Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
| |
休みの日というのは、普段仕事をしている時の数倍の速さで時が流れているように感じるのは私だけだけでしょうか・・・?(笑)
朝晩めっきり秋めいてきましたね。夜には秋を感じさせる虫の声も聞こえるようになりました。
この連休は比較的天気も良かったので、お墓参り等で出かけたかたも多いかも知れませんね。私も土曜日に墓参りへ行ってきました。この日はまさに"秋晴れ"といった感じの天気で、車を走らせていてもエアコンよりも窓を開け、そこから入ってくる風の方が気持ち良かったような気がします。
でも季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さんも気を付けて下さい。

さて、今夜紹介するのは、西田 ひかるが1996年にリリースしたアルバム『24 two-four』に収録されている「日曜日の冒険者」というナンバーです。
ベタなんですが、日曜日に日曜日をテーマにした曲を選んでみました(笑)

この『24 two-four』というアルバム、サウンド・プロデュースを加藤 和彦が手掛け、加藤 和彦をはじめ、杉 真理&松尾 清憲、林 哲司、羽田 一郎、鈴木 祥子、遠藤 京子、五島 良子という豪華な作家陣による楽曲12曲が収録されています。キャッチーなメロディーの曲が多く、どちらかと言えば夏向きの曲が多いです。
この夏は更新を滞ってしまい、夏に紹介しようと思っていた曲が結構残っており、秋らしくなっても夏向きの曲が出てくるかも知れませんが、どうかご容赦下さい。

紹介する「日曜日の冒険者」という曲は、杉 真理が作詞、杉 真理と松尾 清憲が作曲を手掛けています。
杉 真理も松尾 清憲もあらゆるPOPSに精通しているソングライターで、○○○風な曲とか×××っぽい曲を書かせたら天下一品です。この二人が書く曲には、"パクッた"というような低いレベルの話ではなく、リスペクトを感じさせますし、何よりそのアーティストの音楽を自分の音楽に溶け込ましてしまう才能を持っていると思っています。
この曲もサビのメローディーやコーラス・ワークは、あのカーペンターズを彷彿させます。初めてサビを聴いた時に思わずニンヤリしてしまいました(笑)
西田 ひかるの歌もしっかりしたもので、結構上手いですし、声質も癖が無く聴き易いのではないかと思います。

明日から仕事だと思うと気分がブルーになりますが、この曲でも聴いてリラックスしてもらえたら嬉しいです。

「日曜日の冒険者」 / 作詞:杉 真理、作曲:杉 真理&松尾 清憲、編曲:嶋田 陽一
Keyboards : 嶋田 陽一
Guitar : 橋本 哲
Manipulator : 山下 恭文
Backing Vocal : 杉 真理、松尾 清憲、小室 和幸


[PR]
今日は9月23日。
今日でブログを立ち上げてから6年が経ちました。そして今日で生まれてから52年が経ちました(笑)

今年は例年に比べて極端に更新ペースが落ちているにも関わらず、本当に毎日沢山の方が訪問してくれています。8月から9月にかけて1ヵ月以上も放置状態だったのに訪問者数はほとんど変わらなかったのは、本当に驚きましたし、嬉しかったですし、落ち着いたら必ず復帰しようという励みになりました。
ブログだけではなく、YouTubeの私のチャンネルに250人近い方がチャンネル登録をしてくれています。YouTubeの方にコメントやリクエストを頂戴することもあります。ただ、ブログがメインなのでYouTubeの方はずっと放置状態なんですが・・・。
ここまで続けてこれたのは、当ブログを訪れて下さった皆さんのおかげだと思っています。本当にありがとうございます。
そしてまた、これからも出来る限りはブログを続けていきたいと思っております。どうかこれからもよろしくお願い致します。

ところで皆さんの住んでらっしゃる地域は、台風15号の被害はありませんでしたか?
あの日、会社から早く帰宅するように支持があったのですが、打ち合わせが長引いてしまい、その間に都内のほとんどの電車がストップ。仕方がないので会社で電車が動くのを待ちました。
結局、私が通勤で使う電車が動き始めたのが午後9時。動き始めてすぐは改札への入場制限等があると予想されたので、1時間程時間をずらして会社を出たのが午後10時でした。電車は動いたものの、本数は少なく、風の影響で時速が35kmに制限されており、通常であれば1時間弱で帰宅出来るところが2時間以上かかってしまいました。首都圏の交通は自然災害に弱いと言われますが、台風の場合は仕方がないですね。
この台風が過ぎてから秋めいてきたような気がします。

さて今夜はMellowなナンバーをお届けしましょう。
楠木 恭介(勇有行)が1985年にリリースした初リーダー・アルバム『JUST TONIGHT』の冒頭を飾ったメロウ・チューン「SUGAR DANCE」です。
真夏の歌なんですが、この曲の持っているMellowな雰囲気は、初秋の今頃に聴いても似合うのではないかと思います。初めて聴くという人も多いと思いますが、歌の上手さは勿論のこと、作曲のセンスも良いのでぜひ聴いてみて下さい。
和製David T. Walkerと私が勝手に読んでいる鳴海 寛のギターとアレンジが素晴らしい1曲です。

「SUGAR DANCE」 / 作詞:内海 鏡子、作曲:楠木 恭介、編曲:鳴海 寛
Drums : 鎌田 清
Bass : 多田 文信
Guitar : 鳴海 寛、Kiyohiro Aoike(漢字不明)
Keyboards : 松田 真人、柿崎 洋一郎
Trumpet : 数原 晋
Sax : 小池 修
Percussion : 川瀬 正人、木村 誠
Strings : Joeグループ
Chorus : 鳴海 寛、Jessi Rein
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
台風15号が日本列島に接近、上陸しそうですが、皆さんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか?
今年は、例年以上に様々な自然災害によって多くの被害がもたらされている気がします。台風が今後どのような進路を辿るにせよ、被害が出ないことをただ祈るばかりです。

残暑が厳しかった今年の夏でしたが、この台風が過ぎるときっと一気に秋めいてくるのかも知れませんね。
今夜お届けする曲は、秋の夜長を楽しむ大人に贈るurban soulなナンバーです。
1981年に"WITH"というバンドでメジャー・デビューし、バンド解散後は作曲家、編曲家として活躍し、沢山のヒット曲を作ってきた私の大好きなメロディ・メーカーの一人である中崎 英也が、1994年にリリースした4枚目のアルバム『shadow play』に収録されている「TIME」という曲を紹介します。

初めて聴いた人は、Martin (鈴木 雅之)が歌っていると思われるかも知れませんね(笑)
確かに歌声はMartinに似ていますし、歌もかなり上手いです。バンド時代はヴォーカルとギターを担当していらしく、ギターの腕前も相当なものです。
キャッチーなメロディーがいかにも中崎 英也らしいということで、今回この曲を選んでみました。
『shadow play』には、渋い曲も含め良い曲が揃っていますので今後も紹介していきたいなと思っています。
楽しんで頂けたら嬉しいです。

「TIME」 / 作詞:KAORU、作・編曲:中崎 英也
Drums : 沼澤 尚
Bass : 美久月 千晴
Guitar : 中崎 英也
Acousitic Piano : 福田 裕彦
Hammond Organ : 佐々木 久美
Percussion : 菅原 裕紀
Chorus : 中崎 英也


[PR]
千葉県に長年住んでいる私にとって"東京"は、仕事の拠点であり、遊び場という意識が強く、その人の多さや喧騒から住んでみたいと思える場所ではありません。
勿論、東京も広いですから環境の良い所も沢山あって、快適に暮らしている方も大勢います。
それでも"東京"と言うと23区内の繁華街をイメージしてしまうところがあって、年齢を重ねる毎に静かで落ち着いた場所に魅力を感じてしまいます。

そんな私でも"東京"が凄く魅力的な街であることを感じる瞬間があります。
私は仕事で九州や沖縄へ出張することがあるのですが、仕事を終えての帰路は大抵夜の飛行機ということになります。東京へ近づき、高度を下げてきて着陸間際になると、房総半島の上を左旋廻しながら羽田空港へ向う事が多いんです。
そして着陸寸前に機窓から見える"東京"の夜景は、本当に綺麗で美しく、いつもその景色を見ると"東京"が愛おしく感じる瞬間でもあります。

3月11日の大震災以降の節電対策により、最近は以前ほどの煌びやかさは現象した印象がありますが、それでも世界に誇れる夜景ではないかと思います。
"東京"の夜景を俯瞰出来る場所は、高層ビルの多い東京には結構あるとは思いますが、飛行機から見る夜景はまた格別ですね。

そこで今夜は"東京の夜"をテーマにした曲を紹介しようと思います。
いかにもCity Popというタイトル、歌詞、メロディー、アレンジに彩られた楽曲で、私の大好きな1曲です。
その曲は、清野 由美が1981年にリリースした2ndアルバム『Natural Woman』に収録されていた「TOKYO City Nights」です。
どうですか?タイトルだけ見ても、いかにも80'sのCity Popな感じがしませんか?
この曲でギターを弾いている今 剛のプレイが、これまた思い切り80年代っぽくて良いんですよね(笑)

ブログ復活第一弾の曲なので、楽しんで頂けたら嬉しいです。

「TOKYO City Nights」 / 作詞:竜 真知子、作曲:山崎 修、編曲:井上 鑑
Drums : 林 立夫
Bass : Mike Dunn
Guitar : 今 剛
Keyboards : 井上 鑑
Percussion : 斉藤ノブ


[PR]
近況報告・・・ ◇ 2011年 09月 11日
まる1ヵ月以上ブログを放置状態にしてしまいました。
その間、いろいろとご心配下さった方もいらっしゃったようで本当に申し訳ございません。
何とか生きてます(笑)

8月中旬の夏休みに台湾旅行へ出かけた後も仕事が尋常では無い忙しさでして、心身ともに疲労困憊状態が続いておりました。
先週も1週間に九州地方、上信越地方、沖縄に出張でした。夏バテ気味なところにハードな仕事が続いていて、とにかく肉体的疲労とストレスが半端ではありませんでした。
加えて、アナログ音源をデジタル化したwavファイルの保管やPCのバックアップ用に使っていた外付けHDDがクラッシュ・・・。
何とかデータを復活させようと専門業者に見積もってもらったところ、15万円以上の費用がかかるということで断念。

様々な要因が重なり、モチベーションは下がりっぱなしと言うか、ヤル気"0"になってしまいました。家に帰ってPCの電源を入れてもメールチェックだけで何もせず、電源を落として寝るような日々が続きました。

こんな放置状態にも関わらず、毎日沢山の方が覗いてくれていたようですし、コメントも沢山頂戴しました。
kotaroさん、ちょっとオタクさん、TDRさん、240_8さん、みなみさん、早苗さん、江口せいらさん、サボテン5さん、WINDYさん、yoshiさん、K'z50さん、yaichiさん、 KAYAさん、Kenny Uさん、コメントを頂戴しておきながらレスもせず失礼しました。
この場を借りてお礼とお詫び申し上げます。
初めてコメントを頂戴した方も沢山いらっしゃいましたのに、このような形で個々にレスもせずに済ませてしまう管理人の無礼をお許し下さい。

まだもう少し忙しい日が続きそうなのですが、9月23日はブログ開設記念日であり、私の誕生日なのでこの頃には復活したいなと思っております。
こんなブログですが、思い出した時にでも覗いて頂ければ嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。

ここ1ヵ月程、殆ど音楽を聴いていませんでした。折角買った達郎さんの新譜もまだ聴いてません。
余裕が出来たらゆっくり楽しみたいと思います。音楽は私にとって大切なモノなので、本当に楽しめない時には聴きたくないんですよね。
早く音楽を心から楽しめるような時期が来るのを心待ちにしている状態です。

最近のストレス発散は、出張先への移動中の飛行機や列車の中でゲーム(PSP)で遊ぶことです(笑)
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon