Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
中原 めいこ_Happy birthday, Love for you ◇ 2008年 01月 22日
e0081370_23134784.jpg 

今回紹介するアルバムは、とても優れた女性シンガー・ソング・ライターとして大好きな中原 めいこが1989年にリリースしたバラード曲を集めたベスト盤『Happy Birthday,Love for you』です。
私にとって中原 めいこはある種特別な思い入れのあるアーティストでした。まず出身が私が2歳の頃から現在まで暮らしている千葉県の出身だということ。そして1959年生まれで私と同年齢なんです。これはもう親近感が沸くのも当然で・・・(笑)

中原 めいことの出会いは1982年でした。当時週に2~3回はレコード店へ出向いては、何か良いレコードはないかと物色中にたまたま見つけたのが彼女の1stアルバム『COCONUTS HOUSE』でした。いかにも夏らしいポップな印象のジャケットとレコードの帯に書かれていたコピー「CITY POSのスーパー・モダン・ガール、中原めいこ、リゾート感覚いっぱいにつめ込んで、Welcome to COCONUTS HOUSE」に惹かれて購入したのがきっかけでした。彼女の書くとびきりポップでキャッチーなメロディーに魅了され、以降レコードを何枚か購入して聴いてきました。

私はご存知のようにBOOK OFF巡りをライフ・ワークのひとつにしていますが、CD化された中原 めいこの初期のアルバムを探すのも目的のひとつなんですよ。5枚目のオリジナル・アルバム『MOODS』以降のアルバムは比較的見つかるのですが、それ以前のアルバムはほとんど見つからないですね。
そんな中、自宅から車で10分程度のところに去年の暮れBOOK OFFがオープンしまして早速物色に出かけたところ、今回紹介する『Happy Birthday,Love for you』が新品未開封の状態で1,000円で売られているではありませんか!これはもう即効で購入しました。

バラード集ですから、彼女の持ち味である元気一杯のポップなナンバーは聴けません。しかし、彼女のメロディー・センスはバラードでも十分発揮されている訳で、逆に彼女のセンスの良さを再発見出来たアルバムでもありました。安易にリリースの年代順に曲を並べているのではなく、十分に練られた曲順になっているのが良いですね。これは選曲、構成に中原 めいこが関わっているのが大きいのでしょう。ライナーで萩原 健太氏が書いていますが、まるで自分が作って編集したカセットのベストみたいというのは全くの同感です。

『中原 めいこ / Happy Birthday,Love for you』
01. Happy birthday, Love for you
02. Cloudyな午後
03. 涙のスロー・ダンス
04. ケンカのあとの口づけ
05. マスカレード(仮面舞踏会)
06. Infinite Love(無限の愛)
07. PUZZLE
08. We Were In L.A.
09. 極楽鳥のテーマ(Bird of Paradise)
10. So Shine
11. 夜はMusical
12. I Miss My Valentine
13. 2時までのシンデレラ
14. In your eyes

1987年リリースのアルバム『PUZZLE』に収録されていた01。アレンジは小林 信吾です。切ない歌詞と彼女らしいキャッチーなサビのメロディーが胸に響きます。

1984年のアルバム『ロートスの果実 - LOTOS -』に収録されていた02。新川 博による都会的で洒落たアレンジが格好良いミディアム・バラードです。スムースな流れのメロディー・ラインを持ったナンバーですね。

1982年のデビュー・アルバム『COCONUTS HOUSE』に収録されていた03。夏の夕暮れの風景に似合うそうなバラード・ナンバーで、大好きで思い入れの強い1曲なんです。間奏のハーモニカ・ソロ(八木 のぶお)が素晴らしいです。

1983年のアルバム『Mint - ミント -』に収録されていた04。中村 裕介(どういう人物かはよく知りませんが・・・)とのデュエットによるバラード曲です。どことなくフィリー・サウンドを意識したような新川 博のアレンジが見事です。

アルバム『PUZZLE』に収録されていた05。大村 雅朗の都会的で大人の雰囲気が漂うアレンジが印象的な1曲。CITY POPなバラード曲。控え目ですが、坪倉 唯子のコーラスが良いですね。

1988年のアルバム『鏡の中のアクトレス』に収録されていた06。お洒落なミディアム・ナンバーで、大好きな1曲です。小林 信吾のアレンジが秀逸ですね。

アルバム『PUZZLE』に収録されていた07。ミディアム・バラード・ナンバーです。小林 信吾のアレンジ曲で、小林 信吾のピアノのプレイ、松原 正樹のギターのプレイが光ってます。

1986年のアルバム『MOODS』に収録されていた08。中原 めいこらしさ全開のバラード・ナンバーですね。アレンジは小林 信吾です。

同じく『MOODS』に収録されていた09と10。バラードというよりもミディアム・テンポが軽快な南アバー09。こういう曲調、メロディーは中原 めいこの最も得意とするところでしょう。渋いアレンジが印象的な10はミディアム・バラードです。09も10もアレンジは小林 信吾です。

1985年のアルバム『CHAKI CHAKI CLUB』に収録されていた11。JAZZYなムード漂う佐藤 準のアレンジが冴えたナンバーです。

アルバム『『ロートスの果実 - LOTOS -』に収録されていた12。ストリングスが美しさが際立つバラード・ナンバーですが、オーソドックスな1曲といった感じですね。

1982年リリースの2ndアルバム『FRIDAY MAGIC』に収録されていた13。AOR風バラード曲で、新川 博のアレンジが素晴らしい1曲です。

アルバム『鏡の中のアクトレス』に収録されていた14。中村 哲のアレンジが渋いナンバーで、村上 秀一のドラム、高水 健司のウッド・ベース、今 剛のJAZZYなギター、美しいストリングスというアルバムの最後に相応しい大人のバラードですね。

ベスト盤なのでおいしい曲が揃っているんですが、中原 めいこの魅力は軽快さとポップ、ラテン色の強い踊りたくなるようなダンサブルな曲にもある訳で、やはりアルバムにその動と静の曲がバランス良く収録されているのが1番中原 めいこらしいのかも知れません。もちろん、このベスト盤もお薦め出来る1枚ですが、でもそろそろ春頃にでも夏に向けて初期の入手困難なアルバムを、紙ジャケットのリマスターで再発して欲しいものですね。
[PR]
by kaz-shin | 2008-01-22 00:47 | ベスト盤 | Trackback | Comments(10) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/7123323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2008-01-22 10:50 x
タイミングよく中原さんの記事を書いてくれて助かりました。
飛ばしてしまうところでした。(^_^;

ブックオフでは相変らず1枚も見つかりません。
250円以下しか見ないんですが。(苦笑)
Commented by しげぞう at 2008-01-22 21:29 x
こんばんは
このアルバム、テープで持っていて大事にしてます
小林信吾のアレンジは良いですね
08なんか極めてトリハダもんです
それと新川博も結構参加してるんですね
カルロスオメガ作品などの内容で
僕の中ではナイスアレンジャーの一人です
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2008-01-22 21:53 x
こういうベスト出てたんですね。いいリスナーではありませんが(持ってるのはベスト盤と安く手に入れた「Mint」のみ)中原めいこさんは本当に大好きです。非常にメロディアスで、ポップ、そしてハズレの曲が無いアーテイストというのが私の印象です。ノリのいい曲と歌でアニメの主題歌に採用されるケースも多くアイドルにも曲を提供し子供の自分にも大変お馴染みの人でした。でも作曲数が多くなかったせいもあり、今では勝手に自分では女性アーティスト兼作曲家の四天王(ユーミン、中島みゆき、尾崎亜美、竹内まりあ)の陰に隠れてほとんど省みられてないのは大変残念に思ってます。そろそろアルバムの復刻の動きがあっていい人だと思うんですけどねぇ…。鈴木茂さんの所でkaz-shin さんがスタジオミュージシャンの安定があったからこそいいアルバムが作れたと書かれてましたが、それももちろん大きかったと思うんですが、勝手な思い込みなんですが80年代までは音楽業界内ではは売り上げと別にいい物を作った場合それを業界内で評価する雰囲があったのでは…と思うんですよね。それがメガヒットは一作ぐらいでしたが良作を多く作り出したこの人にもよく出てると思うんですよね。
Commented by gemini at 2008-01-22 22:57 x
こんばんは
このCDはブックオフで確か250円で買いましたが、バックカヴァーがありませんでした。そういう仕様でしょうか?
自分も中古CD店ではめいこさんのがないか常にチェックしてますが、初期のCDは全く見かけませんね。
なので自分は新品で買ったTWIN BESTをよく聴いています。
ポップなめいこさんの曲が好きです。
めいこさんはいつのまにか表舞台から姿を消した印象なのですが、今はどうしているのでしょうかね。
Commented by kaz-shin at 2008-01-23 00:42
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです(笑)
BOOK OFFでは初期のアルバムはほとんど見つかりませんね。
後期のものは250円で見かけますけど。
Commented by kaz-shin at 2008-01-23 00:46
しげぞうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
信吾さんのアレンジもこの時代のもの、特に中原さんのアレンジに関しては、
AORっぽいものが多くて格好良いですよね。
新川 博さんのアレンジも80年代のものは本当に素晴らしいものが多いですね。
アイドル系の歌手のものでも光ってるアレンジが多くて、80年代において
私が注目していたアレンジャーの一人です。
Commented by kaz-shin at 2008-01-23 00:51
哲学者になりたい猫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に再発(特に初期)が待たれるアーティストですね。夏に向けて聴きたくなるので、
東芝EMIさんはぜひ検討して欲しいと思いますね。

>80年代までは音楽業界内ではは売り上げと別にいい物を作った場合、それを業界内で評価する雰囲があったのでは…
仰る通りですね。それと評価する雰囲気があるということは、ある意味ライバル心もあったんでしょう。
お互いに質の高い音楽(アルバム)を作ろうと切磋琢磨していた良い時代だったのかも知れませんね。
Commented by kaz-shin at 2008-01-23 00:53
geminiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
バックカヴァーはありませんね。新品を購入したんで間違い無いと思います。
ネットで調べても最近の動向は分かりません。何らかの形で音楽に関わってくれていると嬉しいですね。
Commented by まつのすけ at 2008-01-25 01:30 x
こんばんみーです♪

私は、中原めいこさんですと、『鏡の中のアクトレス』と『303 EAST 60TH STREET』を持ってます。ほんのりエロチックな感じが好きだったりします。
端正なルックスと声にギャップがありますし。

中原めいこさんは、佐藤博さんとともにアルバムをリマスターでリイシューして欲しい方の一人です。
Commented by kaz-shin at 2008-01-26 04:35
まつのすけさん、コメントありがとうございます。
まつのすけさんの年代だと中原さんは完全に後追いになるでしょうね。
彼女の作品は特に初期の作品が好きなので、まつのすけさん同様再発を熱望しています。
そして、ぜひまつのすけさんにも初期の作品を聴いて欲しいなと思います。
中原さんの場合、ベスト盤ではその魅力というのが半分位しか伝わってこない気がしますので・・・。
<< 二村 敦志_AOR ページトップ 鈴木 茂_BAND WAGON >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon