Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
カテゴリ:MOVIE / DVD( 25 )
| |
古畑 任三郎_FINAL ◇ 2006年 05月 20日
e0081370_13434160.jpg 

今回はDVDの話題です。私が大好きなTVドラマ『古畑 任三郎』の今年の正月に3夜連続で放送された、最後の古畑 任三郎がFINALというDVD-BOXで発売されました。
これで1st~3rd season、『すべて閣下の仕業』、そして『FINAL』全てを揃えました。全41話に古畑の登場しないスペシャル『消えた古畑 任三郎』を加えた42話になります。

私が古畑 任三郎の好きな理由は・・・
(1) 三谷 幸喜の脚本であるから。
コメディーを書かせたら天下一品の三谷 幸喜の書く芝居やドラマが好きで、ドラマは必ず観ていましたし、芝居もチケットがなかなか取れませんが何本か観ています。観れないものはDVDを買って観たりしています。
もちろん映画も・・・。夫婦揃って三谷作品のファンなんです。
その三谷の書いた刑事ドラマで、主演が田村 正和とくれば観ない訳がありません。

(2) 和製『刑事コロンボ』を意識した作品だから。
三谷 幸喜と企画担当者が、かなり『刑事コロンボ』のフリークだったらしく和製『刑事コロンボ』を作ろうと意気投合したところから古畑シリーズが始まったようです。
私も『刑事コロンボ』は、TVで放送されていた時から欠かさず観ている位好きなんです。22枚組45話収録されている1st seasonの限定生産のDVD-BOXも買いました(笑)
古畑シリーズの所々に、コロンボで使われたトリックや最初に「こいつが犯人ではないか?」と疑うきっかけになるエピソードと同じ内容のものが使われたりしています。こういう所を見つけるのがひとつの楽しみだったりもする訳で・・・。

(3) 主演の田村 正和と犯人を演じた役者達・・・
和製『刑事コロンボ』を作ると言っても、本家を真似してよれよれコートにぼさぼさ頭のおじさん刑事を主役に持ってきては面白みがありません。しかし、さすがにキャスティングの上手い三谷、フジ・テレビのスタッフです。前身黒尽くめ、襟足の長い髪の毛の二枚目という刑事を作りあげました。まさに田村 正和にとってのはまり役となりましたね。負けず嫌いでフェミニスト、ねちねちとしつこい性格、悪を憎む正義感を持った刑事を上手く演じていましたね。
加えて犯人を演じてきた役者達も魅力的でした。FINALでは、あのイチローが犯人役で出演するという事で話題になりました。明石家 さんまやSMAP全員が犯人だったりと、個性豊かな犯人が登場するのも面白かったですね。それぞれのキャラクターに合ったシナリオを三谷が書いているという事なんでしょうね。

本格推理モノやサスペンス好きの人には、物足りなさを感じるでしょうね。正直なところ、矛盾ばかりのところもあります。だいたいあんな刑事はいないでしょう(笑)
しかも、視聴者に向けて語りかけるドラマ自体がおかしいですよね。でもそれで良いと思います。笑いの要素を盛り込んだ楽しいドラマなのですから・・・。本格的な推理、サスペンスを作るのだったら、三谷 幸喜が脚本を書く必要が無い訳ですからね。

ところで任三郎という名前は、三谷が「笑っていいとも」を観ていた時、時任 三郎がゲストで出ていて、時任 三郎(ときとう さぶろう)を時 任三郎(とき にんさぶろう)と言われたという話が元になっているようです。
[PR]
e0081370_21173831.jpg 

今回は本当に久しぶりに映像関係の話題です。
音楽以外にも映画が好きで映画館にも出かけますし、DVDをレンタルしてきて観ます。ただ、年齢を重ねるにつれて観なくなるのがアニメ作品ですね。劇場用のアニメ作品、例えばジブリ作品やディズニー作品等は今でも観ますが、TVアニメはもうほとんど観なくなりました。
そんな中、一際思い入れの強いTVアニメがあります。それが今回紹介する『めぞん一刻』です。
ある意味天才漫画家だと思っている高橋 留美子の作品で、もともとは1980年に創刊された「ビッグコミック・スプリッツ」に創刊号から1987年迄連載されました。
当時、大学生だった私は見事なまでに嵌ってしまったのでした(笑)

古びたアパート「一刻館」の若くして未亡人である美人の管理人・音無 響子と、アパートの住人である浪人生・五代 裕作とのラブ・コメディー。文章にすればこれだけの事ですが、そこは高橋 留美子。登場するサブ・キャラクターの面白さがこの漫画をより一層楽しいものにしています。
ネーミングも凝っていて、苗字に全て数字が使われています。
アパートの住人では、管理人・音無 響子はある意味では「0」という意味でしょうし、旧姓が「千草」です。
一号室・一之瀬 花江、二号室・二階堂 望(TVアニメ・シリーズには登場せず)、四号室・四谷(名は色々あるが結局不詳)、五号室・五代 裕作、六号室・六本木 朱美といった具合。

更に、三鷹 俊、七尾 こずえ、八神 いぶき、九条 明日菜という個性的なキャラクターが登場してドタバタ劇を繰り広げます。
とにかくキャラクターの設定が見事です。
高橋 留美子の書くキャラクターは、個性的でありながら基本的には善人が多いのが特徴ですね。
キャラクターそれぞれに重要な役割を持たせているところも凄いなと思います。

そして、高橋 留美子の書く漫画には珍しく、時間が経過がしっかり書かれている事でしょう。
つまり、登場人物が歳を取っていくのです。五代が浪人から大学入学し、卒業、就職といった具合に時間が経過していきます。その辺りも人物描写の上で重要なファクターになっているのです。

TVアニメがスタートしたのが1986年の3月で、1988年の3月迄の2年間全96話放送されました。原作とは多少違うところもありましたが、台詞などは原作に忠実です。
ともあれ動いて喋る音無 響子が見れた訳です(笑) 島本 須美の吹き替えが、実に似合っていました。
しかし、良い声ですね、島本 須美は。
実は、リアル・タイムではこのTVアニメを見ていません。後にレンタルDVDを借りて見て、嵌ったのです。
その面白さに結局DVD全24巻揃えてしまいましたが・・・(笑)

個人的には、漫画(アニメ)史上に残る名作だと思っています。
素直に笑って、素直に泣ける、そんな作品です。
特に終盤、五代が音無 響子にプロポーズするくだりは、まさに名シーンです。何回見ても泣けてきます。
この作品を知らない人は、漫画でもアニメでもどちらでも結構です。ぜひ読んで(見て)みて下さい。
自信を持ってお薦めできる素晴らしい作品です。

斉藤 由貴が歌うテーマ・ソング「悲しみよこんにちは」(作詞:森 雪之丞、作曲:玉置 浩二、編曲:武部 聡志)も良い曲でしたね。この曲の入ってるCDをBOOK OFFで探してみようかな。
[PR]
e0081370_21264596.jpg 

脚本家・舞台作家の三谷幸喜の書いた作品が好きで、TVドラマ、舞台、映画等を殆ど観てきた。本来コメディーを中心にずっと脚本を書いてきた人なのだが、少し異例な作品がある。1993年にフジテレビで放映されたTVドラマ『振り返れば奴がいる』である。

内容は、織田裕二扮する冷酷で金に汚いが外科医としての腕はピカ一の医師:司馬 江太郎と石黒賢扮する本来医者としてあるべき姿を追い求める正義の医師:石川 玄との対立を軸に大病院の内部の紛争や問題、医療に関する問題にメスを入れた感じのものだった。冷酷な医師:司馬の過去や苦悩が明らかになっていくと、彼の本来の姿が浮き彫りになっていく。

このドラマが何故異例なのか・・・。三谷幸喜と言う人は、コメディー専門と言ってもいい人なのにこのドラマには笑いの要素が殆ど無いのである。コアな三谷ファンならば思わずニヤリとする場面が多いのだが・・・。はっきり言ってしまえば、三谷らしく無いのである。ドラマのストーリーは良く出来ているし、ドラマの完成度も高い。それまで軟弱な役柄が多かった織田裕二が、このドラマをきっかけに役者としての幅を広げたのも事実だと思う。ニコリとも笑顔を見せない織田裕二の芝居は新鮮だったし、このドラマから織田裕二という役者が好きになった程だ。
何故、三谷は笑いの無い脚本を書いたのか・・・。実は、当初書いた脚本はコメディー・タッチのものだったらしいのだ。スタッフの手によって変更されシリアスなドラマになっていったということらしい。それならば納得がいく(笑)

自分の知らない所で脚本が直される事は、TVの世界ではよくある事なのかは不明だが、三谷自身はショックだったことだろう。当時の三谷は舞台の世界では、ある程度名が売れていただろうがTVの世界ではこれからという頃だったに違いない。そんな背景も重なったのでないかと思う。

しかし、転んでもただでは起きないのが三谷幸喜である(笑)この時の勝手にシナリオを変更されてしまった話を元に書いた脚本が、自分でメガホンを取った映画『ラジオの時間』だという。この映画も好きな作品の一つで、発想が面白いなと思っていたらこういう背景があったと知って余計に笑えた。いかにも三谷らしい(笑)

過去のTVドラマがどんどんDVD化される中、これほどのドラマが未だにDVD化されていない。一説によるとビデオ化されたのもかなり後になっての事らしい。ドラマの中で「尊厳死」などの難しい問題に触れていたからという話もあったが真偽の程はわからない。兎に角好きなドラマなんでDVD化を希望する!よろしく、ポニー・キャニオンさん!
[PR]
e0081370_1124972.jpg 

2002年10月10日、STB139 SWEET BASILでのギタリスト・松原正樹の25周年記念ライヴが収められたDVD。松原正樹は私が日本で1番好きなギタリストである。70年代後半からスタジオ・ミュージシャンとして活躍し、その仕事量たるや半端な数ではない。私と年齢が割と近い人ならば、彼のギターを聞いた事が無いという人は皆無なはずである。あらゆるジャンルの音楽のアーティストの信頼を受け、バックを努めてきた職人である。

松原正樹の何処が好き?と聞かれたら、音、カッティング技術、そして流れるようなソロ・フレーズだろう。松原正樹というギタリストに出会っしまった事で、私のレコード(70年代後半の話)の買い方が一変した。いわゆるクレジット買いという暴挙がここから始まったのだ(笑)松原正樹がギターを弾いていれば、たとえ1度も聴いた事が無いアーティストだろうが、全く無名な新人だろうがレコードを買い漁った。それくらい好きなギタリストである。

このDVDは何回観ても鳥肌が立つ(笑)なんせタイトルにもあるようにパラシュートのメンバーを迎えてパラシュートのナンバーも聴かせてくれるのだから・・・。パラシュートは、スタジオ・ミュージシャンが集まって結成されたFUSIONバンドである。看板は今剛とのツイン・ギター。今回全編に二人のギターが響き渡っている。
2003年には、CROSSOVER JAPAN '03でオリジナル・メンバーで復活したパラシュートだがこの映像はその前年のものである。
今剛とのコンビはやはり最強である。息が合ってるというような生やさしい言葉では言い表せない程だ。このDVDの中でとっても興味深いシーンがある。今剛のナンバーである『AGATHA』の演奏中、今剛のギターの弦が切れたのだ。今剛は弦へのアタックが非常に強いから仕方ないのだろう。残った弦だけでメロ・パートを弾き続けるのだが、チューニングが微妙に狂っている。
そこへ松原がユニゾンでメロ・パートに入ってきた。すると今剛はギターを変えてメロ・パートに何気なく戻ってきたのだ。この間ほんの10秒かかっていないほどである。まさの阿吽の呼吸である。
長年スタジオ・ワークを共にしてきた間柄だと感心してしまった。
ギター好きな方は観ないと損しますよ(笑)

参加ミュージシャンは?
[PR]
e0081370_23131497.jpg 

ガキの使いDVD⑦を購入した。これで全7巻を揃えた。
最近のお笑いブームの中、コンビでやってるお笑い芸人でネタが面白い人達も確かにいる。
ただ、ボケとツッコミの両方が優れた技量を持っているコンビはそう多くはいない。ダウンタウンはまさしくその少ないコンビの1組であろう。松本の鋭い視点と話術、浜田のテンポと間が良いツッコミ。絶妙なコンビネーションだと思う。私がダウンタウンが大好きなのもこんなところである。

今回は、トーク集と罰ゲーム3本が収録されている。発売が1ヶ月延期され、6巻での予告と内容が異なっている。何か問題が発生して作り直したのかもしれない。
しかし、内容が面白ければ良いのだ。期待を裏切る事なく笑えるDVDである。

ダウンタウンを見ていて思う事なのだが、トークの時に松本はあきらかに相方・浜田を笑わそうとしているように思えるのだ。会場にいる客に対してはもちろんなのだが、浜田をなんとか笑わせようとしている気がするのだ。浜田が松本のボケに大笑いをしている時、その浜田の顔を見ている松本の顔が少し嬉しそうだと感じるのは私だけだろうか?
そんな二人のやりとりを見ているのが好きなのである。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon