Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
カテゴリ:Sound Track( 3 )
| |
Glee Cast / Glee The Music ◇ 2012年 06月 23日
e0081370_1705929.jpg


1ヶ月以上も更新もせず放置してしまいました。にも関わらず、毎日沢山の方が訪問して下さっているようで、本当に感謝の気持ちで一杯です。
またコメントを頂戴しておきながらレスも付けず申し訳ありません。今更って気もしますのでレスはしませんが、どうかご無礼お許し下さいますようお願い致します。これからは気が向いた時だけのレスになるかも知れませんがご容赦下さい。

最近は仕事の方も落ち着いてきており(それでもそこそこ忙しいのですが・・・)、時間的に余裕が無いという訳ではなかったのですが、ここのところPCの前に座るのは録り溜めておいたWOWOWで放送された映画の編集作業がほとんどという状態でした。
気に入った映画3本程度を1枚のBD-Rへ焼き、暇があるとそれを観て過ごしておりました。以前に比べるとPCの前に座っている時間が半分、いや3分の1程度に減ってしまっています。と同時に当ブログは音楽の話題中心にエントリーしてきたんですが、正直なところネタ切れというのもあります(笑)。

そして私自身現在聴いている音楽が非常に偏ってしまっています。ネタになるようなCDもあまり購入していない状況なの何か記事をエントリーしよう という意欲がなかなか湧いてこないんですね。
かと言って、ずっと音沙汰の無い状態では皆さんにいらぬご心配をおかけしますし、元気で生きてますっていうアピールも込めて今回は最近偏りがちに 聴きまくっている音楽について書こうと思います。

その音楽というのが洋ドラマ『Glee』のサウンドトラックなんです。今年3月30日のエントリーで『Glee』に嵌ってしまったと書きました が、以降も熱が冷めずにいます。
1stシーズン全22話、2ndシーズン全22話を既に3回以上は観ていると思います。ドラマとしても面白いのですが、ドラマの中でキャスト達によって歌われる様々な年代やジャンルの名曲が、実にストーリーの展開にうまく当て嵌めら れて効果的に使われています。
音楽だけで言えば単にカヴァー集といった感じなんでしょうが、ドラマを観ていれば単なるカヴァーよりも遥かに魅力的に仕上がっていることに気付き ます。
このことに関しては、いくら私が熱く語ったところでドラマを観ていない方には伝わりにくいかも知れませんね。
私の場合は見事に魅力に憑りつかれまして、通勤時も休日の車の中でも『Glee』の音楽一色の状態です。嫁さんも同じく『Glee』に嵌った一人 なので文句も出ません(笑)

『Glee』で使用される楽曲は、1シーズン(22話)で大体130曲以上になります。平均1話あたり6曲使用されている計算になります。しかも 2シーズン分の使用楽曲は260曲以上ですから膨大な数です。
市販されているサントラCD盤だけでは到底網羅出来ません。凝り性の私としてはサントラに収録されていない曲にも沢山好きな曲がありましたので、今回はCD音源に拘らずにあえてMP3音源で収集することに しました。配信されているMP3の音源なら、かなりの数の楽曲が入手可能だと知り、あれこれ苦心(?)しながら集めました。
現在集まったMP3音源の数は200曲以上に達しました。こうなると単に大馬鹿者と言うべきか、凝り性の自分の性格が悲しいと言うべきなのかよく分かり ません。
70年代や80年代の古い曲なら知っている曲も多いのですが、もともと洋楽に疎い私にとっては知らない曲も沢山あり、そんな中で好きになった曲も 多いです。機会があればぜひオリジナルを聴いてみたいと思っています。

それにしても『Glee』のキャスト陣は、芝居だけでなくこれだけ多くの楽曲のレコーディングもこなしている訳で本当に大変だろうなと思います。
主要キャストの中にはダンスがメインという人もいますが、ゲストも含め大半のキャストがしっかりとした歌を聴かせてくれます。オーディションで選ばれているのでしょうから当たり前なんでしょうが、本当に歌の上手い人が多いです。
ゲスト出演した知る人ぞ知ると言った感じの歌姫・Charice(シャリース・ペンペンコ)なんて、あんな小さい体からどうしてこんな声が出るの かって驚かされました。

もう暫くは洋楽の名曲を楽しむ毎日が続きそうです(笑)


[PR]
SATURDAY NIGHT FEVER ◇ 2008年 03月 16日
e0081370_2195234.jpg 

今回紹介するのは、1977年に公開され大ヒットした映画「SATURDAY NIGHT FEVER」のサウンド・トラック『SATURDAY NIGHT FEVER』(1977年)です。映画も大ヒットでしたが、このサントラ盤もアナログLP2枚組にも関わらず、アメリカのヒットチャートで24週間No.1を記録したモンスター・アルバムです。そして、全世界に"ディスコ・ブーム"を巻き起こしましたし、このアルバムの主役とも言えるビー・ジーズにとっても、このアルバムによって人気の絶頂を迎えたと言える作品ですね。

当時私は高校生だったんですが、この「SATURDAY NIGHT FEVER」がヒットする前から既にディスコ・ブームは訪れていたような記憶があります。その時はまだディスコへ遊びに行くのは無理・・・。でも中にはディスコへ通っていた奴もおりまして、そんな連中に踊りを教わってました。教わっていたというのが不思議に思われるかも知れませんが、当時は曲によって踊り(振り付け)が決まってまして、皆で同じステップを踏んでたんです。今思えばフォーク・ダンスみたいで気持ち悪いですが、これでも当時は楽しかったんですよ~。「ソウル・ドラキュラ」のステップはこうで、「ラヴ・マシーン」のステップはこう・・・みたいに曲によって振り付けを憶えるのは確かに大変でした(笑)

映画に主演したジョン・トラボルタは2枚目でもないのに、映画のヒットで一躍大スターになりました。今の若い人がこの映画を観たら陳腐に映るんでしょうけど、当時はこれが格好良かった訳で・・・。街中にはジョン・トラボルタを気取った奴が闊歩していたという、何とも良い時代でした。そんな思い出が一杯詰ったこのアルバム、どの曲も懐かしく良い曲で溢れています。アナログ盤時代では2枚組だったものがCDの時代では1枚に収まってしまうんですから、良い時代になりました。

『SATURDAY NIGHT FEVER』
01. Stayin' Alive / BEE GEES
02. How Deep Is Your Love / BEE GEES
03. Night Fever / BEE GEES
04. More Than A Woman / BEE GEES
05. If I Can't Have You / YVONNE ELLIMAN
06. A Fifth Of Beethoven / WALTER MURPHY
07. More Than A WOMAN / TAVARES
08. Manhattan Skyline / DAVID SHIRE
09. Calypso Breakdown / RALPH McDONALD
10. Night On Disco Mountain / DAVID SHIRE
11. Open Sesame / KOOL and THE GANG
12. Jive Talkin' / BEE GEES
13. You Should Be Dancing / BEE GEES
14. Boogie Shoes / K.C. AND THE SUNSHINE BAND
15. Salsation / DAVID SHIRE
16. K-Jee / M.F.S.B
17. Disco Inferno / THE TRAMMPS

17曲も収録されているので全曲レビューはご容赦頂きますが、印象深い曲を何曲か紹介しましょう。01~05はビー・ジーズがこのアルバムの為に書き下ろした曲で、01~03は立て続けに全米ナンバー1を獲得しましたし、イヴォンヌ・エリマンに提供した04も全米ナンバー1を獲得しました。05もビー・ジーズのヴァージョンではなく、07のタヴァレスのバージョンがヒットしたようですね。02、05はギブ兄弟の作曲センスが光る名曲です。

06はウォルター・マーフィーが、Walter Murphy & The Big Apple Band名義でリリースして大ヒットした曲でベートーベンの"運命"をディスコ風にアレンジしたインスト・ナンバーです。邦題は「運命'76」。

数多くの映画音楽を手掛けてきた作曲家・デヴィッド・シャイアのインスト作品08、10、15も実に映画音楽という感じで楽しめます。特に10はムソルグスキー 「禿山の一夜」(Night On Bald Mountain)をアレンジしたもので、タイトルの捩りも洒落てます。

FUSION好きな人には馴染みのある曲かも知れない09。パーカッション奏者のラルフ・マクドナルドが1976年に発表した1stソロ・アルバム『SOUND OF A DRUM』に収録されていた1曲です。

個人的に最も思い入れの強いのは、クール・アンド・ザ・ギャングのナンバー11なんです。実はこの曲は永遠の私のアイドルであるキャンディーズが、1978年4月に後楽園球場で行われた解散コンサート(ファイナル・カーニバル)のオープニングを飾った曲だったんです。サントラ盤を聴いた時には何も感じていなかったのに、キャンディーズのラスト・コンサートによって大事な曲となったという変な曲なんです(笑)

他にもKC&ザ・サンシャイン・バンドの14や、トランプスの17なども1970年代半ばのディスコ・ブームの時には欠かせなかった曲が収録されていて、聴いていて懐かしさが込み上げてきます。今まではアナログ盤しか所有していなかったんですが、少し前にBOOK OFFで輸入盤を格安で入手出来ました。一応リマスタリングは施されていますので、今聴いても十分楽しめます。
[PR]
冬の恋歌(ソナタ) ◇ 2008年 01月 03日
e0081370_19325342.jpg 

今回紹介するのは、毎年冬になると必ず聴きたくなるアルバムで、このアルバムを紹介したいが為に新しく"Sound Track"というカテゴリまで作ってしまいました。
そのアルバムは、何を今更って感じですし、「もう古いよっ!」と言われそうですが、韓流ブームの火付け役とも言える韓流ドラマの金字塔(ちょっとオーバーかな・・・汗)であろう「冬のソナタ」のオリジナル・サウンドトラック・アルバム『冬の恋歌(ソナタ)』(2003年)です。

一時期のような韓流ブームという感じは無くなりましたが、韓流ドラマや韓国映画は今でも根強い人気のありますね。私自身、韓流ドラマに特別興味がある訳では無いのですが、唯一嵌ってしまったのが"冬ソナ"でした。しかも"冬ソナ"ブームが落ち着き始めていた頃に・・・。
今でも忘れません。長崎へ出張していた時、たまたまNHK-BSで"冬のソナタ 完全版"の第1話と第2話が放送されているのを、他に見たい番組が無かったので見てしまったのがきっかけでした。それまで韓流ドラマやぺ・ヨンジュンを馬鹿にしていた私だったのに・・・見事にやられてしまいました。まさにNHKの思う壺状態でしたね(笑)
おそらく吹き替え版だったら嵌っていなかったでしょう。完全版は韓国語の字幕だったのも幸いしたと思います。後に吹き替え版も見ましたが、イメージに全く合っていなかったですから。
ドラマの面白さ自体に嵌ったのはもちろんですが、もう一つこのドラマで良かったのが音楽でした。これほどドラマのバックで流れる音楽が耳に残ったのは始めてだったような気がします。
映像と音楽のマッチングも素晴らしかったですし、単に音楽として聴いてもかなり良い作品が揃ったドラマでした。このサウンドトラックをCD店で見つけて、速攻で購入したのは言うまでもありません。

『冬の恋歌(ソナタ)』
01. 最初から今まで (リュウ)
02. My Memory (リュウ)
03. 初めて
04. あなただけが
05. My Memory (Piano & Violin Ver.)
06. 離せない恋 (ソン)
07. 始まり
08. あなただけが (Piano & Violin Ver.)
09. My Memory (Piano Ver.)
10. 忘れないで (リュウ)
11. 記憶の中へ (Instrumental)
12. 恋人 (Chinese Ver.)
13. スミレ (リュウ)
14. あなただけが (Piano Ver.)
15. 初めて (Piano Ver.)
16. スミレ (Instrumental)
17. 最初から今まで (Japanese Ver.) (リュウ)

アルバムに収録されているのは17曲ですが、バージョン違い等を抜かせば実際は10曲程度です。

"冬ソナ"と言えば、やはり01ですね。イントロのあのピアノのフレーズは特に印象深いですね。全く意味は解りませが、リュウのヴォーカルが結構心に沁みてきますし、メロディーの儚い感じやストリングスの美しさとピアノのマッチングが絶妙です。良い曲だと思います。

02もリュウが歌う美しいバラード・ナンバーです。ドラマの中の映像に上手く使われていて、01と並んで印象深い曲でした。ストリングスを上手く使ったアレンジとメロディー・ラインの美しさが際立った1曲です。

ピアノの独奏から絶妙なタイミングでストリングスやイ・ギョンミンのハーモニーが入ってくる03。

どこかヨーロピアンな雰囲気のイントロが印象的な04。クレジットには歌っているシンガーの名前が載っていませんが、ヴォーカル曲です。リュウとは違うのでしょうか?冬の情景が上手く表現されている曲ですね。

ソンという女性シンガーが歌うバラード・ナンバー06。不思議と美しいメロディー・ラインの曲が多いのに驚きます。K-POPのレベルの高さを思い知らされた気がしますね。

アルバム中で最もテンポのある明るめのナンバーが07です。打ち込みによる軽快なリズムと女性のハーモニーが印象的な曲で、ドラマの中でも明るく楽しい雰囲気の場面で使われていました。

リュウの歌う10は、日本で言うとどこか演歌風な趣きのある曲ですね。

透明感溢れるサウンドが耳に心地良いインスト・ナンバー11。無駄に音数を増やさず、シンプルに徹したアレンジや演奏が、このドラマにはよく似合っていたように思います。

12も歌っているのが不明ですが、何故か中国語で歌われているバラード・ナンバーです。なかなか美しいメロディーのナンバーです。

リュウの歌う13。しっとりと歌われていますが、暗さを感じない洒落たメロディーを持ったバラード曲です。ピアノが中心になっていますが、弦楽器の使い方が上手いと思います。

レビューした以外の曲は、バージョン違いのものです。このバージョン違いもアレンジが素晴らしく、美しい音色で構成されていて聴き応えがあります。

私の場合、ドラマに嵌ったということがあるので余計にこのアルバムが冬にピッタリだと思うのかも知れませんが、実に冬の寒さとか透明感がよく表現されている曲が多いと思います。
今はもうドラマは見ませんが(DVDは持っていますが・・・汗)、真冬の寒さを感じる頃になると聴きたくなるアルバムです。
無理にお薦め出来るアルバムではありませんが、興味がある方は聴いてみて下さい。
もしかしたら、意外と知っている人が多いかも知れませんね・・・。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon