Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
カテゴリ:雑記( 98 )
| |
会津旅行記 ~行程編~ ◇ 2009年 11月 09日
11月7日~8日と紅葉を楽しもうと会津へ旅行してきました。
今回は音楽ネタではありませんが、なかなか楽しい旅行でしたので、皆さんにもその雰囲気を御裾分けしたいということで旅行記ですがお付き合い下さい。

まずは"行程編"です。

『1日目』

11月8日午前6時に家を出発。
一路会津を目指し首都高速"中央環状線"から"川口線"へ入り"東北自動車道"へ向かうのですが、ここでいきなりのアクシデント・・・。東北自動車"浦和~加須"まで20Km以上の事故渋滞!しばらくは我慢です(笑)
渋滞を抜け、東北自動車道"郡山JCT"から磐越自動車道へ。"猪苗代磐梯高原IC"で高速を降り、第一の目的地"諸橋近代美術館"へ向かいます。進行方向左側に"磐梯山"を眺めながら走ります。期待していた紅葉は、残念なことに終わりかけていました。おそらく11月初めの寒波で葉が散ってしまったのでしょう。実際7日~10日前までは綺麗だったようです。

出発から5時間後の午前11時に"諸橋近代美術館"に到着しました。
e0081370_2153261.jpg

なかなかお洒落な建物です。目の前には池や小川が流れていて雰囲気がとても良い所ですね。
この美術館には、シュルレアリスムの鬼才と呼ばれるスペインの芸術家・サルバドール・ダリの作品が数多く展示されています。ダリと言えば"奇人・変人"といったイメージを持っていましたが、実際に絵画や彫刻の数々を眺めていると、やはり"天才"であると再認識しましたね。

美術館を後にして、次に向かったのは裏磐梯の名所のひとつ"五色沼"へ。とりあえず美術館からすぐの場所にある"毘沙門沼"へ。
e0081370_21165960.jpg

池のほとりにあるもみじの木は綺麗に色付いてました。
時間は既に昼過ぎ。お腹も空いてきたので、当初から予定していた喜多方へ向かいます。
目的は"ラーメン"です(笑)。もちろん古い造り酒屋の蔵の見学も楽しみです。
喜多方へ向かう途中、"桧原湖"を沿うように車を走らせます。猪苗代湖に比べれば小さい湖ですが、高原の風景とマッチした綺麗な湖でした。
写真は、道の駅から桧原湖を写したものです。

e0081370_21312382.jpg

約1時間のドライブで喜多方に到着。下の写真の大和川酒造・北方風土館の駐車場に車を入れて、少し散策。
e0081370_0451582.jpg

案内所でラーメン・マップを貰い、ラーメンの写真を見て食べたいと思ったお店へ向かいます。
行ったお店は"松食堂"。お隣は人気店"坂内食堂"で、凄い行列が出来てました。"坂内食堂"にも興味はあったのですが、写真で見る限り"松食堂"のラーメンがおいしそうだったので"松食堂"に決めました。"松食堂"もそこそこお客さんが並んでました。
メニューはラーメンとチャーシューメン、その大盛りの4種だけです。迷わず頼んだのは"チャーシューメン"(笑)
e0081370_21405477.jpg

あっさり系しょうゆスープに太麺。太麺好きのわたしにはたまりません(笑)
チャーシューも柔らかく、スープとよくマッチしていて本当においしかったです。

続いて向かったのは、本日の宿のある東山温泉のある会津若松。
会津若松と言えば見ておきたいのが"鶴ヶ城"です。のんびりと車を走らせて約1時間。午後3時30分頃に"鶴ヶ城"に到着しました。
裏磐梯よりも南に位置しているせいか、紅葉も若干残ってました。
まずは"鶴ヶ城"
e0081370_2153694.jpg

敷地内ではまだ紅葉が楽しめました。
e0081370_21542073.jpg
e0081370_21543060.jpg
e0081370_21544239.jpg

約1時間程散策して、本日の宿のある東山温泉へ向かいます。
東山温泉は会津若松から車で10分~15分程度という便の良い温泉地です。
本日の宿は、"瀧の湯"が、今年1月のオープンしたばかりの客室専用露天風呂付のスイートルーム4部屋からなる"松島閣"です。
宿の様子や食事については『会津旅行記 ~宿編~』で・・・(笑)
宿ではのんびり風呂に入り、おいしい食事を頂きました。流石に疲れたのか、爆睡できました。

『2日目』

2日目は宿を午前9時30分に出発。
向かったのは今回の旅行の目当てのひとつ南会津にある"大内宿"。宿からは約1時間程のドライブです。
"大内宿"では萱葺き屋根が並ぶ旧街道の風情を楽しむのと、名物"三澤屋"さんの「高遠そば」を食べることです。
"大内宿"の手前までは順調でしたが、あと1kmというところで駐車場へ入る車で渋滞!。結局駐車場に入るのに40分程かかりました。駐車場に車を入れ、まずは"三澤屋"へ。
e0081370_22171662.jpg

超人気店なので、まず予約しないと食べれません。11時30分頃に予約入れた時にはすでに1時間30分待ちでした(笑)。
その待ち時間の間に"大内宿"を散策しました。
e0081370_22195264.jpg

e0081370_22201085.jpg

お土産屋さんをぶらぶら眺めながら時間を潰して、午後1時"三澤屋"へ。
頼んだのは勿論、長ネギを箸代わりに食べる"高遠そば"。
e0081370_22243130.jpg

冷たい鰹だしのつゆに大根おろし、鰹節が乗ったそばです。長ネギをかじりながらそばを食べるのですが、これが美味でした。1時間30分待っただけに余計おいしく感じたのかも知れませんね(笑)
私が店を出る頃は2時間以上の待ち時間だったようです。

今回の旅行の最後に訪れたのは、"大内宿"から近い"塔のへつり"へ。
"塔のへつり"は、南会津東部を流れる大川が形成する渓谷にあり、長年の歳月による浸食と風化の作用によって形成された柱状の断崖です。
駐車場の裏が雑木林になっており、一面落ち葉の絨毯状態になってました。
e0081370_22344522.jpg

お目当ての"塔のへつり"です。
e0081370_223537100.jpg

写真の吊り橋はかなり揺れるようです。私は高所恐怖症なので渡れません(汗)
嫁さんひとりで渡っていきました・・・(笑)

既に時刻は午後2時30分。ここから白河まで一般道を走り、東北自動車道"白河IC"から千葉へ・・・。
途中4~5箇所で渋滞に巻き込まれながらも午後8時に我が家に到着しました。5時間30分のドライブはさすがに疲れました(笑)
でも2日間は、会津地方も天気が良くて、11月とは思えない20度近い気温でした。
本当に行楽日和の2日間で楽しい旅行でしたから、リフレッシュできたので良かったです。
ちなみに2日間の走行距離は700kmでした。

もし興味があれば『会津旅行記 ~宿編~』も見て下さいね。
[PR]
小春日和とコスモス ◇ 2009年 09月 26日
e0081370_22472164.jpg

今日は天気が良かったので、嫁さんとドライブがてらコスモスを見に行ってきました。場所は千葉県成田市内にある小さな公園の一画。コスモス畑としての規模は決して大きくありませんが、とても綺麗でした。
太陽の陽射しは、まだ夏の名残りを感じさせるものの、吹く風は涼しくて体感的には"小春日和"という感じでしたね。印旛沼にも近いこともあり、赤トンボがせわしなく飛び回り、コオロギも鳴いてました。確実に秋になっているんですね。

e0081370_22532820.jpg

ピンク、赤、白の3色のコスモスが満開に近い状態でした。ここのコスモスは花が大きくて存在感がありました(笑)
特に綺麗なのがピンク色のコスモス。

e0081370_22553180.jpg

元気に咲いている感じが伝わりますか?

さて"小春日和"と"コスモス"で思い出されるのは、やはり山口 百恵の1977年のヒット曲「秋桜」でしょう。

e0081370_22581369.jpg 

「山口 百恵_秋桜」
Side.A : 秋桜 (作詞・曲:さだ まさし、編曲:萩田 光雄)
Side.B : 最後の頁 (作詞・曲:さだ まさし、編曲:佐藤 準)

私と同年代の方なら知らない人はいないであろう名曲ですね。
作詞・作曲:さだ まさし、編曲:萩田 光雄によるこの名曲は、私が18歳の頃ヒットしたんですが、当時はまだこの曲の本当の良さが分かりませんでした。
私が30歳を過ぎた頃だったでしょうか、この曲を聴いていて何故か目頭が熱くなったんですね。
さすがさだ まさしですね。"詞を聴かせる"ことに関しては日本一のソングライターだと思っていましたが、この詞にはやられました。
自分が結婚する時に親が本当に喜んでくれまして、そんな親の喜ぶ顔が記憶に残っている状態でこの曲を聴くと・・・沁みてくるんですよね~。
おそらく山口 百恵もこの曲をリリースした頃は、この曲の本当の良さはまだ分かっていなかったのかも知れませんが、恐ろしいくらいに良い歌を聴かせてくれるんですよね。やはり彼女は並では無いです。

今日一日"秋"を堪能した私の戯言でございました(笑)
[PR]
4周年・・・ ◇ 2009年 09月 23日
いつも当ブログをご贔屓下さり、本当にありがとうございます。

今日9月23日で、ブログ開設4周年を迎えることが出来ました。これも訪問して下さる沢山の皆様のおかげであると感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございます。
同時に今日でとうとう50歳になりました。
自分が学生だった頃は、50歳になった自分を想像すら出来ませんでしたが、なってみると精神的には学生時代からあまり成長していないかも知れませんが、体力的には確実に老いておりますね(爆)。

昨年3周年を迎えた時は3日に1度のペースで更新出来ていましたが、今は酷いもので1週間に1度更新出来れば良いという状況になってしまいました。
にも関わらず毎日沢山の方が訪れてくれています。これは本当に励みになりますし、ヤル気を失わずに済んでいます。そこで体力的な衰えと気力をどうバランスをとっていくかを色々考えました。

ここ数年の記事は、基本的にアルバム全曲のレビューという形でしたが、これからは特に思い入れの強い曲や好きな曲をピックアップして数曲のみのレビューに変えようかと思っています。ただでさえ薄っぺらいレビュー記事が益々薄っぺらくなりますが、少しでも頻繁に更新したいという思いと、少しでも長くブログを続けていきたいという思いが強いので、スタイルを変更させて頂こうと思います。どうかご理解頂けますようお願い致します。

これからも"Music Avenue"を可愛がって下さるよう心よりお願い申し上げます。

さて、話は変わりまして皆さんはSWをどう過ごされましたか?
中にはお仕事だった人もいるかも知れませんね。ご苦労様です。
私は5連休でした。直前まで出張続きでストレスも溜まってましたので、この連休は目一杯遊ばせて貰いました(笑)
初日と3日目は車弄り、2日目はお墓参り、4日目は釣りに出かけました。釣果は嫁さんと二人でシロギス17匹、正体不明の全長50cmほどのカニ1匹(生きているときは匹と数えるそうです)、全長5cmほどのハゼ1匹でした。カニとハゼはリリースしました。そして今夜の食卓にはキスのてんぷらが並ぶ予定です(笑)。最終日の今日は、午前中は洗車(これも最近のストレス発散のひとつになってます)で午後は買い物でした。墓参りや釣りでそこそこ車も運転出来たし、釣りも予想以上に釣れたんで良いストレス発散になったSWでした。
明日からはまたいつもの日常ですが、心機一転頑張ろうと思います。
皆さんも頑張って下さいませ。

追伸:今日はこの記事だけでなく、レビュー記事もアップしようかと思ってます。
[PR]
趣味(車弄り)の話 ◇ 2009年 09月 06日
久しぶりの更新です。
現在仕事で週の半分以上を九州出張という日々を送っております。
先週は長崎・佐賀。明日から小倉・大分・福岡に出張です。

コメントを頂戴しておきながら、なかなかレスも出来ずすみません。この忙しさも大型連休前で終了予定ですので、音楽の記事を楽しみにされている方はもう少しお待ち下さいませ。

さて今回は趣味の話・・・。もちろん1番の趣味は音楽を聴くことなんですが、去年車を買い替えてから車弄りという趣味が増えました(笑)。
お金も知識も無いので、大掛かりな弄りは出来ませんが、少しずつ自分好みの車に変えていくというのは楽しいものですね。車ってお金をかけようと思えばいくらでもかけられますが、自分のお小遣いの範囲で、しかも年齢的なことも考慮しながら色々と弄っています。
今回はそんな弄りについて紹介します(本当に大した弄りではありませんが・・・汗)。

まずは去年7月、納車された日に撮った1枚。車種はホンダ・ストリーム(RN-8)です。色は今は設定が無くなってしまったクールアンバー。
e0081370_20564494.jpg 

サイドから撮ったもの。
e0081370_2182616.jpg 

そして今日(9月6日)現在の姿。
e0081370_2194974.jpg 
 
サイドから。
e0081370_21102783.jpg 

違いが判りますか?ほとんど判らないと思います(笑)
見た目で判る弄りはほんの少しなもので・・・。実は下の写真の○印のところを弄ってます。
e0081370_21234771.jpg 

①フロントグリル交換
②フロントロアグリル部にモール貼り付け
③純正HIDバルブを6000ケルビンHIDバルブに交換
④ハイビーム用バルブ交換
⑤ポジション灯をLEDに交換
⑥ウィンカーポジション仕様に変更
ほとんど見た目には判らない所ばっかりですね(笑)

続きまして横から見た時、弄った場所は以下の○印です。
e0081370_21391829.jpg 

①キャリパー塗装
②サイドマーカーをLED仕様に変更
③ピラー部にカーボン調カッティングシート貼り付け
④ドア部にモール貼り付け
⑤テールランプ上部にスモールランプ追加加工
⑥ドアハンドルプロテクションカバー取り付け(他車用を流用)
⑦リアウインカー灯のステルス化

こちらも見た目にはあまり判らない所が多いですかね(笑)
他人にしてみれば「何が変わったの?」というような話(実際に嫁さんの反応はそうです)ですが、結局は自己満足の世界なので、弄っている本人が楽しければそれで良いんです。

車に興味の無い人にはつまらない話だったかも知れませんね。すみません。
しかし、車弄りって結構ストレス発散になりますね。集中して作業しますし、結果が思い通りになると嬉しいものです。
きっとこのブログに訪れてく下さる皆さんの中にも車が好きな人は多いと思います。
本格的に弄りが出来る人からすれば素人丸出しの弄りですね、きっと(笑)

またいつか機会を見て、今度は内装(インテリア部)の弄りも紹介しようかなと思案中です。
[PR]
お詫びとお願い・・・ ◇ 2009年 08月 29日
いつも"Music Avenue"をご贔屓にして下さって、本当にありがとうございます。
拙い文章にも関わらず毎日沢山の人が訪れて下さり、ブロガーとしてこれほど嬉しいことはありません。

実はちょっとお詫びしたいこと、お願いごとがございます。
私事で恐縮なんですが、ここのところ仕事が忙しく記事の更新が滞っております。

今日も早い時間に帰宅しておきながら、疲れの為ちょっと横になるつもりが食事もしないまま寝込んでしまい、目が覚めると深夜2時近くになっているという体たらくでございます(笑)
このような多忙さは以前にも沢山あったのですが、年齢からくる体力の衰え、集中力の欠如が顕著で、気合では体が動かなくなってきました(汗)
9月に入ると、大型連休前までは毎週ほとんど出張となります。ゆえに今にも増して記事の更新は難しくなります。

そこで暫くの間、記事の更新をお休みさせて頂くことにしました。
記事だけなら自分のペースで書けばいいので別に告知するほどのことは無いのですが、頂戴したコメントに対する返信が何日も滞ってしまうという失礼があっては心苦しいので・・・。
もちろん週末は家にいますので、全く記事を書かないという訳ではありません。

相変わらず音楽は毎日聴いてますし、体力的に余裕があれば紹介記事は書いていきます。ただし、今まで以上に不定期になると思います。
そして、コメントに対する返信が遅くなることも多くなるとは思いますが、必ず返信しますのでどうか温かい目で見守って頂けると嬉しいです。

来月の23日は当ブログ4周年と私の50回目の誕生日となりますので、その時には完全復活を果たしたいと考えております。
それまでの間は少ない記事の更新とはなりますが、どうか"Music Avenue"をこれからも可愛がって下さいますようお願い致します。
[PR]
いい歳をして・・・(笑) ◇ 2009年 07月 30日
e0081370_08174.jpg 

今回は音楽ネタではありませんが、最近嵌っているものを紹介します。

その嵌っているというのがTVゲーム。ナインティナインがCMに出演している任天堂Wiiのゲーム「Wii Resort」なんです。CMを見ていて遊んでみたいなと思っていたんですが、先週末にホームセンターで安く売っていて嫁さんが買ってくれました。
このゲームの特徴は、Wiiモーションプラスというリモコンに取り付けると、今まで以上に細かな動きを再現できるという装置が付いていることです。
実際遊んでみると分かるのですが、手首のスナップに敏感に反応します。ゲームの内容によってはモーションプラスが付いたことによって面白くなったというものがかなりあります。

収録されているのは、
①チャンバラ、②ウェイクボード、③フリスビー、④アーチェリー、⑤バスケットボール、⑥ピンポン、⑦ゴルフ、⑧ボウリング、⑨マリンバイク、⑩カヌー、⑪自転車、⑫スカイレジャーの12種類のゲーム(スポーツ?)。
ゲームひとつひとつは他愛の無いものなんですが、遊びだしたら止まらないんですね、これが(笑)
本当に任天堂の作るゲームのバランスの良さには脱帽です。画像の良さではPS3の足元にも及ばないんでしょうが、そんなことは全然気にならない位楽しいですし、十分リゾート気分を味わえますよ。
遊べば遊ぶほど上達していく楽しさは任天堂のゲームならではという気がします。

「ブログの記事をアップせずに、こんなんで遊んでるのか!」とお叱りを受けそうですが、Wiiを持っているならぜひ遊んでみて下さい。
絶対に楽しいですし、ストレス発散にもなりますよ。

私が特に嵌っているのは、ウェイクボート、フリスビー、アーチェリー、バスケットボール、スカイレジャーです。
大人が一人でも楽しいんですから、家族みんな遊べばきっともっと楽しいはずです。

興味のある方は、『Wii Sports Resort』の公式サイト(リンク貼ってます)を見て下さい。きっとやってみたいと思うゲームがありますよ(笑)
[PR]
携帯電話の話・・・ ◇ 2009年 07月 24日
久しぶりの更新になってしまいました(汗)
ここのところ仕事が忙しく、加えて最近体力の衰えが著しい為、疲れがたまってしまいなかなか記事を書く気力すら湧きませんでした。
こんな拙い記事しか書けないブログでも楽しみにして下さっている皆さんに対して、申し訳無い気持ちで一杯です。
相変わらず音楽は聴いて楽しんでおります。この週末には完全復活しようかと思っております。

今回はリハビリを兼ねて音楽以外の話題を少し・・・(笑)
実は先日5年ぶりに携帯電話を買い換えました。それまでは2005年に発売されたDOCOMOのP901iという機種を使っていました。
私は仕事用として会社支給の携帯と個人用の携帯の2台使っていますが、平日の日中は仕事用の携帯で事足りてしまいますので、個人用の携帯が長持ちするんですよ。しかし、流石にフル充電してもメールのやり取りを2~3回しただけで、電池切れの状態になってしまうようになりました。
もちろん電池を新しいモノに換えればまだまだ使えるのですが、"ある目的"もあって買い替えました。

皆さんは携帯を買い換える時のポイントって何ですか?
使いやすさ、デザイン、機能等色々あると思います。特に最近の携帯は本来の電話・メールといった基本機能以外の付加価値の部分での機種間の競争みたいな感じになっていますよね。
私の場合、"ある目的"に使用する為に以前からあれこれ調べていたのですが、その目的を果たすべく機能を持った機種がひとつだけありました。それがP01Aという機種です。(↓の写真)
e0081370_0225749.jpg

私の言うところの"ある目的"とは、車のナビの機能をフル活用したかったからなんです。
丁度1年ほど前に車を買い替えたのですが(過去記事はコチラ)、その車にMOPのナビが付いています。
車に詳しい方ならご存知かも知れませんが、そのMOPのナビはホンダが提供する携帯電話接続によるオンデマンド型の交通情報サービス「インターナビVICS」機能があります。
もちろんFM-VICS多重放送だけでも渋滞情報などは拾えますが、光ビーコン・アンテナを付けなくても携帯電話に接続することで様々な情報を提供してくれるのが「インターナビVICS」の特徴のひとつでもあります。
今回の携帯電話の買い替えは、この「インターナビVICS」を活用するためのものでした。
ですから、新しい機種が沢山出ている中において、あえて去年の秋・冬モデルであるP01Aを選択しました。
その理由は
①Bluetooth機能があること
②完全なハンズフリーによる通話が可能なこと
③外部への映像出力が可能なこと
以上3点です。そして、その3点の要望を満たしてくれたのがP01Aでした。

理由①は、有線によるナビとの接続も可能なんですが、ポケットやカバンに携帯を入れたままで通信可能なBluetoothによる無線通信は、やはり便利ですしスマートです。今では多くの機種がBluetooth対応なので、これが機種決定の大きな理由ではありませんでしたが・・・。

今回P01Aに決めた1番大きな要因は②です。私の車のナビは、音声操作対応になっており、ナビやエアコン、オーディオ等を音声で操作可能なんです。またハンドルには携帯電話のオン・オフフックのスイッチも付いており、Bluetoothで接続していればハンドルを握ったまま、しかも携帯はカバンの中に入れたままで通話が出来るんです。ナビには携帯電話のアドレス帳を読み込むことも可能で、タッチパネルまたは音声操作で簡単に電話をかけることも受けることも出来ます。使ってみると本当に便利な機能なんですが、最新の携帯にはBluetooth機能があっても完全なハンズフリー通話が可能な機種が少ないのです。多少古い形式でもP01Aにしたメリットは大きいので満足しています。
しかし、注意点がひとつ。イヤホン・マイクも付けないで会話が可能なので、傍から見れば運転しながら独り言を言っているようにしか見えないので変人扱いされるかも知れないという危惧があります(笑)

理由③は、ナビにアナログTVチューナーが搭載されているのですが(今時アナログチューナーかよと思うのですが・・・)、やはりアナログTVは画像の乱れが激しく見ていて疲れます。もちろん運転中に見てはいけませんよ!(汗)。わざわざワンセグ、地デジのチューナーを買うのも勿体無いと思っていたんですが、幸いなことにナビの外部映像入力端子がコンソールに付いているので、携帯に繋げられればワンセグも見れる訳です。P01Aは映像の外部出力が専用ケーブルで可能というのも機種決定の大きな要因でした。お世辞にも綺麗な画像という訳にはいきませんが、アナログよりはずっと見やすいですしそこそこ満足しています。

今回携帯を買い換えてみて、5年前と比べてその機能差に驚かされましたね。
カメラとしての機能も雲泥の差があって、今は5.1Mピクセルで自動で顔を認識しますし、手ぶれ補正は当たり前ですし、高感度撮影も可能になっていてフラッシュが付いていないのもビックリでした(笑)
P01Aの売りだった縦・横オープン式でキーボードもそれに合わせて変化するというのも使ってみると非常に使いやすく、よく考えられているなぁと感心してしまいました。
反面、iコンシェルとかiチャンネルみたいな本当に必要かと思えるサービスもあったりしますが、別にあっても損の無い機能ですから良しとしましょう。
まだ使いこなせてませんが、おいおい使いこなしていこうと思っています。

長々とつまらない話を書いてしまいました。
次回はキチンとした音楽の記事を書きますので、時間があったら覗いてみて下さい。
[PR]
群馬~栃木ドライブ日記 ◇ 2009年 05月 04日
GWも後半ですね。皆さんはどんなGWをお過ごしですか?
私は8連休なんですが、嫁さんが暦通りの休みなんで割りとゆったり音楽聴いたり、TVゲームしたりとのんびり過ごしています。
そんな中、5月2日(土)に群馬県館林市と栃木県足利市へ様々な花を鑑賞目当てに日帰りドライブを楽しんできました。

朝7時30分に自宅を出発。朝のニュースで高速の渋滞予想も流れていたので、今回は一般道しか使わないドライブです。
まず目指したのは、群馬県館林市にある"野鳥の森ガーデン"へ。出かける前は3時間程度で到着出来るだろうと思ってましたが、一般道も所々で渋滞・・・。仕方無いですよね。結局4時間かかって、11時30分頃到着。

入場料一人500円払って中に入ってみると想像したより広くはありませんでした。
ここの見所は芝桜とネモフィラを中心とした青い花々を集めた"青のガーデン"です。
どちらも見頃のピークは過ぎてしまってましたが、そこそこ綺麗でしたよ。

まずは芝桜 (↓の写真)
e0081370_044966.jpg

続いて"青のガーデン" (↓の写真)
e0081370_063043.jpg

まるで初夏のような陽気だったので、蜂も元気に蜜集めしてました。
ネモフィラの蜜集め中の蜂 (↓の写真)
e0081370_082120.jpg


"野鳥の森"は広くないので30分~40分程度で見終わってしまいましたので、次の目的地へ。
館林は"つつじ"が有名な所で、向かったのは館林名所のひとつ"県立つつじが岡公園"。
"野鳥の森"からは車で10分程度の距離です。この公園は県立ですので入場料は安いです。しかも開花の状況で入場料が変化します。この日は満開を過ぎて、見頃のピークではなかったので一人300円でした。

公園はそこらじゅう"つつじ"だらけ(当然ですが・・・笑)です。確かに見頃は過ぎてましたが、まだまだ綺麗な花をつけている木も沢山ありました。お昼時で暑さもピークといった感じでした。半そでのポロシャツ1枚で歩いてましたが、少し歩いただけでも汗が出ます。結構広い公園でした。

園内のつつじ (↓の写真)
e0081370_0215651.jpg

つつじをアップで (↓の写真)
e0081370_023543.jpg


公園内の食堂みたいな所で、私は上州名物「焼きまんじゅう」を、嫁さんは「ところてん」を食べて小休止。
日陰に入ると風が涼しくて心地良かった~。この季節が一番気持ち良いかも知れませんね。

公園を後にして、最後の目的地である栃木県足利市へ。
嫁さんが事前に調べてくれていた"あしかがフラワーパーク"へは車で30分程度の距離です。
まもなく"あしかがフラワーパーク"に到着。入場料1,500円は入る前には高いと思いますが、中に入ってみたら納得のお値段でした(笑)
ここは"藤の花"の名所なんですが、これがとにかく凄いです。半端じゃない"藤の花"の数々。藤棚の大きさの凄い事!また藤の花がこんなに良い匂いだとは今まで知りませんでした。

素人写真なのでその凄さが伝わらないと思いますが、こんな感じです。(↓の写真)
e0081370_0331865.jpg

e0081370_0352937.jpg

白い藤の花 (↓の写真)
e0081370_034465.jpg

本当に珍しい八重の藤。まるでぶどうのようでした。(↓の写真)
e0081370_0354437.jpg


今回1番楽しめたのは"あしかがフワラーパーク"でした。
おみやげを買ったり、薔薇の鉢植えを買ったりして2時間30分程楽しんで4時頃に帰路に着きました。
帰りはほんの数箇所渋滞に巻き込まれましたが、おおよそ順調に走ることが出来て、7時30分頃に帰宅しました。
暑さもあったので少々疲れましたが、春ならではの花を楽しめたので良い1日を過ごせました。
明日からのGWの残りは大人しくしている予定です(笑)
[PR]
面白いサイト発見! ◇ 2009年 04月 25日
このブログは訪れて下さる皆さんの大多数が、写真を撮る時に携帯を含めてデジカメだと使っていると思います。今では画素数も増えて、手軽にしかも簡単に綺麗な写真が撮れるようになりましたね。
私も出かける時には嫁さんのお下がりで、かなり古い機種ですがニコンのクールピクス(200万画素)を必ず持って出かけます。
アレコレ撮って、必要な分だけを残していらないモノは削除するという手軽さは良いですよね。

でも撮った写真は、ブログ記事用に使う以外は意外とPCで見ておしまいというケースもあります。綺麗に撮れた写真は印刷して額に入れて飾るという方法もありますが、そんな写真は滅多に撮れません(笑)
せっかく撮った写真ですから、何か面白い使い道が無いかとネット上を探していたら、面白いサイトを発見しました。
そのサイトの名は"Be Funky.com"。(サイト名にリンク貼ってあります)
このサイトは、写真をイラストのように加工してくれるところです。Photoshopのようなソフトでも同じような加工は可能ですが、"Be Funky.com"ではワンクリックで様々なタイプのイラスト調画像へと変換してくれるんです。

例えば撮った写真をTシャツにプリントしようと思っても、普通の写真では気恥ずかしかったりすますよね(笑)
でもイラスト調に変換してしまえば、プリントTシャツとしても結構良いモノになったりすると思いますよ。

実際にどんな感じかと言うと、私の愛車(ホンダ ストリーム)の写真を使って作品例を紹介しましょう。
まずはオリジナルの写真(↓の写真)です。
e0081370_949476.jpg


上の写真を"Be Funky.com"で加工してみます。
「CARTOONIZER」を選択してクリック(色々調整も可能です)すると・・・こんな感じに。(↓の写真)
e0081370_9532374.jpg


他にもこんな感じや
e0081370_9541142.jpg


こんな感じにも加工できます。
e0081370_9544924.jpg


加工した画像はもちろん保存も可能です。
余分な背景を消して加工すれば、さらにイラストっぽく出来ます。
こんな感じに。(これは違う写真を使っています)
e0081370_9565458.jpg


結構面白いので興味のある方は遊んでみて下さい。
[PR]
中伊豆旅行記の第3弾は『宿の食事編』です。
チェックイン時にバトラーさんに食事の写真を撮っても良いか訊ねると、照明を落として雰囲気作りをしているのでフラッシュを使用しなければ全然OKとのことでした。しかし、フラッシュを使わないとどうしても手ブレが出ます。ですから写真によっては鮮明でないものもありますが、ご容赦下さい。

『宿の食事編 ~夕食~』

"ARCANA IZU"の宿泊費には、夕食のフランス料理のフルコース、朝食代が含まれていますが、飲み物は別料金です。
またメインディッシュの魚料理、肉料理、デザートにはコースに入っているものの他に、アラカルトで料理を追加オーダーも出来ますし、コース内の料理をアラカルトのメニューに替えることも出来ます。もちろん別料金になりますが、我々夫婦は肉料理とデザートをアラカルトのメニューに替えました。
夫婦揃ってワインが苦手なのと詳しい知識も無いので、お薦めのアペリティフ(食前酒)・グラス白ワイン・グラス赤ワインの3杯がセットになっているもの注文しました。

テーブル・セットはこんな感じです。(↓の写真)
e0081370_22142924.jpg


最初に運ばれてきたのはアミューズ。いわゆるお通しですね。
小魚を素揚げしたものをふきのとうのソースを付けていただきます。そして桜えびのチップス。これが香ばしいのなんのって・・・。
e0081370_22182169.jpg


そしてコース料理のスタートです。
まず最初は、「一口のアミューズ 3種のアルモニー」なる料理です。(↓の写真)
アルカナ特製の青汁、真イワシと茄子のバロティーヌ(左)、銀形レインボートラウトの燻製の茶巾仕立て(右)
e0081370_22253100.jpg


続いて「冷前菜」です。(↓の写真)
駿河湾・赤海老と熊本産・晩白柚のタルタル、鱒のイクラ添え、花山葵のサラダ添え、
赤海老頭のフリットとクリュスタッセのヴィネグレット(何のこっちゃ、よく分かりませんが・・・笑)
e0081370_22345640.jpg


続きまして「温前菜」です。(↓の写真)
由比産・桜えびと竹の子のギャレット
三島・杉本さんの小松菜のブルーテ和え
e0081370_22365857.jpg


続いてメインディッシュ「魚料理」です。
嫁さんが頼んだ魚料理(↓の写真)
中伊豆・岩本さんが育てた大岩魚のグリエ
コシヒカリと春菊のリゾット、春菊のサラダ添え
ソース・ヴェルジュ
e0081370_22402242.jpg


私が頼んだ魚料理(↓の写真)
御前崎沖・的鯛のブレゼ、ソース・ジュドペルシー
アーモンド風味のヴィエノワーズ仕立て
マイクロトマト・菜の花
e0081370_22414498.jpg


続きましてメインディッシュ「肉料理」です。(↓の写真)
肉料理は夫婦揃ってアラカルト・メニューのもに替えました。
名前は覚えていませんが、静岡和牛のグリル(90g)です。
この肉は柔らかくて本当に美味でした。肉好きの私にとって至福の一時でございました(笑)
e0081370_22473032.jpg


肉料理を食べ終えた時点で、食事開始から約2時間経過しています。相当お腹が一杯の状態になってきています。
続いて出てきたのは「フロマージュ」(チーズ)です。(↓の写真)
フランス産・完熟フロマージュ各種(好きな2種類を選びます)
無花果のポルト酒風味・サラダブーケ
e0081370_22521484.jpg


そして「デセール」(デザート)です。
デザートもアラカルト・メニューのものに替えました。
まずは嫁さんの頼んだ名前は分かりませんがスフレです。(↓の写真)
もうこの時点で腹一杯状態で、普段はデザートは別腹の嫁さんも一口食べてギブ・アップ(笑)
e0081370_22552597.jpg


私の頼んだデザートも名前は分かりませんが、チョコレートを使った温かいデザートでした。(↓の写真)
私のお腹も限界にきており、半分ちょっと食べたらギブ・アップでした。
普段外食やご馳走になる時は決して残さないのが私の主義なんですが、そんな大食漢の私ですら食べきれませんでしたね。
e0081370_22581987.jpg


これで終わりと思ったら大間違い・・・(笑)
「コーヒーとミニャルディーズ」の登場です。(↓の写真)
いわゆる小さなお菓子ですね。
これには全く手が出ず、コーヒーだけおいしくいただきました。
e0081370_2311017.jpg


これでフルコースは終了です。
味付け、盛り付け、そして量のどれも大満足な料理でした。
聞くところによると、このレストランの総料理長・武井 智春氏は、かのフレンチ・レストランの名店"ミクニ・マルノウチ"の総料理長を務めた人物だとか・・・。
本当に素晴らしい料理の数々をおいしく楽しく、そして腹一杯堪能しました。


そして翌朝・・・。

『宿の食事編 ~朝食~』

朝食がこれまた豪華でした。(↓の写真)
パン6種類か7種類、食べ残したらおみやげにしてくれます。
スープ、手作りソーセージ、お好みの卵料理(私は両面焼いた目玉焼き)、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、アルカナ自家製ジャム(おみやげに2種類購入しました)、新鮮な牛乳、フレッシュ・ジュース(私は大好きなトマト・ジュースでした)、そしてコーヒー。これまたご機嫌な朝食でした。
e0081370_23205617.jpg


これで今回のちょっと贅沢な中伊豆旅行は終了です。

さて今回の宿泊費ですが、当然のことながら季節や平日か週末かで値段も変化しますし、夕食時にどんなワインを飲んだか、アラカルト・メニューへの変更料金、追加料金等によっても変わってきます。
今回の私達の場合ですと、一泊一人約6万円でございました。
かなりの贅沢をしてしまいました。H.I.S.なら軽く海外旅行へ行ける金額ですよね(笑)
でも国内、しかも身近な所にも良い気持ちにさせてくれる温泉宿も沢山あって、こういうところで過ごす一時も良いものです。
でもこんな所ばかりに止まっていると、きっとグレードを下げることが出来なくなるのでは?と夫婦して危惧しております(笑)

長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。
次回からはまた音楽ネタに戻ります。これからも"Music Avenue"をよろしくお願いします。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon