Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
小堺 一機_with K ◇ 2007年 12月 07日
e0081370_2312167.jpg 

今回紹介するのは、今やタモリと並んで日本のお昼の顔と言っても良いであろう小堺 一機の1995年のアルバム『with K』です。えっ?マニアックですか?自分でもそう思います(笑)
小堺 一機がアルバムを何枚もリリースしていたことや、器用な人でタップ・ダンスもこなすことも知っていましたが、とりわけ興味があった訳ではありませんでした。ただ、今回紹介するアルバムは何故か惹かれて購入したものです。ですからこれ以外のアルバムは全く聴いたことが無いのも事実です・・・(笑)

では、何故このアルバムに興味を持ったかと言うと、このアルバムに収録曲の全てがデュエット曲で構成されているからなんですね。
デュエット相手は、EPO、香坂 みゆき、磯野 貴理子、森川 由加里、来生 たかお、室井 滋、中島 啓江、伊東 ゆかり、中西 俊博(ヴァイオリン)という顔触れで、歌手や役者等バラエティに富んだ相手にどんなデュエット曲を聴かせてくれるのか、妙に聴きたかったのを憶えています。
曲を提供しているのも、EPO、岡本 朗、松尾 清憲、来生 たかお、林 哲司、中西 俊博等ですし、アレンジも新川 博や清水 信之が担当しており、サウンド的にも洒落た感じになっています。
歌は上手いとは思いませんが丁寧な歌い方は好感が持てますし、多分曲だけ聴いて小堺 一機が歌っていると解る人は少ないかも知れません。先入観無しで聴ければ、かなり楽しめるアルバムだと思います。

『小堺 一機 / with K』
01. 虹の果てまで / duet with EPO
02. さめて見る夢 / duet with 香坂 みゆき
03. 退屈しない恋の条件 / duet with 磯野 貴理子
04. 風の道 duet with 森川 由加里
05. 陽ざしの記憶 / duet with 来生 たかお
06. いつまでも昨日じゃなく / duet with 室井 滋
07. 今夜だけ少年に帰りたい / duet with 香坂 みゆき
08. さよならゲーム / duet with 中島 啓江
09. いつか もしも まさか / duet with 伊東 ゆかり
10. そこに居るから / duet with 中西 俊博(ヴァイオリン)

EPOの作詞・作曲による01。EPOらしい爽やかなポップ・ナンバーです。小堺のヴォーカルをEPOが上手くサポートしています。EPOのソロ部は安心して聴けますね。

私の大好きな香坂 みゆきとのデュエット曲02。岡本 朗作曲のミディアム・スロー・ナンバーです。香坂 みゆきの声の良さに魅了されますね。小堺の声との相性もなかなか良いです。こういう曲調の香坂 みゆきの歌は本当に好きなんです(笑)

タレントとしてバラエティ番組で活躍している磯野 貴理子とのデュエット曲03。おそらく歌だけ聴いて磯野 貴理子と気付く人はいないでしょう。TV番組で喋っている声とは全然違いますね。軽快なポップ・ナンバーは、柴矢 俊彦の作曲です。

松尾 清憲の作曲による爽やかで、心和むメロディーが印象的な04。デュエット相手は、森川 由加里です。この曲はメロディーが良いですし、アコースティックなサウンドが心地良いですね。静かな雰囲気で歌っている森川 由加里も魅力的です。

05に関しては相手が悪かったかも知れません、デュエット相手が来生 たかおですから・・・。曲はもちろん来生姉弟の作品です。来生 たかおらしいバラード曲です。来生 たかおが一声発しただけで雰囲気が変わるのが凄いです。小堺も頑張っていますが、格の違いは仕方無いでしょう(笑)

06も歌声だけではデュエット相手が誰だか判らないでしょう。デュエットのお相手は、女優として活躍している室井 滋です。失礼な話、彼女がこんなに良い声だとは思いませんでしたね。大人のムードを醸し出すボッサ調のナンバーです。お洒落なナンバーで、個人的にお気に入りの1曲です。

再び香坂 みゆきとのデュエット曲07。林 哲司の作曲、清水 信之のアレンジによるCITY POP風なアレンジが光るナンバーです。林 哲司らしい洒落たキャッチーなメロディーで、デュエット曲というのを意識して書いた曲だと思います。香坂 みゆきが歌っているだけで、無条件で好きなナンバーです。

素晴らしい体格と歌声の持ち主である中島 啓江を迎えた08。軽い感じのポップ・ナンバーです。曲自体は悪くは無いのですが、中島 啓江とのデュエットは成功とは言えない気がします。抑え気味と言うより、抑え過ぎた中島のヴォーカルは、個性が全然出ていなくてつまらなくなってしまいました。

伊東 ゆかりとのデュエット・ナンバー09。良い声ですね~、伊東 ゆかりは。大好きなシンガーの一人なんです。ミディアム・テンポの曲調と馴染み易いメロディーが特徴で、二人の声の相性も良いと思います。アルバムの中でも光っている曲です。本物のシンガーというのは、やはり声に存在感がありますね。凄いものです。

最後の10は、中西 俊博のヴァイオリンをデュエット相手に見立てて、小堺がしっとりと歌い上げるバラード曲です。中西 俊博の書いたメロディーが美しく、"星に願いを"を彷彿させる、そんなナンバーです。

私は結構このアルバム好きなんです。一人でじっくり聴いているとリラックス出来ますね。曲はどれもキャッチーで聴き易いものが多いですし、10曲中8曲のアレンジを担当している新川 博のアレンジも秀逸です。
このアルバムを知人や友人に何も言わずに聴かせて、誰が歌っているのかを当てさせるというのも一興だと思いますよ。EPO、香坂 みゆき、来生 たかお、伊東 ゆかりを当てる人は結構いると思いますが、磯野 貴理子と室井 滋と気付く人はいないと思います(笑)
そういう意味では、色んな楽しみ方が出来るアルバムですね。BOOK OFF等で安く買えると思いますので、興味のある方は聴いてみて下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2007-12-07 00:29 | J-POP | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/6904540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たにぴ@もまゆきゅ at 2007-12-07 01:55 x
ははは、前にも書いちゃったけど、私は小堺さんのコンサート、行きましたからね。
無茶ですね。
このアルバム、デュエットに関根勤がいないのが不満です、なんちて。
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2007-12-08 00:41 x
小堺さんの歌ってのは一回も聴いた事ないのですが、結構な枚数のアルバムを出してる事を知った時驚いたものです。また提供した作家陣も豪華なんですよね。意外に音楽に熱心だったコメディアンで思いつくのは今や大監督になったビートたけしさんですね。作家陣も坂本龍一、阿久悠、谷川俊太郎、大沢誉志幸などこれもまた豪華。たけしさんは正直ガラガラ声で歌も上手くない人でしたけど、なんだか味がある歌なんですよねぇ…。作家陣も豪華だから曲良いの多かったし。小堺さんやたけしさんの世代は今みたいに分断されていない、世間に音楽が溢れている中で育った世代だと思うので、もしかしたら音楽に対する想い入れが強いのかもしれませんね。またこのような職業作詞作曲家、シンガーソングライターが他人に提供するシステムが厳然としてあった時代だったのはこの人達には幸運でしたね。今じゃ残念ながらそういう場もてないですもんね。
Commented by MauMau at 2007-12-08 00:49 x
はじめまして
ここ1年くらいでシティポップにはまった者ですが、kaz-shinさんのブログとてつもなく参考にさせてもらってます。
このアルバムとても気になっていました。
小堺一機の「Someone Like You -あなたに似た人- 」というアルバムが個人的にかなりツボだったのもので。
優しい歌声がいいですよね。
「With K」一層リキ入れて探します。
Commented by kaz-shin at 2007-12-08 01:04
たにぴさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうでしたね。小堺さんのコンサートに行ったことがあるんでしたね。
なかなか良い声だと思いましたよ。このアルバムは、デュエット相手の
人選が面白くて、成功したものとそうでないものがあるように思いますが、
楽しめるアルバムでした。
関根勤さんの歌って、そう言えば聴いたことないですね。
失礼ながら上手そうには思えないです(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-12-08 01:29
哲学者になりたい猫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
芸人さんであっても歌に真摯な態度で取り組んでいたのが、たけしさんや小堺さんだったのでしょう。
きっと下積みの時代から、色んな音楽を聴き、励まされたり勇気づけられたりしてたんでしょうね。
今では音楽が金儲けの道具のようになってしまって、金を稼げる音楽やアーティストしか
アルバムをリリース出来ないような風潮は悲しいですね。
歌のテクニックはなくとも、歌に対する思い入れや情熱があれば、そこに存在するのは
素晴らしい音楽のはずなんですけどね。
Commented by kaz-shin at 2007-12-08 01:36
MauMauさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
ただ自分の勝手気ままに、好きなアルバムを紹介しているだけのブログを参考にしてくれているなんて、
本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
『Someone Like You -あなたに似た人- 』というアルバムは、確か1stアルバムですよね?
たまに中古店などで見かけてました。結構良さそうなアルバムみたいですね。
MauMauさんのコメントを参考に、『Someone Like You -あなたに似た人-』を
探してみることにします。
『with K』も良いアルバムなんで、機会があったらぜひ聴いてみて下さいね。
<< NOBU-ZANS_MADE ... ページトップ 八神 純子_素顔の私 (Par... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon