Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
| |
本当に久しぶりの更新になってしまいました。
放置状態にも関わらず、沢山のコメントを頂戴しました。ありがとうございます。と同時にレスもしない日が続き、本当に申し訳ありませんでした。
とにかく仕事の方が忙しく、出張が続いたりしておりまして、家に帰ってPCの電源を入れてもせいぜいメール・チェックするだけで他には何も出来ない日ばかりでした。
加えて10日から1週間夏休みなんですが、休み前に片付けておきたいこともあったりで、なかなかブログに時間を割くことが出来ない状態が続きました。
夏休みは久しぶりに海外旅行を予定しており、更新頻度は低い状態が続きそうですが、夏休みでリフレッシュしてこようと思っております。
実は2泊以上の旅行は本当に久しぶりです。飼っていた猫が元気だった頃は、ほとんどが1泊の旅行ばかりでした。2泊の旅行も何度か出かけましたが、2泊目になると家に残した猫のことが気がかりでゆっくり出来ないんですよね。愛猫の四十九日も過ぎたので、ゆったりと旅行を楽しんでこようと思っています。旅行については、またブログで紹介出来れば良いなと思っております。

さて久しぶりに紹介する音源ですが、最近ネタ切れ気味ということもありまして色々悩んだ挙句、ここ2~3日聴いている懐かしいアルバムから涼しげな曲をチョイスしてみました。
その音源は、河合 奈保子が1984年にリリースした初の海外録音アルバム『DAYDREAM COAST』に収録されている「SECOND NATURE - もうひとりの私に -」です。
『DAYDREAM COAST』は、L.A.録音であり、David FosterやPeter Cetera等が参加したということで、特に河合 奈保子に興味が無かったのですが、AOR好きにとっては捨ててはおけないアルバムでした(笑)
当時は猫も杓子も海外録音みたいな感じでしたが、AOR全盛期だったこともあり、AOR的な洒落たサウンドを積極的にJ-POPシーンにおいても取り入れようとしていました。
紹介する「SECOND NATURE」のアレンジは、あのDavid Fosterなんですが、日本のアレンジャーとは一味違うFosterらしいアレンジの曲で、アルバムの中でも特にお気に入りの1曲になってます。

暑さがまたぶり返してきてますので、涼しげな感じで聴いていて心地良い1曲だと思います。
それにしても80年代アイドルは、アイドルとは言え歌がしっかり歌える人が多かったというのを改めて感じました。
今はオーストラリアで暮らしているようですが、元気なんでしょうか・・・?

「SECOND NATURE - もうひとりの私に -」 / 作詞・作曲:Erich Bulling & Tony Haynes、訳詞:竜 真知子、編曲:David Foster


[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon