Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
| |
馬鹿は風邪をひかないとよく言われますが、珍しく風邪をひいてしまいまして久しぶりのエントリーになってしまいました。
暦の上では春ですが、朝晩はまだ寒い日がありますので皆さんも気を付けて下さい。

さて、今まで私が敬愛する作曲家・林 哲司の楽曲を何曲も取り上げてきましたが、今回は林 哲司の楽曲の中で私が最も好きな曲であり、1番思い入れの強い曲を紹介しようと思います。と言うか、私にとってこの楽曲無しでは林 哲司は語れない、そんな楽曲なんです。
その楽曲とは、松原 みきが1979年にリリースしたデビュー・シングル曲「真夜中のドア ~Stay With Me~」です。CITY POP好きな方ならお馴染みですし、既にYouTubeには沢山の音源がUPされているので今更という感じもしないでもありませんが、私にとっては本当に格別な曲なので今回UPしてしまいました(笑)

1979年、ラジオから流れてきた「真夜中のドア」を初めて聴いた時、大袈裟では無く衝撃が身体を走りました。"日本にこんなに洋楽っぽくて、格好良い曲があるんだ!!"というのが最初の印象でした。
それまで林 哲司の名前は、大橋 純子への楽曲提供なんかで既に知っていたのですが、この曲を聴いてからというもの、いわゆる"林 哲司フォロワー"になってしまったと同時に、CITY POPという当時のJ-POPのジャンルにどっぷりと浸ることになるきっかけにもなりました。
"日本にも洋楽に負けないセンスを持った作曲家が存在し、洋楽に負けない素晴らしい技術を持ったミュージシャンが存在する"ことを改めて「真夜中のドア」で感じることが出来た気がします。
私にとっては、本当に何回聴いても厭きるという事の無い名曲です。

センスの良いメロディー・ライン、Carole Bayer Sagerの「It's The Falling In Love」を彷彿させる小粋なアレンジ・・・。
確かにアレンジに関してはパクリだという声もありましたが、見事にメロディーと融合させてしまっている手腕は、並のセンスでは無いと思います。
日本で洋楽のエッセンスを上手く取り込んだアレンジを施せるのは、筒美 京平と林 哲司が断トツだろうと思っています。

そして「真夜中のドア」のもうひとつの魅力は、素晴らしいミュージシャンの演奏でしょう。
特に後藤 次利のベースと松原 正樹のギターが素晴らしく、この二人の演奏があったからこそ、一層輝きを増した曲だろうと思います。松原 正樹の終盤のギター・ソロは、彼の長いスタジオ・セッションの中においても屈指のソロ・プレイだろうと思います。

色々語りたいことは尽きませんが、実際に曲を聴いてもらった方が早い気がします(笑)
知っている人が多いとは思いますが、ぜひ改めて聴いてみて下さい。
実は「真夜中のドア」には、シングル・ヴァージョンとアルバム・ヴァージョンが存在しまして、今回は両方をUPしました。イントロのコーラス部や曲の長さ等、どこが違うのか聴き比べてみるのも面白いと思います。

まずは、シングル・ヴァージョン。
「真夜中のドア ~Stay With Me~」(Single Version) / 作詞:三浦 徳子、作・編曲:林 哲司



続いてアルバム・ヴァージョン。
「真夜中のドア ~Stay With Me~」(Album Version) / 作詞:三浦 徳子、作・編曲:林 哲司
Drums : 林 立夫
Bass : 後藤 次利
Guitar : 松原 正樹
Keyboards : 渋井 博
Percussion : 穴井 忠臣
Trumpet : 数原 晋、岸 義和 他
Trombone : 新井 英治、岡田 澄雄 他
Saxphone : Jake H. Conception、村岡 健、砂原 俊三
Chorus : 梅垣 達志、尾形 道子 他
Strings : 多アンサンブル


[PR]
大震災の被災地の各所で、臨時のFM局が開局されたというニュースを見ました。
ライフラインがなかなか整わない被災地にとっては、ラジオは大切な情報源になりますからね。
情報を伝えることが目的でしょうから、果たして音楽を流しているかどうかは分かりませんが、個人的には合間に"心を癒す音楽"や"元気が出る音楽"を届けて欲しいなと思います。音楽を聴いて気分を害するという人は少ないでしょうから・・・。
私自身、辛い時に音楽に救われたことも多いです。音楽って不思議な力を持っていますよね。

さて、今夜紹介する曲はシンプルだけど心温まる、そんな曲です。川村 結花が2003年にリリースしたアルバム『around the PIANO』に収録されていた「ビューティフル・デイズ」です。
この曲のプロデュースとアレンジを手掛けているのは小田 和正なんですが、シンプルなアレンジとコーラス・ワークは、川村 結花の書いたメロディーを際立たせています。聴く回数が増える毎に味わい深くなる、そんな曲です。聴いてみて下さい。

「ビューティフル・デイズ」 / 作詞・作曲:川村 結花、編曲:小田 和正
Guitars : 佐橋 佳幸
Percussions : 木村 万作
Piano : 川村 結花
Computer Prgramming : 望月 英樹
Backing Vocal : 川村 結花、小田 和正


[PR]
東日本大震災の被災地で、避難所生活を余儀なくされている多くの方々の日々の暮らしが連日TVで放映されています。
大変な毎日にも関わらず、非常に前向きにこの困難に立ち向かおうとする人達の姿を観ることが出来ます。逆に我々が元気をもらっているような、そんな気にもなります。
それなのに、買占めなんてくだらないことに踊らされてる。
もっと冷静になれば今出来ることが見えてくるはずなのに・・・。

前向きに頑張っている被災地の人達を観ていて、私のつまらない音楽ブログでも"前向き"な曲をお届けしてみようかという気になりました。
今夜お届けするのは、岩崎 宏美が1997年にリリースしたアルバム『Shower of Love』に収録されていた「たったひとつだけ」という曲です。
こういう曲を聴いて、少しでも前向きな気持ちになれてもらえたら良いなと思います。

「たったひとつだけ」 / 作詞:藤田 千草、作曲:Cat Gray、編曲:13 Cats
Bass、Keyboards、Guitar、Chorus : Cat Gray
Drums : 沼澤 尚
Percussion : Karl Perazzo
Chorus : Jane Child、岩崎 宏美


[PR]
東日本大震災から1週間が経過しました。
連日報道される被災地の現状や苦しいながらも助け合い、頑張っている多くの人達の姿を観て、心を痛めたり、その力強さに感動したりの毎日でした。
そして"何か私に出来ることが無いのか?"と考えてばかりいた1週間でした。

ふと被災地で頑張っている人達の姿をTVで観ていて、ある曲のタイトルが唐突に浮かんできました。
今夜はその曲を紹介したいと思います。

その曲は、松原 みきが1979年にリリースした2ndシングル曲「愛はエネルギー」です。彼女の1stアルバム『Pocket Park』(1980年)にも収録されていました。
音源はアルバムからです。

「愛はエネルギー」 / 作詞:三浦 徳子、作・編曲:林 哲司
Drums : 林 立夫
Bass : 後藤 次利
Guitar : 今 剛
Keyboards : 渋井 博
Percussion : 斉藤 ノブ
Trumpet : 数原 晋、岸 義和 他
Trombone : 新井 英治、岡田 澄雄 他
Saxphone : Jake H. Conception、村岡 健、砂原 俊三
Chorus : 梅垣 達志、尾形 道子 他
Strings : 多アンサンブル


[PR]
祈り ◇ 2011年 03月 15日
14日 月曜日
通常1時間の通勤時間のところを3時間かかって出社。
帰宅するのに4時間かかった。
その内2時間半は徒歩。革靴だった為、両足裏にマメが出来てやがて潰れた。

でも私には帰る家がある。
家族と食卓を囲める。
温かい風呂に入れる。
ベッドで眠れる。

"幸せ"だと痛感する。

そして祈る。
避難生活を余儀なくされている多くの人にこの"幸せ"が一刻も早く戻ることを・・・。
[PR]
無題 ◇ 2011年 03月 12日
東北太平洋沖地震におきまして、亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。
そして、被災された多くの方々、今もなお避難生活を余儀なくされたり、救助を待つ方々におかれましては、何の慰みにもならないとは思いますが、心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地で多くの命を救おうと懸命な救助活動に従事されている皆さんには、心から感謝致します。

今回の地震で改めて地震、そして津波の恐ろしさを痛感いたしました。
たまたま社内で打ち合わせ中の地震でした。こんなに怖い思いをしたのは、初めてと言って良いかも知れません。特に二度目の大きな揺れ(茨城県沖地震)の時は、正直なところ東京が壊滅するかもとさえ思いました。東京にいる私でさえこの恐怖でしたから、東北地方にすむ方々の恐怖は相当なものだったでしょう。心が痛みます。
次々にTVで放送される被災地の状況を観る度に何とも言えない悲しい気持ちになります。

今回1番不安だったのが、家族や大切な人達への連絡がなかなか取れなかったことでした。"無事でいるのか?"、"無事でいることを伝えたい"と思っても通信網も麻痺状態で、本当に不安な時間が数時間続きました。
私達夫婦は共働きで、なかなか連絡(メール、電話共に)がつきませんでしたが、やっと連絡が取れお互い無事であることが出来て一安心しました。
嫁さんが会社から私の会社まで2時間以上かけて歩いてきて、私の会社で合流しました。そして嫁さんの実家が私の会社から徒歩20分位の所でしたので、昨夜は実家に一泊させてもらいました。
私の会社の人間の大半が会社で夜を明かしたと思いますので、私達夫婦は非常に幸運でした。
一夜明け、電車が動き出すも間引き運転に加え、徐行運転の為に帰宅するのに普段の倍の時間がかかりました。
幸い我が家では、CDがラックから落ちたり、本棚の本が落ちたりしていましたが、壊れたものは植木鉢に写真立て位なもので被害は少なかったです。

まだ救出をまっている方が沢山います。現状の把握さえままならない地区もあります。どうか一人でも多くの方がご無事であること、そして救出されることを願っております。

最後に沢山のコメントを頂戴しておりますが、こういう状況なのでレスを控えさせて頂きますことをお詫びすると同時にご了解下さいますよう、よろしくお願い致します。
[PR]
今夜もまだしつこく私の敬愛する作曲家・林 哲司の作品を紹介したいと思います。
林 哲司の場合、作曲を手掛けているおよそ8割位が女性アイドルや女性アーティストだろうと思います。
男性アーティストに曲を提供し、大ヒットしたと言えば上田 正樹の「悲しい色やね」や杉山 清貴&オメガトライブの一連の曲を思い浮かべる人も多いでしょう。特に杉山 清貴の名を世間に知らしめたのは林 哲司の功績がやはり大きいと思います。林 哲司自身もアーティストとして活動していますので、男性アーティストに曲を書くのが苦手ということは絶対に無いと思うのですが、どうしても林 哲司の曲で好きな曲や思い浮かべる曲となると女性アイドルやアーティストの曲が多くなります。

そんな訳で今夜は男性アーティストに提供した曲の中で、私のお気に入りの曲を紹介したいと思います。
紹介するのは、1982年にデビュー。現在もなお一線で活躍を続ける稲垣 潤一が、1983年にリリースした3枚目のオリジナル・アルバム『J.I.』の冒頭を飾ったナンバー「MARIA」です。
1983年と言えば、林 哲司がまさに乗りに乗っている時であり、「MARIA」のアレンジを担当した井上 鑑もとんでもない仕事量をこなしている時でもありました。そんな林 哲司と井上 鑑がコンビを組んだ作品です。作詞は売野 雅勇。癖のあるアレンジはすぐに井上 鑑だと判りますね(笑)
もし、林 哲司自身がアレンジしていたら雰囲気がどのように変わったのか個人的には興味があるのですが・・・。

「MARIA」 / 作詞:売野 雅勇、作曲:林 哲司、編曲:井上 鑑
Drums : 山木 秀夫、林 立夫
Bass : 岡沢 茂、高水 健司
Guitar : 今 剛
Keyboards : 井上 鑑、山田 秀俊
Percussion : 浜口 茂外也
Chorus : 安部 恭弘、山田 秀俊、EVE、稲垣 潤一
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
家庭で楽しむ3D映画 ◇ 2011年 03月 05日
先月の中旬、我が家のリビングのテレビをブラウン管から液晶に買い替えました。
去年の暮れ辺りからネットで情報を集めたり、大型家電量販店に出かけては画面を色々見比べて結局SHARPのAQUOS クアトロンに決めました。実は購入するまでに最後まで悩んだのが、3D対応にするか否かでした。購入を決める寸前までは3Dに対して興味が無かったのですが、やはり"観れないよりは観れた方が絶対に楽しいだろう"ということで、3Dの観れるAQUOS クアトロン LVシリーズになりました。
しかしながら、3Dのコンテンツはまだ充実していないにも事実です。TV放送でも無料で観れる3D対応の番組は本当に少なく、3Dのブルーレイ・ソフトもまだまだこれからといった感じですね。

そもそも3D対応のTVを購入してもTVの3D放送が少なければ意味が無いですし、3Dのブルーレイのソフトを鑑賞するには、3D対応のブルーレイプレーヤーやブルーレイディスクレコーダーが必要になり、費用も嵩みます。我が家はTV購入と一緒に同じSHARPの3D対応のブルーレイディスクレコーダーを購入しました。このブルーレイディスクレコーダーは3D対応TVを買う買わないに関わらず購入を決めていた機種でしたし、PS3も3Dに対応していますので3Dを観れる環境があったと言えるかも知れません。これもまた3D対応TVの購入のきっかけにもなりました。

さて、せっかく3D対応のTVを購入いたんですから、3Dを楽しみたいと思うのが人情(笑)
早速、3Dのブルーレイのソフトを3本ばかり入手しました。今回はそのソフトをざっと紹介してみようと思います。

まず1本目は、私の大好きなフルCGアニメーション映画「ポーラーエクスプレス」です。
e0081370_1181014.jpg


ロバート・ゼメキス監督作品で、トム・ハンクスが主人公の少年をはじめ、父親、車掌、ホーポー(幽霊みたいなもの)、サンタクロースの5つの役をモーション・キャプチャーで演じており、声も担当しています(主人公の子供の声もトム・ハンクスなのか不明ですが・・・)。
クリスマスのお話ですが、私はこの映画が大好きでDVD(もちろん2Dですが)も持っています。もともと3Dで上映されることも想定していた作品らしいですね。2Dで観ていた時には感じませんでしたが、3Dで観てみると明らかに3Dの効果を意識した作りになっているを感じました。
家族で楽しめる3D作品としてお薦めの1本です。

2本目に紹介するのは、ティム・バートンの監督作品でジョニー・デップ主演のディズニー映画「アリス・イン・ワンダーランド」です。
e0081370_1291797.jpg


この作品は、映画館で3Dで観ましたのでTVで観るのと比べてどうなのか興味があって入手しました。映画自体は、正直たいして面白いとも思わなかったのですが・・・。このソフトは非買品で、市販されているのものは2Dのみです。SONYのBRAVIAの3Dを購入した人がもらえるソフトの1本だったようで、私はオークションで手に入れました。実際にTVで観る3Dは、迫力ではやはり劣るものの立体感は映画と同じでした。

3本目に紹介するのは、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT -3D ENHANCED EDITION-」です。
e0081370_1412255.jpg


お馴染みの「THIS IS IT」の一部のシーンが3Dで楽しめるという3D ENHANCED EDITION。3Dで観れるのは、曲が始まる前に大型スクリーンに3D映像で映し出される予定だった「スリラー」、「スムーズ・クリミナル」、「アース・ソング」のショート・フィルムです。
3Dで楽しめるのはほんの少しですが、もともと3Dで流す予定だっコンテンツを観れたのは嬉しかったですね。
このソフトも「アリス・イン・ワンダーランド」同様、非売品でBRAVIAの3DTV購入者がもらえるというもので、これもオークションで入手しました。

結論から言うと動きの早いシーンが多いと目が疲れますが、3Dはそれなりに楽しいですね。"観れないより、観れた方が絶対に楽しいだろう"という思いは間違っていませんでした(笑)
今年は40インチオーバーの大型TVで裸眼で観れる3DTVも登場するでしょうし、BS放送も秋には20局程増えるという話も聞きます。ブルーレイのソフトも少しずつ増えてくるような気もするので、これからが楽しみです。
3Dを観るのに専用のメガネが必要な場合が多く、邪魔臭く感じる人もいるでしょうが、作品が面白ければ苦にならないでしょう。AQUOSの3Dメガネはよく考えられていて、家族で3D作品を観ていて酔ったり目が疲れた場合、メガネを外しても2D画像で観ることは出来ませんが、AQUOSのメガネはスイッチをダブル・クリックすると2Dで観れるようになっています。理屈は単純なんですが、家族で観る場合には有効な良いアイディアだと思います。

これからTVの買い替え、あるいは新たに購入を検討されている方は、3D対応も検討されては如何でしょうか?楽しいと思いますよ。
[PR]
ここのところ仕事が忙しかったこともあり、当ブログの訪問者数や検索ワード・ランキングのチェックを怠っていたんですが、昨夜久しぶりにチェックしてみると先週の木曜日(2月24日)の訪問者数が通常の倍近い1,100人以上になっていました。
検索ワード・ランキングを調べてみると、2位を大きく引き離して断トツだったのが"坪倉 唯子"でした。
多分B.B.クイーンズの活動再会のニュースが大きく影響したんだと思いますが、私のブログで坪倉 唯子に関するエントリーは1stアルバム『ALWAYS IN LOVE』のレビュー記事のみです。検索で訪問してくれた方をがっかりさせてしまったかも知れません(笑)

ということで、罪滅ぼしという訳でも無いのですが今夜は坪倉 唯子の楽曲をお届けしようと思います。私の敬愛する作曲家・林 哲司は、坪倉 唯子にも曲を書いておりまして、その中の1曲を紹介したいと思います。
1986年リリースの坪倉 唯子の1stアルバム『ALWAYS IN LOVE』に収録されていた「熱帯夜 -Dancin' In The Middle Of Night-」という曲です。

林 哲司は、AOR系やバラード系に魅力的な曲が多いのですが、大橋 純子や坪倉 唯子には結構ダンサブルでFUNKYな曲を書いています。聴いてもらえば分かると思いますが、今まで紹介してきた林 哲司の曲とはちょっと雰囲気が違います。こういうタイプの曲も書けてしまうのも林 哲司の魅力だと思っています。ぜひ聴いてみて下さい。

「熱帯夜 -Dancin' In The Middle Of Night-」/ 作詞:来生 えつこ、作曲:林 哲司、編曲:鳥山 雄司
Drums : 青山 純
Bass : 伊藤 広規
Guitar : 鳥山 雄司
keyboards : 国吉 良一
Synthesizer : 鳥山 雄司
Chorus : 坪倉 唯子


[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon