Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
二村 敦志_AOR ◇ 2008年 01月 23日
e0081370_18454177.jpg 

今回紹介するのは、私にしてはとても珍しく2004年にデビューという最近のアーティストです。そのアーティストは、大阪を中心に積極的にライブ活動を続けている二村 敦志という1977年生れの若いアーティストです。おそらく、このブログを訪れて下さる皆さんの多くは二村 敦志をご存知の方は少ないと思います。
私も彼のことを知ったのはつい最近のことでした。
いつものようにBOOK OFFを探索中、何気に目に飛び込んできたのが、今回紹介する二村 敦志のデビュー・アルバム『AOR』でした。特にジャケット写真に惹かれた訳ではなかったのですが、『AOR』というタイトルがとにかく気になってしまったというのが正直なところです。値段も1,000円という手頃な値段でしたので、興味本位で購入しました。

二村 敦志について全く知識が無かったのでHP等で調べてみると、18歳より敬愛していたジェームス・テイラーに影響を受けて音楽を始めたらしいです。好きなアーティストは、ジェームス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウン、マイケル・フランクス、タック&パティー、デヴィッド・T・ウォーカー、スティーリー・ダン等らしいです
そんな二村 敦志が自ら作詞・作曲した全10曲を収めた1stアルバムが『AOR』です。千原 拓也、宇田川 妙、中野 督夫をアレンジャーに迎え、また憧れのデヴィッド・T・ウォーカーをゲストに迎えて制作されています。相当拘りを持って作られているようで、今の時代にあえてアナログ・レコーディング、そしてヴォーカル録りはほぼ一発録りされているようで、随所に緊迫感に溢れていますし、アナログ独特の音が印象的です。曲作りにおいてはまだ荒削りな感じもしますが、数をこなせばもっと良い感じになるのではないでしょうか。

『二村 敦志 / AOR』
01. Fragile
02. LUZ
03. 虹
04. 散歩へでかけよう
05. Summer Breeze
06. Promised Land
07. Christmas Serenade ~If~
08. 星に願いを
09. 祈り
10. Kiss

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる三重奏のストリングスが美しいバラード曲01。アナログ録音独特な音の柔らかさが曲調にぴったりですし、一発録りのヴォーカルもなかなかです。曲の終盤に向けて盛り上げるアレンジも良いですね。

アコースティック・ギターのサウンドを軸に、デヴィッド・T・ウォーカーらしいギターが聴けるミディアム・バラード曲02。とても聴きやすいメロディー・ラインと丁寧に歌うヴォーカル・スタイルが二村 敦志の魅力かも知れません。

無伴奏で歌い始める03。ギターに中野 督夫を迎えウエスト・コースト風なサウンドに仕上がっているポップなナンバー。コーラスで参加している大西 亜里が良い歌声を聴かせてくれます。

中野 督夫のアレンジ、ギターによる軽快なポップ・ナンバー04。爽やかな風を感じるようなさウンドと歌声印象的なナンバーです。

夏向けの洒落たボッサ・ナンバー05。この曲は歌を聴かせるというより演奏で楽しめるといった感じの1曲です。岩田 晶によるウッド・ベースとアコースティック・ギターのプレイが素晴らしい、まさにAORなナンバー。

二村 敦志自身が弾くアコースティック・ギターが渋いミディアム・ナンバー06。ホーン・セクションを加え、厚みのあるサウンドに仕上がっています。この曲もAORな1曲と呼べるナンバーですね。

夜の静寂さとクリスマスの煌びやかさがよく表現されているアレンジが秀逸なバラード・ナンバー07。クリスマス・ソングという捕らえ方は当然出来ますが、いつでも楽しめるバラード曲に仕上がっていると思います。ゲストで参加している土岐 英史のサックス・ソロは流石というプレイです。

思い切りJAZZYなナンバー08。ポップでキャッチーなメロディーと4ビートのJAZZとの相性も抜群で、アルバムの中で最もお洒落なナンバーかも知れません。

ピアノとヴァイオリンのみをバックに歌われるバラード・ナンバー09。

二村 敦志によるギターの弾き語りによる10。一発録りの緊迫感が伝わってきますが、彼の歌の良さがよく出ている気がします。

このアルバムが「AORか?」と問われれば、AORチックな曲もありますので「NO」では無いのですが、如何せんバラード曲が多いのが残念です。曲自体はメロディー・ラインも良いですし、二村のヴォーカルも良いと思います。もうちょっとハネたリズムの曲やロックっぽい曲が聴いてみたい気がします。まだアルバムはこの1枚だけみたいですから、これからが楽しみな若手アーティストとして注目しています。どなたか関西地区に在住の方で彼のことをご存知な方はいらっしゃいますか?HPで試聴も出来るようですので、興味があったら覗いてみて下さい。
アドレスは、http://www.atsushinimura.com/index2.html
[PR]
by kaz-shin | 2008-01-23 00:37 | J-POP | Trackback(1) | Comments(14) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/7127667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Kenny's Musi.. at 2008-01-25 10:19
タイトル : Boz Scaggs Night
神戸・ZINK http://www.zink.jp/ 『ZINK Monthly Session "Night Music WEST"』 8月28日開催 ボズ・スキャッグス トリビュートライブ http://www.uim-session.com/event/ 私は、下記セットリストの ピアノパート(前半五曲)および シンセブラス(後半四曲)を担当! 今回は関西のプロ歌手「二村敦志」さんも友情出演されました。 <1st Set> 1.Angel You ...... more
Commented by kadomania at 2008-01-24 22:07 x
kazさん、お疲れ様です、kadoです。kazさんが、このあたりのアーティストを取り上げられるのは、本当に珍しいですね(笑)。広くアンテナを張ってらっしゃるのが良くわかります。

二村さん、たまたま知っておりました。といっても、詳しい訳では全くないのですが、「ふたりだけの夜に」を音源で聴いておりました。ラジオでオンエアーされたのを聴いて、iTunesで購入したのです。ですので、バックミュージシャン等はわかりません。ただ、間奏部分などの展開が、初期の誰かさんに似てるなあ(笑)と印象に残り、購入した次第です。どこかデヴィット・フォスターっぽいところもありますしね。

関西方面では、僕が良く聞いている和田昌哉さんと人気を二分しつつある期待の若手みたいな事がどこかのサイトで書かれてました。お二人とも唄の上手さ、声の良さと大変楽しみなアーティストかと思っております。

一曲だけしか知りませんでしたが、kazさんのレビューと、サイトの試聴をしてみて、こりゃアルバム聴いてみるしかないなと・・・笑

Commented by kaz-shin at 2008-01-25 00:09
kadomaniaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
まさか二村さんの記事にコメントが付くとは思ってませんでした(笑)
さすがにkadomaniaさんも色々幅広く聴かれてますね。
シングル「ふたりだけの夜に」はまだ未聴なんですが、このアルバムは
想像以上に良かったです。
ただ、もうちょっとテンポのある曲が聴きたかったというのが正直なところです。
ソング・ライティングのセンスはバラードよりアップ・テンポの曲の方が測りやすいですからね。
声も良いですし、これから曲を沢山書くことで良いアーティストになる予感がする一人ですね。
Commented by katsuhiko at 2008-01-25 01:11 x
関西では・・・・・  いや 関西でも無名です(笑)
しかしラジオのDJとかで 彼をミスターAORと名ずけ!買っている人も
いたりで ちょくちょくFMで流れています!
やっと30歳代になったくらいかな? お若いのに AORとは珍しいなと
思って聴いていました、ある意味これから どう 育っていくのか楽しみです。
金澤ブログには邦楽では山下達郎角松敏生に影響を受けたと言っているらしいですね。
去年は ちょくちょく イベントがあった様なので、今年もなにかライブが
有る様だったら いちどナマで聴いて来ます
Commented by まつのすけ at 2008-01-25 01:49 x
立て続けにコメントさせていただきます。

何気に読んでいたら、私より4つ年上の方と知ってびっくりしました。あと、土岐英史さんと大西亜里さんの名にも。

話が飛んでしまうかもしれませんが、avexがJ-moreというレーベルを設立していまして、先ほどの大西亜里さんも所属されています。このレーベルを注目していまして、角松さんチックな音が好きな方には、オススメじゃないかなと思います。kazさんですと、テリー&フランシスコが一番オススメかなと思います。彼らの最新曲のプロデューサーは、伊藤銀次さんです。
Commented by Kenny U at 2008-01-25 10:26 x
まさか”コメントが付くとは思えないところ”…ばかりに
私のコメントがあったりしますが…(笑)

こちらでは先を越されたみたいですね!!

この人、知ってますよ!貴方が手にした音源も持っています!
(詳しくは、私のところに…TB参照!)

ところで、こんなインディーズっぽいCDまで聴かれるのですね!
すごーく幅広いです!

まあ、アルバム名が『AOR』ですから、
AORフリークならどうしても手にとってしまいますよね!!
ある意味タイトルで得していて、ずるいかなー(笑)

ところで、私、このCD、入手出来るのは
関西だけかなーと思っていたので
そちらのBOOK OFFに置いてあるだけでもビックリです!(驚)
Commented by kaz-shin at 2008-01-26 04:32
katsuhikoさん、コメントありがとうございます。
関西では知られているのかなと思っていましたが、知る人ぞ知るといった存在だったんですね(笑)
ソング・ライターとしてはまだまだこれからだと思いますが、ヴォーカリストとしては
良いものを持っていると思います。ライブではAORの定番曲も歌うようなので、
私も生で聴いてみたいですね。
もし生で聴く機会があったら、ぜひ感想を聞かせて下さい。
よろしくお願いします。
Commented by kaz-shin at 2008-01-26 04:39
まつのすけさん、コメントありがとうございます。
テリー&フランシスコは未聴ですが、良いという噂は耳にしています。
機会があれば聴いてみようと思ってました。

このアルバムで大西亜里さんの歌声に初めて触れましたが、なかなか良い声ですね。
大西さんも機会があれば聴いてみようかと思っています。
最近のJ-POP関連には疎いので、まつのすけさんの情報は本当にありがたいです。
ありがとうございます。
Commented by kaz-shin at 2008-01-26 04:53
Kenny Uさん、今回も沢山のコメントありがとうございます。
そしてTBありがとうございます。
実はこのアルバムをBOOK OFFで見つけた時、"二村敦志"という名前を
どこかで見たような気がずっとしていたんです。だから余計に気になったのですが・・・。
今回やっと分かりました。Kenny Uさんの記事で名前を見ていたんですよ。
そうなるとある意味Kenny Uさんがきっかけで購入したアルバムということになります(笑)
ありがとうございます!
ライブではAORの定番曲を歌っていたんですね。1度聴いてみたいです。
Commented by xou at 2008-05-14 01:04 x
聞いて下さって有難うございます。
と、メンバーからもコメントが付くのがインターネットの面白いところ(笑)。
たまたま、見つけました。
Commented by kaz-shin at 2008-05-18 00:52
xouさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
こんな拙いブログでも過去にミュージシャンやアーティストご本人から
コメントを頂戴することがあって、本当に驚いてしまいます。
好き勝手なことを書いているので、コメントを頂戴すると何故か緊張が走ります(笑)
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2008-05-24 21:11 x
今月の初旬眼の前で生声を聴く事ができました。帰宅途中なんか公園が騒がしいなぁと思って入っていったら地元の音楽祭で二村さんがゲストの一人だったようです。と言っても私が観た時はもうオリジナル曲を歌い終わっててしまった後その日のオーラスで(涙)二村さんが選曲したと言うシュガーベイブの歌を(すいません曲目失念しました)その日のステージにたった皆で歌ったのしか聴けませんでした。でも良い歌声の人ですね。確かにAOR向きだなと思いました。ふっくらとして穏やかそうな人柄の方でした。シュガーベイブの曲選ぶなんてお前何歳だよとステージの他の歌手の人に突っ込まれてましたよ(笑)その日はあいにくのどしゃ降りの日で我々観客は傘さしているにも関わらずずぶ濡れになりながら聴いたのですが一曲だけでも聴いた価値があったと嬉しい気持ちで帰宅の途につく事ができました。歳が私と本当に近い人だけにこれからの音楽界あまり明るい光は見えない現状ですが頑張って欲しいなぁと思いました。
Commented by kaz-shin at 2008-05-25 16:47
哲学者になりたい猫さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
何も知らずに『AOR』というタイトルに惹かれて買った1枚でしたが、想像以上に良かったアルバムです。
おそらく今の時代において売れるタイプの作品ではないと思うのですが、二村さんのようなアーティストが
注目されるような環境が戻ってくると嬉しいです。
Commented by 通りすがりの某さん at 2008-06-11 22:23 x
記事と少しずれてしまって申し訳ないですが、今月の4日に大西亜里さんのアルバムがリリースされました。
もしお買いに聴かれたら、記事として紹介していただけないでしょうか。
Commented by kaz-shin at 2008-06-13 00:18
通りすがりの某さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
恥ずかしながら、大西さんの存在、歌声はこのアルバムで初めて知りました。
アルバムもリリースされていたんですね。聴いてみたい気持ちはありますので、機会があれば聴いてみたいと思います。
情報ありがとうございました。
<< 増尾 好秋_Sunshine ... ページトップ 中原 めいこ_Happy bi... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon