Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
冬の恋歌(ソナタ) ◇ 2008年 01月 03日
e0081370_19325342.jpg 

今回紹介するのは、毎年冬になると必ず聴きたくなるアルバムで、このアルバムを紹介したいが為に新しく"Sound Track"というカテゴリまで作ってしまいました。
そのアルバムは、何を今更って感じですし、「もう古いよっ!」と言われそうですが、韓流ブームの火付け役とも言える韓流ドラマの金字塔(ちょっとオーバーかな・・・汗)であろう「冬のソナタ」のオリジナル・サウンドトラック・アルバム『冬の恋歌(ソナタ)』(2003年)です。

一時期のような韓流ブームという感じは無くなりましたが、韓流ドラマや韓国映画は今でも根強い人気のありますね。私自身、韓流ドラマに特別興味がある訳では無いのですが、唯一嵌ってしまったのが"冬ソナ"でした。しかも"冬ソナ"ブームが落ち着き始めていた頃に・・・。
今でも忘れません。長崎へ出張していた時、たまたまNHK-BSで"冬のソナタ 完全版"の第1話と第2話が放送されているのを、他に見たい番組が無かったので見てしまったのがきっかけでした。それまで韓流ドラマやぺ・ヨンジュンを馬鹿にしていた私だったのに・・・見事にやられてしまいました。まさにNHKの思う壺状態でしたね(笑)
おそらく吹き替え版だったら嵌っていなかったでしょう。完全版は韓国語の字幕だったのも幸いしたと思います。後に吹き替え版も見ましたが、イメージに全く合っていなかったですから。
ドラマの面白さ自体に嵌ったのはもちろんですが、もう一つこのドラマで良かったのが音楽でした。これほどドラマのバックで流れる音楽が耳に残ったのは始めてだったような気がします。
映像と音楽のマッチングも素晴らしかったですし、単に音楽として聴いてもかなり良い作品が揃ったドラマでした。このサウンドトラックをCD店で見つけて、速攻で購入したのは言うまでもありません。

『冬の恋歌(ソナタ)』
01. 最初から今まで (リュウ)
02. My Memory (リュウ)
03. 初めて
04. あなただけが
05. My Memory (Piano & Violin Ver.)
06. 離せない恋 (ソン)
07. 始まり
08. あなただけが (Piano & Violin Ver.)
09. My Memory (Piano Ver.)
10. 忘れないで (リュウ)
11. 記憶の中へ (Instrumental)
12. 恋人 (Chinese Ver.)
13. スミレ (リュウ)
14. あなただけが (Piano Ver.)
15. 初めて (Piano Ver.)
16. スミレ (Instrumental)
17. 最初から今まで (Japanese Ver.) (リュウ)

アルバムに収録されているのは17曲ですが、バージョン違い等を抜かせば実際は10曲程度です。

"冬ソナ"と言えば、やはり01ですね。イントロのあのピアノのフレーズは特に印象深いですね。全く意味は解りませが、リュウのヴォーカルが結構心に沁みてきますし、メロディーの儚い感じやストリングスの美しさとピアノのマッチングが絶妙です。良い曲だと思います。

02もリュウが歌う美しいバラード・ナンバーです。ドラマの中の映像に上手く使われていて、01と並んで印象深い曲でした。ストリングスを上手く使ったアレンジとメロディー・ラインの美しさが際立った1曲です。

ピアノの独奏から絶妙なタイミングでストリングスやイ・ギョンミンのハーモニーが入ってくる03。

どこかヨーロピアンな雰囲気のイントロが印象的な04。クレジットには歌っているシンガーの名前が載っていませんが、ヴォーカル曲です。リュウとは違うのでしょうか?冬の情景が上手く表現されている曲ですね。

ソンという女性シンガーが歌うバラード・ナンバー06。不思議と美しいメロディー・ラインの曲が多いのに驚きます。K-POPのレベルの高さを思い知らされた気がしますね。

アルバム中で最もテンポのある明るめのナンバーが07です。打ち込みによる軽快なリズムと女性のハーモニーが印象的な曲で、ドラマの中でも明るく楽しい雰囲気の場面で使われていました。

リュウの歌う10は、日本で言うとどこか演歌風な趣きのある曲ですね。

透明感溢れるサウンドが耳に心地良いインスト・ナンバー11。無駄に音数を増やさず、シンプルに徹したアレンジや演奏が、このドラマにはよく似合っていたように思います。

12も歌っているのが不明ですが、何故か中国語で歌われているバラード・ナンバーです。なかなか美しいメロディーのナンバーです。

リュウの歌う13。しっとりと歌われていますが、暗さを感じない洒落たメロディーを持ったバラード曲です。ピアノが中心になっていますが、弦楽器の使い方が上手いと思います。

レビューした以外の曲は、バージョン違いのものです。このバージョン違いもアレンジが素晴らしく、美しい音色で構成されていて聴き応えがあります。

私の場合、ドラマに嵌ったということがあるので余計にこのアルバムが冬にピッタリだと思うのかも知れませんが、実に冬の寒さとか透明感がよく表現されている曲が多いと思います。
今はもうドラマは見ませんが(DVDは持っていますが・・・汗)、真冬の寒さを感じる頃になると聴きたくなるアルバムです。
無理にお薦め出来るアルバムではありませんが、興味がある方は聴いてみて下さい。
もしかしたら、意外と知っている人が多いかも知れませんね・・・。
[PR]
by kaz-shin | 2008-01-03 20:45 | Sound Track | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/7039991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bonejive at 2008-01-04 22:35 x
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
恥ずかしながら私もこのCD持っています。
なんか聴き覚えがあるな~と感じていたら
雅夢の愛はかげろうのパクリとの指摘が巷であり、
盛りあっていたことを知り、頷いてしまいました。
ドラマのBGMもスタンダードのミスティをアレンジ(というかぱくり)していたりで
なかなか聴き所の多いサントラですね。
Commented by kaz-shin at 2008-01-05 00:45
bonejiveさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

雅夢の「愛はかげろう」のパクリという話は確かにありましたね。
ただ、言われるまで気付きませんでしたけど・・・。
純粋に気持ちの良い曲の多いサントラとして聴いてしまっています。
たとえパクリにしてもなかなか良いセンスしていると思いませんか?
私は好きなんですよ、かなり・・・(笑)
Commented by hisa at 2008-01-06 22:57 x
冬ソナですか。私はチャングムに嵌ってました。
この音楽は真剣に聞いてませんが、機会があれば聞いてみたいと思います。
Commented by kaz-shin at 2008-01-06 23:36
hisaさん、コメントありがとうございます。
友人がしきりに「チャングム」を薦めるんですよ(笑)
嵌るのが怖くて見てませんが、面白そうですね。えらく長い話ですよね。
今度見てみようと思います。
<< お知らせ・・・ ページトップ JADOES_Morning ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon