Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
鈴木 聖美_Cotton ◇ 2008年 12月 01日
e0081370_21341650.jpg 

今回紹介するのは、1987年に34歳でデビューを飾った鈴木 聖美の2ndアルバム『Cotton』(1988年)です。私の年代であれば鈴木 雅之の実姉であることは周知の通りですね。鈴木 雅之がシャネルズ時代のライブで"おねーちゃんコーナー"を作って、まだアマチュアだった鈴木 聖美に歌わせていたという話も有名でした。アマチュアの時にシャネルズ+1として「もしかしてI LOVE YOU」(1980年)にリリースしています。

1stアルバム『WOMAN』は、「シンデレラリバティー」、デュエット曲の定番「ロンリー・チャップリン」、「TAXI」等が収録されており大ヒットしました。しかし、正式には"鈴木 聖美 with RATS & STAR"名義でしたので、この『Cotton』が実質的な最初のソロ・アルバムと言えるかも知れませんね。
1stアルバムに比べるとインパクトに欠ける気もしますが、リラックス・ムードのヴォーカルがしつこくなくてとても聴き易いですし、大人のシンガーを感じさせてくれます。曲を提供しているのも、織田 哲郎、Nobody、野田 晴稔、村松 邦夫、奈良部 匠平、西村 麻聡、鈴木 雅之という渋いアーティストや作家陣です。

『鈴木 聖美 / Cotton』
01. Sunday Morning
02. ファンタジー
03. 夜明けのスターライト
04. TELL ME
05. 午前0時のYES
06. 近頃の男
07. TRUTH
08. 彼女たちは止まらない
09. You are my dream
10. WHY?

夜の曲のイメージが強い楽曲の多い鈴木 聖美ですが、この01は爽やかな朝の曲です。正直言うと「TAXI」とか「ロンリー・チャップリン」は個人的に好きな曲ではありません。ある時この曲をラジオか何かで聴いて、この曲は良いなと思いアルバムを買ってみようと思ったんですね。織田 哲郎の作曲です。

キャッチーなメロディーが印象的なポップ・ロック調ナンバー02。作曲はNobodyなんですが、いかにも彼等らしい曲です。ハーモニー・ヴォーカルとしてクレジットされているChappeeの歌声と角田 順、村松 邦夫のツイン・ギターがなかなか良いです。

弟・鈴木 雅之とのデュエット・ナンバー03。野田 晴稔の作曲によるAORチックなバラード曲で、「ロンリー・チャップリン」よりもはるかに好きな曲です(笑) 洒落たリズム・アレンジは伊藤 銀次です。

打ち込みのグルーヴが妙に心地良いFUNKYなナンバー04。村松 邦夫の作曲、奈良部 匠平のアレンジなんですが、ダンサブルでありながらメロディーはとてもキャッチーです。沢井 原兒の熱いサックスが印象に残ります。

鈴木 聖美らしい真夜中ソング05。奈良部 匠平の作・編曲によるバラード・ナンバーで、鈴木 聖美らしい曲と言える曲だと思います。青山 純、伊藤 広規のリズム隊に松下 誠がギターで参加しています。

打ち込みによるビートに軽妙な村松 邦夫のギターが絡むグルーヴィーなナンバー06。野田 晴稔の作曲、奈良部 匠平のアレンジです。ソウルフルな鈴木 聖美のヴォーカルとメロディーが絶妙にマッチしている曲で、お気に入りの1曲になっています。

鈴木 雅之の作曲、奈良部 匠平のアレンジによるバラード曲07。アレンジは打ち込みですがAOR路線を意識していて洒落ています。こういうAOR、CITY POP路線の曲調に松下 誠のギターはよく似合いますね。

FENCE OF DEFENSEの西村 麻聡の作・編曲による08。いかにも西村 麻聡らしいロック調のアレンジに鈴木 聖美のヴォーカルというのが新鮮です。大好きな曲のひとつなんですが、何と言っても同じFENCE OF DEFENSEの北島 健二のハードなギターが最高です。

素晴らしいファルセット・ヴォイスの持ち主であるSilky(Silky藤野)とのデュエット・ナンバー09。アルバム中最もソウルフルなナンバーかも知れません。野田 晴稔の作曲、村松 邦夫のアレンジです。やはりSilkyのファルセット・ヴォイスの迫力に圧倒されます。

HIP HOP風なイントロで始まるノリの良いナンバー10。鈴木 雅之の作曲、奈良部 匠平のアレンジです。鈴木 雅之はコーラス、ラップに大活躍です。伊藤 広規のスラップ、八木 のぶおのハーモニカ、カッティングの名手・土方 隆行のギターなど聴き所が沢山あります。

実を言うとこのアルバム、随分長いこと聴いてませんでした。
どうしても鈴木 聖美のヴォーカルがクドイというイメージがあったのかも知れません。ふと本当に久しぶりに聴きましたが、このアルバムではクドサはほとんど感じませんでした。割とあっさりめという感じで、とても聴き易いです。インパクトの強さはありませんが、曲も結構良いです。"こんなに良かったっけ?"という感じです(笑)
今度はドライブしながら聴いてみようかなと思っています。
[PR]
by kaz-shin | 2008-12-01 00:03 | J-POP | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/9106585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヨロレイヒー at 2008-12-01 01:24 x
ファーストアルバムは持っています。
すごくキャッチーと言うか力の入ったアルバムでした。
kaz-shinさんの言う通り、
なんとなくクドイ感じがして、
本当に聴きたいと思わない限り手が伸びない歌手の一人なんです。
従ってセカンドのこのアルバムも未入手…
他に持っているのがレコード会社移籍後の聖歌だけです。
何故持ってるのか今の自分ではわかりません。
以前にも書きましたが、
買って一度も聴いて無いCDの一枚です。
参加アーティストの一人で村松 邦夫さんがいますね。
二十数年前に岡田奈々さん出演のCМに使われてた曲で、
ずっと探し続けていた曲がありました。
それが村松さんのサンライズ・ツイストと言う曲です。
その曲が入っているCDを半年前に購入しました。
探していた曲を久しぶりに聴くとこんな感じだったっけと
肩透かしに思う曲もありましたが、
この曲は◎でヘビロテで聴きまくったものです。
セカンドも少し興味が湧きました。
ヤフオクで購入してみようかな…
Commented by kaz-shin at 2008-12-02 23:51
ヨロレイヒーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
実は1stと今回紹介した2ndの2枚しか所有していません。
しかも久しぶりに1stも聴きたくなって探したんですが見当たらず・・・。
年に数枚のCDが行方不明になります(笑)

村松さんのアルバムはアナログ盤を2枚程持っていますが、内容は
ほとんど憶えていません。
今も実家の押入れの中に眠ったままなので、正月に実家へ帰ったら持って帰って、聴いてみようと思います。
結構好きな曲はあったという記憶がありますので。

聖美さんのCDは結構BOOK OFFでも格安で見かけますので、
お近くにBOOK OFFがあれば探してみては如何でしょう。
このアルバムは聴けば聴くほど味が出てくる感じで良いですよ。
<< 早見 優_GET DOWN! ページトップ STARDUST REVUE_... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon