで、
「1977年12月15日、アルバム発売当時のものをそのまま転載しています」
…っと、書かれていますよーー!!

実物はこちらにて↓↓↓
http://img189.auctions.yahoo.co.jp/users/6/1/8/9/chochochomocho-img600x450-1181756577tom.jpg
Commented by kaz-shin at 2007-07-13 23:01
Kenny Uさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に国内盤発売されてたんですね~。
初めて見ました。
情報ありがとうございました。
Commented by ohiro at 2007-07-14 01:04 x
こんばんは!僕もこのアルバム持っててよく聴いてます。やはり1は大名曲でしょうが後半のバラードもいいですね!「BILL~」の方は、持ってないので早く手に入れたいです。
Commented by kaz-shin at 2007-07-14 02:11
ohiroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ohiroさんなら、『BILL LABOUNTY』は絶対に気に入ると思いますよ。
多分1曲目からノック・アウトされるはずです(笑)
ぜひ、聴いてみて下さいね。
<< ROBBEN FORD_THE... ページトップ AGHARTA_AGHARTA... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon