Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
e0081370_23131497.jpg 

ガキの使いDVD⑦を購入した。これで全7巻を揃えた。
最近のお笑いブームの中、コンビでやってるお笑い芸人でネタが面白い人達も確かにいる。
ただ、ボケとツッコミの両方が優れた技量を持っているコンビはそう多くはいない。ダウンタウンはまさしくその少ないコンビの1組であろう。松本の鋭い視点と話術、浜田のテンポと間が良いツッコミ。絶妙なコンビネーションだと思う。私がダウンタウンが大好きなのもこんなところである。

今回は、トーク集と罰ゲーム3本が収録されている。発売が1ヶ月延期され、6巻での予告と内容が異なっている。何か問題が発生して作り直したのかもしれない。
しかし、内容が面白ければ良いのだ。期待を裏切る事なく笑えるDVDである。

ダウンタウンを見ていて思う事なのだが、トークの時に松本はあきらかに相方・浜田を笑わそうとしているように思えるのだ。会場にいる客に対してはもちろんなのだが、浜田をなんとか笑わせようとしている気がするのだ。浜田が松本のボケに大笑いをしている時、その浜田の顔を見ている松本の顔が少し嬉しそうだと感じるのは私だけだろうか?
そんな二人のやりとりを見ているのが好きなのである。
[PR]
伊東 ゆかり_Misty Hour ◇ 2005年 09月 26日
e0081370_152261.jpg 

ぜひともCD化して欲しいアルバムというのが誰にでもあるだろう。
1982年に発表されたこのアルバムもそんな1枚。夢を叶えてくれるなら真っ先にこのアルバムを選ぶだろう。とにかく楽曲・歌唱・演奏のバランスが良い名盤である。
林哲司がプロデュースし、楽曲提供しているのが井上鑑・竹内まりや・EPO・林哲司・佐藤健等という豪華な顔ぶれである。

バックの支えるのは、林立夫・村上秀一・岡沢章・今剛・松下誠・松原正樹・井上鑑という文句無しのメンバー。コーラスに至っては、竹内まりや・EPO・安部恭弘・国分友里恵という歌の上手さに定評のあるアーティストで固めている。
当時セールス的には、成功はしなかったようだがCITY POPフリークには評判の良かったアルバムである。

伊東ゆかりは、決して熱唱するタイプではない。むしろ淡々とした歌い方をする。そんな歌い方がこういうPOPな曲に似合っている気がする。淡々としているが感情が伝わってくる彼女独特の歌唱方法が素晴らしいのだ。
30歳を越えた女性にぜひとも聴いて欲しい1枚である。必ず1曲は共感できる曲があるはずだ。大人による大人の為のPOPSが少ない中で、こんな良質なアルバムがCD化されていないのは残念である。

ビクターさん、なんとかなりませんかね?(笑)
[PR]
山下 達郎_SONORITE ◇ 2005年 09月 25日
e0081370_1119919.jpg 

御大達郎の7年ぶりのオリジナル・アルバムである。相変わらずの音に対する拘りは凄い。今時ここまで細部の音まで拘るアーティストはいないだろう。往年のスティーリー・ダンを彷彿させる程だ(笑)
特にデジタル・レコーディングに変った辺りから、その傾向は強くなった気がする。
アナログ録音時よりもクリアな音が再現出来る様になった分、音に対する拘りやボーカル録りに時間を費やす様になったのかも知れない。聞くところによると氏のスタジオ代は数千万にも及ぶらしい。まず一般人が聴き取れない部分まで拘るようだ。まさに職人である。

アルバムを聴いた感想だが、今の時代に存在する山下達郎というものを感じる。常に歩み続ける姿勢を見せつけられた気がした。このアルバムは、コアなファンよりもむしろ達郎という看板に対してニュートラルでいられる人達、ごくごく普通の人達に聴いて欲しいと思う。
POPで尚且つバラエティ豊かな曲が集まっていて、誰にでもすんなり受け入れられるアルバムだと思う。達郎を知らない人達の入門編と言ったところか・・・。

私はRCA/Air時代の達郎の音楽が大好きなので、正直言って物足りなさは感じる。不満ではなく、あくまでも物足りなさである。ひとつは打ち込みが多くなっている点。ここまで音に拘れば当然時間もお金もかかってくるので、打ち込みの方が都合の良い部分もあるとは思う。できれば生音でのミュージシャンとの絡みがもっと聴きたかった。
そしてもう一つ。ハード・ファンクが聴きたい!今回の収録曲はおとなしすぎる(笑)
達郎と言えば、私の中ではハード・ファンクなのだ。50歳を越えた今だからこそ、達郎のハード・ファンクがあえて聴きたかった。
そこまで望んだら贅沢なのかもしれないが。
[PR]
ラジ_HEART TO HEART ◇ 2005年 09月 25日
e0081370_1030476.jpg 

今から27年前の1977年の作品。とにかく当時にしては洒落たアルバムだった。
音楽好きの仲間の間では、まさしくバイブル的な存在の1枚だった。サウンド・プロデュースは高橋ユキヒロと後藤次利の二人。この頃のサディスティックスの面々が絡んでいたアルバムは、とにかく洒落ていた。メロディー・アレンジともに驚く位にセンスが良かった。今聴いてもその印象は変らない。

代表曲である「THE TOKYO TASTE」は、サディスティックスのカバーだがこちらの方が断然良い。南佳孝とのデュエットが本家のものよりはるかに都会的でお洒落である。
毎年秋になると私のヘビー・ローテーションとなる1枚である。

現在活躍しているアーティストの中にもこのアルバムが好きだったと思える人がいる。
角松敏生である。
彼のプロデュース作品『VOCALAND2』でAkiというシンガーに「HEART TO HEART」を、角松自身が参加していた覆面バンド(?)AGHARTAでは「エアポート」を取り上げていた。
私と同年代である角松が、このアルバムが好きで聴いていた事は間違いないであろう。『VOCALAND2』が発売された頃、ある記事で角松とユキヒロの繋がりを不思議がっていたのを読んだ。おそらく記者は、カバーである事を知らなかったのであろう(笑)
角松敏生ファンも聴いて損は無いアルバムだと思う。

前の記事で取り上げたケン田村と同様、21日にSONYから再発されている。
この1stアルバムと2ndアルバムが2枚同時に発売されている。どちらも甲乙つけがたい名盤なので、自信を持ってお薦め出来る。
[PR]
ケン 田村_FLY BY SUNSET ◇ 2005年 09月 24日
e0081370_949781.jpg 

9月21日にSONYから「CITY POP名盤復刻10タイトル」が発売された。
80年代を代表するような名盤の復刻である。CITY POPをこよなく愛する人間には何ともうれしい事であるし、今後もこのような動きが続く事を切に願っている。
今回発売されたものは、当時レコードが擦り切れる位に聴いたアルバム達である。
そんな中で、初CD化されたケン田村の「FLY BY SUNSET」を紹介しよう。

ケン田村という名前を知っている人は、おそらく数少ないと思う。知っている人はおそらくCITY POPフリークに相違無い(笑)
アーティスト・デビューする前に、天才作曲家:筒美京平氏のもと作曲の勉強をしていたと聞いた事がある。デビュー以前に太田裕美等に曲を提供していた。
そんな彼の2ndアルバムが「FLY BY SUNSET」である。

特に抜きん出て素晴らしいという楽曲はないが、親しみ易いメロディーでアルバム全体が纏められている。リラックスして聴ける好盤である。
特筆すべきはアレンジで、鈴木茂が4曲、後藤次利が6曲担当しているのだがこれが素晴らしい出来なのである。80年代はじめの頃の両氏のアレンジというのは、ある意味で神懸り的に素晴らしいものが多い。CITY POPの面白さの多くは、アーティスト自身の魅力はもちろんだが、高度なアレンジ・演奏が占めていると思っている。
現在のJ-POPシーンでは、滅多にお目にかかれなくなってしまった。淋しい限りだ。

良い楽曲・個性的なボーカル・緻密なアレンジ・高度な演奏技術こそがCITY POP。

このアルバムもCITY POPとして聴いている者を裏切らないアルバムである。
[PR]
ご挨拶です。 ◇ 2005年 09月 23日
今日9月23日は、私の誕生日。46歳になりました。
以前のサイトでは、HNを45.Y.Oと名乗っており、本来ならば今日から46.Y.Oとなるべきところを心機一転blogにしたついでにHNもkaz-shinとさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon