Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
癒しのゲーム・・・『FOREVER BLUE』 ◇ 2007年 08月 31日
e0081370_23154149.jpg 

今回は少し趣向を変えさせて頂いて、音楽の話題ではなく、当ブログ初めてゲームの話を・・・。
実はつい最近、任天堂のゲーム機"Wii"を購入しました。いい歳したオッサンのあるまじき行為と思いつつも、リモコンを使った新しい操作性を持ったこのゲーム機に魅力を感じておりました(笑)

初代任天堂ファミコンが登場したのは、今から25年近くも前の1983年の事。私が社会人となった時期とほぼ同時期になります。大学生時代、喫茶店に入り浸ってインベーダー・ゲームを必死になってやっていた年代ですから、家庭でゲームを100円玉を積み重ねることなく遊べるというのはとても魅力的でした。当然、ゲーム機を買って遊びまくってきました。
ゲーム機も色々ありましたね。任天堂だけでもファミコンに始まって、スーパー・ファミコン、ゲーム・ボーイ、64、ゲーム・キューブ、DS、Wii等・・・。その他にもPCエンジン、メガドライブ、セガ・サターン、ネオジオなんていうのもあり、やがてソニーがプレイ・ステーションを発表して、そのグラフィック性能の高さに度肝を抜かされたものです。

PSが出現してからは、任天堂のゲーム(機)から離れてしまい、PSそしてPS2と遊んできました。そしてPS3の登場となります。ただ、ゲーム機本体で4~5万円というのは考えてしまいます。圧倒的なグラフィック能力は認めますが、いつの頃からかゲームの内容よりもグラフィックをいかにリアルに表現していくかを重要視されている気がしてなりません。
その点、任天堂のゲームは昔から子供も大人も楽しめるというゲーム・バランスに拘ってきた会社です。
その任天堂のWiiのリモコンを使った新しい操作性に、何か面白いゲームが出てきそうだという予感がしました。値段も2万5千円というのもPS3の半分というのは魅力的でしたね。

さて前置きが長くなりましたが、私が今嵌っているゲームがあります。毎日1時間程度楽しんでいるんですが、Wii用ゲーム・ソフト『FOREVER BLUE』です。これが実に癒されるゲームなんです。
自分がプロのダイバーとなって、海の中を自由に散策出来るダイビング・ゲームです。もちろんゲームですから、ストーリーが存在してある目的を達成することでエンディングを迎えますが、時間的な制限が無く、ほとんど自由気ままに遊べるのが良いんです。
画面を見ているだけで、ダイビングをしているような気分を味わえるのはもちろん、イルカをパートナーにダイビングしたり、熱帯魚に餌を与えたり、可愛がることが出来たり、マンタやクジラの迫力に圧倒されたり、デッキチェアに座ってただぼんやり海を見たり・・・。本当に海を満喫している気分にさせてくれるゲームです。
リモコンを使った操作も簡単ですから、50歳間近で激しいアクション・ゲームで遊ぶには辛い私のような年代でも楽しめるゲームです(笑)

他にもリモコンを振ったりして遊ぶスポーツ・ゲームもあるのですが、実際筋肉痛になることもあります(笑)
子供がゲームに夢中になるのを顔を顰めて見ているなら、こういうゲーム機で親子で遊ぶというのは面白いと思いますね。さすがゲーム機のパイオニアの任天堂です。
これからどんなゲームが出てくるかか楽しみですね。

『FOREVER BLUE』がどんなゲームなのかは、任天堂の公式サイト(コチラからどうぞ)をぜひご覧になって下さい。海好きな方はおそらくやってみたいと思うゲームだと思いますよ(笑)

今夜も寝る前に少し遊んで癒されてから、寝ようとおもいます。
[PR]
by kaz-shin | 2007-08-31 00:08 | 雑記 | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/6374057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KINGO at 2007-09-01 00:15 x
弊Blogが応援しておりますクラブのスポンサーのゲーム機のご購入誠にありがとうございました。
今後も"任天堂"および"京都サンガF.C."へのご支援をよろしくお願いいたします。
Commented by おやぢ at 2007-09-01 07:11 x
おひさしぶりです。うちも息子のためにWii買いました。良さそうなゲームですね。うちはまだ、マリオパーティだけなので。
それと、ゲームの方向性が娯楽よりも技術に走ってしまってますよね。その点任天堂は基本を抑えてる感じがします。(元ゲーム業界にもいました。)
Commented by kaz-shin at 2007-09-01 10:31
KINGOさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうでしたね。任天堂って京都でしたね。
サンガの今年の調子はどうですか?(聞かない方が良かった?)

それにしても25,000円でこういうゲーム機が作れるというのは驚きです。
最近はゲームらしいゲームをしてませんでしたが、久しぶりに遊んでみたいと
思うゲーム機、ゲームに出会いましたよ(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-09-01 10:35
おやぢさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
任天堂の作るゲームは本当にバランスの良いゲームが多いですね。
マリオパーティのミニ・ゲームもそうですが、失敗しても慣れれればうまく
クリアできるようなバランスの良さはさすがだと思います。
ゲームを家族で楽しんで欲しいというのが伝わってくるのは、任天堂のゲームだけですね。
<< PRISM_SECOND TH... ページトップ VALERIE CARTER_... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon