Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
スターダスト・レビュー_夢伝説 / 想い出にかわるまで ◇ 2007年 09月 18日
e0081370_075576.jpg 

今回は、別名「手抜き」とも言われているシングル曲紹介です(笑)
1980年代後半に入るとCDの普及が進みまして、既にアナログのシングル盤でリリースされていたA面曲を2曲収録した8cmCDシングルというのが結構発売されましたね。今回紹介するのもそんな1枚で、1988年にリリースされたスターダスト・レビューのシングルCD「夢伝説 / 想い出にかわるまで」です。

スターダスト・レビューのファンや音楽が好きな人にはお馴染みの曲ですが、「夢伝説」は1984年5月にリリースされた5枚目のシングル曲です。初めてのCMとのタイアップ曲だったと思いますが、カルピスのCFのイメージ・ソングとして当時TVで頻繁に流れており、スターダスト・レビューの初のヒット曲(?)と言える曲だったように記憶しています。
「想い出にかわるまで」は、翌1985年1月にリリースされた6枚目のシングル曲でした。少し歌謡曲風なメロディーが印象的な好ナンバー。両方とも個人的に大好きで思い入れの強い曲でしたから、このカップリングでシングルCDが発売されたのは嬉しかったですね。

今回スターダスト・レビューを取り上げたのは、もうひとつ別な理由があります。以前ここでも紹介しましたが、今年の5月19日にさいたまスーパーアリーナにて行われた「25年に一度の大感謝祭」と銘打った6時間にも及ぶライブのDVDが、今月26日に3枚組で10,000円で発売されるからなんです。
詳しくはその時の記事を読んで頂ければと思いますが、とにかく楽しいライブでした。「良かった!」と思わせるライブは数多くありますが、「楽しかった!」と思わせるライブはスターダスト・レビュー以外に味わったことがありません。今回のDVDは6時間のライブがほぼノーカットで収録されているようで、TV放送ではカットされていたゲスト・小田 和正とのジョイントも収録されているようです。
Amazonでは25%OFFの7,500円で購入出来るので早速予約。今から届くのがすごく楽しみです(笑)

「スターダスト・レビュー / 夢伝説 ・ 想い出にかわるまで」
01. 夢伝説
作詞: 林 紀勝、根本 要 / 作曲: 根本 要 / 編曲: スターダスト・レビュー
02. 想い出にかわるまで
作詞・作曲:三谷 泰弘 / 編曲: スターダスト・レビュー
[PR]
by kaz-shin | 2007-09-18 00:49 | Singles | Trackback | Comments(10) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/6477505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotaro at 2007-09-18 03:15 x
この前から懐かしのカセットテープでスターダスト・レビューを
聴いていました。
反対サイドがタイム・ファイブという組み合わせで、この一週の流れは嬉しかったです。
ゴスペルやアカペラが市民権を完全に得たのは前述の山下達郎らの
功績が大きいのですが、この2グループの評価も大事です。
当時は新旧対比と思っていましたが、今では後進がゴスぺラーズ初め、ゴマンと居てますので、ヴィンテージとクラシックの輝きですね。

シュガーはお年頃やブラックペッパーのたっぷり(略)あたりの
ファンキーなサウンドを子供と聴いて面白がっています。
抽象的ながら案外普遍的な詞なので今でもたっぷり楽しめますね。


Commented by monksiiru at 2007-09-18 10:56 x
kaz-shinさん、こんにちは。
さいたまスーパーアリーナのライブに友人も行っていたのですが、6時間と聞いてびっくりしてしまったのですがホント楽しかったそうですね。
調度、別件があったので誘われていたので行かなかったのが悔やまれております。kaz-shinさん参加されていたとは羨ましい限り。
DVDノーカットというのも凄いですね。見てみたいです。
このシングルどちらも良いですよね。
「想い出に変わるまで」は凄く好きな曲です。カメリアダイヤモンドのCMに使われていて曲をマッチしてた映像だった記憶があって季節はこれからくる秋を歌っているような曲なので聴きたくなりました。
Commented by kaz-shin at 2007-09-19 00:38
kotaroさん、こんな手抜きの記事にもコメントを頂戴して感謝しております。

私がスタレビというバンドが素晴らしいなと思うのは、「シュガーはお年頃」や
「ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス」(長い!笑)のような
今から25年も前のデビュー曲や古い曲を、彼らは本当に楽しそうに歌うんですよね。
決して洒落たアレンジに変えることなく、当時と変わらないアレンジや演奏で節も変えない。
それでいて歌っている彼等が本当に楽しそうなのが、凄く嬉しいんです。
そういう彼等だからこそ、ライブが楽しいのかも知れませんね。
DVD届くのが今から楽しみです(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-09-19 00:42
monksiiruさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
機会があったらぜひDVD観て下さい。おそらくお友達が買うのではないですか?(笑)
本当に笑いと感動を沢山貰ったライブでした。DVDを観れば伝わると思います。

「想い出にかわるまで」は、私も大好きな曲のひとつなんです。
カメリアダイアモンドのCMに使われていたんですね。これは記憶に無かったです。
情報ありがとうございました。確かにこれからの季節にぴったりな1曲だと思いますよ。
Commented by at 2007-09-19 08:37 x
ベタベタですが、スタレビではこの曲と「トワイライト・アヴェニュー」への思い入れが強いです。
特に「夢伝説」では、赤い糸で結ばれた二人のミステリアスでドラマティックな出会いの様子が、ちょっぴり哀愁漂う美メロディーにうまくマッチしていると思います。
こういう出会いを一度はしてみたかった...と思うのは私だけではないような・・・
(いや今からでも遅くないかも...??)
Commented by ギムリン at 2007-09-19 19:17 x
ご無沙汰です。うーん、スタレビのライブDVDは欲しい気がしますが、1万円はちょっと要検討。今月も来月も、結構アイドル系の復刻が多いんですよね~。
Commented by kaz-shin at 2007-09-19 23:05
夢さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「トワイライト・アヴェニュー」はスタレビを代表する名曲ですね。
演奏をバックに歌われるのも良いですし、アカペラにも似合う曲だと思います。
「夢伝説」は思い入れが強い曲でして、私の披露宴の新郎新婦の入場の時に
使わせてもらいました。あのイントロのシンセの音が会場に響き渡って、
自分で選曲しておきながら感動してました(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-09-19 23:06
ギムリンさん、ご無沙汰しておりました。コメントありがとうございます。
最近、アイドル系も含み復刻が多いですね。今日も金井夕子さんの
アルバム4枚復刻CD-BOX届きました。聴くのが楽しみです(笑)
来月には、門あさ美さんのアルバムが紙ジャケットで再発ですね。
いくらお金があっても足りませんね。

スタレビのDVDは1万円ですから、よく検討して下さいね。
広告などには全曲(45曲)収録とありますが、実は小田 和正の歌った
「YES NO」が抜けています。おそらく版権の都合なんでしょうが・・・。
実際にライブへ行ったので、あの感動をもう1度味わうつもりです。
あの時のチケット代が9800円だったので、もう1度観に行ったつもりで買います(笑)
Commented by rs at 2007-09-28 11:30 x
夢伝説で彼らの存在を知りました、
当然、カルピスCMで!

それにしてもシングルCD出てたんですね
知りませんでした。

只、オリジナルのカップリングではないのですね、
実はEP盤のB面何気に大好きな曲だったんですけど。
Commented by kaz-shin at 2007-09-29 13:07
rsさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
やはりスタレビの名前が広く知られるようになったのは、「夢伝説」以降ですよね。
あのCMは、映像と音楽がよくマッチしていて印象深かったです。

>実はEP盤のB面何気に大好きな曲だったんですけど。
「Back Street」ですね。私も好きな曲です。アナログ時代の
シングルのB面曲って何故か扱いが悪いですね。
CD時代になって裏表が無くなった分、良くなってきましたけれど。
B面曲に意外と隠れた名曲が多かったりするんですよね。
<< AL JARREAU_THIS... ページトップ 山下 達郎_POCKET MUSIC >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon