Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
河合 夕子_フジヤマ・パラダイス ◇ 2008年 03月 18日
e0081370_2047171.jpg 

現在では廃盤となって入手困難なタイトルをリクエストによって復刻するという、Sony Music Shopのサービス「オーダーメイドファクトリー(OMF)」(コチラ)で、明日3月18日に発売(予約数のみの販売)されるのが1982年にリリースされたシンガー・ソングライター、河合 夕子の2ndアルバム『フジヤマ・パラダイス』です。1日早く到着しました。早速聴きながら記事を書いているのですが、いやはや懐かしいですね~。とにかくキャッチーな曲ばかりで、歌謡曲とPOPの融合といった感じが聴きやすくて本当に楽しい気分にしてくれます。

河合 夕子は、高校在学中の1976年に「第1回ホリプロ・タレントスカウトキャラバン」に出場。この時にグランプリを獲得したのが榊原 郁恵でした。この大会には確か荒木 由美子も出場してましたね。この大会に出たことがきっかけでホリプロに所属し、4年の下積みを経て1981年にデビューしました。小さな頃からピアノや声楽を学んできたようで、歌もソングライティングにおいても実にしっかりしています。特に類稀なるポップ・センスは素晴らしく、変に堅苦しくなくてPOPS好きばかりでなく、歌謡曲が好きだった人にもすんなり受け入れられたんだと思います。

本当は1stアルバム『リトル・トウキョウ』(1981年)も聴きたかったんですよね。どうも1992年にCD化されていたようなんですが、ちっともそんな事には気付かず既に廃盤状態になってしまいました。いつかOMFでリクエストを募ってくれるのを気長に待つ事にします。とりあえず、この2ndが聴けるだけで、かなりご機嫌でございます(笑)
今回の復刻に際して、ご本人のお礼のコメントが載っているのと、ボーナス・トラックが2曲追加されているのも嬉しい限りです。

収録曲は全部で12曲。作詞は全て河合 夕子と売野 雅勇との共作です。おそらく原案を河合 夕子が書いて、それを売野 雅勇が手直したスタイルだと思います。作曲は全曲河合 夕子です。アレンジは全曲水谷 公生で、全曲のコーラス・アレンジを町支 寛二が手掛けています。参加しているミュージシャンは、菊池 丈夫(ds)、森谷 順(ds)、ロバート・ブリル(ds)、岡沢 茂(b)、水谷 公生(g)、町支 寛二(g)、中西 康晴(key)、佐藤 準(key)、町支 寛二(all chorus)という顔触れで、まるで初期の浜田 省吾を思い出させますね。

『河合 夕子 / フジヤマ・パラダイス』
01. タイトル・スーパー・マーケット
02. 東洋微笑
03. ヨコハマ・エナジー
04. 蝶々夫人のララバイ
05. フジヤマ・パラダイス
06. ハリウッド・ラバーボール
07. 太陽の下のラスト・ワルツ
08. セ・シャボン・クロック
09. ラスト・キャンドル
10. 上海慕情exotica
Bonus Tracks
11. スターライト・エアポート・ブルース (アルバム未収録曲)
12. フジヤマ・パラダイス (Single Version)

今回は届いたばかりなのでまだ聴き込んでいません。曲毎のレビューは機会を見て、「Part.2」という形で紹介したいなと思います。ご容赦下さい。
全体的な印象はとにかくキャッチーなメロディーが揃っているということですね。どこか歌謡曲風なテイストもあり、70年代の歌謡曲の良い部分をしっかり吸収した楽曲作りが素晴らしいと思います。私と同年代の方なら、この面白さを理解してくれると思います。
ポップス志向の強いソングライターとしては、中原 めいこに通じるものがあるかも知れません。それにしても70年代半ばにユーミンが登場して以来、素晴らしい女性シンガー・ソングライターが沢山出ましたね。尾崎 亜美、八神 純子、渡辺 真知子、中島 みゆき等・・・、本当に大好きなアーティストばかりです。それぞれに色がちゃんとあって、聴いていて本当に楽しい時代だったなと思います。

河合 夕子は現在でもスタジオ・セッションのコーラス要員として、またヴォイス・トレーナーとして現役で活躍されているようです。HPを見たら今の方が綺麗になっていて魅力的に見えました。(HPはコチラ)
機会があったら新しいアルバムを聴いてみたい気がします。コーラスの仕事ばかりで、折角の作曲センスが埋もれてしまうのは勿体無いですから・・・。
[PR]
by kaz-shin | 2008-03-18 00:02 | J-POP | Trackback(1) | Comments(19) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/7539665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 無駄遣いな日々 at 2008-03-21 00:27
タイトル : 河合夕子 / フジヤマ・パラダイス
到着日  2008年3月17日 購入場所 オーダーメイドファクトリー 購入価格 1CD送料別¥3,150 備  考 オリジナル1982年、ボートラ付 キーボードの上に小さい東京タワーを乗せて歌っていたのが印象な河合夕子のセカンド「フジヤマ・パラダイス」がソニー・ミュージック・ストア内のオーダーメイドファクトリーでめでたく再発された。1992年以来ですから16年振り復刻なんですね。 80年代の良質なポップス・アルバムに仕上がっております。アレンジが水谷公生でコーラス・アレンジが町支寛二...... more
Commented by kotaro at 2008-03-18 02:31 x
これは名盤ですね。
見て、聴いて、踊って楽しめそうな河合夕子の世界です。

この人がホリプロタレントスカウトキャラバン1期生というのも、知る人ぞ知る話。
でも近年の活躍はまったく存じていませんでした。
云われるように、いまはとてもいい豊かな表情をされていますね。

ダウンロードの時代なら、このジャケットのスマイルはわからない。
80年代ならではの素敵な宝物の1枚だと思います。
Commented by 猫になりたい哲学者 at 2008-03-18 17:19 x
kaz-shinさん相当嬉しいんだろうなぁというのが分りますよね、まだ届いたばかりなのにレビュー記事なんて(笑)昨年ご本人がHPでCD復刻要望のメールが多いけど私に言われてもどうする事もできない…と困惑のコメント出してたので本当に良かったですよね今回は。今回目標達成が早かったですから、1stが出てくるのも時間の問題だと思ってます資本の論理では。(私も買い損ねていたので期待してます、同シリーズで出てた大滝裕子さんは買ってたのになぁ…、大滝裕子さんは予想大通り達成しましたね)本当にこの時期は音楽界は世間よりも一足早く女性の時代が到来しましたよねぇ。そしてただ単にアーティストというだけでなく、他人(主にアイドル)に曲を提供できる作家やPDとしての力量を持っていた人が多かったですもんね。これだけ様々な職業作曲家とアーティストが出てきてこの先どんなに素晴らしい音楽と自分は巡り合う事が出来るんだろう…って本当に思ってましたよ。今離婚やその後のパフォーマンスで騒がせている落語家の娘さんも80年代には期待される女性歌手でありアーティストの一人でしたよ、子供の私には(彼女は少女隊でいい仕事を残してくれました)
Commented by 猫になりたい哲学者 at 2008-03-18 17:20 x
このCDに関してはレビュ2nd Seasonがあるというので(と念押しのリクエストを…と(笑))期待しながら余談を一つ。河合さんがTVで歌ってるのを観た記憶は私には一回だけでなんですが、それは「ドリフ大爆笑」の歌のコーナーに出てきて彼女が歌ったんですよね。(いかにも歌番組全盛で何でもありの80年代の話ですよね)この眼鏡姿と奇抜なタイトルの歌に周りは「何だコイツは」の反応だったのに対し、さすが『Dr.スランプ アラレちゃん』を幼少期にしっかり受け取っていた私だけは当時から綺麗な人だなぁと思いました。kaz-shin さん達の世代と違って私の世代には「眼鏡っ娘萌え」の属性が生まれながらにあったようです(爆)すいませんkaz-shin さんにはあまり聞いた事無い用語使って品格高いこのブログに合わない馬鹿なことを…)
Commented by hisa at 2008-03-18 22:44 x
この人も聞かず嫌いでした。作曲をやっていたのは知っていましたが、ホリプロタレントキャラバン出身と言うことで・・。このメンバーがバッキングとは知りませんでした。町支寛二のコーラスアレンジは是非とも聞いてみたいですが、入手不可能ですね。OMFは南沙織を買いまくって以来あまり見ていませんでしたがちょっとのぞいてみました。まめにみないといけないですね。
Commented by Chick Jarrett at 2008-03-19 00:53 x
kaz-shinさーん、買ってからじゃなくて、買う前に教えてよー。(^^;;
「フジヤマ・パラダイス」買い損なっちゃいました。
1stのCDは愛聴盤。
「もう13年程前のアルバムですが(中略)今聞いてもサウンドはとてもポップに感じられると思います」(1992年8月、河合夕子)とある。
自信作。名盤。
Commented by kadomania at 2008-03-19 04:56 x
kazさん、こんばんは、kadoです。河合さんは名前しか存じ上げませんで、楽曲に関してはまったく無知でございます。万が一、手にする機会があれば、是非ここを開きながらまた聴けると良いなと思います。(過去にもそういうアルバムが一杯です・笑)

ただ、河合さんのことも知らずにここにコメントさせて頂いたのは、ご紹介されていたSONY MUSICのサイトです。初めて拝見しましたが、これはたまらんですね。地道に見ている事が必要かも知れませんが、こういったサイトがあるって素晴らしいです。さらにじっくり見てから、いずれまたコメントさせてもらいますが、藤原理恵さんまで復刻しているのには本当に驚きました。

僕が心酔している荒木真樹彦氏がプロデュースしているアーティストでしたので(ヴォーカランドの後のRIE SCRAMBLEです)、好きな方だったのですが、初期の音源はまったくなかったのでびっくりです。アンコールプレスも終了しているみたいですが(泣)、他のアーティストも含めてどんどんリクエストしていきたいと思いましたです、はい・笑

ご紹介ありがとうございます。


・・・
Commented by kaz-shin at 2008-03-20 08:15
kotaroさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
河合さんは、カーリーヘアと丸めがねというところアイドル系とは違う路線だというのを打ち出していたのかも知れませんね。
本人に意思なのか、ホリプロの戦略なのかは不明ですが・・・。
ただ、今になって思えば普通で良かったんでは?と思います。これだけの曲が書けて、歌えたんですから。

記憶が確かでは無いのですが、たのきんの番組(バラエティ)なんかにも出演していたように思います。
純粋に歌だけで勝負できたと思うのですけど、販売戦略だったんでしょうね。

このアルバムには80年代特有のキラキラした感じが一杯詰っていて、聴いていると楽しくなってきます(笑)
Commented by kaz-shin at 2008-03-20 08:24
猫になりたい哲学者さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
OMFは月に2~3度はチェックしておきたいところですね。
リクエストしていた堀川まゆみさんの1stは復刻されませんでしたが、
河合さんと大滝さんのアルバムの復刻は実現しましたので、かなり喜んでおります。
このOMFを知ったのは、大野雄二さんの1stソロをCDで聴きたいなと思って検索して辿り着きました。
復刻も実現しまして、これが1番嬉しかったですね。

河合さんは確かに当時流行ってたアラレちゃんのイメージかも知れません。
曲自体がすごくPOPで元気の出る曲が多いですからね。
ぜひとも1stや3rdも復刻して欲しいですし、音楽活動も再会するような泰葉さんの
アルバムも復刻(ベスト盤はリリースされてますが)して欲しいと願ってます(笑)

レビュー記事はいずれ絶対に書きますので、ご期待下さい。
Commented by kaz-shin at 2008-03-20 08:34
hisaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
確か1stアルバムでも町支さんが関わっていたと思います。(プロデュースだったかな?)
バックのミュージシャンの顔触れや町支さんのコーラス・ワークは、それこそ
初期の浜田省吾さんのサウンドに近いですね。曲調は違いますが・・・。
とてもポップで歌謡曲チックでメロディアスな曲ばかりなんで、hisaさんも気に入ると思います。
機会があったら聴いてみて欲しいなと思います。

OMFは毎日見る必要な無いでしょうけど、月に2~3度はチェックしたいですね。
Commented by kaz-shin at 2008-03-20 08:39
Chick Jarrettさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
>買ってからじゃなくて、買う前に教えてよー。(^^;;
申し訳ありませんでした(笑)
実は以前より、OMFについてはきちんと紹介したいなと思っていたんですが、
ちょっとタイミング的に遅かったですね。反省しております。
でも1stのCDを持っておられるようで、私非常に羨ましいです。
これで相こということで・・・(笑)
Commented by kaz-shin at 2008-03-20 09:00
kadomaniaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
もっと早くにOMFについては紹介しようと思っていたんですね。
こういうサイトの存在が各レコード会社にもあれば最高だと思います。
確かにリクエストを募って、採算の採れる枚数の予約が入らないと復刻しないというのは
企業にとってもリスクは少ないでしょうし、合理的ですよね。
2ndステージで予約枚数が規定数に達しないで、涙を呑んだアルバムもありますが、
より多くの70年代~80年代の音楽ファンがこのサイトの存在を知ってくれたらと思います。

ちなみにアンコール・プレスで現在リクエストを募っている大野雄二さんの『Space Kid』はお薦めです。
音の良さ、楽曲の良さ等素晴らしいクオリティを誇るアルバムなので、ぜひ聴いてみて下さい。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-03-21 00:32
こんばんは〜。
僕もこのCD買いましたよ〜、素晴らしき80年代の音が好きですね。ファーストも是非とも再発してほしいです。

オーダーメイドファクトリーで買ったCDは紹介時には入手不可能となってしまうので、ちょっと心が傷みます。某オークションではプレミア付いてますからね。
堀川まゆみのCDが規定枚数達しなくてとても残念ですね。
Commented by kaz-shin at 2008-03-21 00:53
daisukeさん、こんばんは。コメントとTBありがとうございます。
毎日拝見していてdaisukeさんが購入していない訳が無いなと思ってましたが、
やはりしっかり購入されてましたね(笑)
他のレコード会社でもこういう企画やって欲しいですよね~。リスクは少ないし
好きな人にはたまらない企画です。たまに悔しい思いもしますが、それでも結構OMFのおかげで
良い作品がCD化されたんで続けて欲しいシステムです。
今度は大滝裕子さんのアルバムが届くのが待ち遠しいです。
Commented by ギムリン at 2008-05-05 15:02 x
オーダーメードファクトリー、2ndステージ達成の勢いが良くわからないんですよね。
大滝裕子さんは、バックコーラスの実力から言っても復刻は当然だと思うのですが、上で書かれている大野さんも再延長が続いており、岩崎良美さんも再延長で苦戦しています。

八神純子さんが良美さんに曲を提供している『月夜にGOOD LUCK』は、試聴くらいつけてくれたらと、思ったりします。

下記サイト、「君の傍らの月」「Prologue」が純子作品です。
www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=DYCL-70
Commented by kaz-shin at 2008-05-06 21:51
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
オーダーメードファクトリーの2ndステージの場合、1stステージと違って投票=予約注文になりますから
1stステージみたいに気軽に投票出来ず躊躇する人が多いのかも知れませんね。
私は2ndステージでも結構投票しているので、全部が復刻してしまうとお財布の中身が心配ですが・・・。
仰るようにアルバムの曲が試聴出来ると、予約数も変わってくるかも知れませんね。
Commented by DNA at 2011-10-16 23:44 x
彼女ももう少し長く自身の歌手活動をしてくれれば良かったのですが・・・。
近年もレコーディングのアドバイザーや中川翔子のアルバムでも名前が出てますね。

私はオリジナルの’82年当時のCDも持っていますが、
ノンストップになってるところがちゃんと分けられているのが良かったです。
(というかそこまで処理してくれてたのにビックリ)
普通はそっくりそのまま復刻すると思いますが。

このアルバムの欄に書いておきながら、1番好きなアルバムは「不眠症候群」なんですよね。
オリエンタルな感じがサイコーです。
浜田省吾などではバンド系アレンジャーな水谷公生ですが、
女性シンガーやアイドルでは対称的なほどポップなアレンジを施してますね。

ちなみに、河合夕子のデビュー曲「東京チークガール」のイントロって
同じホリプロの堀ちえみのアルバム曲「思いっきりにダイビング」、
同じホリプロの能瀬慶子のアルバム曲「ほほえみプレリュード」
と激似。(編曲はそれぞれ別の人)
同じ事務所だからでしょうか。(謎)

お蔵入りのアルバムとかあったら是非出してほしいです。
Commented by kotaro at 2011-10-18 02:06 x
ここの管理人氏は、もともとロック&クロスオーバー、フュージョン系の人ですから、そんなに元アイドル周辺のマニアさんではないと思います。
松本伊代を聴け、南野陽子も良いよ、というのでも、最初はずいぶん時間をかけて、八神純子や渡辺真知子の話題くらいから、入って行ったと思います。
河合夕子と金井夕子あたりは、今でも相当なマニアックな話題ではないでしょうか。
面白い路線でいくなら、mannaとか、90年代になりますが、木下詩野なんかは、どうでしょうか。
Commented by kaz-shin at 2011-10-22 23:36
DNAさん、コメントありがとうございます。
私個人的には、80年代だから活躍できたアーティストだという気がしています。
もし当時から裏方に専念していたら、彼女はソング・ライターとしての才能をもっと伸ばしていたんじゃないかなとも思えるんですよね。
今はヴォイス・トレーナーとして活躍されているようで、頑張っているのが嬉しい限りです。
Commented by kaz-shin at 2011-10-22 23:42
kotaroさん、コメントありがとうございます。
確かに仰る通りです(笑)
アイドル系は70年代までは結構聴いてましたが、80年代以降のアイドル系のアルバムの大半は、このブログを始めてから皆さんに教えて頂いたものです。
本来ならば偉そうに記事を書ける程の知識を持ってはおりませんが、このアルバム、曲は良いよということを伝えたいので書いているといったところです。
まだまだ知らないことが多いので、色々聴いていきたいと思います。
<< PC買い換えることにしました! ページトップ BOSSANOVA CASSA... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon