Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
カテゴリ:雑記( 98 )
| |
e0081370_1313882.jpg


4月6日金曜日、2011年11月からスタートした山下 達郎のツアー『TATSURO YAMASHITA PERFORMANCE 2011-2012』の東京最終日となる中野サンプラザに行ってきました。
相変わらず達郎のパフォーマンスは素晴らしいの一言で、本当に楽しかったし感動したライブでした。セットリストが気になる方も多いでしょうが、達郎の意向もありますし私自身メモを取っていなかったので詳細はいずれまた・・・。古くからのファンや今回初めて達郎のライブを観る人にも楽しんでもらう為、選曲にかなり苦しんだのは確かなようです。

今回のライブが観れたのはとてもラッキーだったと言えるかも知れません。と言うのも4月6日は山下 達郎・竹内 まりや夫妻の30回目の結婚記念日だそうです。そしてツアー50本目にして東京最終日ということで観客は否が応でも盛り上がります。
18時35分頃に開演、終了時が22時15分位でしたから、実に3時間40分にも及ぶライブでしたが、内容が素晴らしかったので本当にアッと言う間の3時間40分でした。

私が特に良かったと感じたところを3点ほど書いておこうと思います。
まず最初は照明の素晴らしさ。ダウンタウンのストリートを連想させるセットで、背景に描かれているのは川と橋、川の向こうには都会の街並。これらが照明によって美しく浮かび上がってきて本当に綺麗なんですよね。
今回のツアーでライトニング・プランナーを務めたのが小川 幾雄という方で、数多くの舞台(芝居)の照明を手掛けており、その筋では有名な方なようです。確かに単なる音楽の照明という感じではなくて、ちゃんと演出を感じました。照明がいかに重要かを教えてもらった気がします。

続いて素晴らしかったのが、今回のツアーから土岐 英史に代わって新メンバーとなったサックス奏者の宮里 陽太です。1983年生まれの若いプレイヤーですが、達郎が「めちゃめちゃ上手い」と言っていた通り、本当に凄いサックスを聴かせてくれました。宮崎県都城市に在住でライブの度に都城から遠征してきているとか・・・。
本来はJAZZ畑のミュージシャンらしいですが、これからどんどん頭角を現すプレイヤーだという気がしますね。どこが凄いのか具体的に書ける文才があれば良いのですが、生憎その文才が無いのが悔しいです。でも本当に彼のサックスは凄かったですね。鳥肌立ちましたから(笑)

最後に私が今回1番感動したのは達郎のMCでした。
落語家を彷彿させる軽妙な喋り口調で色々笑わせてくれるのですが、決してそれだけでなく達郎の言葉には上っ面だけの言葉というものが無いんですね。
常に本音・本心を飾らない言葉で伝えようとする達郎のMCを辛口と感じる人もいるでしょうが、私は全然気になりません。逆にMCが楽しみなくらいです。
そんな達郎のMCの中で私が感動した話を紹介しておきます。正確さに欠けるかも知れませんが、雰囲気を感じて頂ければと思います。
それは「希望という名の光」の演奏中の事、間奏部で達郎が語り出しました。
"この曲は大震災が起こる前の2010年にリリースされましたが、震災後この曲を聴いて元気をもらったという感想を耳にするようになりました。現在もボランティアやチャリティー活動をしているアーティストもいらっしゃいます。僕の歌では人は救えませんし、万人が喜んでもらえるような曲も書けません。では僕に何が出来るのかを考えた時、今日こうやってこの会場へ足を運んでくれた1920人(中野サンプラザのキャパ)の皆さんを元気付けることは出来るかも知れないと思いました。ですからメンバー共々皆さんの為に心を籠めて一生懸命この歌を歌わせて頂きます。"と・・・。
来週からは東北地方へのツアーが始まります。達郎の歌で元気付けられる人がきっと沢山いることでしょう。そうであることを心から願っています。
ぜひとも東北地方の方は楽しみにして欲しいなと思います。

去年リリースされたアルバム『Ray Of Hope』のレビュー記事を近々書きたいと思っています。リリースされてから随分経ってしまいましたが、私にとってこのアルバムは今までの達郎のどのアルバムとも違っていて、達郎という人間の温か味が感じられる作品なんです。最初は収録曲に関して内省的で地味という印象だったんですが、聴き込んでいるうちに体の中に温かいモノを感じるようになりました。こんなことは今までの達郎のアルバムでは感じなかったことです。
おそらく大震災という未曾有の大惨事の影響もあるかも知れませんね。
このアルバムの印象を上手く文章に出来るかは分かりませんが、レビュー記事は書きたいなと思っています。

4月7日追記:
来年で還暦を迎える達郎。3時間以上も歌い続け、喋り続けているにも関わらず声が衰えるどころか、後半になるにつれて声の伸びがよくなっているのには驚かされました。このままの状態だったら70歳を迎えた達郎の「RIDE ON TIME」を聴くのも夢ではないような気がします。
[PR]
ご無沙汰しております。。
前回の更新からまた1ヶ月以上放置状態にしてしまいました(汗)

相変わらず仕事が忙しかったこともあるのですが、この1ヶ月あまりはホームネットワーク立ち上げに右往左往していました。
ネットワークと言えば少し前まではパソコンの専売特許みたいなところもありましたが、今では家電製品もネットワークで便利に使える時代です。
我が家もホームネットワークを構築してみることにしました。何の家電のホームネットワークかと言うと、テレビやHDDレコーダー関連のネットワークです。
早い話が、リビングのHDDレコーダーで録画した番組を私の部屋や嫁の部屋でいつでも観れるようにしたかったという事です(笑)
リビングで観れば良いだけの話なんですけど、やはりベッドで横になりながら観たかったり、嫁さんと観たい録画番組が違ったりした時は、それぞれの部屋のTV(PC)で好きな時に観れるというのは魅力的ですから・・・。
今回はホームネットワーク構築の奮闘記(大袈裟ですが)です。長くなるかも知れませんがお付き合い下さい。

まずは我が家のTV視聴機器について紹介しますと、
リビングのTV台には、TVがSHARPのLC-40LV3型(クアトロン 3D)+1TBの外付けHDD(地上デジタル/BS放送録画用)、ブルーレイディスクレコーダーがSHARPのBD-HDW70(3D対応、1TBのHDD搭載で地上デジタル/BS/WOWOW/CS放送録画用)、Playstation3+torne+500GBの外付けHDD(地上デジタル録画用)、任天堂Wii(単なるゲーム機ですが)が設置されています。

私の部屋には、まずFUJITSUのパソコン+500GBの外付けHDD。このパソコンで一応地上デジタル/BS/CS放送を観ることが可能ですが、外付けTVチューナーをUSB接続して地上デジタル放送のTS抜き(判る人には判ると思いますが・・・笑)録画用と録画した番組や動画の編集マシンとして使用しています。TVは、SHARPのAQUOS LC-19K5(2万円以下で買えます)。このAQUOSにSHARPのブルーレイ・プレーヤーBD-HP21(中古で7千円位で購入)とPS3を接続しています。

続いて嫁さんの部屋には去年買い替えたNECのパソコンPC-VN770ES1KWに1TBと2TBの2台の外付けHDDを接続しています。とにかく嫁さんは気になるTV番組があると録画しまくるので、2TBのHDDは録画専用のHDDになっています(笑)
さて、これらの機器でホームネットワークに対応しているのは、リビングのTVとブルーレイディスクレコーダー、そして2台のPS3に嫁さんのパソコンです。その内サーバーとして機能するのは、ブルーレイディスクレコーダーと嫁さんのPCです。つまり、ブルーレイディスクレコーダーと嫁さんのPCに録画された番組を私の部屋で観れるようにする訳です。

手始めにPS3をホームネットワークのクライアントとして使用すれば簡単に出来るだろうと考えました。が、そこに落とし穴が・・・。
ブルーレイディスクレコーダーと嫁さんPCは既に無線LANに接続されていますから、ホームネットワークに対応するように設定をし、クライアント側のPS3の設定も完了。するとPS3でブルーレイディスクレコーダーと嫁さんPCをサーバーとして認識しました。あっけなくホームネットワーク構築が終わったと思ったのですが・・・2つの大きな問題発生!!

問題の1つ目は、PS3がブルーレイディスクレコーダーをサーバーとして認識しており、録画ファイルにまで辿り着けるのですが再生が出来ません。これは後になって調べて分かったのですが、SHARPはホームネットワークに関しては後発で色々と問題があるようなんです(詳しい説明は省きますが)。つまりPS3ではブルーレイディスクレコーダーの録画番組が観れません。ブルーレイディスクレコーダーがSONYやパナソニック製の方ならおそらく問題は無いと思います。

次の問題は嫁さんPCです。こちらはPS3でPCに録画された番組が観れました・・・が、映し出された番組はカクカクとした画像・音声になってしまい、観るに耐えない状態です。こちらも詳しい説明は省きますが、PS3の無線LANの規格は「IEEE 802.11g」。環境にもよりますが、膨大な情報量を持つ現在の地デジ番組を無線LANで受信するにはやはり若干無理があるのかも知れません。早くも私の野望は打ち砕かれました。
ここで諦めれば良いのですが、出来ないとなると悔しくて何とかしてやろうと思ってしまうのが私の悪い癖です(笑)。

PS3をクライアントとして使えないとすると大きな問題が出てきます。私の部屋のTVはホームネットワークに対応していないし、そもそもLANに対応していない訳で、どうやったらホームネットワークに対応出来るかを色々調べました。するとSHRAPからLANに対応していないTVでもホームネットワーク化が可能となるネットワーク・アダプタ(VR-NP1)なる商品が販売されていること知りました。きっと私と同じような目にあっているAQUOSユーザーが沢山いたんでしょうね(笑)。

このアダプタはWi-Fi、IEEE802.11aにも対応しており、HDMIケーブルでTVと繋げばサーバーの動画が観れるようになるとの事。私の部屋のTVもリビングのブルーレイディスクレコーダーもSHARPなので相性が悪い訳はないと勝手に判断して、このアダプタを購入(1万5千円程度)しました。

早速私の部屋のTVと接続し、無線LANの設定も完了。するとサーバー(嫁さんPCも含め)をちゃんと認識しました。ブルーレイディスクレコーダーの録画ファイルを再生してみると、ちゃんと再生しました。
これでめでたし、めでたしになれば良かったのですが、またもや問題発生です。PS3で嫁さんPCの動画を観た時と同じで、カクカクした映像・音声になってしまい、とても観れたものではないのです。二度目の脱力感に襲われました(笑)

有線LANにすれば簡単に問題は解決するのかも知れない問題ですが、実際問題としてLANケーブルをあちこちに引き回すことは出来ません。
ここまでくると、あれこれと調べてましたから問題は家の無線LANの環境にあることはすぐに判断がつきました。

この時点においては我が家のルーターはBUFFALO製の無線LANルーターだったんですが、このルーターが11nbg・2.4GHzにしか対応していない製品で、通常のネットサーフィン等で使用する分にはストレス無く使えるのですが、動画の送受信となると力不足なんでしょうね。
ここまで来て後には引けません(笑)。ルーターを買い直すべく色々調べてみると、NEC製のAtermWR9500Nなるルーターが11na・5GHz/11nbg・2.4GHzの両方を同時に使えるということだったので早速購入しました。このルーターはかなり評判が良いので大丈夫だろうとは思いつつも実際に繋げてみないと分かりません。
もしこのルーターで駄目だったら、もう有線LANでの接続を検討するしかないし、これまでの出費は無駄になります。祈るような気持ちでルーターを変えます。そしてそれぞれの機器毎のLAN設定を変更します。果たして問題は解決されたのか?

無事問題は全てクリアされました。私の部屋のTVで、リビングのブルーレイディスクレコーダーの録画ファイル、嫁さんPCの録画が全くストレス無く観れるようになりました。嫁さんPCでもブルーレイディスクレコーダーの録画が問題無く観れますし、リビングのTVで嫁さんPCの録画も観れるようになりました。
今は快適なTVライフを送っておりますが、ホームネットワークをやってみようと思いつき、今のような状態に至るまで約1ヶ月近くの時間を要しました。

SHARP以外のメーカーのTV・ブルーレイディスクレコーダーだったらもっと簡単に、安くホームネットワーク構築が可能かも知れません。
教訓としては事前に色々と調べておくと、出費や時間の無駄にならなくて済むと思います。

今回の記事が、これからホームネットワークを構築しようと思っている方の参考になれば幸いです。

音楽系ブログでありながら、音楽の話題ではなくてすみません。
次回はアルバム・レビュー記事を書くつもりです。ブログ復帰第一弾として、あるアルバムのレビュー記事を書こうと随分前から決めていたんです。そのアルバムが今週リリースされ、今聴き込んでいる最中です。

今週リリースという事で、勘の良い人はお気付きかも知れませんね(笑)
次はこのアルバムに関しての感想、レビュー記事を書こうと思っていますので、楽しみにしていて下さると嬉しいです。
[PR]
近況報告です ◇ 2012年 02月 08日
長い休暇を頂いてしまい、申し訳ありませんでした。
何とか元気でやっております。

長い間お休みしている間に沢山のコメントを頂戴していたようで、レスも付けずに放置していたことをお許し下さい。
この場を借りまして、コメントを頂戴した皆様に対し心からのお礼を申し上げるのと同時に、レスを付けなかったご無礼をお詫び申し上げます。

年が明けてからも仕事の方が相変わらず忙しく、毎週毎週、週の半分位は出張という状態が続いておりました。1泊・2泊・日帰りとまちまちな出張ですが、やはり疲れます(笑)
加えて年の初めに歯の調子が突然悪くなり、医者通いの日々だったり・・・。色々多忙でした。

正直なところ、年明けからほとんど音楽を聴いていません。これは別に時間が無いという訳ではなくて、年末年始に録り溜めたTV番組(ドラマ・バラエティ・映画)等の整理に時間を使ってました。
1月に入り、以前から使っていたペガシス社のBlu-ray/DVDオーサリングソフト「TMPGEnc Authoring Works」がversion5となってリリースされ、これが実に使いやすく快適な環境となったために色々このソフトをいじっておりました。
ペガシス社の動画関連ソフトは以前より色々使ってましたが、今回のは本当に使い勝手も良く、決してスペックが高いとは言えない私のPCでも快適に動いてくれています(エンコードに時間がかかる場合もありますが)。
今回のバージョン・アップで、MPEG-4 AVC/H.264ストリームでのスマートレンダリングに対応したこと、MKVコンテナファイルや、H.264ストリームFLV、MOV、WebMなどの入力にネイティブで対応したことで、今までBDレコーダーで長時間録画した動画についても快適に編集・オーサリングが出来るようになったんです。この機能を待っていた私としては非常に嬉しいバージョン・アップだった訳です。
あまり興味の無い方には「何のこっちゃ?」というような話かも知れませんが・・・(笑)
最近はこのソフトを使って、WOWOWで放送された録画したままになっていたドラマを纏めて1枚のBD-Rに焼いたり、お気に入りの映画を2~3本纏めてBD-Rに焼いたりして過ごしていました。
ちょっと凝ったメニューを付けたりも出来るので、色々とソフトを使うのが面白くて自由な時間の殆どを動画編集に費やしてしまいました。

Music Avenueは音楽の話題中心のブログでありたいという気持ちは今でも変わっていないのですが、このような優れたソフト(有料ソフト/フリーソフト含めて)も紹介していきたいなとも思っています。
皆さんあまり興味が湧かないかも知れませんけれど(汗)

とにかく元気でやっております。
仕事の方も2月後半になれば落ち着いてくると思いますし、音楽の話題もネタは色々ありますので、またのんびり更新していこうと思っています。
音楽の話題に関しては、以前のようなお気に入りのアルバムや曲について、文章を中心にした記事になるとは思います。
文章中心となると、文才の無さゆえに頻繁な更新は無理なのでマイペースで行こうと思います。
こんな"Music Avenue"ですが、今後もよろしくお願い致します。

追伸:YouTubeのアカウントを再度取得しました。しかし、音源をアップするつもりはもうありません。では何に使うか・・・、これから考えます(笑)
[PR]
かなり久しぶりのエントリーとなってしまいました。このエントリーが今年最後となります。

まずはご報告から・・・。
YouTube側から、私のアカウントを削除されました。以前からこうなるだろうとは思っていましたし、覚悟もしていたんでショックということはありませんが、今までUPしてきた音源が全て観れなく(聴けなく)なってしまいました。
私のアカウントをお気に入りに登録してくれていた人が200人以上いましたので、こんな形になってしまい、申し訳無い気持ちもあります。すみません。
今回の件も含め、新しい年はどういう形で音楽について書いていこうか思案中ですが、まだ形が見えていません。ゆっくり時間をかけて考えようと思いますが、何が良い案があったら教えて頂けると嬉しいです。

今年1年を振り返ってみると、仕事面においては凄く充実していました。
とにかく忙しかったという感じだったのですが、忙しい思いをした分だけ結果も出せたし、業績も3月の年度末を迎える前に年度計画を上回る売上を達成できそうです。

反面、私的な部分においては精神的に不安定な時期があったり、肉体的な衰えによる体調不良が続いたりして決して良い年だったとは言い難い1年間でした。
特に12月に入ってからの体調は過去最悪と言って良いほど酷いものでした。この前のエントリーで書きましたが原因不明の肩の痛みから始まり、今は手先がたまに痺れるような状態になってしまいました。毎晩湿布のお世話にならないと眠れないという情けない状況です。加えて2週間前にひいた風邪が直らず、風邪をひいたまま年を越しそうです。
きっと自分の精神年齢と肉体的な実年齢のギャップが歳を重ねる毎に大きくなっているんでしょうね。いつの間にか無理をしようと思っても無理が出来ない体になっていることに愕然としてしまいました(汗)

精神的にも21年間一緒に暮らしてきた愛猫の死があったり、東日本大震災があったり、直接的なダメージがある訳ではないのですが、ボディブローのようにじわじわとダメージを受けてきたような、そんな気がします。本当に色々考えさせられた1年でした。

取りとめの無いことを長々と書いてしまいました。
今年1年、エントリーの数は少なかったのですが、ブログを続けてこれたのは訪問して下さった沢山の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
来年は体調管理を万全にして、無理をしない程度にエントリーしていこうと思っています。音楽の話題を中心にとは考えていますが、もっと幅を広げてみようかとも思っています。
こんなブログ"Music Avenue"ですが、暇な時間にでも覗いてもらえたら嬉しいです。
来年もよろしくお願い致します。

最後に12月3日のエントリー後に沢山の励ましのコメントを頂戴しました。個々に返信せずにまとめてのお礼になってしまいますが、本当にコメントありがとうございました。
個々に返信しなかったご無礼をお許し下さい。皆さんの温かいコメント、心に沁みました。
来年もまだがんばれそうです。

今年も残すところあと1日です。
2012年が皆さんにとって良い年となりますように!
良いお年をお迎え下さい。
[PR]
今、想うこと・・・ ◇ 2011年 12月 03日
久しぶりの更新になってしまいました(汗)
今夜は音楽の話題ではありませんが、良かったらお付き合い下さい。

最近は仕事が忙しく、肉体疲労と体調不良との戦いの毎日です。年内にまだ出張も多く、老体をどう騙して頑張っていくかが課題となっております(笑)
特にここのところ肩の痛みが酷く、長い時間キーボードを叩いているのが苦痛な状態です。おそらくこれが"五十肩"というやつなんでしょうね、きっと。寝ていて、寝返りするだけで激痛が走ったりで、なかなかぐっすり寝られないというのも辛いです。

そんな状態だったので、ブログの更新をサボってしまってました。
その間、ふとこのブログの今後についてあれこれ考えておりました。
2005年9月に自分の好きなアーティスト、思い入れの強いアルバムや曲を紹介したいと解説したブログなんですが、既に6年を経過してブログ解説当時に考えていた以上に沢山のアーティスト、アルバム、曲を紹介出来ました。
正直なところ、今書きたいと思える音楽ネタがあまりありません。
最近では、自分で音源をYouTubeにUPして紹介していますが、これだって決して褒められた行為ではありませんし、限界もあります。
"Music Avenue"というタイトルを付けたのも音楽ネタに拘りたかったからなので、音楽ネタ以外の話題でお茶を濁すのも嫌なんですよね。
かと言って、書きたい音楽ネタが見つかるまで1週間なのか、一ヶ月なのか、数ヶ月なのか分かりませんが、ブログを放置しているというのも性に合いませんし・・・。

そんなこんなで、ここらで音楽に特化したブログに見切りをつけようかなんてことも考えたりしています。
別にブログを止めたいという訳ではないので、音楽に拘らない話題で続けていくのは可能なんですが、その時には多分ブログのタイトルを変えて心機一転という形になるでしょう。

おそらく肉体的疲労がこんな弱気なことを書かせているのかも知れません。まずは体調を整えないと、"Music Avenue"を休止するにも、新しいブログを始めるにも難しいと思っています。元気になったら、今日書いたこともすっかり忘れて更新していくかも知れませんし(笑)

更新が滞りがちなのに毎日沢山の皆さんが訪れてくれています。皆さんには本当に感謝しています。
ありがとうございます。
いずれにせよ、まだまだブログを続けていきたい気持ちを持っていますので、もし良かったらたまに覗いてやって下さい。よろしくお願い致します。
[PR]
近況報告・・・ ◇ 2011年 09月 11日
まる1ヵ月以上ブログを放置状態にしてしまいました。
その間、いろいろとご心配下さった方もいらっしゃったようで本当に申し訳ございません。
何とか生きてます(笑)

8月中旬の夏休みに台湾旅行へ出かけた後も仕事が尋常では無い忙しさでして、心身ともに疲労困憊状態が続いておりました。
先週も1週間に九州地方、上信越地方、沖縄に出張でした。夏バテ気味なところにハードな仕事が続いていて、とにかく肉体的疲労とストレスが半端ではありませんでした。
加えて、アナログ音源をデジタル化したwavファイルの保管やPCのバックアップ用に使っていた外付けHDDがクラッシュ・・・。
何とかデータを復活させようと専門業者に見積もってもらったところ、15万円以上の費用がかかるということで断念。

様々な要因が重なり、モチベーションは下がりっぱなしと言うか、ヤル気"0"になってしまいました。家に帰ってPCの電源を入れてもメールチェックだけで何もせず、電源を落として寝るような日々が続きました。

こんな放置状態にも関わらず、毎日沢山の方が覗いてくれていたようですし、コメントも沢山頂戴しました。
kotaroさん、ちょっとオタクさん、TDRさん、240_8さん、みなみさん、早苗さん、江口せいらさん、サボテン5さん、WINDYさん、yoshiさん、K'z50さん、yaichiさん、 KAYAさん、Kenny Uさん、コメントを頂戴しておきながらレスもせず失礼しました。
この場を借りてお礼とお詫び申し上げます。
初めてコメントを頂戴した方も沢山いらっしゃいましたのに、このような形で個々にレスもせずに済ませてしまう管理人の無礼をお許し下さい。

まだもう少し忙しい日が続きそうなのですが、9月23日はブログ開設記念日であり、私の誕生日なのでこの頃には復活したいなと思っております。
こんなブログですが、思い出した時にでも覗いて頂ければ嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。

ここ1ヵ月程、殆ど音楽を聴いていませんでした。折角買った達郎さんの新譜もまだ聴いてません。
余裕が出来たらゆっくり楽しみたいと思います。音楽は私にとって大切なモノなので、本当に楽しめない時には聴きたくないんですよね。
早く音楽を心から楽しめるような時期が来るのを心待ちにしている状態です。

最近のストレス発散は、出張先への移動中の飛行機や列車の中でゲーム(PSP)で遊ぶことです(笑)
[PR]
6月19日午前1時、21年間一緒に暮らしてきた愛猫(♀猫:以降彼女と書かせてもらいます)が亡くなりました。老衰でした。
21年間も一緒に過ごしていると、飼い主とペットという関係ではなく、もう立派な家族の一員です。
そんな家族の一員を看取るというのはやはり辛いものですね。

彼女の正確な年齢は判りません。我が家に住み着いてから21年という月日が過ぎたのです。随分後になって分かったことなんですが、出会った時には既に避妊手術を受けていたので、最低生後6ヶ月は過ぎていたということになるので彼女の年齢は22歳位かも知れません。
人間に換算すると猫の21歳というのは100歳になるとのこと・・・。22歳なら104歳だそうです。

彼女との出会いは21年前の夏、7月頃だったと思います。
嫁さんが私以上に猫好きで、当時住んでいたアパートの近所に住む顔馴染みの野良猫にエサを与えていたんですが、ある日突然彼女が姿を現し、顔馴染みの野良猫達を蹴散らしてエサを貪り食べたそうです。翌日、嫁さんが会社から帰ってくるのを物陰で待っていたようで、嫁さんがアパートの前に着いたと同時に姿を現しエサをねだったそうです。
ただ、その翌日位だったか私達夫婦は夏休みで海外旅行へ。4~5日家を空けることになり、流石に彼女も待っていないだろうと思いきや、帰ってみるとしっかり待ってました。
しばらくは家には入れなかったのですが、いつしか玄関の前で帰りを待つようになってしまい、すぐ隣に住む大家さんにバレてはまずいと家の中に入れてやるようになったんです。
そうなると彼女は図々しいもので、当然のような顔で住み着いたのでした。

私も結構な猫好きで、実家に居る時から猫を飼ったりして色んな猫を見てきましたが、彼女はそれまで出会ったどんな猫より変わっていました。
まず、鳴き声。♀猫とは思えない低い鳴き声で、しかも「ニャー」とは鳴かず「アー」と鳴く。
自分を猫だとは思っていないのか、他の猫には全く興味を示さず、友達を作ろうともしない。
私達夫婦には妙に甘えるくせに、他の人間には全然懐かない。友人が遊びに来ると押入れの中に友人が帰るまで隠れている始末。
元々猫は勝手気ままで我侭な動物ですが、彼女の我侭は相当なもの。エサを出せと鳴くので出してやっても気に入らないと、「アー、アー」と可愛くない鳴き声で思い切り文句を言う。
猫の癖に日本蕎麦をツルツルと器用に食べる・・・。とにかく変わった猫だったんです。
でも私達夫婦の事は大好きだったらしく、いつも側にくっ付いてきて撫でてくれとねだってくるのです。
なんだかんだ言っても可愛かったし、一緒に過ごした21年はとても楽しい日々でした。

今のマンションに越してからは、一切外に出ない家猫になってしまいましたが、特に外に出たがることもなくて助かりました。
ただ、昼間は夫婦共働きなので彼女一人で留守番になります。やはり寂しいのか、我々が帰ると我侭言いたい放題って感じでしたけど。

最近は年齢の事を考えて、エサも塩分控え目にしたり、定期的に動物病院へ連れて行って血液検査をしてもらい、少し腎臓が弱っているというので薬を毎日飲ませたりしてました。
ほんの1ヶ月前まではとても元気で、このままなら30歳を超えるのではと夫婦で話をしていたばかりだったのに・・・。

1ヶ月程前、動物病院で検査してもらった時は特に異常はみられなかったのですが、2週間程前から食欲が落ちたり、戻ったりするようになりました。後脚も細くなり始め、今迄飛び乗れてた所に乗れなくなったり、歩いていてもふらつくことが出てきました。
そして1週間位前から突然自分ではエサを食べなくなってしまいました。私達が口元までエサを運んでやると食べるのですが・・・。
でも食べること自体疲れてしまうようで、ほんの少しの量しか食べません。
そうなると日毎痩せていき、ついには立ち上げるのもやっという感じになってしまいました。
3日程前にはもう口元にエサを運んでやっても食べません。無理やり口を開けさせてエサや水をやるようになってしまいました。
少しでも食べてもらおうと、嫁さんは毎日好物の刺身や缶詰を買ってきて与えても殆ど食べません。
木曜日の夜には立てなくなり、トイレも寝たままでお漏らししてしまう状態に・・・。
日毎弱っていく姿を見るのは何とも辛く、何度も涙が溢れてきました。
金曜日の朝にはエサを与えようとしても口を開けません。見た目にも今日が危ないという状態になってしまいした。
私も嫁さんも仕事が休めず、後ろ髪を引かれる思いで会社へ。でも心配で仕方ありません。
一人ぼっちで逝かせてしまうのはあまりにも可哀想で、何とか帰るまで待っていてくれと祈るしか出来ません。
夫婦共に定時に会社を飛び出て家に飛んで帰りました。

私が先に家に着いたのですが、朝座布団で寝ていたはずがフローリングの床に横たわっていました。
一瞬もう駄目かとも思ったのですが、まだ意識もあり大丈夫でした。
フローリングから座布団に移して寝かせてやると、気持ちが良かったのかお漏らしを。
きっとトイレに行こうと頑張ったのに力尽きてフローリングで倒れてしまったのかも知れません。
それを考えると涙が出てきました。
やがて嫁さんが帰宅。その時には意識があって嫁さんの腕に抱かれて気持ち良さそうにしていましたが、夜中の2時過ぎ頃から意識が無くなりました・・・。
もう数時間の命だろうと思っていましたが、それから1日頑張ってくれました。
舌が呼吸の邪魔をするのか、途中苦しげにしていることもありましたが最後はいつもの気持ち良さそうに寝ているような顔で逝きました。
最後に夫婦二人で看取ってやることが出来て、本当に良かったです。それだけが救いという気がします。

陽が昇ったらペット霊園に行き、最後のお別れをしようと思っています。

彼女が私達夫婦と暮らした21年間が本当に幸せだったのかは彼女に聞いてみないと分かりません。
聞いたら聞いたで文句を言われそうですが・・・。
でも、21年間も長生きしてくれたのが、ただ、ただ嬉しいです。
本当に楽しい思い出ばかりの21年間でした。本当にありがとう。そしてゆっくり休んでね。

e0081370_338156.jpg

[PR]
前略おふくろ様 Ⅱ ◇ 2011年 05月 31日
e0081370_2359438.jpg


5月11日~5月28日にかけてCS放送の日テレプラスで、私の大好きだったTVドラマ「前略おふくろ様 Ⅱ」(全24話)が放送されていました。
私と同世代の方ならご存知でしょうが、「前略おふくろ様」は萩原 健一主演のドラマで、Part.1が1975年10月~1976年4月にかけて放映され、今回放送されたPart.2は1976年10月~1977年4月にかけて放映されました。

舞台は東京の下町・深川の料亭。
その料亭に板前見習いとして働く萩原 健一を中心とした様々な人間模様を描いたドラマで、原案は倉本 聰。脚本も当然倉本 聰が手掛けていましたが、Part.1は他に市川 森一、高階 有吉、金子 成人も加わっていたようです。Part.2になってからは脚本は全て倉本 聰が手掛けています。
「前略おふくろ様~云々」というショーケンのナレーションが特徴で、ドラマの中の主人公が心情をナレーションによって語るというのは、後に倉本 聰の代表作とも言える「北の国から」にも受け継がれます。
「前略おふくろ様」を倉本 聰が書いていなかったら、「北の国から」も存在しなかったのかも知れませんね。
主人公の心情をナレーションで語ってしまうという形は、ある意味では禁じ手と言えるかも知れません。
しかし、このドラマでショーケンが演じる片島 三郎なる人物は、口下手で木訥な青年であり、思ったことを上手く言えないタイプなので、このナレーションに関してはごく自然に受け入れられるんですよね。

「傷だらけの天使」で、アウトローの世界に生きる小暮 修を演じたショーケンも痺れましたが、小暮 修とは全く正反対の世界に生きる片島 三郎を演じたショーケンには本当に痺れました(笑)。
勿論倉本 聰のキャラの設定が見事だったのかも知れませんが、やはりショーケンが演じたからこそ、このドラマは面白かったんです。

このドラマがリアル・タイムで放送された頃は、私を含め周りの友人達も皆ショーケンに憧れてました。
ですから、Part.1もPart.2もリアル・タイムで全話観ていました。再放送も何度かあったように思います。
しかし、ドラマの内容に関しては所々印象的なシーンは覚えているのですが、話の内容までは覚えていないものです。何しろ35年も前に作られたドラマですから・・・。
ですから今回、全24話通してドラマを観て、改めてドラマの面白さに触れることが出来たと同時に本当に良いドラマだったなと再認識しました。

私の場合、Part.1も好きだったのですが、Part.2の方が断然好きなんです。特にキャスティングが良かったんですよね。
Part.1から引き続き出演している梅宮 辰夫、小松 政夫を筆頭に、このドラマで一躍世間に名前を知られることになった室田 日出男、川谷 拓三、桃井 かおりは相変わらずというか益々良い味を出しています。
Part.2から登場する"ピラニア軍団"(知ってますかね・・・笑)を作った男、志賀 勝の演技も絶妙です。
でも私がPart.2が好きな大きな理由は、八千草 薫と木ノ内みどりが出演していたからなんです。
ショーケンの働く料亭「川波」の女将が八千草 薫で、その娘役が木ノ内みどりなんですが、とにかくこの二人が可愛いんですよ。
美人で人柄も良いんですが、どこか抜けていて頼りない女将役を八千草 薫が見事に演じています。
可愛らしさでは娘役の木ノ内みどりに決して負けていないのが凄いです。昔から私は八千草 薫さんが大好きなんですよね(笑)
そして木ノ内みどり。演技云々ではなく、もうとにかく可愛いです。1番彼女が輝いていた頃でしょう。
ドラマの中で母子で同じ服を買って大喧嘩するシーンがあるのですが、これが笑えるんですね。娘に対し、本気で対抗意識を燃やす女将。こういう役は八千草 薫しか演じれないだろうとさえ思えます。

ショーケンの豊かな顔の表情や演技、八千草 薫のとぼけた演技、嫁と姑の間に挟まれ、身動きの取れない室田 日出男の演技に笑わされ、そして川谷 拓演じる鳶職・利夫の桃井かおり演じる岡野 海へ一途な想いで泣かされました。
確かに倉本 聰の脚本らしいと言ってしまえばそうかも知れませんが、やはり演じた役者、つまりキャスティングの良さがドラマの成功に繋がったと私は感じています。

ぜひとも多くの人に観てもらいたいドラマです。出来ればPart.1から続けて観た方が良いのでしょうが、このPart.2だけでも楽しめるような作り方がされています。
私のお薦めは断然Part.2です。機会があったらぜひ観て下さい。ショーケンに対するイメージが変わるかも知れません。
実際私の嫁さんは、ショーケンの事に関心がなくて「傷だらけの天使」を私が観ていても一緒に観るということはほとんどありませんでしたが、「前略おふくろ様」は笑ったり、泣いたりして一緒に観ている位ですから(笑)

ん~、やっぱりショーケンは良いですね!!
[PR]
祈り ◇ 2011年 03月 15日
14日 月曜日
通常1時間の通勤時間のところを3時間かかって出社。
帰宅するのに4時間かかった。
その内2時間半は徒歩。革靴だった為、両足裏にマメが出来てやがて潰れた。

でも私には帰る家がある。
家族と食卓を囲める。
温かい風呂に入れる。
ベッドで眠れる。

"幸せ"だと痛感する。

そして祈る。
避難生活を余儀なくされている多くの人にこの"幸せ"が一刻も早く戻ることを・・・。
[PR]
無題 ◇ 2011年 03月 12日
東北太平洋沖地震におきまして、亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。
そして、被災された多くの方々、今もなお避難生活を余儀なくされたり、救助を待つ方々におかれましては、何の慰みにもならないとは思いますが、心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地で多くの命を救おうと懸命な救助活動に従事されている皆さんには、心から感謝致します。

今回の地震で改めて地震、そして津波の恐ろしさを痛感いたしました。
たまたま社内で打ち合わせ中の地震でした。こんなに怖い思いをしたのは、初めてと言って良いかも知れません。特に二度目の大きな揺れ(茨城県沖地震)の時は、正直なところ東京が壊滅するかもとさえ思いました。東京にいる私でさえこの恐怖でしたから、東北地方にすむ方々の恐怖は相当なものだったでしょう。心が痛みます。
次々にTVで放送される被災地の状況を観る度に何とも言えない悲しい気持ちになります。

今回1番不安だったのが、家族や大切な人達への連絡がなかなか取れなかったことでした。"無事でいるのか?"、"無事でいることを伝えたい"と思っても通信網も麻痺状態で、本当に不安な時間が数時間続きました。
私達夫婦は共働きで、なかなか連絡(メール、電話共に)がつきませんでしたが、やっと連絡が取れお互い無事であることが出来て一安心しました。
嫁さんが会社から私の会社まで2時間以上かけて歩いてきて、私の会社で合流しました。そして嫁さんの実家が私の会社から徒歩20分位の所でしたので、昨夜は実家に一泊させてもらいました。
私の会社の人間の大半が会社で夜を明かしたと思いますので、私達夫婦は非常に幸運でした。
一夜明け、電車が動き出すも間引き運転に加え、徐行運転の為に帰宅するのに普段の倍の時間がかかりました。
幸い我が家では、CDがラックから落ちたり、本棚の本が落ちたりしていましたが、壊れたものは植木鉢に写真立て位なもので被害は少なかったです。

まだ救出をまっている方が沢山います。現状の把握さえままならない地区もあります。どうか一人でも多くの方がご無事であること、そして救出されることを願っております。

最後に沢山のコメントを頂戴しておりますが、こういう状況なのでレスを控えさせて頂きますことをお詫びすると同時にご了解下さいますよう、よろしくお願い致します。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon