Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
吉田 朋代_White magic ◇ 2009年 02月 18日
e0081370_2346342.jpg 

今週は出張が続くので、記事をUP出来る時に書いておこうと思います。内容を吟味せずに書きますので、誤字や表現のおかしなところはご容赦下さい(毎度のことですけど・・・汗)。
昨日は長岡、今日は新潟と1泊の出張だったのですが、これがまた大雪でして・・・。寒いですし、雪道を歩くのに慣れていないし、靴は普通の革靴だったので疲れました(笑)

さて、今回紹介するのは、吉田 朋代の1994年のデビュー・アルバム『White magic』です。吉田 朋代という同姓同名のシンガー・ソングライターやチェンバロ奏者もいらっしゃるようで、非常にややこしいのですが、私の紹介する吉田 朋代は、角松 敏生のプロデュースの『VOCALAND 2~Male,Female & Mellow~』に参加、現在は林 哲司、チープ広石と共にGRUNIONで活動しているシンガーです。
このアルバムがリリースされた当時は、彼女のことは全く知りませんでしたね。彼女の存在を知ったのは『VOCALAND 2』が最初でした。そこから興味を持ち、中古店でこのアルバムを見つけ購入したという完全な後追いです。

何となく抵抗感のあったジャケット(どことなく時代外れのアイドルっぽい感じ)でしたが、歌の上手さを既に知っていたので、思い切って購入。ジャケットとは裏腹に曲はどれも良い感じで、デビュー盤にも関わらず、素晴らしい歌声を聴かせてくれています。
まず驚いたのは作家陣、全11曲中8曲の詞を書いているのがNSPの故・天野 滋だということ。作曲陣は井上 ヨシマサ、羽田 一郎、都志見 隆、上田 知華等。基本的には打ち込みで、ギターと管楽器は生という形のサウンド構成になっています。打ち込みもチープに思える部分もありますが、全体的には嫌味が無く聴き易いのが特徴と言えるでしょう。

『吉田 朋代 / White magic』
01. 誰にもナイショ
02. 波打ち際タメイキ
03. いつでもガールフレンド
04. Tearful Sensation - 悲しいできごと -
05. ふりそそぐ光の中で
06. なないろに輝いて
07. まぶしい瞳
08. シグナル変われば
09. LAST MESSAGE
10. 君に逢いたい
11. HEY BOY!

イカ天出身バンド・RABBITの野下 俊哉のハードなギター・ソロで始まる01。ロック調の曲と思いきや、メロディーはアイドルチックそのもののキャッチーなナンバーです。作曲も野下 俊哉です。中間部でラップ調の台詞が入るあたりも何ともアイドルっぽいです。でも良い曲ですよ。吉田 朋代のヴォーカル、コーラスも溌剌としています。

夏向きのポップ・チューン02。個人的には打ち込みで夏っぽい雰囲気を作るのは難しいと思っているのですが、角田 順のギターが加わっていることで雰囲気を出してます。基本的にコーラスは吉田 朋代の多重録音なんですが、これがまた良い感じです。シンガーとしての才能を感じさせますね。

作曲の羽田 一郎がギターで参加している珍しい03。ガールズ・ポップ路線の明るくキャッチーなナンバーです。歌声を若干幼げにしているのも曲調に似合っています。貴島 サリオのコーラスがフィーチャーされており、吉田 朋代のヴォーカルとの相性もばっちりです。

CITY POP調ナンバー04。都会的でCOOLなイメージの曲です。AMAZONSのコーラス、古村 敏比古のサックス・ソロがフィーチャーされています。この曲も羽田 一郎の作曲、ギターなんですが、結構良いギターを弾きますね。

夏の昼下がりのひととき、まったりとした気分で聴きたいバラード・ナンバー05。オーソドックスとも言えるバラードですが、打ち込みのアレンジにしつこさが無く、ヴォーカルともよくマッチしていて心地良く聴けます。

初期のEPOのサウンドを彷彿させるポップなナンバー06。そう言えば吉田 朋代の好きなアーティストにEPOの名前が挙がっていましたっけ。EPOが歌っても似合いそうなメロディーとアレンジに仕上がっています。終盤の鈴川 真樹のギター・ソロも良いです。

デビュー・シングルのアルバム・バージョン07。典型的なガールズ・ポップ風ナンバーです。キャッチーなサビのメロディーが耳に残ります。何回か聴いていると、つい口遊んでしまうような曲です。吉田 朋代のコーラス・ワークも見事です。

CITY POP風な08。決してインパクトが強いという訳ではないのですが、つい繰り返し聴きたくなってしまう曲で、個人的には大好きな曲になっています。夜のドライブ向きの曲だと思います。松本 晃彦のアレンジが絶妙です。

リズムを効かせたロック調のミディアム・ナンバー09。今 剛のギターなんですが、いつもの今 剛とは一味違うカッティングやソロが聴けます。雰囲気的には渡辺 美里っぽい感じでしょうか・・・。

しっとりとしたバラード・ナンバー10。Aメロ→Bメロ→サビへと徐々に盛り上がっていきます。コーラス(英語の台詞)でEVE、今 剛(g)、青山 純(ds)が参加しています。

軽快なポップ・ナンバー11。この曲もどちらかと言えばアイドルチックなナンバーでしょう。吉田 朋代の歌声もアイドルっぽく聴こえるのが不思議です。とてもキャッチーなナンバーですね。

全体的によく纏まっていて、捨て曲無しの良いアルバムだと思います。春先から夏にかけて、まさにこれからの季節にピッタリで、特にドライブしながら聴くのがお似合いだと思います。
残念なのはジャケット写真くらいでしょうか(笑) 決して悪いとは思わないのですが、センスが良いとも思えない・・・ですよね?
15年前のアルバムですが、今聴いても古臭さは感じません。ガールズ・ポップ系が好きな方でしたら気に入ると思いますよ。たまにBOOK OFFでも安く売られているのを見かけますので、興味があれば聴いてみて下さい。

明日から上州地方へ出張となります。頂戴したコメントのレスが週末になってしまうかも知れませんがご容赦下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2009-02-18 01:18 | J-POP | Trackback | Comments(25) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/9636505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Sugar Time at 2009-02-18 23:11 x
こんばんは!
出張お疲れ様です。

この方、気になってたんですよ。
まず、ジャケに惹かれて(笑)、ネットで調べてみたら意外に悪くなさそうで(一部、別人のを見ていた可能性もありますが)。

ただ、やっぱりアイドルっぽい感じなのが引っかかり、購入に踏み切れなかったのですが、決心がつきました。
けど、どこのBOOK OFFで見たのやら・・・^_^;
Commented by Thunderer at 2009-02-20 01:49 x
こんばんは。ちょっとごぶさたでした。
(見てはいたんですけどコメント書ける記事がなくって・・・笑)
天野 滋さんって、NSP休眠中(正式に解散宣言してなかった
と思うのですが・・・)にこんなところで仕事してたんですね。
知らなかった。
天野 滋さんの歌詞って結構好きなのが多いので(ただし知って
いるのはNSPの曲だけ)気になります。
でも、どっかで売っているかな~?

追伸)出張大変ですね。別の記事で体調が思わしくないような
記事を見受けましたが、お体のほうはもう大丈夫なんですか?
あまり無理なさらずにご自愛くださいませ。。。
Commented by kaz-shin at 2009-02-20 23:33
Sugar Timeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今週は新潟、群馬への出張でしたが、雪に降られて参りました(笑)
普段以上に疲れました・・・。

吉田さんは角松 敏生が絡んだシングル盤は何枚か持っていて、前から
気になっていたんですが、このジャケットに躊躇してました。
ですが、内容は本当に良いですよ。ぜひ聴いてみて下さい。
Commented by kaz-shin at 2009-02-20 23:38
Thundererさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
天野 滋さんが女性アーティスト、しかもPOP路線の曲の歌詞を書いているとは少々驚きました。
NSP時代の音楽をどうしても想像してしまうので、意外な感じでしたがなかなか良い歌詞です。
気長に探せば見つかると思いますので、ぜひ聴いてみて下さい。

体調についてお気遣い頂き、ありがとうございます。
若いときは体力を気力でカバー出来ましたが、今は体力の衰えが気力さえ奪ってしまうようです(笑)
無理をしない程度に頑張ります。
Commented by こういち at 2009-02-21 20:49 x
はじめまして。こんばんは、こういちです。
吉田朋代さんを最初に知ったのは、このアルバムではなく角松敏生さんのプロデュースで知りました。このアルバムは、松本晃彦さんのアレンジが好きでしたね。松本さんがかつて参加されていた作品を集めてます。あとは、参加ミュージシャンにマニピュレーター(プログラミング)が参加されていること。キーボードとマニピュレーターの2人3脚がすきなんです。とくに松本さんのアレンジは、当時マニピュレーターを担当された大竹さんという方が作り出す音色がすきなんです。松本・大竹コンビが好きでした。とくにストリングス。リアル(生っぽい)ストリングスのサウンドと打ち込みリズムの融合が好きでしたね。この大竹さんという方は、杉山卓夫さんや井上ヨシマサさんも担当されてました。最近は、活躍されてますかね。あとは、肝心の名うてミュージシャンですね。AMAZONSは、今でも活躍されてますよね。最近かな、松崎しげるさんの曲にAMAZONSが参加されているというのもびっくりしましたね。

どんな若手のアーティストでも、ミュージシャン(特に何曲目に参加とか)が載ってないと駄目ですね。
Commented by kaz-shin at 2009-02-22 01:30
こういちさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
吉田さんを知った経緯は、私もこういちさんと全く一緒で、角松さん絡みでした。
最初は角松さんプロデュース作品のイメージと、このアルバムのジャケット写真のイメージが結び付かずに購入を躊躇していました。
でも購入して正解でした。今では角松さんプロデュース期よりも好きかも知れません(笑)

私もそうですが、マニピュレーターについてあまり語られませんよね。
ある意味ではサウンド・メイキングの要とも言える重要な仕事なんですけどね。
どうしてもアレンジャーに注目しがちですよね。
そのアレンジャーの求める音を作り出すという素晴らしい仕事だと思います。
今後は私もマニピュレーターに注目してみようと思います。

>どんな若手のアーティストでも、ミュージシャン(特に何曲目に参加とか)が載ってないと駄目ですね。
同感です。ぜひとも曲毎に参加ミュージシャンを載せて欲しいです。
これって聴く音楽の幅を広げるのに大切なファクターだと私は思っているのですが、どうでしょう?
Commented by こういち at 2009-02-22 17:29 x
コメントありがとうございます。

全然知らない無名なアーティストでも、参加ミュージシャンが知っている方達だと得しますね。
Commented by まこっつぁん at 2009-02-22 21:18 x
こんにちは、ご無沙汰しています。
いつも楽しく読ませていただいています。

吉田朋代さんは全然知らないアーティストでしたので、
アマゾン(熱帯雨林の木の根元)でポニキャン時代の3枚を
大人買いしてきました。

1994~はほとんどJ-POPを聴いていない時代ですので、
新鮮でしたね。

話題のジャケットの厚底すにーかーが「スケッチャーズ」なら
先取りで今でも人気があるみたいですね。

それと、このアルバムにキーマンはプロデューサの
平賀和人さん(N.S.P.のベーシスト)かな?

広瀬香美さんや大黒摩季さんが人気の時代、
女性ボーカルで支持されるのは大変だったかも。

でも、僕の中での女性ボーカリストベスト3にランクイン!
2ndアルバム「DIAMOND EXPRESS」がカーステで
ヘビーローテーション中で~す!

ご紹介、ありがとうございました。
Commented by Sugar Time at 2009-02-22 23:55 x
本日、吉田さんのCDを入手しました!
ただし、見つけたのは「DIAMOND EXPRESS」です。1stとジャケのイメージが全っ然違いますが2ndアルバムなんですね(笑)
まだ、聴き始めたばかりですが、声もいいし、歌上手いし、ノリもいいし、気に入りそうです。

段階的に値下げして250円になっており、「ディスクに傷あり 表示価格より200円引き」のシールがあったものの、あわせ技はないだろう、と思っていたら、あっさり値引きされなんと50円で買えてしまいました!
Commented by kaz-shin at 2009-02-23 01:20
こういちさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
知らないアーティストでも好きなミュージシャンや腕利きのミュージシャンが集まっていると安心して聴けますよね。
私もクレジット買いで様々なアーティストに出会うことが出来ました。
Commented by kaz-shin at 2009-02-23 01:35
まこっつぁんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
紹介したアーティストやアルバムを気に入ってもらえるのが1番嬉しいです(笑)
反面気に入って頂けてホッとしているのも事実です。
紹介した作品は私の好きなものばかりですが、あくまで私の感性なので紹介した後はいつも若干不安は残るのですよ。

「私も好きです。」とか「聴いてみたけど良かったです。」というコメントを頂戴すると本当に嬉しいですし、励みになります。

実は2nd『DIAMOND EXPRESS』は未聴なので、早速手に入れたいと思っています。
Commented by kaz-shin at 2009-02-23 01:43
Sugar Timeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
Sugar Timeさんも吉田さんを購入されましたか!
まこっつぁんさんのコメントのレスにも書きましたが。私はまだ2ndは未聴なんです。
どこかのBOOK OFFで見かけた記憶があって、今それがどこのBOOK OFFだったか必死で思い出そうとしています(笑)

それにしても50円とは羨ましい!
Commented by shiinomi at 2009-02-24 12:10 x
こんにちは。今回の吉田朋代さんについてのレビュー、
大変興味深く読ませて頂きました。
というのも、このアルバムのアレンジャーに松本晃彦さんがいらっしゃる
との事で、以前私が紹介させて頂いた崎谷健次郎さんと日芸時代に
“VIZION”というバンドを組まれていた方なんですよネ、、、(他、
有賀啓雄さん・茂野雅道さんですがご存知でしたらごめんなさい。)
本物は必ず残り、そしてどこかでリンクしているものなんですね、、、。
吉田さんのアルバム、是非聴いてみたいです♪


Commented by kaz-shin at 2009-02-24 23:42
shiinomiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
このアルバムで松本晃彦さんがアレンジを手掛けているのは、06、08、11の3曲です。
有賀さんと崎谷さんが同じバンドにいたんですか?知りませんでした。
仰るように今でも活躍されているアーティストやミュージシャンというのは
どこかで繋がっているんですね。面白いです。
吉田さんは非常に歌の上手い人です。
このデビュー・アルバムでも堂々とした歌いっぷりですし、曲もキャッチーで聴き易いですからぜひ聴いてみて下さい。
Commented by Thunderer at 2009-02-26 04:59 x
kaz-shinさん、こんばんは。
## かなり遅いResですけど。
## (ちょっと書こうか書くまいか迷ったけど書くことにします)
>天野 滋さんが女性アーティスト、
>しかもPOP路線の曲の歌詞を書いているとは少々驚きました。
他の人に提供しているのはびっくりでしたが、
POP路線の曲の歌詞っていうのは、ありえる話と思いました。
## って、まだこのCD入手できてないんですけど。
## なかなか見つからない。
##(見つかるときは簡単に見つかるものなので
## 気長にさがすつもりですが)
ご存知かもしれませんし、ご意見が異なるのかもしれませんが
NSPの活動休止前の何枚かのALBUMというか、
10周年超えてからのALBUMって
だんだんフォークっていうよりPOP調の曲が多くなっていくような
感じを私は受けていました。
さらには活動再開後の「P.S NSP」ってアレンジしなおした
ALBUMは
・・・昔のフォークってイメージじゃないでした。
Commented by kaz-shin at 2009-02-26 22:16
Thundererさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
正直に言いますと、私はNSPが全く駄目でした。
どうしても「夕暮れ時はさびしそう」のイメージが強過ぎて、満足に他の楽曲も知らないのです。
アマチュア時代はロックもやっていたという話も聞いてましたが、やはり湿っぽいフォークのイメージが離れませんでした(汗)
だから余計に女性アーティスト向けのPOPな歌詞を書いていることに驚いたんです。
Thundererさんもぜひ聴いてみて下さい。天野さんの書いた歌詞にどんな印象を持ったか、ぜひお聞きしたいです。
Commented by Thunderer at 2009-02-27 03:53 x
kaz-shinさん、こんばんは。
>「夕暮れ時はさびしそう」のイメージが強過ぎて
やっぱり。
って思ってしまいました。
(そういう点では書いておいてよかったかな)
私のまわりも、そのイメージで好き嫌いをいう人が多いです。
私は「夕暮れ時はさびしそう」は後追いで聞いてます。
もう少し後の曲ですごく好きな曲があって、古い曲へ戻った時に聞きました。(私は好きな曲の部類ですが)
でもその頃でも、すでにイメージが違うって思ってました。
私見ですが、NSPって初期、中期、後期、活動再開後の4期で
音楽がだいぶん変わっていると思います。
(私は中期くらいが好きな曲が一番多い。「夕暮れ時はさびしそう」は初期。)
で、初期のイメージで、女性アーティスト向けのPOPな歌詞はたしかに私にも想像つかないです。
・・・ということで、一度、お題のほうのAlbumを聞いてみてなにか書けたらと思います。
## そのためにはとっとこ手に入れなきゃ・・・。
## ま、来週あたりにBookoffとかGEOとかあちこち
## 回ってみます。
## Netでカードはまったく使いたくないんで
## 入手先が限定されちゃってまして。
Commented by kaz-shin at 2009-03-01 04:23
Thundererさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
実は私の友人がNSPの音源を送ってくれてまして、最近聴くようになりました。
ですから、最近は上で書いたようなイメージは持っていません(笑)
ただ、好きなタイプ音楽かと問われると・・・?なんですが・・・(汗)
でも決して悪いとは思いませんよ。これはもう好みの問題ですからね。
吉田さんのアルバムが見つかると良いですね。
天野さんの書いた詞に驚くと思いますよ。
Commented by Sugar Time at 2009-03-02 21:41 x
こんばんは
吉田さんの2ndアルバムここ数日聴いてますが、すごくいいです!
それに今聴いてもほんっと全然古くないところがプッ飛びもんです
(これきいちゃうと、中里あき子さんがちょっと古く感じてしまいます)。
教えていただきありがとうございました!!

あ、あまりのよさに思わず追加コメントしてしまっただけなので、レスはいいですよ(^-^)
Commented by kaz-shin at 2009-03-02 23:59
Sugar Timeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
実はつい先日、無事2ndも入手出来ました。
ちょうど私もここ2~3日毎日のように聴いてます。2ndも本当に良い出来ですね。
ぜひとも1stも聴いてみて下さい。2ndと甲乙付け難い良いアルバムですので・・・。
Commented by こういち at 2009-03-08 18:15 x
こんばんは。
>終盤の鈴川 直樹のギター・ソロも良いです。
これは、"鈴川直樹"ではなく、"鈴川真樹"さんなんです。歌詞カードでは、"鈴川直樹"となってました。そのギタリストの鈴川真樹さんのブログがあります。http://ameblo.jp/suzu-guitar/
ここ最近、"誰も知らないアーティスト"に凝ってますが、2つあります。まずは、近藤名奈さんという人のアルバム「N/S」(2nd)と「7/360」(1st)。これは、ミュージシャンがご存知の方ばかり。「7/360」は、岩崎文紀(やすのり)さんが全曲アレンジで、ギターに松下 誠さん、土方隆行さん、鳥山雄司さん、吉川忠英さん、ベースに長岡道夫さん、ドラムに江口信夫さん、山木秀夫さん、サックスに包国 充さん、トランペットに数原 晋さん、兼崎順一さん(元スペクトラム)、ハーモニカに八木のぶおさん、ストリングスに篠崎正嗣さんなどが参加されています。一方の「N/S」は、「7/360」に続き岩崎さんのアレンジで、今 剛さんや土方隆行さん、吉川忠英さん、美久月千晴さん、伊藤広規さん、江口信夫さん、青山 純さん、エリック宮城さん、数原 晋さんなどが参加しています。どちらも、捨て曲のないアルバム。耳に残るメロディです。
Commented by kaz-shin at 2009-03-09 20:21
こういちさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
鈴川真樹さんが正しいのですね。ご指摘ありがとうございました。
早速記事の方は訂正しておきました。
私には馴染みの無いギタリストさんだったので・・・。
でもこのアルバムでも素晴らしいギターを聴かせてくれますよね。

近藤名奈さんも良さそうですね!
特に岩崎文紀さんのアレンジというのが興味を惹きますね。
岩崎文紀さんは、岩崎元是さんのお兄さんでしたね。
早速メモさせていただいて、次回のBOOK OFF巡りの時に探してみます。
情報ありがとうございました。
Commented by Thunderer at 2009-05-09 03:47 x
kaz-shinさん、こんばんは。
このCDやっと入手できました。

で、いきなりびっくりしたのは、ジャケットが・・・。
外箱にいれるとこうなるんですね。。。
## キラキラお星様の群れが・・・
## 一瞬、絶句。
(写真が載ってたWebサイト付けときますが、このサイト在庫が切れると写真が消えたはずなので、なくなっていたらごめんなさい。)
ttp://www.tacto.jp/idol/yoshida-tomoyo.htm

さて、本題の歌詞のほうですが、
最初の2曲はたしかにびっくり。
こんな歌詞も書くのかとびっくりでした。
でも、他の曲は、天野さんが書きそうというか
書いてもおかしくないかなと思う歌詞でした。
もちろん、女性向きに多少アレンジしているところとか
あるようですが。また、曲調がまったく違うのでそうとは
わかりにくいですけど、歌詞カード見てるとそんな感じを
うけました。

ちなみに、音が左から右へ流れるような演出
(1曲目の台詞が終わる頃とか。)は
NSPもちょくちょくやってましたが、
これは平賀さんのほうかな。。。
Commented by Thunderer at 2009-05-09 03:50 x
PS)曲の感想はまた後日。
聞き込んでからということで。
とりあえず、何曲かはよさそう。。。
(聞きなれると良くなる or 聞き飽きる・・・その辺もあるので)
Commented by kaz-shin at 2009-05-10 01:49
Thundererさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私は残念ながら外箱無しの中古を買ってしまいました。
なるほど星が一杯なんですね(笑)

さて天野さんの歌詞なんですが、Thundererさんが驚くような意外な感じのモノもあったんですね。
私はよく知らなかったので、いわゆるアイドルっぽい感じの歌詞を書クコと自体に驚いたんですが・・・。
でも歌詞自体は好きですよ。イメージに無かったというだけのことです。
肝心の曲の方は気に入りましたか?
歌は上手いですし、アイドルっぽさが嫌でなければ聴けるアルバムだと思います。
もしかしたら2ndアルバムの方がThundererさんには良いかも知れませんね。
<< 中里 あき子_a part o... ページトップ ROD STEWART_FOO... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon