Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
祝!!WBC連覇! ◇ 2009年 03月 24日
いや~、決勝戦ならではの良い試合でしたね~。
もちろん仕事中なんでTVなんて見られません。sports naviの一球速報を仕事中に盗み見しながら、ハラハラしておりました(笑)
最悪なことに午後1番で会議・・・。後輩に頼んで状況を携帯メールに送ってもらってましたよ。
延長10回、イチローのタイムリーで2点追加したというメールが入って時には、机の下で握り拳を作ってガッツポーズ。
ダルビッシュが何とか抑えて勝ったというメールが入った時には、これまた机の下で両手で握り拳を作ってガッツポーズ(笑)

イチローの並外れた集中力や気迫の凄さ、MVPを獲った松坂のピッチング、今日の岩隈の好投・・・。どれもみな素晴らしかったですし、感動をもらいました。
でも私個人的には、杉内にMVPをあげたい気分です。慣れない中継ぎでしたが、しっかり役目を果たしてましたよね。何より凄いのは通算の防御率が0.00ですよ!1安打も許していないのは凄いです。決して楽な時に登板していた訳ではないですからね。

人間ですから、調子の良い時もあれば悪い時もある。今回のWBCでは、調子の悪い選手を他の選手が良い感じで助けてきたという一体感を侍ジャパンに感じました。
いずれにせよ勝って良かった!

おめでとう!侍ジャパン!

会社での書き込みなんでこの辺で・・・(汗)
[PR]
by kaz-shin | 2009-03-24 17:45 | 雑記 | Trackback | Comments(9) | |
トラックバックURL : http://musicave.exblog.jp/tb/9904246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2009-03-24 23:08 x
いや~熱い、Kaz-Shinさんもこんなにスポーツで熱くなるんですね。2連覇は難しいだろうと思っていたから本当に嬉しいですよね、自分的には岩隈にあげたかったですけどね。ただ、水をさすような事書いて申し訳ないですが、WBCというなんとも定義しがたい、やる気の無いアメリカに儲けのほとんどがころがるシステムの上に日本と韓国だけが試合を熱狂している図は、アメリカのシステムに順応する事が21世紀の日本の生きる方向性だと金融教育まで子供に教え込もうという動きまで活発化させて、その肝心要のアメリカシステムが崩壊し、世界経済も日本も混迷していくという図に重なる所がおおいなぁ…と思うのは偏屈な猫だからでしょうね私が(苦笑)ともかく日本チームおめでとうございます。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-24 23:35 x
哲学者になりたい猫さま、はじめまして。
貴殿のシステム論は卓見ですね!哲学的とも言える言語学者のチョムスキーさんあたりが言いそうなお話です、、、。敬服いたす次第です、、、。
あるいは、脱・学校化社会論の故・イヴァン、イリッチさんもかくやという分析であります。感服致しました。
今後とも宜しく御願い申し上げます。
Commented by kaz-shin at 2009-03-24 23:57
哲学者になりたい猫さん、コメントありがとうございます。
実はプロ野球のペナント・レースはあまり観ませんし、興味も無いのです。
ただ1試合1試合がそれこそ真剣勝負となるトーナメント戦や日本の看板を背負った試合というのは熱くなってしまいますね(笑)
ベンチで応援している選手の笑顔、声を出している姿など通常のペナント・レースでは観れない一体感みたいなものが好きです。
岩隈はナイス・ピッチングでしたね。あの2失点に関して、岩隈を責める気になれませんよね。
それにしても手に汗握る展開で本当に良い試合でしたし、何より優勝出来たことが嬉しくて仕方ありません(笑)
Commented by まつのすけ at 2009-03-25 01:27 x
kazさんもハラハラされていたんですね。とにかく勝ってくれて嬉しかった、いやホッとしたぐらいです(苦笑)
感動に浸っている私がいる反面、冷静な自分もいます。スポーツとナショナリズムが結び付いた時の怖さも今回感じました。勝てば感動と勇気を与えるものになりますし、負ければ非国民扱いとなるなど悲劇を招くこともある訳ですから。
それはともかく、侍ジャパンを政治家の皆さんも見習っていただきたいものです。特に野党の寄り合い世帯の民主党(苦笑)
Commented by kaz-shin at 2009-03-25 02:13
まつのすけさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
確かにファンなんて勝手なものですからね・・・。怖いなと思う部分はあります。
帰宅後、この決勝戦を観ていて凄いなと思ったのはイチローでしたね。
あの10回表の2点タイムリー。流石イチローです。
でも本当に凄かったのは2塁打を打った後の彼の表情です。
普通ならガッツポーズのひとつも出そうもんですが、それどころかニヤリともしない。
人はそれをCOOLと言いますが、私は決してそうでは無いと思っています。
あの時点で2アウトとは言えまだ試合途中であり、イチロー自身が2塁走者となった訳ですよね。
続く打者がヒットを打てば、シングル・ヒットでも自分ならホームへ帰れるという思いがあるから、集中力を切らさないようにしていたんでしょうね。
やはり凄い男だと思いますね、イチローは。
Commented by まるいチ-ズ at 2009-03-25 07:53 x
おはようございます
私の会社では役員の粋なはからいで、休憩ラウンジの大型TVが試合開始から終了までつけっぱなしでした(笑)
みんな休憩時間長いんじゃないの?という野暮は言いっこなしで(苦笑)
勝った瞬間は歓声が凄かったです。素直に感激して涙が出ました。
原監督にしろイチロ-選手にしろ、影響力のある人の言動には常に賛否両論あるわけで、、そんな中で結果を出す侍ジャパンの面々はプロの集団ですね。片岡選手や杉内選手の働きが大きかったと思いました。
私は野球大好きでして、関西人ですが大の巨人ファンです(笑)
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-26 00:22 x
イヤー!凱旋!素晴らしかったですね、、、。
当ブログ管理人様が、斯様なページを起こされる気持ちが解ります!
音楽関係ブログであっても、スポーツ関係ブログと変わりなく書きたい御気持ちが解ります、、、。
イヤー快挙!快挙!
Commented by kaz-shin at 2009-03-29 02:32
まるいチ-ズさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、本当に申し訳ございません。

話の分かる役員さんがおられて羨ましい(笑)
そもそも私の会社にはTVなるものが無いので・・・。
でももしTVが流れていたら仕事にはならなかったでしょうね、おそらく。

あの日の夜、TVでじっくり試合を観戦しました。やはり実際にみると良いですよね~。
内川選手の好プレーや、イチロー選手の気合の入った顔とかワクワクさせてもらいました。
ダルビッシュ選手が最後のバッターを三振にとった時のガッツ・ポーズには目頭が熱くなりました。
現代の若者とは言え、かなりのプレッシャーをあったでしょうし、自分のせいで同点に追いつかれてしまった訳ですから。
あの体から湧き出てきたようなガッツ・ポーズは本当に最高でした。
Commented by kaz-shin at 2009-03-29 02:34
マレーネの御父さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまいました。すみませんでした。

基本的には音楽ブログですから、日記めいた記事は極力避けているのですが、やはりこの試合のことは書きたくなってしまいました。
決勝に相応しいナイス・ゲームだったので、選手達を称える気持ちもあって書いてみました。
<< 最近更新が滞ってます・・・(汗) ページトップ Toshiki Kadomat... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon